FC2ブログ

テレビ・ラジオで変化が・・・

前回記事へのコメントで、2月10日TBSテレビ「歌のゴールデンヒット」で天地真理さんの歌う「あなた」が紹介されたと教えていただきました。この番組は「100万枚以上売れた曲全部聴かせます」という4時間のスペシャル番組で、私も新聞のテレビ欄で見ましたが、100万枚以上という基準では真理さんの出番はないと思っていました。ところが何とカバーで紹介されたというのです。「あなた」には50くらいのカバーがあるということですが、その中から3人が選ばれ、その最初に紹介されたのが真理さんだったということです。真理さんのカバーがいかに優れたものかということはファンの皆さんはよく知っておられることですが、一般の人だけでなくマスコミ関係者にもあまり知られていないと思います。しかし最近、ラジオなどでは真理さんの歌うカバー曲が時々聴かれるようになりました。マスコミ関係者の中でも少しずつ真理さんのうたへの評価が変わってきているということではないでしょうか。そういう流れの中でテレビでも紹介されたということではないでしょうか。実際にはほんのわずかな時間だったようですが、意義は大きいと思います。
私も年相応に気力が以前のようではなくなって、ラジオの番組を探してリクエストを出すということができなくなっています。そこで私自身はテレビもラジオもあまり見たり聴いたりしていないのですが、ちっちゃい私さんが関西方面などのラジオ局でかかった曲を丹念に調べてくださっていて(下の表)、それを見ると真理さんの曲も割と頻繁にかかっているのがわかります。その内、1/5の「明日への出発」は真理さんのオリジナル曲、2/20の「恋は水色」はカバーです。特に「明日への出発」は(「明日」という言葉のついた曲という特集だったようですが)よくかけてもらえたと思います。少しずつ変化は表れています。

1/ 5 KBS京都ラジオ「日曜ワイド われら夢の途中」 明日への出発
1/10 STV札幌放送「リクエストプラザ」  虹をわたって
    FM山陰「おがっちのレトロ本舗」   虹をわたって
1/11 RCC中国放送「ふくふくサタデーあの頃音楽館」恋する夏の日
1/13 RCC中国放送「おひるーな」  木枯らしの鋪道
1/14 ABCラジオ「With You」   水色の恋
1/17 STV札幌放送「MUSIC・J」    恋する夏の日
1/19 OBS大分放送「アナログに恋してる」   ひとりじゃないの
    KBS京都ラジオ「われら夢の途中」  ひとりじゃないの
1/23 RBCラジオ「小山康昭の今も青春!」   若葉のささやき
1/30 RBC琉球放送     虹をわたって
2/ 2 ラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」  水色の恋
    KBS京都ラジオ「日曜ワイド われら夢の途中」  ちいさな恋
2/ 3 MBC南日本放送   若葉のささやき
2/ 6 ABCラジオ「原田年晴・高岡美樹のHit&Hit」 ふたりの日曜日
2/ 7 ABCラジオ「With You」  ひとりじゃないの
2/17 ラジオ関西「三上公也の朝は恋人」  若葉のささやき
2/20 NHK第一「ひるのいこい」  恋は水色
    ラジオ大阪「”新しいおとなの朝に”ハッピー・プラス」
                        虹をわたって



   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

「音楽の力」

2月2日の朝日新聞に坂本龍一さんのインタビュー記事が載っていました。
坂本龍一「音楽の力」は恥ずべき言葉
私はとても共感したのですが皆さんはどうでしょうか?「音楽の力ってすばらしいじゃないか、どうして恥ずべき言葉なんだろう?」と疑問に思われた方もあるでしょう。坂本さんと多少ずれるところもありますが、私の考えはこうです。
音楽は芸術の中でも感情に直接的に働きかけることができる芸術です。ですから、やろうと思えば人々の感情をコントロールすることができるのです。映画の中での音楽の使われ方を見ればよくわかる思います。そういう意味では音楽には<力>があります。坂本さんがナチスの例を挙げているのは、その<力>を手段として使うことが「恥ずべき」ことと言っておられるのだと思います。ナチスだけでなく、日本もかつて戦意高揚のために音楽を利用しましたし、戦争のような非常時に限りません。たとえばCMの音楽だって、直接的に商品名などを売り込むようなものはもちろん、一見商品と関係ないようなただ美しい音楽でも、その美しさが無意識に商品とか企業への好印象を刷り込んでいく手段となっています。そういう使われかたはいくらでもありますしすべてを否定するわけではありませんが、音楽には<力>があるからこそ、その使われかたには十分な注意が必要なのです。
しかし私が最も共感するのは「音楽の感動というのは、基本的に個人個人の誤解」「感動するかしないかは、勝手なこと」、そして音楽は「好きだからやっているだけ」というところです。つまり音楽はつくる側も受ける側もあくまで個人的行為だということです。作曲家、あるいは演奏家は自己表現として音楽を生み出すのだし、聴く人がそれにどういう印象を持つかはその人次第ということです。だから坂本さんは「音楽家が癒してやろうなんて考えたら、こんな恥ずかしいことはない」と言うのです。私も「感動させてやろう、泣かせてやろう」というような歌い方には辟易します。感動の押し売りはまっぴらです。実は私が天地真理さんのうたをこんなに長く聴き続けて飽きることがないのは、真理さんのうたがそういうこととは全く無縁だからです。『私は天地真理』コンサートの終わり近く、真理さんが「とにかく今日、私はこの歌を歌いたかったんです」と言って『告悔』を歌い始めます。あくまでも「私」が「歌いたかった」と言っていて、みなさんに「聴かせたかった」とは言っていません。真理さんのうたはその音楽それ自体から自分が感じたことを表現していて、聴き手にどんな効果を及ぼそうかという計算は皆無なのです。私が真理さんのうたに対し「芝居じみたところがない」とたびたび言及しているのはまさにこのことなのです。このことを別の言葉で触れた以前の記事もご覧ください。




※Youtubeの「夕焼横丁の人々」の動画に映画「3丁目の夕陽」と関係があるかという質問があるのですが、1976年9月の中野サンプラザ「そよ風に誘われて」コンサートのパンフレットをお持ちの方で「夕焼横丁の人々」の脚本、あるいはコンサートの構成、演出が誰になっているかお分かりでしたら教えてください。あるいは映画「3丁目の夕陽」との関連について情報をお持ちの方がおられましたら教えてください。よろしくお願いします。

   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

カセットテープから聴こえてきたものは

家の中を整理していたら、中身を書いてないカセットテープが出てきました。何だろうかとかけてみるとモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」でした。何も書いてないので演奏者もわかりません。ただオーケストラがウィーン・フィルであることはすぐわかりました。あの艶やかでほんのりと切なさを持った優雅な音色は、真理さんの声と同じように唯一無二ですから。しかし指揮者を始めその他の演奏者はわからなかったのですが、そのためかえって先入観を持たずに、”知識”ではなく純粋に感性で聴くことができました。
最近は耳だけでオペラを聴くということがあまりなかったのですが、久しぶりにじっくりと堪能できました。演奏は素晴らしく、もう少し”モーツァルトの遊び”があればという気はしましたが、心がゆったりと解放され至福の3時間でした。最後になってアナウンスが流れ、ようやく演奏者がわかりました。1980年のウィーン国立歌劇場の東京公演で、フィガロはヘルマン・プライ、伯爵夫人がグンドゥラ・ヤノヴィッツ、スザンナがルチア・ポップ、ケルビーノがアグネス・ヴァルツァ、指揮はカール・ベームという当時の最高のメンバーでした。
このテープを聴きながら私はさまざまなことを考えましたが、ある場面である映画を思い浮かべました。それは「ショーシャンクの空に」という映画です。ご覧になった方も多いと思いますが、詳しくはネットで調べてください。妻殺しの冤罪で終身刑となりショーシャンク刑務所に服役していた元銀行員のアンディが、困難にも希望を捨てず知恵と意志の力で20年かけてついに脱獄を果たすというストーリーです。その中で、所長に重用され図書館を任されたアンディが「フィガロ」のレコードを見つけ第3幕の「手紙の二重唱」をかけ、それをスピーカーで刑務所中に流してしまう場面があります。Youtubeにありましたのでご覧ください。

       (この二重唱をしっかり聴きたい方はこちらでどうぞ)
この映画の中でもとりわけ印象的な場面なので映画をご覧になった方は覚えておられると思います。私もこの映画を見た時、突然この曲が聴こえてきて驚きました。動画の中の署長や刑務官の様子からもわかるように、この刑務所では囚人たちは人を人と思わぬような扱いを受けていました。そんな殺伐とした場面が続いた後で、突如、天から降るようにこの曲が聴こえてきたのです。囚人たちの深い感動にとらわれた表情が印象的ですね。囚人たちのほとんどはオペラもモーツァルトも聴いたことはなかったでしょう。歌っている言葉はイタリア語ですから、何を歌っているか意味も分からなかったでしょう。でもこの音楽の美しさは囚人たちの心にオアシスの水のように浸みこんで、ささくれだった心をうるおし癒してくれたのだと思います。
この二重唱は伯爵夫人の言葉をスザンナが筆記して手紙を書くという場面ですが、実は二人はストーリー上ではこの手紙に対しそれぞれ複雑な心理をもっているのです。ところがモーツアルトはそれを超越してこれ以上ないくらいに美しい音楽を書いたのです。そこにモーツァルトの天才があり、<理屈>とは違う音楽独自の世界があると私は思うのですが、私が天地真理さんのうたを愛するのはやはりそういう音楽独自の世界を見せてくれるからなのです。真理さん自身「歌は美です」と言っていますが、それについては以前の記事をご覧ください。

そういえば、荒くれ者がしんみりと聴き入る場面がこの映画にもありました。
                 (映画「虹をわたって」より)





   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

「生命の躍動」一般公開

     あけましておめでとうございます

新年第1弾として「天地真理 生命の躍動」をYoutubeで一般公開しました。



この動画はこれまで公開したシリーズの他の作品に比べて少し地味かもしれません。これまでの作品はアイドルとかフォークとか、タイトルからもイメージしやすかったと思いますし、「パワフル天地真理」は一般の人が真理さんにもっているイメージと違う側面を紹介していますからそのギャップがかえって興味を引きやすいところがありました。それに対しこの動画は天地真理さんの<うた>の魅力を分析していて、私としてはいよいよこのシリーズの核心に入ったというつもりなのですが、一般の人にはこれまでのようなわかりやすさは感じられないかもしれません。それだけにファンの方々にはこれまでにも増してご支援をお願いします。

ところで、この動画の一般公開のついでに、私がYoutubeに公開してきた動画がどんな状態か見てみました。次の表はこれまで公開した動画を再生回数の多い順にまとめたものです。(見にくいですが拡大してご覧ください)
Youtube再生回数順位
気が付きませんでしたがすでに30本になるのですね。一番古いのは「母」で11年前です。この「母」は天地真理さんのうたをよく知らない人にぜひ聴いてほしいうたで、再生回数も多い方ですが、最近は目立たなくて検索の上位に出てきません。「パワフル」に入れたのもぜひ聴いてほしいと思っているからです。
一番再生回数が多いのは「幻の『小さな私』」ですが少し不思議です。たしかにこれは貴重な録音ですが、それはファンにとって言えることで、そうでない人にとってそれほど関心を持たれるものかなあ?と思うのです。コメントもこの動画が飛びぬけて多いのですが、かつてのファンが思い出を語っているというものが多く、真理さんの<うた>に触れたものはあまりありません。Ver2も合わせて80万回を超えていますが、そこから真理さんの他の動画に行ってくれていればいいのですがどうなのでしょうか?
ともかく私がもっと見てほしいという動画と再生回数の多い動画は必ずしも一致しないのですが、今回のシリーズはこれまでは順調なペースで増えていると思います。それが持続するように、次の動画にもそろそろ取り組んでいきたいと思います。


   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

きよしこの夜

前回はとりあえず限定公開した「天地真理 生命(いのち)の躍動」についてのコメントをお願いしましたが、たいきさんとCatTubaさん、そして非公開ですがLさんからコメントを頂けました。もっと多くの皆さんから頂けるとよかったのですが、3人の方に感謝したいと思います。技術的なことに関しては私の能力ではできないこともありますが、できる部分については修正したいと思います。選曲についてのご意見については返信でお答えしましたが、「1曲目」について少し追加しておきたいと思います。
このシリーズでは「1曲目」の選曲がとても難しいのです。テーマの説明は1曲目の後になりますから、その曲がどういう意図で入っているのかはわかりません。それでも印象深くて後で解説を聴いて「なるほどそうだったのか」と思えるような曲ということになります。「恋する夏の日」はもっともよく知られている曲で、ある意味「手垢にまみれている」というところもありますが、このライブ版は多くの人は聴いたことがないと思いますから新鮮な印象があるのではないかと思い使ってみました。
この動画はこれから修正作業に入り、新年には一般公開の予定です。

さて、今年の12月は私的な事情で例年以上にあわただしく、うっかりしていたらすっかり更新が遅れクリスマス・イブになってしまいました。今年の更新も今回で最後となりますが、一年を振り返ると、天地真理さんに関しては、「虹をわたって」に比べなかなか上映される機会がない「愛ってなんだろ」と、無名時代の出演作品「めまい」がCSテレビで放映されたのがうれしい出来事でした。
しかし世界を見渡すと悲しいことが多い一年でした。各地で依然戦乱が絶えず、欧米や日本でも不寛容や排除の風潮が強まっているように思います。その中で私が心から尊敬する中村哲さんが亡くなられたことは痛恨の極みでした。
ノートルダム大聖堂の火事も本当にショックでしたが、日本でも首里城が焼失してしまいました。両方とも実際に訪れ、愛着を持っていた建物ですので残念でなりません。
訪れたと言えば、昨春、楽しい時を過ごしたヴェネツィアのサンマルコ広場が今年は何度も水没したと伝えられています。身近でも、普段は穏やかでゆったりと流れ心を潤してくれる川が大水害を起こしました。温暖化の影響が他人ごとではなく私たちの日常にじわじわと迫ってきたのを実感した年でもありました。

今年も当ブログを訪れていただきありがとうございました。最後に、クリスマスにちなんで、新しい年が誰にとっても平和な年になるよう真理さんとともに祈りたいと思います。 
埋め込みでは見られませんのでYoutubeでご覧ください。hiroIGA51さんの作品です。




   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード