「あの年この歌 1971年」(2)

はじめに前回の記事について訂正しておきたいと思います。前回の記事の中で「水色の恋」を歌うデビュー当時の動画はこれまで無かったと書きましたが、実はあったのです。単独の動画ではないのでうっかりしていましたが、1975年に「夜のヒットスタジオ」に出演した時、局がデビュー当時の映像を用意して真理さんに見せたのです。Youtubeの動画で見ることができます。「水色の恋」を歌う場面は2分20秒のあたりからです。


この「初めての涙」の映像もとても興味深いもので、以前記事で取り上げたことがあります(涙より微笑みを)が、「初めての涙」の頃ですから1975年の6~7月の放送でしょう。芳村さんが3年半前と言っていますから「水色の恋」の映像はまちがいなくデビュー当時のものになります。
一方今回の映像については、デビュー直後ではなく翌年2月に東京会館でおこなわれた「ちいさな恋」発売記念「ちいさなパーティー」のものではないかという指摘もいただきました。下の写真がその時のものと言うことで、たしかに衣装は同じようですし、髪形もはっきりはわかりませんが似ているように思います。
19720218ちいさなパーティー東京会館
そうすると「夜のヒットスタジオ」の映像が一番古いということになりますが、どうでしょうか?

さて本題です。前回の続きで「あの年この歌」新3人娘特集についてもう少し考えてみたいと思います。
前回書いたようにこの番組はこれまで見られなかった映像を探し出すなど通り一遍のものにしないようにという意欲はあったと思います。しかし全体としては、やはりきまりきったイメージで安易につくられていたという印象です。南さん、小柳さんについてもステレオタイプな解説でしたが、とりわけ真理さんについては一層そういうことが言えると思います。
たとえば、3人娘それぞれを語る人が、南さんの場合は作詞家の有馬三恵子さん、小柳さんの場合は小柳さん自身というそれぞれのチームのメンバーなのに真理さんの場合は真理さんのチームの人ではなくライバルであった小柳さんがご自分の立場から語っています。真理さんを語れる人をちゃんと探したのでしょうか?探せばすぐに見つかると思うのですが(たとえば菊池マネージャーとか)、それをしなかったのですね。さらに小柳さんの話についてもファクトチェックはしたのでしょうか?個室の件についても、私が当時読んだ雑誌記事では個室を使えたのは美空ひばりだけであとは新人もベテランも一緒と書いてありました。太田裕美さんが真理さんと親しくなったのも楽屋で太田さんが真理さんに気軽に話しかけたのがきっかけと記憶しています。個室だったらそういうことは起こらないですね。たしかに真理さんは特別扱いだった時期があったようで、番組を終わってテレビ局を出るときはプロデューサーがわざわざ玄関まで送っていたという話も読んだことがあります。ですから局によっては個室の時もあったのかもしれませんがそれが常態だったとは言えないのではないでしょうか。しかし小柳さんにとってはそれは強い記憶として残っていても不思議はないし、人はそういう記憶は時間とともに肥大化することもよくあることですから、小柳さんがウソを言っているということではなく、局がチェックするべきことです。
小柳さんのその他の話はいつものことですが、これも検証はされているのでしょうか。個々の事例はともかく、渡辺プロが真理さんを優遇していたというのは事実でしょうか。実際は逆だったと私は考えています。つまり渡辺プロが力を入れていたのは小柳さんだったということです。そのことについては以前も触れています。
実はこのことについてずっと見つけていてまだ見つからない雑誌記事があるのです。1972年であるのは間違いないのですが何月かははっきりとは覚えていません。雑誌は男性向け週刊誌(文春、新潮、ポスト、現代など)あるいは新聞社系週刊誌(朝日、毎日、読売、サンケイ)だと思います。内容は真理さんと小柳さんを比較したものです。その中で私がはっきり記憶しているのは、渡辺プロの社員(名前は覚えていませんがある程度の役職の人と記憶しています)の発言です。言葉までは覚えていませんがだいたい次のような内容でした。「小柳は美空ひばりの後継者として育てていく。天地は2年間稼いでくれたらいい」 私はそれを読んで仰天しました。自分の会社の、これからどんどん売り込んでいこうという人気急上昇の有望タレントを「2年間稼いでくれたらいい」と公言するなど普通は考えられないことです。小柳さんのチームの人が言うならわからないでもありません。しかしそういう立場の人ではなかったと思います。私は渡辺プロの本音が、この迂闊な人からポロリと出てしまったのだと当時思いましたし、今も思っています。真理さんも小柳さんも歌手デビュー前にTVドラマに出演しています。小柳さんはNHKの連続テレビ小説「虹」(1970.4.6~1971.4.3)で主人公の娘と言う大きな役を演じ、演技力をつけ知名度も得たうえで、1971年4月25日「私の城下町」で歌手デビューし、さらに2曲目もヒットさせて年末のレコード大賞、歌謡大賞の新人賞、NHK紅白への出場を勝ち取りました。きちんと段階を踏み目標を定めて育てようとしたことがわかります。一方、真理さんは「時間ですよ」への出演も、ご存知のように瓢箪から駒のように実現したもので、ほんの一場面、セリフもほとんどなくただ歌を歌うだけの軽い役でした。しかし意外に人気が出てきたので急遽10月に歌手デビューすることになりましたが、すでに大賞や紅白には間に合わない時期でした。このように、小柳さんは計画的に育てようとしてきたのに対し、真理さんは偶然の連続、行き当たりばったりであったことがわかります。そういうところを見ても渡辺プロがどちらを優遇していたかは明らかだと私は思っています。
(※この雑誌に心当たりのある方がおられましたら、ご連絡ください)

なお、誤解のないようにしていただきたいのですが、私は小柳さんの発言をあまり不愉快だと思っていません。かつてはそう感じることもありましたが、同じことを話していても真理さんへの気持ちが以前とはだいぶ違っていると感じました。その転機は2010年のTBSの番組「解禁㊙ストーリー」で真理さんと40年ぶりに再会してからではないでしょうか。この時、小柳さんはご自身のブログで「真理ちゃんと私は“戦友”ですね」と書いていました。また、小柳さんはいまやサッカー解説でも知られていますが、スポーツ報知(2015.2.20)のインタビューでメッシと.ロナウドのライバル関係に触れ「私の場合は天地真理さんがそういう存在だった。私がメッシで真理ちゃんがロナウドかな。私は職人、彼女は華があるスター」と語っていました。これを読んで私は、もしかしたら小柳さんは芸能界で当時の真理さんのすごさを最もよく知っている人ではないかと思いました。今回の発言もあまり感情が入らず軽く話していたように感じましたし、むしろ「真理ちゃんは特別だった」という証言のつもりだったのかもしれません。ともかく小柳さんは自分が感じていたことを正直に話しただけで、その検証は局側がすべきことだったのです。

小柳さんの話がだいぶ長くなってしまいましたので、予定を延長して次回も続けたいと思います。


      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


「あの年この歌 1971年」(1)

11月7日、BSジャパンの「あの年この歌」は「1971年 ティーンアイドル花盛り 新3人娘の時代」でした。この番組についてはすでに「さくら貝」掲示板をはじめあちこちで取り上げています。特にクミさんのブログが詳しく紹介していますのでご覧になってください。
私は放送前は、番組HPの予告記事に出ていた予定される曲名が他の二人が2曲ずつ出ているのに真理さんだけ「水色の恋」1曲しかなかったのであまり期待できないな、と思っていました。しかし実際に見て、意外とよかったというのが正直な感想です。
  (動画は「さくら貝」掲示板から埋め込みでお借りしました)


何よりよかったのは初めて見る映像がいくつもあったことです。特に「水色の恋」のギター弾き歌いはうたも表情も本当に素晴らしく驚きました。デビュー直後ということですが、たしかに「時間ですよ」でギターを抱えて窓辺に座り初めて「水色の恋」を歌った時の映像を連想させます。
それにしてもこの「水色の恋」は即興性が豊かで実に素晴らしいですね。冒頭「さよならの言葉さえ 言えなかったの」というたったこれだけのフレーズで一言一言に豊かな表情があります。私が驚いたのは次の「白雪姫みたいな心しかない私」のフレーズで、そっと声を落としてささやくように歌っていますが、思わずハッとさせられ、心がときめきました。こういう歌い方はほかには聴いたことがありません。同じような表現は「あなたの姿」の後、「あなたの声は」でもあります。ほかにも、「涙だけが~」の「~」の部分や「ひとしずく ひとしずく」の繊細なニュアンス、最後の「わ・た・し・の(想い出に)」の心地よいリズムなど、心惹かれる表現が次々と現れて、素晴らしいです。前半の語りっぽい歌い方はまさにフォーク歌手ですが、こういう豊かな表情付けはフォーク歌手にあまり見られないものです。また真理さんの表情もうたと一体となって刻々と変化し本当に魅力的です。デビュー直後と言うことですが、「時間ですよ」の経験があるとはいえ、すでに堂々としたスターと言う印象ですね。これまで「時間ですよ」は別として、歌手デビュー後の公開されている真理さんの映像としては「ちいさな恋 TVバージョン」が一番古い映像で、「水色の恋」を歌う映像は無かったと思うので今回の映像が最も古いものになるのではないでしょうか。
このほかにも「ちいさな恋」を歌う映像、本番前か?緊張をほぐすように深呼吸している映像なども見たことのないものです。特に後者はステージではない素顔の真理さんを見ることができて貴重ですね。
これら貴重な映像がどういう機会のものかはわかりませんが、よく探し出してくれたと思います。テレビで放映される真理さんの映像と言うとレコード大賞とか歌謡大賞とか決まりきったものが多いのですが、BSジャパンと言うややマイナーな局でこういうものを見つけられるなら、もっとメジャーな局ではもっといろいろな映像をもっている可能性があるのではないでしょうか。ともかく番組スタッフの努力に感謝したいと思います。

ただ番組全体とすると「新3人娘」と謳いながら実際には南沙織さんが中心になっていましたし、真理さんについての解説も常識的なものでした。それでも上の動画の中でも「70年代前半だけでオリコン1位獲得曲は5曲、まさに空前の人気だった」と紹介していて、実績は一応ちゃんと押さえていたように思います。
しかし内容では気になるところがかなりありました。そのことについては次回で扱いたいと思います。


      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

歌手・天地真理を知っていますか

11月5日は天地真理さんの誕生日です。
毎年、この日は何か特別な話題を考えているのですが、今年はどうしようかと考えているうちに、以前から考えていたことをやってみようと思い立ちました。
それは、天地真理さんのうたの魅力について、動画を使ってアピールしようというものです。
Youtubeには例の週刊誌記事をただ引き写しただけの中傷動画があふれています。不愉快なのでいくつもの動画で「報告」というところに書き込んで削除するよう要請してきました。その内、少なくとも2つは削除されましたが、「報告」しても削除されるとは限りません。しかもそうした動画は次から次へとアップされてくるのでこちらの根気が続きません。そこで逆にこちらから訂正動画をアップしたらどうかとも考えました。しかしまったく楽しくない内容なので手を付ける気になれませんでした。そうしているうちに思いついたのが、真理さんのうたのすばらしさを動画でアピールしたらどうかということでした。それなら楽しくやれそうだし、ホームページやブログへは訪れてくれない人たちにも見てもらえるかもしれない、と考えました。
そこで、ちょうどこの日に合わせてと思いテスト版を作ってみたのです。ひとつの動画があまり長くては見てもらえませんから15分程度とし、何回かのシリーズにしたらどうかと考えましたが、その構成もまだよく練ってはありません。一応思い付きで考えたのはつぎのようなものです。

 ① 導入 / ② 経歴と音楽的素養 / ③ 空前のアイドルへの道
 ④ フォークと天地真理 / ⑤ 生命の躍動 / ⑥ やさしさと幸福感
 ⑦ 聴き比べ / ⑧ ライブ:オンステージ / ⑨ ライブ:私は天地真理
 ⑲ ミュージカル / ⑪ 天地真理の孤独 / ⑫ 生きることのよろこび 

タイトルだけではよくわからないと思いますし、私も細かく検討してありませんが、だいたいの筋道は考えました。
しかし実際に可能か、ともかく第1回の分をつくってみようということでやってみたのが次の動画です。
第1回と言うことで歌手・天地真理さんに興味を持ってもらおうということで、あえて一般の人にはなじみでない曲、しかもアイドル天地真理の印象となるべく違う曲を取り上げました。動画の中に入ってはいませんがタイトルは「歌手・天地真理を知っていますか」です。とりあえずご覧ください。



これはテスト版ですのでこのブログの限定公開です。これを修正して一般公開できたらと思っているのですが、そのために、ぜひ皆さんのご意見を伺いたいと思います。
なお、音声は以前使った読み上げソフトを使いました。調整の時間があまりなかったので不自然なところがありますが、もう少し調整の余地はあります。しかし安価なソフトなので限界もあります。動画制作についても私はあまり高度なことはできません。
そうしたことをお含みの上、どう改善したらよいか、あるいは一般公開に値するかと言ったことも含めて、ぜひ多くのご意見をお寄せください。

<テレビ放送情報>
BSジャパン 11月7日 21:00~「あの年この歌」
で<新3人娘>が取り上げられます。
詳しくはクミさんのブロゲをご覧ください。



      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

1971年10月の歌

前回、リクエスト情報でお知らせしたラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」 10月28日放送「1971年の10月にリリースした歌、ヒットした歌」特集で天地真理さんの「水色の恋」がかかりました。
「1971年の10月にリリースした歌、ヒットした歌」なら10月1日リリースの「水色の恋」はドンピシャで、この曲のための特集のような気がしましたから、絶対最初にかかるだろうと予想していました。聴いているとまさにその通りで一番にかけてもらえました。お聴きください。


この番組は特集についてはタブレット純さんはじめ局側で選曲するので、この特集なら「水色の恋」は必ずかかったと思うのですが、「たくさんのリクエストをいただいた」ということはやはりうれしいですね。
曲の紹介の中でタブレット純さんに「この人何者なんだろう?」と言われてしまった「風花」は私のラジオネームで、こんなメッセージでした。

1971年10月1日は天地真理さんが「水色の恋」で歌手としてデビューした日でした。「水色の恋」は天地真理さんのためにつくられたオリジナル曲ではなく、1970年のヤマハ第2回作曲コンクールに応募してアマチュア姉妹がつくったもので、原題は「小さな私」といいました。このコンクールの本選は11月5日に行われましたが、実は高校卒業後ヤマハヴォーカルスクールで学んでいた天地真理さんも(奇しくも19歳の誕生日であるこの日)本名の斉藤真理の名で譜面歌手としてこのコンクールに出場していたのです。しかし「小さな私」を歌ったのは彼女ではなく(声優でもある)藤田とし子さんでした。天地真理さんはこの時は「OtherWise」という別の曲を歌ったのです。しかし彼女はヴォーカルスクールでコンクールの応募曲をまとめた楽譜集を見て「小さな私」に心惹かれ、自分の持ち歌のように歌うようになり、TBSの「ヤング720」という番組にアマチュアとして出演した時もこの曲を歌いました。それがCBSソニーのディレクターの目にとまりプロ歌手の道を歩み始めることになったのです。
その後、渡辺プロに所属することになった天地真理さんは、たまたまマネージャーが応募したテレビドラマ「時間ですよ」のオーディションで彼女のための新しい役をつくることで採用され、1971年7月に一瞬登場して歌を歌う役でテレビに登場しました。ところがそれが大変な反響を呼び、CBSソニーでは歌手デビューを急ぐことになりました。しかしなかなかふさわしい曲ができず、彼女の希望もあり「小さな私」を「水色の恋」と改めてデビュー曲とすることになったのです。つまり「水色の恋」は天地真理さん自身が発見した曲と言ってよく、シンガーソングライターではないけれど、その意味で彼女のオリジナルと言ってもいい曲です。曲調もフォーク的で、先日(10月14日)の朝日新聞土曜版の「もういちど流行歌」の特集でははっきり「フォークソング」と書いてあり、CBSソニーはフォーク歌手として売り出そうとしていたと書かれています。その後の爆発的な人気沸騰で「空前のアイドル」への道をひた走ることになる天地真理さんにとって、「水色の恋」はその原点と言っていい曲だと思います。

この曲は彼女のシングルの中でも最も彫りの深い表現と言ってよく、たとえば「あなたの姿あなたの声が」という部分の切々とした歌い方はその後の彼女のヒット曲ではなかなか見られないものです。しかし、かといって感傷に沈んでいるわけではなく、むしろ微妙な陰影を帯びた、色で言えばまさに「水色」の、ひそやかな哀愁を美しく歌っています。自分で選んだということからわかるように、これが天地真理さんの本質であり、その意味でも原点なのです。

(なお、ヤマハの「作曲コンクール」は第3回からは「ポピュラーソングコンテスト」と改名してその後「あなた」などの大ヒット曲を数多く生み出すことになるのですが、最初のヒット曲は「水色の恋」だったのです。そのため天地真理さんは翌年の本選に招待され、いわば“凱旋” を果たしています。)

本当なら真理さんの<うた>についての中段部分だけでいいのに、どうしてこんなに長いメッセージを書いたかと言うと、すでに何人かの人がリクエストを出していることを知っていましたから、放送で読んでもらうメッセージはそちらに任せて、読んでもらうよりタブレット純さんやスタッフの方に真理さんについてもっとよく知ってもらおうと思ったのです。
特に、天地真理さんがプロダクションやレコード会社がすべてお膳立てして売り出された歌手ではなく、自分で研鑽をつみ、<自分の歌>を自分で探し出した歌手であることを知ってもらいたいと思ったわけです。そうしてタブレット純さんやスタッフの方が真理さんにさらに興味を持ってほしいと思ったからです。
ただ私の意図とは逆に長さがインパクトとなって話題が曲についてのことに集中し、他の方のメッセージが読まれなかったのはとても残念でした。

なお、私がメッセージに書いたことに関してはホームページ「空いっぱいの幸せ」の記事やこのブログの最初の記事、および過去の記事をご覧ください。

      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


聴き比べ この広い野原いっぱい

聴き比べシリーズ、今回は「この広い野原いっぱい」です。
では早速“本家”森山良子さんでお聴きください。

作曲者でもあるわけですから、この表現がオリジナルと言うべきでしょうが、私にはもうひとつという気がします。森山さんの声質もあるのですが、もっとおおらかさ、広がりがほしいと思うのです。「ひとつのこらず」というところをはじめ、思いの込め方は見事なのですが、「赤いリボンの花束にして」というところのように、どことなく悲壮感のようなものを感じてしまって、心が解放されないのです。もちろんそれは私のこの曲へのイメージからきていることで、森山さんがもともとこういうイメージで作ったということなのでしょうが。

次はやまがたすみこさんです。

何と爽やかで清々しいのでしょう。こういうのを本来の意味で「清純」というのでしょうね。細かな表情にこだわらずに音楽の自然な流れに乗って歌っています。ただその分、滑らかすぎて引っかかるものがなく、物足りなさも感じます。

次は小柳ルミ子さんです。

小柳さんは細い声で悲壮感が出てしまう歌い方の時もありますが、これはとてもリラックスしていて余裕が感じられますね。表情も一見あまり付けていないようでいて音楽自体の起伏にうまく乗せています。これは1973年の録音で、小柳さんはその後だんだん表情が濃くなっていきますが、ここでは自然な表現になっています。

さてそれでは、天地真理さんでお聴きください。

何とやさしい声でしょうか。心が解き放たれて軽くなり、よろこびが湧き上がってくるようです。デリケートな表情は、胸の中から高まる憧れを陶酔的に表現していますが、ふと気がつくと、はかなささえ漂わせているのです。

お聴きいただいたのはアルバム「虹をわたって」収録のものですが、もうひとつ、「時間ですよ」で歌ったものもあります。

アルバム版もとてもいいのですが、これはそれを上回る名唱ですね。みずみずしくて本当にデリケートな表情が素晴らしいです。真理さんの息づかいがそのまま命ある歌になっているというように感じられます。

<リクエスト情報>
ラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」(土曜17:55~20:00)
10月28日は「1971年の10月にリリースした歌、ヒットした歌」です。リクエスト、メッセージは番組HPから。

      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード