FC2ブログ

もう一度 「愛ってなんだろ」

先日CS「衛星劇場」で天地真理さん主演の映画「愛ってなんだろ」が放送されました。天地真理さんの主演映画としては「虹をわたって」に次ぐ2つ目の映画です。「虹をわたって」は最近上映される機会が増えたきたと思うのですが、この映画はほとんど上映されることがありませんでした。2013年に阿佐ヶ谷の映画館でニュープリント版が上映されましたが、その後一度くらいは映画館で上映されたような気がしますが、テレビで放映されることはありませんでした。それが今回ようやく放映されたのです。
ただCSのため私は見ることができませんでした。しかし、私は阿佐ヶ谷の時に見ていますし、その感想はこのブログでも以前書いた通りで、今でも鮮明です。ですから、ちょっと残念だけどまあいいかと、やせ我慢をしていたのですが、先日ある方のご厚意でそのDVDを送っていただき、視聴することができました。
今回は歌もしっかり聴きたいと思ったのでイヤホンを耳に入れてパソコンで見ました。以前見た時は大スクリーンでしたから、最初はちょっと違和感がありましたが、見ているうちに映画に引き込まれ、いつの間にか気にならなくなっていました。
一方、音の方はイヤホンで聴いたので非常に鮮明でした。そのためか、真理さんのうたも少し印象が変わったものがありました。
「ある日突然」は気持ちよくのびのびと歌ってます。発声のお手本のような、芯のしっかりした声が心地よいです。細かな表情の変化も随所に見られますが、内から輝くようなうたですね。
「ある日私も」は初めテンポが遅く彫りの深い表現で驚かされます。とはいえそういう表現の時も真理さんの声は声自体が微笑みをたたえていて生命感に満ちています。
「幸せなら手をたたこう」は以前の記事で「天地真理の奇跡」と書いたのですが、2度目でも奇跡は起こるのか、ちょと不安でした。しかしやはり奇跡は起きたのです。同じところで涙があふれ出たのです。それは以前の記事で書いた通り、真理さんのうたのたとえようもないやさしさが引き起こすのです。こんなうたを歌える歌手は他に絶対にいません。
今回見て感じたのはこの映画で歌われたどのうたにもやさしさがあふれているということです。上記の曲のほか「虹をわたって」や「ひとりじゃないの」でもあらためてそう感じました。
映画そのものについては以前の記事と同様ですが、ともかく全盛期の真理さんの魅力が100%発揮された映画です。何度見てもいい、何度でも見たい映画ですね。ご厚意にあらためて感謝いたします。

ところで、今回初めて気づいたことがありました。それは最初のタイトル画面です。
SN00023.jpg
中央の画像はこの映画のものですが、周りの4つの画像はそうではないように思います。特に左の2つは着ている服がユネスコ村での「3万人のウィークエンド」の時のものと同じではないでしょうか。(下の写真)
笑顔

さらにこの少し前の映像を見ると左下は大勢の人がぎっしり集まっている画像です。これはやはり「3万人のウィークエンド」に間違いないと思います。
SN00024.jpg
右側の2つは決め手はありませんが、同じ会場の可能性があります。すると、推測が正しければ「3万人のウィークエンド」を記録した鮮明な動画があるということになります。それはおそらく渡辺プロが撮影し保管していたものだと思いますが、今もあるのならぜひ公開してほしいですね。


   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

「フォーク歌手 天地真理」が復活?

前回の更新から2週間があっという間に過ぎてしまい、次の更新をしなければならなくなりました。しかし話題が思いつきません。以前ならこういう時は「聴き比べ」シリーズがあったのですが、昨年秋くらいからのブロック攻勢で使える動画が少なくなり、最近では取り上げていません。しかし、それでもと思い、Youtubeで真理さんの動画をいろいろ探していたところ、何と「フォーク歌手 天地真理」①②が出ているではありませんか。「フォーク歌手 天地真理」①②は真理さんのCDボックス『私は歌手』発売に合わせて、<歌手 天地真理>の実力を多くの人に知ってもらおうと私が制作した動画です。その狙いについては一昨年11月5日、昨年10月1日11月5日およびその前後の記事をご覧ください。
しかし一般公開して間もなくブロックされてしまい、一般の人には見られなくなっていました。それがいつの間にか復活していたのです。そこでアナリティクスで調べてみたところ、1月にブロックされてから視聴回数は0回がずっと続いていましたが、①は6月21日以降、②は6月25日以降、毎日10~50回ぐらいのアクセスが記録されています。つまりブロックが解除されて視聴が可能になったようなのです。
もともとこの2つの動画は、「さよならだけ残して」を除けばすべてカバーなので、「ここまでブロックするのか」とあきれていたのですが、それを解除したとするとどういう理由なのでしょうか?ブロックが間違いであったのならそれなりの説明があってもいいと思うのですが、ブロックされたときは連絡があったのに、解除については何の連絡もありません。何か釈然としない気持ちもありますが、それよりもともかく復活したことを喜びたいと思います。私としても結構力を入れてつくった動画なので、ブロックされたときはガックリしましたが、復活して本当にうれしいです。
しかしただ喜んでばかりでは意味がありません。この動画は真理さんの歌手としての実力を多くの人に訴えようと作ったものですが、私も偶然見つけたくらいですから一般の人の目にはなかなか触れない状態だと思います。そこでファンの方にはぜひアクセス数が増えるように継続的にアクセスしていただいたり、いろいろの場で紹介していただいけたらうれしいです。





それから調べてみるとほかにもブロックが解除された動画がありそうです。分析してみないとわかりませんが、もしシングル曲でなければブロックされないようでしたら「歌手 天地真理の魅力を探る」シリーズの続編も可能かもしれません。
ただ「空前のアイドルへの道」はシングル曲ばかりなので解除は難しいかなと思いますので、公開版がブロックされた後も生き残っていた限定公開版を紹介しておきます。



   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

打ち切られたシングル

前々回、アルバム「恋と海とTシャツと」以降、ライブ盤の発売ということもあって、それまでのヒット曲を中心としたアルバムが作られず、その間録音されたオリジナル曲がアルバムに収録されないまま多くの曲がお蔵入りになってしまったということに触れました。それは時期的には1974年秋から1975年春で、シングルでは「想い出のセレナーデ」「木枯らしの舗道」「愛のアルバム」の”哀愁路線”3部作の頃となります。結果として見れば天地真理さんの歌手人生の大きな曲がり角になった時期です。
「想い出のセレナーデ」はオリコン4位のヒットとなり、数字的には”大人”の歌手への脱皮に成功したように見えました。しかし次の「木枯らしの舗道」は彼女としては初めてベスト10に入れず人気の低下がはっきりと現れてきました。「想い出のセレナーデ」は曲調の目新しさもあってそこそこヒットしましたが、一方で笑顔を見せない極端な演出が年少ファンに違和感を抱かせたのは事実でしょう。ちょうどこの頃は高1(?)トリオなどもっと若いアイドル歌手が次々と現れてきた頃ですから、年少ファンが年代的に近いそれらのアイドルにより親近感を持つようになっても不思議ではなかったところに、「木枯らしの舗道」でさらに暗めの曲調が続くと一気に”天地真理離れ”を起こしたということではないでしょうか。しかもちょうどその時、真理さんはフランスへのひとり旅に出てしまい、同行男性とのゴシップ(実際には虚偽)が週刊誌などで盛んに報道され、男性ファンの中には離れるきっかけになった人もいたでしょう。そしてそれ以上に、1か月近くテレビの画面に姿を現さなかったことはかなりのマイナス要因になったのではないでしょうか。このフランスひとり旅については以前の記事で触れましたが、真理さんにとっては人間的にとても大きな経験であったと思います。しかしこのブランクは、人気の絶頂期であれば何でもなく乗り切ったと思いますが、下降局面では大きなダメージでした。
しかし回復のチャンスがなかったわけではなかったのです。帰国後の新曲「愛のアルバム」は発売に向けての強力なプロモートが十分にできなかったため出足は低調でしたが、じわじわと上昇傾向になり、オリコンでは15位に達します。雑誌「週刊FM」5月19日号では「シクラメンのかほり」「我良き友よ」に次いで3位に食い込んできています。

愛のアルバム3位

1つの雑誌のベスト10ですから全体傾向を表しているとは言えないかもしれませんが、おそらく投票による順位ではないかと思うので、いわば「火が付いた」状態に入ってきたと言えるのではないでしょうか。このままいけばオリコンランクでもベスト10内に回復が可能だったのではないかと私は思っているのです。
ところがソニーは5月21日、次のシングル「初めての涙」を発売してしまいます。上の「週刊FM」から1週間ほど後です。ここで混乱が生じます。当時、人気歌手の場合、シングルの発売間隔は約3か月で、「愛のアルバム」は4月1日発売ですからまだ一か月半しか経っていないし、やや時間がかかったもののようやく上昇軌道に乗ってきたところで、ファンも「さあ、これから」と思っていたところで突然新曲が発売されたのです。
私は元々真理さんの<うた>を高く評価していましたが、特にファン活動をすることはなく、この時期はもうすでに就職していましたから真理さんに関する情報にも疎くなっていました。ですからこの時、「愛のアルバム」と「初めての涙」とどちらがメインの曲なのか戸惑ってしまったのです。ファンクラブの会員ならわかっていたのかもしれませんが、一般の人は私と同じような人が多かったのではないでしょうか。
ソニーはおそらく、発売と同時に売り上げが伸びていくそれまでの真理さんのパターンから考えて、なかなか売り上げが上がってこない「愛のアルバム」を見限って、6月のミュージカルに関心を高めるために「初めての涙」の発売に踏み切ったのではないでしょうか。ところが通常であればフェードアウトしていくはずの「愛のアルバム」が逆に伸びてきて、どちらがメインなのかわからなくなるという現象が生じたわけです。しかし新曲は「初めての涙」なので「愛のアルバム」はピークで打ち切られ、オリコン15位で終ってしまったのです。では「初めての涙」はどうかというと、こちらもヒットとはいいがたく結局オリコン26位で終わっています。
つまり「愛のアルバム」をむりやり打ち切ったことでファンの中に「どちらを応援したらいいのか」という混乱が生じ、「初めての涙」も振るわないまま終わって、共倒れになってしまった、というのが私の見方です。ソニーがもう少しじっくり構えて「愛のアルバム」をプッシュし続けたら「初めての涙」もかえって伸びたのではないかとも思います。もちろん何の根拠もないタラレバ話ですが、この時のことはとても不可解な出来事として記憶に残っているので紹介してみました。



   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

新聞広告

前回、次回は当時のプロモ戦略の混乱についてと予告しましたが、ちょうどいろいろ忙しくなってしまい、前回更新から2週間たちますが間に合いそうにありません。そこで、つなぎで昨日見た新聞について紹介します。
昨日(6月13日)、地元の地方紙を見ていたところ、通販の全面広告の一角に次のような広告がありました。
新聞広告20190613-2

私はびっくりしました。ソニーはプレミアムボックスも「私は歌手」も真理さんのボックスをネット以外で宣伝したことはないと思います。一方、南沙織さんのボックスは新聞広告で見たことがあります。真理さんのボックスはどうして新聞広告で宣伝しないのだろうか、ソニーは本気で売る気があるのだろうかと疑問に思ってきました。
ネットというものは<興味のあるものしか見ない>という傾向があります。ネットは自分で探すということにはとても便利ですが、自分が(その時)興味を持っていないことに偶然出会うということはあまりありません。ですから、ネットでの宣伝はどうしても不特定多数への広がりに欠けます。その点、新聞広告はより広い層の目につきやすいのです。新聞を読まない人も増えてきましたが、それでも多数の多様な人々が読んでいます。かつての天地真理ファンであっても最近のj情報に接していなければボックスの発売を知らないかもしれません。でもたまたま見ていた新聞で「天地真理」の文字に引き寄せられ広告を読みボックスが発売されたことを知る機会が生まれます。そして購買につながるかもしれません。
今回はソニーではなく株式会社フォルムという通販会社の広告ですが効果は同じです。ソニーもぜひ新聞広告を出してほしいものです。


   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

幻のアルバム?

ホームページ「空いっぱいの幸せ」を久しぶりに更新しました。4月にこのホームページを移転しましたが、その時は時間に追われ体裁を整えるのが精いっぱいで、内容面での更新はできなかったので、内容面では実に8年ぶりの更新となりました。
どこを更新したかというと、「若葉のささやき~各曲寸評」の「アルバム未収録曲」に新ボックス「私は歌手」で初めて収録された5曲を追加しました。以前このブログで述べたことを元にしながら多少推敲、加筆しました。書きながら、この5曲はどうしてお蔵入りになってしまったのだろう?と考えました。そこで少しHPと重複するところもありますが、今回はそのことについて考えてみたいと思います。
この5曲の内「トルコ行進曲」はスキャットですし曲数の関係で「オンステージ」には入らなかったのでしょう。「想い出のセレナーデ」(別バージョン)はシングルとのバージョンの違いでしょう。ただし「ひとりじゃないの」のように別バージョンがアルバムに入るケースもあります。それ以外の3曲はどうしてでしょうか?
録音時期を見ると「秋ふたたび」は1974年6月30日、「早春」は1974年10月21日、「若い合唱」は1975年1月29日となっています。
この内「若い合唱」の録音日は真理さんがフランス一人旅に出発する直前ですから「愛のアルバム」の録音日と同じかその前後です。そのB面の「京都でひとり」は「若い合唱」と同じ川口真さんの作曲ですから同日の録音でしょう。さらにプレミアムボックス発売の際”発見”された「クラス会」も「愛のアルバム」と同日の録音ということですから、この4曲がシングルA、B面の候補曲だったのは間違いないでしょう。
そうすると、「秋ふたたび」と「早春」もそれぞれ秋、春向けのシングルA・B面候補として録音された可能性が高いと言えます。つまり、それぞれ「私の場合」や「ブランコ」と同じ頃の録音だったのではないでしょうか。
それまでであればこのような曲はアルバムに収録されていました。真理さんのアルバムは「空いっぱいの幸せ」までは3~4か月というシングル並みの間隔で発売されオリコン1~3位という実績でした。ただ「空いっぱいの幸せ」(1973.12.5)がオリコン11位と振るわなかったためか、「恋と海とTシャツと」(1974.6.21)までは間が開き、さらにその後ライブ盤「天地真理オン・ステージ」の発売(1974.12.10)もあり間隔が6か月くらいに開いてきていました。以前であれば1975年4月くらいに新アルバムがつくられたはずですが、実際は7か月後の「君よ知るや南の国」(1975.7.1)までアルバムは発売されませんでした。しかもそれはミュージカルのダイジェスト盤ですからヒット曲を中心とした通常のアルバムではありません。そのため、「木枯らしの鋪道」「愛のアルバム」のシングル2曲、「私の場合」「ブランコ」「京都でひとり」のB面3曲、「クラス会」「秋ふたたび」「早春」「若い合唱」の4曲がアルバムに収録される機会がなく(「京都でひとり」はずっとあとにアルバム「小さな人生」に収録されます)、シングル以外の4曲はそのままお蔵入りになってしまったのではないでしょうか。
もしアルバムをつくるとすれば、上記9曲に「想い出のセレナーデ」(別バージョン)を加えれば10曲になりますからあと2曲ほど追加してすぐにもアルバムをつくることができます。しかしアルバムはつくられませんでした。それはかつてのようなアルバムではなかなか売れなくなってきたということ、一方ミュージカル公演を直前に控え、そちらの方により話題性があると考えられたことがあったのではないでしょうか。
そこで、ちょっとしたお遊びですが、もしミュージカル公演がなければつくられたかもしれない幻のアルバムをこの10曲でつくってみました。実際に聴いていただけばいいのですが、最近はすぐブロックされてしまうのでリストだけあげておきます。順番に深い意味はありません。何となく感覚です。ご自分のバージョンをつくってみるのも楽しいと思います。
 ① 愛のアルバム
 ② 若い合唱
 ③ クラス会
 ④ 京都でひとり
 ⑤ 私の場合
 ⑥ ブランコ
 ⑦ 木枯らしの鋪道
 ⑧ 早春
 ⑨ 秋ふたたび
 ⑩ 想い出のセレナーデ(別バージョン)

なおこの時期、シングルを含めてソニーあるいは渡辺プロのプロモ戦略にやや混乱が見られるのですが、次回はそのことに触れたいと思います。

※ 追加ですが、mさんから興味深い推測を教えていただきました。HPの「アルバム未収録曲」で「想い出のセレナーデ」(別バージョン)について<録音は1974年7月18日となっており、「恋と海とTシャツと」(1974年6月1日発売)のB面というのはつじつまが合わない。>と書いたのですが、mさんはB面候補だったのは竜崎版の方で、馬飼野版はシングル用に作られたのだが、最終的には竜崎版に戻ったのではないかと推測されています。たしかにこれだとつじつまが合いますね。


   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード