ある発見

     新年おめでとうございます

今年はとても穏やかな正月でした。三が日、多少雪がちらついたこともありましたがおおむね晴れて透明度の高い冬の青空が広がって周囲の山々もくっきりと見えました。
私はできるだけ散歩を心がけているのですが、冬の間は道に雪が積もっていたりしてあまり歩けません。しかし今年の正月は道に雪がなく、すいすいと歩くことができました。おかげで例年の冬に比べ身体も軽く体調はとてもいいです。本格的な雪かきをしないで済んでいることも大きいですが。

さて、そんな散歩を楽しんでいる最中にうれしいことがありました。私は散歩の時はデジタルプレイヤーを持っていて音楽を聴きながら歩くことが多いです。散歩コースには林や畑、あるいは沢沿いの道などもありますから自然の音に耳を傾けることも多いですが、きれいな景色を見ながら真理さんの歌を聴くのは楽しみの一つです。日々の散歩を飽きずに続けられる一つの理由でもあります。
ただ、歩くときは常に歌に集中しているわけではありません。普段はBGM的に聴き流しているだけです。でも突然ぐっとうたに引き込まれることがあります。「ひこうき雲」を聴いていたとき、「ひとはいつも ムームー ひとり」というところで一歩も歩けなくなってしまったこともありました。
先日も歩きながらアルバム「私は天地真理」の「水色の恋」を聴いていた時、突然引き込まれてしまいました。この「私は天地真理」版「水色の恋」についてはホームページ「空いっぱいの幸せ」の寸評にも書きましたが、私にはとても不思議なうたでした。最初はぎこちなく始まるのですが、歌い終わったときにはすっかり魅了されているのです。どうしてそうなるのか、不思議でなりませんでした。
ところがこの散歩の最中、それまでBGMのように私の意識の背景で聴こえていたうたが突然くっきりと前景に現れてきたのです。それはバンドが入ってきた2番の「あの人にさよならを言わなかったの」のあと「さよならはお別れの言葉だから」の「さよなら」を歌い出した時です。パッと明るくなったように声が変わり、深々とした声で歌い出します。そして「お別れの言葉だから」から「あなたの姿、あなたの声は」とのびのびと歌って聴く者の心を解放していくのです。
なるほどこの変化が「私は天地真理」版「水色の恋」の独特の魅力を生んでいるのだと、この時合点したのです。意識を集中して聴いていた時になかなかわからなかったことが、散歩しながらBGM的に聴いていた時にわかったわけですが、こういうことはよくあります。何かちょっとした機会に発見がある、それも真理さんのうたの楽しみなのです。私は真理さんのうたをおそらく何百回も聴いていると思いますがまだまだ未知の世界があるのですね。
今年も、そういう<天地真理を聴く楽しみ>を少しでも多くの人に届けられるよう拙いながらもこのブログを続けていこうと思います。最近では”ネタ”がなかなか思い浮かばず苦労していますが、皆さんからヒントや情報をいただければうれしいです。
 今年もよろしくお願いいたします。





        アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。



ネット図書館

「さくら貝」掲示板でも話題になっていましたが、最近、天地真理さんが全盛期にいただいたトロフィーや賞状などが次々とオークションに出されています。古本屋の店頭でトロフィーが売られていたという情報もあります。どういう経緯でそうなったのかわかりませんが、一斉に放出されていることは事実です。
私は最初それらを見た時、事情はわかりませんでしたが何とか買えないかと考えました。しかしよく見るといずれもかなり高額で、年金暮らしの私としては躊躇せざるを得ませんでした。ただそう考えたのは、私が少し前から考えていたことがあったからです。
それは、Youtubeにあったはずの動画がいつの間にか削除されてしまっていて、このままでは真理さんの貴重な動画や音源が失われてしまうのではないか考えたことがきっかけです。そうした動画や音源はそれぞれ個人が所有しています。私も自分で録音した音源を持っていて、一部はYoutubeで公開しています。しかし私が突然交通事故であの世へ行ってしまえばそれらは結局闇に消えていくでしょう。事故でなくても1年1年歳をとっていくわけで、認知症でも患えば自分で管理することもできなくなります。音源だけでなく、私が持っているそれなりに貴重な資料なども古紙として出されてしまうかもしれません。ファンの年齢層を考えれば、そう遠くないうちに、そのような真理さんの足跡を記録するものが誰が持っているかわからなくなって、どんどん散逸していってしまうのではないかと危惧していたのです。今回のオークションを見てますますそういう心配が募ります。
そこでそうした動画や音源、資料などをどこかに集中して管理することはできないだろうか、と考えたのです。いわば図書館あるいは資料館のようなものをつくって保管できないか、ということです。以前、「天地真理記念館」というものが話題になっていましたが基本的には同じものです。理想を言えば1軒の建物を確保して資料を収集し保管するだけでなく閲覧、視聴などができればいいと思います。私がもし宝くじにあたって1億円が手に入ればつくります。しかし実現はなかなか難しいですね。
そこで考えたのはネット上にそういうものをつくれないか、ということです。つまり資料を<物>ではなく<情報>として収集・保管するのです。動画や音源、画像などはファイルとして保管できるので可能だと思います。本とかトロフィーのような<物>については誰が所有している、どこにあるということがわかるリストを作れば実物は見られなくても散逸は防ぐことができます。そして会員制等の体制を取って可能な範囲で閲覧することもできるでしょう。もちろん実際に作ろうとしたら難しい問題がたくさんあります。まず当然にも所有者の了解を得なければなりません。管理を誰がするのか、どういう組織で運営するのか、これが一番の問題かもしれません。ネット特有のセキュリティーの問題もあります。コピーをどう防ぐかという厄介な問題もあります。
ただ最低限、真理さんに関する各種の資料を散逸させない対策はみんなが知恵を出し合っていく必要があるのではないでしょうか。


        アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

「魔性の香り」カット版

最近、天地真理さん主演の日活ロマンポルノ「魔性の香り」がYoutubeにアップされているのを発見しました。
10月27日にアップされていたようで、その時点ですでに55万回以上のアクセスがありました。私はすでに全編を見ているので再生せずにコメントだけを見ていると、sexシーンがカットされているらしいことがわかりました。そういえば時間も1時間ちょっとで、少し短くなっています。
それを知って私は「そういう手があったのか!」と感心してしまいました。ロマンポルノですからsexシーンは当然見どころなわけです。それ(だけ?)を目当てに見る人もいます。コメントにも「肝心の濡れ場シーンがカットされ観る気無くす」と書いている人がいます。ではどうしてカットしたのでしょう?このコメントの人は「YouTubeでは無理か!!」と書いています。たしかにそういうことも考えられますね。クレームがつかないように、アップした人が自主規制したのではないかということです。でも私が「そういう手があったのか!」と思ったのは、この映画を誰でも見られる映画にしたのではないかと考えたからです。
私はホームページ「空いっぱいの幸せ」でこの映画を高く評価しました。しかし多くの真理さんファンにはこの映画はタブーになっているようなところがあります。その心情は私もよくわかりますから、絶対見るべきだというようなことは言ってきませんでした。
しかしsexシーンがなければ一般の映画と同じです。これなら誰でも抵抗なく見られるのです。「そういう手があったのか!」と思ったのはそういうことです。まさにコロンブスの卵ですね。
そこであらためてこのYoutube版「魔性の香り」を見てみました。3か所のsexシーンがカットされていましたが、割と自然にカットされていて、初めて見る人にはどこがカットされたかよくわからないかもしれないくらいです。筋の面ではちょっと飛躍してしまうところもありますが物語の展開はよくわかります。もちろんカットされたことで情念の面では弱くなっていますが、映画としての魅力は十分あります。

いままでこの映画を敬遠してきた方もこれなら見ることができると思います。削除されないうちにご覧になってみてください。特に50分過ぎ、ショパンが流れ始めるあたりからラストにかけての真理さんの表情をじっくりと見てください。誰が何と言おうとこれは<女優・天地真理>の金字塔だと今回改めて思いました。

(次のURLをクリックして大きな画面でご覧ください)
https://www.youtube.com/watch?v=sDjRR2W2JUg&feature=youtu.be

(追加)やはり削除されてしまったようですね。しかしご覧になられた方はこの映画をどう思われましたか?


<追記>
「さくら貝」掲示板に書きましたが、こちらに書くのを忘れていました。

NHKFMで「ミュージックプラザ」の限定復活版「つのだ☆ひろと矢口清治の”ミュージックプラザ”な冬休み」が放送されます。
番組紹介によれば
12月26日(月)はおなじみ、つのだ☆ひろの「懐かしの昭和歌謡」。
12月27日(火)はベルベット・ボイス矢口清治の「洋楽ヒット・グラフィティー」。
12月28日(水)はつのだ☆ひろと矢口清治が昭和の時代を彩った名曲の数々をお送りします。
となっています。26日、28日は真理さんの曲をかけてもらえるチャンスです。
一人一人の思いを込めて、ぜひリクエストしましょう。
ここからリクエストできます。
  http://www4.nhk.or.jp/mp/
なるべく23日までに投稿するのが良いと思います。


        アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

「物語」ではなく<うた>を

すでにしんりさんが紹介しておられますが、11月19日の朝日新聞土曜版be「もういちど流行歌:1972年8月の曲」の「読者のベスト15」で「ひとりじゃないの」が5位に入っています。この順位をどう見るか、いろいろ感想もおありだと思いますが、私は客観的な意味を持つものだとは思いません。このランキングは「朝日新聞デジタルの会員登録者を対象に10月下旬、アンケートを実施した」と書かれていて、世論調査のように無作為にアンケートを取ったような印象を受けますが、実際には「会員特典・プレゼント」という非常にわかりにくいところに突然告知され、いつの間にか締め切りになるというもので、それを探り当てた人しか投票できないのです。ですから私はこのランキングは全く意味のないものだと思っています。しかしこういう大きな記事に載る以上影響は大きいですから自分でも投票し、このブログでも呼びかけているのです。

しかし、今回のテーマはランキングそのものではなく別のことです。「もういちど流行歌」は毎回ある年ある月に流行していた1曲(及びそれを歌った歌手)をテーマとして取り上げています。最初に触れたランキングはその付録のようなものです。今まで1972、73年という真理さんの全盛期も登場していますが真理さんの歌がテーマとなったことはありません。真理さんの歌がランキング対象となっていた回で見ると、「赤い風船」「ひなげしの花」「あなた」「コーヒーショップで」「どうにもとまらない」といった曲です。編集者はどうしてこれらの曲を○年○月の「流行歌」の中から選んだのでしょう。オリコン1位の曲もありますがそうでない曲もあり、その月を代表すると言えるかどうか微妙なものもあります。そもそも取り上げる月自体編集者の恣意的な選択だと思います。結局「話題性」で選んでいるのでしょう。つまり記事にしやすい「物語」がある曲(というより歌手)を選んでいると言うことです。
そういう意味でいうと真理さんの曲は奇をてらったようなものはありませんし、真理さん自身も全くの素人からのシンデレラガールではなかったし、もちろん外国から来たわけでもない、(先駆者ではあったけれど)コンクールのグランプリでもないし、大変身を遂げた人でもない。だから、この編集者には記事にしにくい人なのかもしれません。もちろん“空前のアイドル”だったわけで十分話題性もあるのですから今後取り上げられる可能性はありますし、そうなってほしいと思います。ただもし真理さんの曲がこのシリーズで取り上げられるなら、ぜひ真理さんの<うた>そのものに触れてほしいと思います。
私が不思議なのは、マスコミなどが歌を取り上げるとき、いつも「話題性」や「物語」から歌を見ようとしることです。ラジオのリクエストでも「その歌に関する想い出やエピソードをお書きください」などと書かれています。私などは「想い出やエピソード」でリクエストしているわけではなく、すばらしい<うた>を聴きたいだけですから、こう書かれると戸惑ってしまいます。そういう「物語」なしに歌を語れないのでしょうか。
天地真理さんについても、マスコミやネットなど世間に出回っている言論は当時も今も圧倒的にこうした「物語」が多いのです。しかし、例えば文学だったら、その作品で何を感じたか、作者は何を描こうとしているのか、それはどういうところからそう言えるのか、どのような表現が読者にどんな印象を与えているのか、と言ったことがまず論じられるでしょう。歌についてもそうした論じ方をしてほしいと思うのです。
私がホームページ「空いっぱいの幸せ」やこのブログで歌(曲)について書いてきたのもそのような分析ですが、次の方々もそうです。

天地真理のこの透明感はどこから来るのでしょう?正直自分でも驚いていて混乱しています。なんという魅力でしょう。他の日本のアイドル歌手にはさほど関心が無いので聞きこんで比べてはいませんが、天地真理とその声には圧倒的な純粋さと透明感、ドラマと抑制感があると思います。この抑制感が多くの曲にいつまでも濁らない緊張感と透き通るような美しさを与えているのではないでしょうか。そしてそれは永遠に朽ちることはないと思われるほどです。初期のトップヒット曲はどれも背筋がぞっとするほどの迫力があると思います。決定力があるって言うか、ジャパニーズ・アイドル・ポップスの歴史的傑作としかいいようがない・・・。後期の秀作群はほんとに心に染みます。

ぼくは、過去への感傷や懐古の情を一切超えて、天地真理の歌声にジョン・バエズやカレン・カーペンターに比肩する普遍性を確信しています。 それは、あれから何十年もさまざまな音楽を聴き続けてきた今だか?らこそ自信を持っていえることなのかもしれません。 歌い崩しのない自然な歌い方、独特の歌空間ともいうべき声の広が?りの透明さ、込められたニュアンスの豊かさ、特に幸せの微粒子が?空間いっぱいに輝いて、人の心を優しく包み込むときの力強さは、他に類をみないです。 それが、なんの衒いも構えもなく心と一体になってごくごく自然に出てくるところが天地真理のものすごいところなのですよ。


文だけ保存してあったものでお名前も記録してありませんが、いずれも真理さんの<うた>の特質をそれぞれの言葉でよく表現されていると思います。マスコミやネットでもこのような分析が広がってほしいと思います。

最後に誤解のないよう重ねて言います。「もういちど流行歌」のランキングは客観性がないと言いましたが、内容はともかく、このような投票があればぜひ取り組みましょう。<うた>を評価してもらうためにも人気は必要なのですから。



        アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

証言 天地真理の時代

今日11月5日は天地真理さんの誕生日です。

真理さん お誕生日 おめでとうございます

さて、以前この日はリクエスト特集をやってきましたが、リクエストが少なくなったので昨年からは別の話題で書いています。
今年はどうしようかとだいぶ迷ったのですが、全盛期の真理さん、あるいは真理さんをどう受け止めたかについての様々な証言をまとめてみました。「天地真理の時代」の空気を再現してみようというわけです。
証言はいずれもネットで見つけて保存しておいたものです。
※ 出典はしっかり記録してなかったので不明のものが多く、明記してありません。もしご本人などで不都合がありましたらご連絡ください。

最初は当時の高校生の証言です。

その年の10月1日、デビュー・シングル「水色の恋」を出す。・・・これがかなりの数売れて、最高位オリコン3位まで上った。
うなぎのぼりの人気、12月21日にはデビュー・アルバム「水色の恋/涙から明日へ」・・・これがオリコンのトップに躍り出たのだ。・・・
我が高校のクラスでは、8割の男子生徒、5割の女子生徒が天地真理ファンとなっていった。入学当初、私と永遠のサユリスト(吉永小百合の熱心なファン)であることを誓い合ったS君の下敷きに鋏んであった写真も、「潮騒」の時の小百合嬢から、いつの間にかベレー帽を被った真理ちゃんに変わっていた。・・・
続けて出したシングル、「ちいさな恋」(72年2月)でオリコン1位。その後も「ひとりじゃないの」(72年6月)、「虹をわたって」(72年9月)、「若葉のささやき」(73年3月)、「恋する夏の日」(73年7月)、全部で5曲がオリコンで1位になり、当時驚異的な記録を作った。最近では作為的にチャート・ランクを上げる方法が横行しているが、純粋な人気という点ではその後のどんなアーティストも、この時の天地真理を凌ぐことはあり得ないと思う。
私が高校3年生の時、天地真理が名古屋市の催し物場にやってくるということで大変な騒ぎになった。そのコンサートは平日の昼過ぎ、いわば授業中に行なわれるのである。柔道部の同級生であるK君も彼女の熱狂的なファンでぜひ見に行きたく、担任の先生に相談に行ったのだという。「『授業を受けるか、天地真理を見に行くか、将来の自分にとってどっちが大切かよく考えて見ろ』と言われた。当然、天地真理の方だから、俺は見に行く」と宣言して彼は揚々と早退していった。
・・・結局、その日は見物客が多すぎて大混乱しコンサートが中止になったと、K君は大憤慨して帰ってきた。そして武道場で、後輩たちを容赦なく投げ飛ばしていた。


当時3歳の人の回想です。

時間ですよ~の頃は私は3才位てした。真理ちゃん劇場も毎週楽しみで優しいお姫様か優しい保母さんの様な真理ちゃんに子供ながらに心がキラキラして癒されてました。
1人っこで、そして母が美容院をしていたので忙しくて いつも居なくテレビが楽しみでした。アイドルとしての憧れと、こんなお姉さんいたらいいななんておもってました。


実際に真理さんを見た人は・・・

私は子供のころは軽井沢に住んでいたのですが・・・軽井沢では、今でも有名人に出会うこともあるけど、子供のころに、人気絶頂期の天地真理を見たときは、本当に輝いて見えた。今で言う、オーラが出ているってことなのかも。(世の中にこんなにきれいな人がいるのかと本当に思いました。)

子どもたちだけではありません。学校の先生も・・・

私が小学校に通ってた頃、先生との距離は近かった。特に5、6年のときの担任のN先生はすっごく怖かったけど、放課後はよく一緒に遊んだ。
この先生は当時30代半ばで独身だった。顔のエラがはっていて「げた」と呼ばれていた。
天地真理の大ファンだった。ママさんバレーの鬼コーチだった。
ある日の放課後、私と I 君がN先生に呼ばれた。
「ちょっとついてきてくれヘんか」、と言う。言われるままに先生の車に乗った。連れて行かれた先は隣駅にある三和銀行だった。
天地真理がその頃、その銀行のポスターに使われていた。
入り口にある大きなポスターをもらってくれ、と先生は言う。
「I ~、このお金を貯金したいって言うんや」、と先生はポケットから小銭をじゃらじゃら出した。
「で、S~(私の旧姓です)。すみませんが天地真理のあの大きなポスターがあれば一枚いただけませんか?、ってそこでゆうてくれ。ええかぁ、はっきり言うんやで」
先生は真剣だった。私と I 君は先生に言われた通りカウンターのお姉さんに言って任務をやり遂げた。
車に乗ると先生は自分のアパートまで私と I 君を連れてった。ポスターを壁に貼るから手伝ってくれ、と言う。たしかに大きなポスターだったので先生がひとりで貼るのは難しそうだった。
先生の家は前にどぶ川が流れる古い古い長屋にあった。そこに天地真理のポスターはとっても不釣合いな気がしたが。貼り終えたとき、先生はとっても満足そうだった。

南沙織ファンも・・・

ああ「アイドル」ですか
私には南沙織なんです
当時一番人気は天地真理
もう誰がなんと言おうと天地真理でした


やはり当時子供だった人でしょうが、誰もが認めることでしょう。

あの頃は天地真理がテレビに出ない日はなかったですものね。
日本中が真理ちゃんを中心にまわっていたといっても過言ではないくらい・・・。
後にも先にもあんな人は出てきませんね。
み~んな真理ちゃんが好きでしたよね。
あの頃の真理ちゃんには誰もかなわない、
もうあんなアイドルは出てこないと思います。

以上は当時の真理さんについての様々な証言です。その中には事実もあれば主観的な印象もあります。「み~んな真理ちゃんが好きでしたよね」というのはそうでない人も実際いたのは確かですから事実としては正確ではありません。しかしそう思わせる勢いが当時の真理さんの人気にはあったということは、ファンでなくとも当時を知る人には”事実”だと思います。それは数字のような客観的な裏付けは無くてもひとつの”事実”であって、以前も触れたように、そういう”事実”抜きに“時代”を語ることはできないと私は思っています。


        アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード