秘蔵ライブ(3) 初めての「水色の恋」

前回はデビュー前の「水色の恋」原曲「小さな私」をご紹介しましたが、今回はデビュー後の「水色の恋」ライブです。
デビュー後の「水色の恋」というと「時間ですよ」で窓辺に腰掛け、ギターを弾きながら歌った「水色の恋」があります。
「時間ですよ」はDVD化されているので、”非公式”の範疇には入らないかもしれませんが、ご覧ください。




「時間ですよ」での歌手デビューということで服装もメイクも髪型もいつもとちがって”盛装”と言う感じですが、何と言っても、うたが実にすばらしい。ギターを弾きながらの完全なフォークスタイルで、デビュー前の「小さな私」がぐっと洗練されて甦っています。

これに対し当時の歌番組の録画・録音はなかなか現れませんでした。当時はビデオは放送局にしかありませんでしたし、録音機器もオープンリールテープレコーダーしかありませんでした。これは高価なテープデッキはもちろん、安価なテープレコーダーも操作が結構面倒でしたし、テープ自体も結構高かったので一般の人にはあまり普及していなかったのです。カセットテープが本格的に普及し始めたのがちょうどこの頃だと思いますが、ラジカセはまだ本格的には普及していなかったと思います。そういうわけで、この時期の録音は稀少なのです。
ところが、昨年7月、tokinokaoriさんが歌番組(FM東京の「アタックSQ4チャンネル」)にデビュー間もない真理さんが出演した時の録音を公開してくれました。今でもこの時期のライブ音源はUPされていませんから非常に貴重な音源です。




いかがでしょうか?本当に初々しい話しぶり、そしてうたですね。最初の自己紹介も非常に落ち着いて、ものおじしない堂々とした話し方の一方、歌手としてデビューできたうれしさがほんとうに素直に伝わってきますし、「白雪姫」のキャッチフレーズを紹介する時の照れ笑いからはまだ”芸能人”になりきっていない客観的な目が感じられます。客席の反応も、初めて聴く無名の歌手と言う感じですね。
うたの方も非常に落ち着いた歌いぶりです。バックは北村英治カルテットらしいのですが、派手なバンドと違って落ち着いて軽い演奏で私はとても気に入りました。ただ歌手にとってはバンドが静かなだけに、自分のうたが裸になってしまうようで、ごまかしがきかない環境だと思います。しかし真理さんは全く臆するところなく自分の思う通りに歌っていますね。
最初はちょっと硬い感じもありますが、「なみだだけが」で高揚するあたりからのどもほぐれた感じで、「ひとしずく ひとしずく」は想いと声が一致して聴く者の心をつかんでいきます。2番に入ると真理さんらしい多彩な表情が見えてきて、「ひとりだけ歩いてったあの人は」の抑えた歌い方、 「白雪姫みたいな」の「姫」の部分の魅力的な歌い回し、「なぜかしら」の憧れ、「さよならはお別れの」「あーなたの」の心の震えなど、充実したうたが展開しています。
その後のうたに比べるとまだまだ素朴で荒削りのところもありますが、あちこちに才能の片鱗が見えるうたといえます



 アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

ひこうき雲さまお久しぶりです。
「水色の恋」が生まれたきっかけのエピソーは我々には想像がつかないミュージシャンならではの発想で感心しました。
また、今回の音源はデビュー当時の真理さんの歌声やおしゃべりが分かる貴重な音源ですね。演奏をおさえているにもかかわらず、しっかりとした発声、感情こもった歌声このころから大物感を感じられますね。
もっともっとこのような音源がでてくることを期待しています。

Re: No title

青鬼さん
コメントありがとうございます。
2つありましたが、後で入っていたこちらを公開させていただきました。

この音源は驚きでしたね。「時間ですよ」で多少知られるようになっていたとはいえ、この当時は「天地真理」の名はほとんど無名だったわけで、歌手天地真理のファンと言う人もいなかった時期ですから、そのために録音したということではなかったと思います。公開されている方も、昔の録音があったので、聴いてみたら天地真理が出ていた、と言う感じではないでしょうか。
そういう音源はまだまだ眠っていると思うので、古い録音テープをもっている人はぜひ公開してほしいですね。

SQ

 「アタックSQ4チャンネル」は、貴重な録音ですね。雑音がひどいのが残念です。
 北村英治カルテットの演奏の音量が、真理さんの声と比べて小さいですが、かなり広がりのある素晴らしい音であるのが聞き取れます。雑音のない4チャンネルで聴きたいですね。

 鮮明な録音が、どこかに眠っているはずですよね。だれか、リマスタリングして下さい!、リバイバルヒット間違いなし!

 ところで、「恋する夏の日」のシングルジャケットに、「SQ」と書いてあるのは、4チャンネル録音されたという意味だったんですね。エコーが強すぎると感じていましたが、4チャンネルをイヤホンで聞いているからでしょうかね。 

なつかしき声を聴いて

夜中からこんばんわ。ひこうき雲さん。お久しぶりざんず。熊五郎です。
一眠りしたけど中々眠れず久々に一杯のレモンティーを覗いたら、
久しぶりに真理ちゃんの生の声を聞かせていただき感激です。
昔も今もあのしゃべり方、全く変わりませんよ。真理ちゃんと声をかけたくなりました。
そしてこれをyou tubeにupしてくれたtokinokaoriさんにお陰であります。
upしていただけなければこうして聞く事も投稿することもできません。感謝に耐えません。
ひこうき雲さんのおしゃるとおり、音源をお持ちの方。
この先、誰でも明日のことは分かりません。この際だから公開してみてはいかがでしょうか?

Re: SQ

chitaさん
コメントありがとうございます。

そう言えばこの頃、4チャンネルが話題になっていましたね。私はあまり関心がなく(お金がなく?)よく知りませんでしたが、こういう番組もあったのですね。「恋する夏の日」のSQについては何かで読んだことはありますが、内容は覚えていません。
ただ言えることは、当時最先端の技術を真理さんのレコードで使ったということですね。それは納得します。


Re: なつかしき声を聴いて

熊五郎さん こんばんは

今日はよく眠れそうですか?
私もちょっと外国へ行ってきたので、時ならぬ時に眠くなったり、逆に眠ろうとしても眠れなかったり、まだ身体のリズムが、戻っていないようです。

それはともかく、ここでの真理さんの話、特に「ソニーの白雪姫」というキャッチフレーズを紹介する時の、ちょっと舌をぺろりと出したような照れた話しぶりはほほえましいですね。
そういう音源がもっと出てくるためにも、「天地真理」の社会的な評価を高めていくことが大事ですね。

はじめまして

はじめてお邪魔いたします。bellwoodと申します。
私は、昨年5月ごろにYouTubeで「天地真理」の魅力を35年ぶりに再発見した復帰組ですが、ひこうき雲さんの全曲レビューやこちらのブログにおける洞察には、いつも共感とともに深い感銘を受けております。
このFM東京の音源には私も驚きました。デビュー作品には、そのアーティストが元来持っている要素が全て含まれていると言われますが、「水色の恋」はまさしくその典型ではないかと思います。そしてそのデビュー曲を、ジャズコンボの演奏に乗せてみずみずしくひたむきに歌う姿からは、“アイドル”になる以前の歌手・天地真理の素の魅力が溢れ出ていて、胸が締め付けられるような感動を覚えます。
ところで、今をときめくアレンジャー、プロデューサー、ベースプレーヤーである亀田誠治さんが、下記のページで自身の音楽体験の原点として真理さんについて語っておられます。現役の音楽業界人がこうして取り上げることは、「天地真理」の社会的評価が高まることにつながりますから喜ばしいですね。
http://kame-on.com/college/faculty_of_arts/meiban/_1.html

Re: はじめまして

bellwoodさん
コメントありがとうございます。

いつもYoutubeで貴重な録音を聴かせていただいています。
まさに秘蔵図書館のような感じで、これだけ持っておられるのは他にはsugi4geruさんくらいでしょうね。
これまで大事に保存して下さったことに感謝です。これからも楽しみにしております。

亀田誠治さんのページ拝見しました。私は現在の音楽事情というものに全く疎いので、この方についても経歴を見て「東京事変」の方ということはわかりましたが、そもそも「東京事変」というのも名前しか知りません。しかし大変興味深く読みました。この方は「アイドル」というイメージからではなく「歌手」として真理さんを知ったようですね。最初は7歳だったということですが、さすが聴くべきところをしっかり聴いていたという感じがします。
おっしゃるようにこういう方がイメージに流されない音楽的な評価をきちっとしてくれることはうれしいですね。



貴重な情報ありがとうございます。

ひこうき雲さん、お元気ですか?
いつも「お久しぶりです」で始まるラガールです。(^^ゞ

真理さんのデビュー時代のラジオ音源は、とても感動しました。
デビューしrて間もない頃なのに、とても落ち着いていて、歌も伸びやかで、びっくりしました。

あの頃の真理さんは、希望を胸に、明るい未来を感じながら生活しておられたと想像できました。
人は誰しも苦労がつきまとうものですが、それから先の真理さんの苦労を思うと、よけいにこの音源の声が身にしみてきます。

いかんいかん、どうしても暗い話にしてしまう、私の癖です。(^^ゞ

これからの真理さんが、あの頃のように希望に満ちた生活を送られることを祈っています。
私も50歳を過ぎて思うようになりましたが、人間、年齢で判断すべきではなく、たとえヨボヨボになっても、寝たきりで明日をも知れない命でも、心の中は、少年の頃のように明るく希望を持って生きていくことができれば、最高ではないかと。
事実、私の精神年齢は、徐々に子供に帰りつつあります(笑)

窓の外の日差しや自然の変化を見ているだけで、心を動かされる純真な気持ちを忘れないようにしたいですね。

Re: 貴重な情報ありがとうございます。

ラガールさん こんばんは
コメントありがとうございます。

もし私自身の20才の頃の発言の録音があったとしたら、どう受け止めるかな?と考えてみます。
40代の頃の私なら、何と気負って大仰なことを言っているのかと恥ずかしくてスイッチをとめてしまったでしょう。
でも今の私なら、「こんな時もあったなあ。若いってやっぱり素晴らしい。」と受け止めることができるのではないかと思います。取り柄のない人生でも肯定的に受け止めることができたとき、そのどの瞬間も愛おしく思えるからです。

真理さんがもしこのデビュー直後の録音を聴かれたとすれば、ほほえましく、愛おしく思われるのではないでしょうか。
> 窓の外の日差しや自然の変化を見ているだけで、心を動かされる純真な気持ちを忘れないようにしたいですね。
私もそうありたいと思って日々過ごしています。

ちょっと年寄りくさくなってしまいお恥ずかしいです。(年齢相応ですが!)

やはりこの二つを取り上げられましたね

遅れたコメントで失礼いたします。
やはりこの二つを取り上げられましたね。
「時間ですよ」でのこの歌唱は、
この曲をピアノアレンジするときに何度も聴き、
参考にさせてもらいました。
1974年のライブ版のものにも通じる、とても味のある歌唱で、
この時点から、こういうことが出来たのですね。
FM放送でのものも、これまた別の意味でとても味わい深いです。
シングル版での歌い方を忠実に守ろうとしているように感じられる部分がある一方、
(取り直し等で相当修行した感じがします。)
カルテットの響きに触発されて、微妙な味をうまく出している部分があるように思います。
「最初は」とアナウンスされているところから、何曲か歌ったように思われますが、
「時間ですよ」で歌っていたものを歌ったのでしょうか。
それともジャズっぽいものを歌ったのでしょうか。
前回ご紹介の「OtherWise」は、私がYouTubeで真理さんものを探す以前になくなっていたので聴きそびれているのですが、
この番組のこの後の歌も聴いてみたいですね。
ご指摘のように、2番になるとひときわ充実した歌唱になっていますが、
私には、1番でカルテットとの間合いがつかめたことに加えて、
1番と2番の間のクラリネットによる間奏が、
真理さんの音楽性を大いに触発したと思っています。
この歌手を理解する上で、とても貴重なものを記録していてアップしていただいた方には本当に感謝ですし、
それをここで的確にご紹介いただいて、うれしい限りです。

Re: やはりこの二つを取り上げられましたね

真さん
コメントありがとうございます。

私は74年ライブ版が「水色の恋」のベストと思ってきたのですが、新しい音源が公開されてくると、実はデビュー前のヤング720での「小さな私」がその原点にあり、それが「時間ですよ」のこの歌唱に「水色の恋」として引き継がれ、その流れの到達点として74年ライブ版があったのだとわかりました。
一方でFM版はおっしゃるようにシングル版に忠実に歌おうとしていますね。それが前半の硬さに現れているのかもしれませんが、たしかに北村英治カルテットの演奏になじむ中でエンジンが滑らかに起動し始めるという感じがありますね。真理さんにはしばしばこういうことがあって、最初はぎこちないのが、あるところから突然ギアが入ったようにすごい名唱になったりします。この場合、真さんのおっしゃるように、たしかにクラリネットの間奏にのるように2番のうたが入ってきますね。これで勢いに乗った感じですね。
そういうことを、ムラがあると言う人もありますが、そういう場面に立ち会うと、私はとても得をしたような気がするのです。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード