『半神』

Youtubeに「夢の遊眠社」の「半神」のビデオがアップされています。その中に真理さんの『ひとりじゃないの』が使われている場面があります。下の動画は、『ひとりじゃないの』が使われている場面だけ切り出したものです。



全編を見たい人は、次のところにあります。
http://www.youtube.com/watch?v=sMHHf_FmkjY 
http://www.youtube.com/watch?v=M1kY39djvGc

【これは期間限定ということですが、ニコ動でも見ることができます。遊眠社版(1988年)の他に、1999年のNODAMAP版(深津絵里ほか)もあります。】

この作品は萩尾望都の短編「半神」を原作としていてストーリーは次のようなものです。(AMAZONのユーザーレビューから)
【 心臓だけを共有した結合体児のシュラとマリアは、自分の不幸に気づかないように世界と隔離された生活を送っている。そんな中で彼女たちの元に一人の数学者が家庭教師として招聘され、双子に隔離された環境のままで世間を垣間見せるという依頼を受ける。そこで双子は、誰もが味わうがけっして自身は味わうことの出来ない孤独というものの存在を知り、それを夢想する。
 そして彼女たちが成長し、たった一つしかない心臓が二人を支えきれなくなったとき、彼女たちの両親は結合体児の離断手術を決心するが、そこには2つの難問が隠されていた。どちらの子供を生かすのか、そしてその判断は誰がするのか。
 これらの問題に誰もが向かい合おうとしない中で、なんとかして双子を両方とも生かすことが出来るのではないか、そう考えた家庭教師は双子とともに世界の果てへと出向き、双子を二人とも助けるべく彼女たちが背負った運命と対峙する。 】


しかし実際はそこにブラッドベリの「霧笛」の朗読や<化け物>の誘惑などもからみ、非常に複雑な構成となっています。正直なところ、私には理解不能なところがたくさんありました。私は散文的な人間なので、こういう<詩>のような演劇というのは苦手です。しかし、よくわからないままではありましたが、静かな感動が残りました。それをちゃんと論じようとすると大変な長編になってしまうでしょう。ですから、ここでは強引に、私にとって理解しやすい言葉で表現させてもらえば「深い孤独の中にある希望」と言えるように思います。

しかし本題はこの演劇自体ではありません。そこで使われている『ひとりじゃないの』です。
わたしはずっと以前に【シュラの絶望シーンに流れる天地真理…。このシーン、忘れられないです】という書き込みをネットで見て、この演劇に関心を持っていました。それが今回、実際に見ることができたわけです。実は別の書き込みで【愛されるマリアを憎み、「ひとり」になりたいシュラ。シュラが天地真理の「ひとりじゃないの」をBGMに「ひとりにして~ぇ!」と叫ぶシーンは切なく哀しかった。】と書かれてあるのを読んで、どういう意味でこの曲が使われているかはわかっていました。そしてここからは『ひとりじゃないの』はシュラの「ひとりになって自由に生きたい、孤独になりたい」という願望に対する軽薄な常識を象徴する皮肉な役割なのかもしれないと思っていました。

野田秀樹氏がどうしてこの曲をここで使ったのかはわかりません。「ひとりじゃないってすてきなことね」という(シュラにとっては)上滑りな言葉を“アイドル”の(やはりシュラにとっては)心を素通りしていくような“元気”な歌で流すことで、自分を理解してもらえないシュラの悲しみを際立てようとしたのかもしれません。

しかし、少なくとも私は全く違う印象を受けました。たしかに、「ひとりじゃないって すてきなことね」と歌にかぶせるように家庭教師がいう言葉は実に嘘っぽいのです。家庭教師はシュラの自由への希求、孤独への憧れをわかっていながらそれを肯定してやることができないからこそ、嘘っぽくなるのです。しかし、真理さんのうたそのものは、この場面で、そうした浮き上がった感じが全くないのです。むしろシュラの心に寄り添っているような印象さえ受けます。それは真理さんのうたのやさしさ、あたたかさが運命に抗うシュラを包み込んでいるからだと思います。

<うた>は言葉ではないのです。「ひとりじゃないってすてきなことね」という言葉はそれだけを取り出せばシュラの心を逆なでするような言葉です。しかしそれがどのような声でどのように歌われるか、ということによってその意味は変わってくるのです。以前私は【『ひとりじゃないの』は実は「明るい」だけの曲ではなく、さびしさや孤独を抱えた曲で、だからこそみずみずしいよろこびがそこにある】と書きました。http://amhikokigumo.blog67.fc2.com/blog-entry-15.htmlそしてそのようなうただからこそ、この場面で違和感なく、寄り添うような印象を受けるのです。

もう一か所、最後のカーテンコールの場面で流れる『ひとりじゃないの』は公演ではなく、ビデオ化する時に入れたものでしょう。これによって長い緊張が解かれ、癒されていくのが感じられます。しかし感動は少しも損なわれないのです。それは「深い孤独の中にある希望」と真理さんのうたに断絶がなくつながっていることを証明しています。
そう考えると、ここに『ひとりじゃないの』を入れたということは、野田秀樹氏がこのうたの本質を見抜いて使っていたのではないかと思われてきます。
もし当時そういう意図でなかったにしても、いまこのビデオを見たら、そう感じるのではないでしょうか。
『ひとりじゃないの』は震災の際に応援ソングとしても取り上げられましたが、その包み込みやさしさをあらためて感じる経験でした。

*****************************************************

年内の更新はこれで最後になると思います。真理さんのデビュー40周年の諸行事も成功裏に終わり、ファンの輪も確実に広がっているようです。私自身についていえば、本編『空いっぱいの幸せ』の「各曲寸評」が完成できたことがうれしいことでした。
来年も真理さんにとってさらに良い年になるように祈りたいと思います。

1年間ありがとうございました。良いお年をお迎えください。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

ひとりじゃないの

ひこうき雲さん、こんにちは、いや、こんばんはかな?
とにかく日が暮れるのがめっぽう早く感じられる今日この頃です。
お元気ですか?仁です。

「半神」、なかなかスッと理解するのが難しい所があって、子供の頃から吉本新喜劇で育ってきた?者としては、少々正面きって向き合うのが、正直辛い作品ですね。でも、言わんとする所は何となくですが、分かります。ひこうき雲さんのおっしゃっていることで、概ね納得もしております。

この作品を部分的にせよ観させていただいたおかげで、「ひとりじゃないの」に対する理解度がかなり増したなと、現在、素直に感謝もしております。

それにしても、今年は、ホントいろいろありましたね、というか、あり過ぎましたね・・・。
人と人が向き合うことを避け続けた結果、「あなたは何者ですか、あなたは生きてますか」と、日々、自問自答せざるをえない社会状況が一気に顕在化してしまった年のように感じられます。

真理さんのお歌がますます必要とされる、そういった時代モードに一気に突入していっておるようです。

よいお年を 仁

Re: ひとりじゃないの

仁さん
コメントありがとうございます。

たしかにちょっとむずかしい演劇ですね。
理屈で考えようとするとわからないみたいです。
理屈を捨てて、詩みたいなものだと思って見るとよさそうな気がします。

それにしてもこの場面で「ひとりじゃないの」がこんなふうに聴こえるとは想像していませんでした。
たしかに、時代が求めているうたですね。


本年もよろしくお願いします

ひこうき雲さん、お久し振りです
いかがお過ごしでしょうか
本年もよろしくお願いします。

「夢の遊眠社」の「半神」のビデオは、頭の悪い私には、ちょっと難解でした。
劇中のあの雰囲気の中で、真理さんの「ひとりじゃないの」の歌声が流れてきたとき、ミスマッチなイメージを抱いてしまいました。
演劇には、もっと奥深い部分を読みとらないといけないのでしょうが、私には、単純なホームドラマが好きなもので(^^ゞ

今年は、お互いに良い年にしたいですね。
どうか、よろしくお願いします。

Re: 本年もよろしくお願いします

ラガールさん
あけましておめでとうございます。

ラガールさんのブログにもコメントしようと思いながら、なかなかできずご無沙汰しています。
今年は自分のブログも新年の更新が間に合わず、だんだん無理がきかなくなっているようです。

私も演劇にいつも親しんでいるわけではないので、この劇は難解でした。はじめは何がどうつながっているのかさっぱりわかりませんでした。
その内に居直って「分かろうとするから分からないんだ」と思って理屈でつじつまを合わせることをやめてみると、自由な連想が生まれてとても面白く感じました。

そんな私の勝手な解釈ですが、この双子は〝自分の中の他人”を象徴しているのではないでしょうか。誰も「こんなやつは自分じゃない」という存在を自分の中に抱えているものではないでしょうか。でも否定しても否定してもそれもまた自分なんですね。人間ってそんな矛盾の塊で、でもそれだからこそ愛おしい存在なんだ、と私には思えました。「ひとりじゃないの」のやさしさはそこに通じると私は感じたのですが、どうでしょうか?

今年もよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード