小説『マリちゃん』 (3)

 なぜ麻里亜は消息を絶ったまま途中で名乗り出なかったのでしょうか?ディレクターとの愛はたしかに道徳的には批判されるかもしれないが、法律に反したわけではなく、名乗り出てきても、最初は激しい非難もあるでしょうが、少し経てば沈静化するものだし、芸能界に復帰できなくとも普通の人としては生活できたはずです。にもかかわらずなぜ、そこまでして隠れ続けたのか? 私は、麻里亜は〈阿部慶子〉ではなく〈阿部麻里亜〉として生きたのだと考えます。それは父母との関係から阿部慶子に戻りたくなかったということもあるでしょうが、何よりも阿部麻里亜として生きた時間こそかけがえのない時間であり、自分が生きた証だったからではないでしょうか。たとえどんなにみじめな境遇であろうとも、阿部麻里亜の人生を捨てる(否定する)ことはできなかった、ということではないでしょうか。

 私がそのように読んだのは、そこに天地真理さんの生き方に通じるものを感じたからです。もし彼女が1977年初頭の入院~休養から復帰することなく引退してしまっていたら、天地真理の名はほとんど神格化されていたでしょう。絶頂期に引退した山口百恵や南沙織、あるいはキャンディーズを凌ぐ伝説のスーパースターとして記憶されたはずです。たとえ派手な引退公演がなくひっそりとした引退であったとしても、むしろ、絶頂を極めながら病に倒れた悲劇のスターという要素も加わって神話的な存在になっていたと思います。しかし彼女はすさまじい努力を重ねて復帰してきたのです。しかし、その努力は報いられることはなく、その後は、結婚・離婚をはさみながら、かつての偶像をかなぐり捨て、むしろさまざまな”汚れ役”に身をさらすようにして生きてきました。それを「自らイメージをこわしてファンを裏切った」と非難するかつての”ファン”もいます。そのことについてはまた別の機会に考えたいと思いますが、たしかにそんな役ならむしろ引退した方が彼女自身も気が楽だったのではないか、ということも考えられると思います。そこに阿部麻里亜と通じるところがあると思うのです。

 阿部麻里亜が〈阿部慶子〉にもどって生きたならホームレスにまでならなくてもよかったでしょう。天地真理さんも〈斉藤真理〉に戻った方が実生活の面では幸せだったかもしれません。しかし、彼女はやはり〈天地真理〉として生きる道を選んだのです。コンサートのタイトルとした『私は天地真理』という決意を彼女は捨てなかったのです。
「心のままに生きていくのは、いけないことでしょうか?」という『告悔』の言葉そのままに生きてきたのです。
 
 阿部麻里亜と同じように、彼女にとって〈天地真理〉として生きた時間は何よりかけがえのないものであり、〈斉藤真理〉として生きることは〈天地真理〉の人生を否定することだったのではないでしょうか。

 ふり向いてはいけない 
 ふり向いてはいけない 
 ふり向いたら きっと 朝もやの海の中に 
 わたしが追いかけた夢まで消えて行く
 (最後のアルバム『童話作家』所収「二月の風景画」 詞:小谷夏)

「これからも、フレッシュでかわいい女の子でいたいと思います」というこのコンサートの最後の言葉の意味が、私は今にしてようやくわかったように思います。それは内面の有りようだったのですね。そして、彼女は今もこの言葉通り生きているのではないでしょうか。

 小説の最後、静かに目を閉じる麻里亜は決して哀れではなく、むしろ毅然とした姿で描かれています。作者の意図がどこにあったかはわかりません。でも、私はそう読みました。



※ 結末を考えずに書き始めてしまい、途中でやめたくなりました。どうまとめたらいいか、わからなくなったのです。ほかの話題に移ってしまえば誰も気づかないさ、とも考えました。ところが、そんなことを考えながら最後のところを読み直していた時、突然、すべてのつながりがくっきり見えてきました。
 小説については著者の意図からすれば外れているのかもしれません。また、天地真理さんの生き方についてはご本人しか本当のところはわからないでしょうから、あくまで勝手な推測です。しかし細かな事実関係は別として、彼女の心の奥にこういう思いがあったのではないかと、この記事をまとめる中で思うようになったのです。
 
 ともかく、年内にまとめられてほっとしました。
 みなさま、よいお年をお迎えください。
 



     「空いっぱいの幸せ」INDEXに戻る

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさま

ひこうき雲さん
こんばんは。記事を読ませていただいて、思わず「おつかれさま」と心の中で云ってしまいました。
それほど、この小説の中の女性の運命を、ひこうき雲さんがどう書かれるのか、その続編が気になっていました。もう、続きはないかも知れない とも書かれていましたので、それも然り と思っておりました。
実像の真理さんと、小説のマリちゃんを どうしても比較してしまいますが、ひこうき雲さんの解釈に 救われる思いがしました。
私は ちょっと違う見方で、冒頭で 世阿弥の言葉を引用しているページに注目しました。「時分の花・・・」云々のくだりです。暗に若さに溺れることを、作者は批判するためにこれを引用したと解釈しましたが、私はこの作者が、実際に歌謡番組にも精通していた人物、そんな近い人が「時分の花」と言い放つところに、「この人、 聴く耳 ないなあ」と思ってしまうのです。
あの時代、芸術的観点から 真理さんの歌の評価は、ほとんどなされた形跡がありません。真理さんの歌は「時分の花」ではなく、すでに完成されたもの「誠の花」だったのです。それを、「時分の花」に間違えて、何十年も経ってまた小説の題材にするなんて、最初から的が外れていると思いました。



Re: おつかれさま

メロンパンさん
コメントありがとうございます。

たしかに疲れました。最初は、こんな小説がありますよ、という程度の軽い気持ちで取り上げたのですが、小説を読んだ後、自分の中に残っていた何か重いものが気になって、そのことについてもちょっと書いてみようかな、と(1)などと付けてしまったのが苦労の始まりでした。でも悪戦苦闘したおかげで、『私は天地真理』にたどり着いていろいろの疑問が解けた気がしています。

世阿弥の言葉は「咲いている時の花(時分の花)を花の本当の姿(誠の花)だと思ってはいけない。花はやがて色を失ってしまうものだ」というような意味なのでしょうか? メロンパンさんが言われるように、この小説を麻里亜をアイドルに”つくりあげた”男たちという観点で読むと、ピンボケだなと思えます。(2)への遠い夏さんのコメントにもありましたが、”つくりあげる”なんてことはできないのですね。ただこの世阿弥の言葉を「花は咲いている時だけが花ではない。麻里亜はどう変わってもやはり花だった」と解釈すると私の読み方になってきます。著者はどういう意味で引用したんでしょうね。

今回はこのブログより本編(空いっぱいの幸せ)の方で扱った方がいいような重いテーマになってしまいました。次はもうちょっと軽いテーマにしたいと思っています。
 

どうにも、真理ちゃんを語ると熱くなっちゃうんですよ

前々から、ひこうき雲さんの考えには、相通ずるものを感じておりました。

この度は、「私の思いの幾ばくかを、申し述べる機会を与えて頂いた。」お礼を申し上げます。

そして、これをご覧のファンの皆様、真理さん、よいお年を。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひこうき雲さんに書いてほしい

8年遅れで、読みました。これだけ深く考えている人にこそ、真理さん物語を書いてほしいです。もちろん、架空の小説という形ですが、愛情を持った人が書くと、暖かみのある作品が完成するでしょう。
でも書かないのは、柔軟性を保っていたいからかもしれませんね。

Re: ひこうき雲さんに書いてほしい

熱烈ファン さん
コメントありがとうございます。

「8年」とあったので確かめてみたらそうなのですね。そんなに経ったのか、と驚きました。そう思って見るとこのブログもいつの間にか11年目に入っていて、<10周年>に何もしないうちに過ぎてしまいました。気づかせていただいてありがとうございます。

この記事も久しぶりに読み直してみましたが、それなりによく書けているなあ、と思いました。つまり、今だったら書けないなあということなのですが、多少とも若かったので集中力があったのですね。今はこういう持続力がなくなって、短い単位でしか物事を考えられなくなってきました。
「真理さん物語」は<想像>は書けますが、<事実>はなかなか難しいですね。

これからも楽しく読ませて頂きます

そうですね。8年前に出来たことができないようになっています。
私は1952年5月生まれなので、やがて65歳、真理さんと、ほぼ同じ世代です。もっと早く50代に気づいていれば、40周年記念も45周年記念も、「私は天地真理」のスクリーンコンサートや、「虹を渡って」の上映会を見れたのにと思っています。
でも、そんなことを考えたら、20代の頃にもっと正当評価して応援できたのにと、きりがありません。年を経た今だから気づくこともあるのかもしれません。

私は仕事の暇を見ては、天地真理の軌跡(年代記)を書いています。
デビューの頃、レコードを出した時期、パリへ行った時期、その間のスター千一夜での語り、コンサートでの語りなどです。これが完成したら、事実の間隙を想像で埋めて自分だけが読む「小説誰々」でも書きたいなどと、気楽に思っていました。人に見せなければ、自由に変更がきく利点もあります。
しかし、他の人のブログを拝見して、国会図書館の資料まで調べたり、10年以上かけても埋めきれない世界なのかなぁと思うようになりました。
もうひとつは、知れば知るほど、胸が痛くなる感覚にも気づきました。ひこうき雲さんは、これを乗り越えて、昇華しておられるように見えますが、それには10年近くの努力が必要なようで、その頃には、認知症になっているかも(^-^)。楽しみつつやります。

長くなりましたが、最後に、冒頭に書いたことと違うことを、今、思っています。
今からでもやる気があれば頑張れるし、幸せになるのは今だいう話を聞きました。NHK文化講座です。アドラー心理学とのことです。64歳から中国語を始めて、今ではプロの通訳になっている人の話も出てきます。

歌に例えれば、生きている限り誰も立ち止まれないから、自分を信じて、青空を開こうという感じです。

NHK文化講座
嫌われる勇気 ~あなたが変われば 世界が変わる
https://www.youtube.com/watch?v=94A1RsZunqA

押し付けではありませんので、気が向いたら、お聞き下さい。
私には、最後の「勇気は伝染する」という言葉がしみました。その人の置かれた状況により、しみる言葉は違うのかもしれません。
少し立ち入りすぎたかもしれません。お許し下さい。では、今後の話も期待しています。

Re: これからも楽しく読ませて頂きます

熱烈ファンさん

1952年生まれなのですね。私は1950年生まれですから、1951年の真理さんをはさんで同世代ですね。実は真理さんのファンはもう少し若い世代の方が多いのですね。当時、小・中・高生であった方たちですね。その意味でお仲間が増えてうれしいです。

>10年以上かけても埋めきれない世界なのかなぁと思うようになりました。
私を含めてファンの方がブログ等で調べたり書いたりしておられることは、そこを埋めるためだと思います。例えば私のホームページに「各曲寸評」というコーナーがありますが、私はいつもこれはプラットホームだと言っています。到達点ではなく、その上に積み上げていくための出発点という意味です。新しく来た人がゼロから始めるのではなくここから始めてほしい、という願いで書いたものです。真理さんに関する情報は10年前よりはるかに豊富です。ぜひ活用してほしいと思います。

理解が正確かわかりませんが、真理さんは「嫌われる勇気」を持ってしまったと言えるかもしれませんね。しかし当時の日本、とりわけ芸能界ではそれは許されなかったのでしょう。

とりあえず朝日新聞投稿

他のブログではtenchimassuguで書いているので、統一しました。

そうですね。自分で書いておきながらですが、嫌われる勇気をはっきりするには、ある程度の年齢と自分を支えてくれる強い味方が最低限一人必要だと思います。自分も、嫌われてもいいので自分の道を、と思えるようになったのは、35歳くらいです。
全く孤立無援の人が頑張ると、益々孤立してしまいます。真理さんは、その意味では大変だったと思います。若かったし。だから、今振り返って、真理さんに申し訳ないと胸が痛む人も多いのでしょう。

各曲寸評について、どうもありがとうございました。少しずつ読んで参考にします。とりあえずは、朝日新聞への投稿を、頑張ってみます。

Re: とりあえず朝日新聞投稿

tenchimassuguさん

> 全く孤立無援の人が頑張ると、益々孤立してしまいます。
真理さんはまさにそういう状況だったのではないでしょうか。戦略とは無縁の人だと思うので、まさに徒手空拳だったのでしょう。あくまで推測ですが。

朝日新聞の「もういちど歌謡曲」は投票期間が非常に短いのですね。いつのまにか終わっていた、という感じです。今回も1972年の投票は終了して次の投票に移っていますね。
「歌謡スクランブル」はまだ間に合うので大勢の人にリクエストを出してほしいですね。私ももう1曲出そうと思います。

知らなかった

朝日は終わっていたのですか?8日頃まで仕事が忙しいので、それが終わったら、力作を書こうと思っていたのに。朝日は、締め切りが書いてなかった。
歌謡スクランブルは、2月12日までなので、そちらで頑張ります。

Re: 知らなかった

tenchimassuguさん

朝日は早いです。毎週発行ですから次々切り替わっていくます。私も、気が付いたら終わっていたということがありました。
また次の機会があると思います。
スクランブルはまだ余裕あります。ぜひかかってほしいですね。

2回リクエスト

数日おいて、若葉のささやきと、君よ知るや南の国をリクエストしました。思い出を添えてリクエストすると、学生時代が蘇って、もう少し頑張ろうかなと思います。

かかるかどうか待つよりも、いっそのこと、ファンクラブの皆さんが、日本各地から、天地真理特集をして下さいと、NHKにハガキやFAXを送るといいのかなと思います。しかし、ファンの方々は、そのような過激なことは望まないかもしれないし、NHKが嫌がるかもしれませんね。

Re: 2回リクエスト

tenchimassugu さん

私も2曲リクエストを出しました。まだ時間はあるので、もう1曲出してみようかと思案しています。

> かかるかどうか待つよりも、いっそのこと、ファンクラブの皆さんが、日本各地から、天地真理特集をして下さいと、NHKにハガキやFAXを送るといいのかなと思います。
それはいい方法ですが、歌謡スクランブルでは一昨年七月に天地真理特集がありました。その様子は次の記事を見て下さい。
http://amhikokigumo.blog67.fc2.com/blog-entry-202.html
どれくらいの間隔で取り上げてくれるかわかりませんが、出してみる価値はあります。ただし組織票のようにとられるのは好ましいことではないと思います。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード