『サルビアの花』いろいろ

今年も最後なので、久しぶりに本編を更新しました。今回は「若葉のささやき」(各曲寸評)でアルバム『恋と海とTシャツと』です。
このアルバムには、タイトル曲はもちろん「恋人たちの港」「花嫁の友達」という私の大好きなオリジナル曲があり、特にカバー曲はファーストアルバムに匹敵する名唱ぞろいで、私も楽しんで仕上げることができました。

カバー曲の場合はYoutubeなどで“本家”をはじめ他の歌手と聴き比べながら書いていきますが、今回特におもしろかったのは「サルビアの花」でした。本編でそのことも書きたかったのですが、スペース的にあまり長くなっても他の曲とのバランスが悪いので、そちらは簡潔にすませました。そこで、こちらに少し書いてみようと思います。

 この曲は誰が“本家”かわからないくらいいろいろの人がいろいろに歌っています。一応、最初にヒットさせたということでは「もとまろ」が“本家”と言うことなのでしょう。実際、今回聴いてみた中ではやはり「もとまろ」が一番バランスがいいように思います。悲劇性を持ちながらもフォークのシンプルさ、清潔感をもっている名唱と言えます。そのせいでこの曲は青春の哀しみを歌った曲と言うイメージで受け止められてきたと思います。

 しかし、もう一人の“本家”作曲者の早川義夫自身のうたを聴くとまったく違うのですね。早川は若いころのものと最近のものとがありますが、特に若いころのものがそうです。自分=「僕」が感情をそのまま歌っているという感じでまるで主観的です。確かにこの曲の歌詞をよく読むと独りよがりなところがあるのですが、青春にはそういう独りよがりな鬱屈感というのはつきもので、その意味ではこれも青春の歌だなあと思いました。ただ私はこういう主観的なうたは押しつけがましくて好きではないのです。

 女性歌手の場合は「もとまろ」のうたがベースになっていますね。女性だから男性の場合のようにストレートではないけれど、「僕」に感情移入して切々と歌うという傾向です。たとえば小柳ルミ子はすごく細い声で語りっぽく歌っていて、彼女得意の“泣き節”ですが、作為が目立ってメロディーの自然な流れを妨げてしまっています。岩崎宏美はもう少し自然でメロディーが活かされてはいますし、とても魅力的なところ(「僕の愛の方が」)もありますが、いろいろやろうとし過ぎたり声が出過ぎていて「もとまろ」の寡黙さがないのです。

 井上陽水も歌っているのですが、温泉につかって「ああいい湯だなあ」と口をついて出た鼻歌みたいな感じで、好きなように歌っています。そういう意味では「もとまろ」でもなく早川でもない独創的なうたと言えますが、この曲の良さが活かされているとは思えません。

 そこで真理さんですが、本編をお読みいただければと思いますが、他の人とはまったく違うのです。主観的にならず、あくまで客観的に、頭で考えたストーリーではなく、<歌>そのものの流れから心が感じたままに歌っているのです。

 今回の更新のためにさまざまな「サルビアの花」を聴く中で、あらためて真理さんのうたの魅力を再確認できて、いい気持ちで1年を終えることができそうです。
 
  今年1年、ご覧いただきありがとうございました。
  良いお年をお迎えください。 

   ※なお、文中、敬称を省略させていただきました。



 アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

よいお年を・・☆

愛です、

ひこうき雲さま・・☆ 
今年早々「天色の髪の乙女」で、私も「一杯のレモンティー」のコメント欄にデビューさせていただいたのでした♪ それからルンルン調子に乗りまくって、あーだのこーだのラクガキ三昧^^; 
読んでくださって、ほんとうに幸せなことです~

「サルビアの花」では、悲嘆に暮れている主人公の背中を、優しくそっと見守っているかのようなぬくもり、そしてどことなく心地よい余韻が、私には感じられます・・  
絶妙な歌唱ですね。単なるカバー曲ではない、天地真理さんの歌心を象徴する作品の一つだといえますね。

来年もひこうき雲さまにとって、ご健康で幸運に恵まれる日々でありますように!! よいお年をお迎えください。

本当にお世話になりました

ひこうき雲さん、こんばんわ

本家ホームページの方も拝見させていただきました。

「サルビアの花」は真理さんのカバーで初めて知った曲です。
私は、あまり歌詞の内容を気にせず、メロディを楽しむ方なので、最初は何の気なしに聞いていたのです。
メロディは流麗で優しく、歌詞にあるような悲壮感が伝わってこなかったので、気にしていなかったのですが、ある時、ワンフレーズが耳に残り、歌詞を注意深く聴き直してみて、この曲の歌詞の凄さに驚かされました。それは2か月ほど前のことでした。
それから、この曲が気になって仕方がなくなり、誰のオリジナル曲か、作詞者は誰か、調べまくりました。

真理さんが歌う「サルビアの花」、とても切ないです。優しい歌声なのに、何故かすごく切なさを感じます。
他の人が歌っておられるものと比較しましたが、私は、真理さんのものが最も心に染み入ります。
真理さんには、こういう曲をもっとたくさん歌って欲しかったですね。

さて、本年も残すところ、あと数時間になりました。

私が真理さんの歌声に癒されて、ブログを始めて、最初にコメントをいただいたのが、ひこうき雲さん。
それからも、いろいろサポートしていただきました。とても感謝しております。
ひこうき雲さんには、お母様のことがあり、心労の多い年でしたね。お疲れは回復されたでしょうか?

お互い、来年は良い年にしましょう。
天国のお母様も、優しく見守っていてくれていることと思います。

Re: よいお年を・・☆

愛さん
コメントありがとうございます。

愛さんからはじめてコメントいただいたのは今年初めだったのですか。
もっとずっと前からのような気がしていました。
愛さんのコメントは楽しくてとても励みになってきましたから。

愛さんはまた、各ブログをつなぎ活性化させ、ファンの輪を確実に広げてくれました。
今年は真理さんとファンにとって大きな前進があった年ですが、その中で愛さんが果たしてくださった役割は本当に大きかったと思います。

来年が真理さん、真保さん、そして愛さん自身にとっても素晴らしい年になりますように。
良いお年をお迎えください。

Re: 本当にお世話になりました

ラガールさん
コメントありがとうございます。

実は、『サルビアの花』は今回、いろいろ聴き比べた後で真理さんのうたを聴いて、まったく次元が違うとあらためて評価し直したのです。こんなにさらリと歌っていて、こんなに心を満たしていく、こういう人はやはりほかにはいませんね。真理さんのうたについて書いていくと、こんなふうにいつも新しい発見があるのです。不思議な人です。

ラガールさんも真理さんを語ることで元気が出てこられたようでうれしいです。
私のことでもお気遣いいただきありがとうございます。どうやら、以前のペースに戻りつつあります。

来年はお互いにとって、そして真理さん、真保さんにとって、本当にいい年にしたいですね。
良いお年をお迎えください。

プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード