FC2ブログ

カセットテープから聴こえてきたものは

家の中を整理していたら、中身を書いてないカセットテープが出てきました。何だろうかとかけてみるとモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」でした。何も書いてないので演奏者もわかりません。ただオーケストラがウィーン・フィルであることはすぐわかりました。あの艶やかでほんのりと切なさを持った優雅な音色は、真理さんの声と同じように唯一無二ですから。しかし指揮者を始めその他の演奏者はわからなかったのですが、そのためかえって先入観を持たずに、”知識”ではなく純粋に感性で聴くことができました。
最近は耳だけでオペラを聴くということがあまりなかったのですが、久しぶりにじっくりと堪能できました。演奏は素晴らしく、もう少し”モーツァルトの遊び”があればという気はしましたが、心がゆったりと解放され至福の3時間でした。最後になってアナウンスが流れ、ようやく演奏者がわかりました。1980年のウィーン国立歌劇場の東京公演で、フィガロはヘルマン・プライ、伯爵夫人がグンドゥラ・ヤノヴィッツ、スザンナがルチア・ポップ、ケルビーノがアグネス・ヴァルツァ、指揮はカール・ベームという当時の最高のメンバーでした。
このテープを聴きながら私はさまざまなことを考えましたが、ある場面である映画を思い浮かべました。それは「ショーシャンクの空に」という映画です。ご覧になった方も多いと思いますが、詳しくはネットで調べてください。妻殺しの冤罪で終身刑となりショーシャンク刑務所に服役していた元銀行員のアンディが、困難にも希望を捨てず知恵と意志の力で20年かけてついに脱獄を果たすというストーリーです。その中で、所長に重用され図書館を任されたアンディが「フィガロ」のレコードを見つけ第3幕の「手紙の二重唱」をかけ、それをスピーカーで刑務所中に流してしまう場面があります。Youtubeにありましたのでご覧ください。

       (この二重唱をしっかり聴きたい方はこちらでどうぞ)
この映画の中でもとりわけ印象的な場面なので映画をご覧になった方は覚えておられると思います。私もこの映画を見た時、突然この曲が聴こえてきて驚きました。動画の中の署長や刑務官の様子からもわかるように、この刑務所では囚人たちは人を人と思わぬような扱いを受けていました。そんな殺伐とした場面が続いた後で、突如、天から降るようにこの曲が聴こえてきたのです。囚人たちの深い感動にとらわれた表情が印象的ですね。囚人たちのほとんどはオペラもモーツァルトも聴いたことはなかったでしょう。歌っている言葉はイタリア語ですから、何を歌っているか意味も分からなかったでしょう。でもこの音楽の美しさは囚人たちの心にオアシスの水のように浸みこんで、ささくれだった心をうるおし癒してくれたのだと思います。
この二重唱は伯爵夫人の言葉をスザンナが筆記して手紙を書くという場面ですが、実は二人はストーリー上ではこの手紙に対しそれぞれ複雑な心理をもっているのです。ところがモーツアルトはそれを超越してこれ以上ないくらいに美しい音楽を書いたのです。そこにモーツァルトの天才があり、<理屈>とは違う音楽独自の世界があると私は思うのですが、私が天地真理さんのうたを愛するのはやはりそういう音楽独自の世界を見せてくれるからなのです。真理さん自身「歌は美です」と言っていますが、それについては以前の記事をご覧ください。

そういえば、荒くれ者がしんみりと聴き入る場面がこの映画にもありました。
                 (映画「虹をわたって」より)





   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

歌は美、心、愛

「ショーシャンクの空に」の「手紙の二重唱」、「虹をわたって」の「ママの子守歌」の類似性に驚きました。真理さんの歌の持つ力は、美、心、愛に裏付けられたものであり、それが聴き手に届くと、一瞬にしてその魅力から離れられなくなりますね。それを象徴するシーンだと思います。
一方でその魅力を気付く人が増えないもどかしさがあります。あの頃「天地真理」の認知度はほぼ100%だったといわれていますが、ファンも含めてほとんどが皮相的に認知していたのでしょうね。そして皮相的なマスコミと評論家による情報に今もマスキングされた状態は続いています。それゆえ、ひこうき雲さんの取り組みは素晴らしいと思いますし、youtubeのコメントでも協力させていただいております。今後ともよろしくお願いいたします。

Re: 歌は美、心、愛

HardTop さん
コメントありがとうございます。

実は今回はネタが尽きて、とりあえず聴いたばかりの「フィガロ」について書き始めたのですが、それをどう真理さんの話題につなげるか、全く見えていませんでした。あてもなく舟をこぎ出したようなものですね。しかしYoutubeで「フィガロ」関連動画を見ているうちに「ショ-シャンク」を見つけ、これをネタにしようと決めたのですが、まだ結論はどうなるかわかりませんでした。それが動画で囚人たちの表情を見ているうちに「あれ、これどこかで見たよ」と思いついて「ママの子守歌」に行きついたというわけです。行き当たりばったりでしたが何とか締めくくることができました。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード