FC2ブログ

「歌手 天地真理の魅力を探る」シリーズ

今日は天地真理さんのデビュー記念日です。そこで昨年の天地真理さん誕生日の記事で書いた、真理さんのうたの魅力をアピールするYouyube動画のシリーズをいよいよスタートさせることにしました。趣旨についてはその記事を見ていただきたいと思いますが、実際にはテスト版を3つ作ったままになっていました。それは一つにはどういう構成にするか、再考する必要があったためですが、悩んでいるうちに私生活が忙しくなってしまい、動画つくりが遅々として進まなかったというのが実情です。そして10月1日の記事をどうするか考え始めて、あれからもう1年近く経ってしまったことに気付いたのです。そこで、テスト版のある回だけでもアップしようと考えて、皆さんからいただいたコメントも参考にして修正し、「空前のアイドルへの道」をひとまず完成しました。
元々の構想では、シリーズすべてを完成して、一挙にYotubeにアップするつもりでした。そのほうがインパクトが大きいと思ったからです。しかし、私も以前のようには集中できなくなってきましたから、それを待っていたのでは延々と先延ばしになってしまうので、ともかくできたものからアップしていくことにしたのです。たまたま新ボックス「私は歌手」が近々発売が予定されていますから、怪我の功名でちょうどいいタイミングになったかもしれません。
そこで新バージョンの「空前のアイドルへの道」もすぐアップしようと考えたのですが、かなり大きく変えたので、もういちど皆さんの意見を聞いてみたいと思い、とりあえず、このブログ限定で紹介することにしました。
何を変更したかというと、まずシリーズ全体の構成を変えたことです。原案では第1回は「導入」と考えていたのですが、本ではないので、必ずしも順番どおりに見てくれるわけではありません。そうすると「導入」という回自体が不必要になり、「空前のアイドルへの道」が実質的な第1回になりました。
次に「空前のアイドルへの道」もかなり構成を変えました。皆さんのご意見で「20分は長すぎる」という指摘があり、私自身も同様に感じていたので、15分程度に短縮することを考えました。そのために、テスト版ではナレーションで語っていたところをかなり字幕に移しました。また曲自体、途中から音量を絞りナレーションを重ねるようにしました。この回は「アイドル」に焦点を当てた内容ですが、それでも「歌手」という面を前面に出したシリーズですから、本当は全曲を聴いてほしいのです。しかし時間を短縮するにはそうするしか方法がありませんので、仕方なくそうしました。また冒頭にシリーズ共通のタイトル画を付けました。
これで皆さんのご意見を次回更新(10月14日ごろ)までにいただいて、さらに修正し、11月5日の真理さんの誕生日には一般公開したいと思います。あまり自信はないのですが、間に合えば次回は「フォーク歌手 天地真理」をブログ限定で公開し、修正のうえ、2回分を同時に一般公開したいと思います。参考にテスト版も付けておきますから比較して見て下さい。
皆さんのご意見をお待ちしてます。




<テスト版>





     アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なみなみならぬ、熱意にエールを送ります。
天地真理のすばらしさを伝える映像に期待しています。
以前より、断然、見やすく、聞きやすくなっていると思います。
大きな流れとしては、これで良いかと思いました。

最後が、突然尻切れみたいに終わるのは、もったいないですね。
何かまとめの一言か、天地真理の映像で締めくくりたいところ
ですね。
最初の白けた映像の狙いは?無くてもいいような気がします。
各シングルの静止画だけで、楽曲が流れる映像はもったいない
ですね。
曲を流しながら、右から左に流れるテロップで、曲の解説とか、
曲の魅力のコメントとか流して、短い時間を有効に使いたいですね。

あと、「空前のアイドルへの道」とタイトルにあるのですから、天地
真理のアイドルとして、何が魅力で、これだけの人気になったのか
をどこかで語って欲しいです。
単にオリコン1位になったからだけでしょうか?
(何でオリコン1位になれたかの解説があれば一番いいですね)
テレビで出ているからだけでしょうか?
天地真理のどこに魅力を感じてアイドルとしての人気を得たのか
の分析をどこかに入れることはできませんでしょうか。
歌の表現力、ファルセットボイスの独特の歌い方、声の質そのもの
の魅力、彼女の外観的な美しさ、笑顔が好きだとい人もいるかも、
優しく丁寧な自然な話方に魅力を感じる人もいるでしょう。
天地真理の存在そのものかもしれません。
もしくは、当時、これだけ、歌から主演TV番組、映画、雑誌など
あらよるメディアで露出するという戦略で当たって、結果的に
初のアイドルとなったとも言えますが、ひこうき雲さんが思われる
アイドルとなった天地真理の魅力(人気)は何だったかを入れて
欲しいと感じました。
ひこうき雲さんとしては、このまとめた映像全体で、アイドルへと
人気が高まっていったことを表現されているんだと思いますが、
天地真理のアイドルとして何が評価されたのかを一言語って
欲しいと思いました。

私としては、癒される個性的な歌声で、口をしっかり開けて笑顔
で歌う女性歌手はそれまでいなくて、時間でよの影響もあって、とて
も身近にいるというイメージの女性歌手というのも、当時としては
新鮮だったことが、初のアイドルという存在になったのではないか
と思っています。

ただ、本当は、アイドルを超える、歌の表現力とか歌い方で、
歌手としての潜在的な魅力があったのですが、当時、それがうま
く伝わりきれていなかったのは、天地真理の売り出し方や当時の
過密な音楽番組などにより、うまく、歌のうまさを表現(伝える)でき
にくい環境下で、残念ながら、かわいいだけで、歌が下手みたいな
イメージもできてしまったのも事実です。
これは、当時の戦略的なミスに足を引っ張られてしまったもので、
天地真理自身の責任ではないですが、真の歌手としても魅力を
感じていた人(プロも含めて)がどれだけいたか。
もっと大切に天地真理を育ててれば、今でも活躍できたと思います。

僭越且つ勝手言って申し訳ありません。
生意気なコメントだと思いますが、なにとぞご容赦願います。
頑張ってください。
予定通り、公開できることを楽しみにしています。

Re: No title

loco さん
早速のコメントありがとうございます。

いろいろ詳しくご指摘いただいているところについて一つ一つは触れませんが、まずこの回の性格について説明しますと、たしかに「アイドル」という側面に焦点を当ててはいますが、これも「歌手・天地真理の魅力を探る」というシリーズの一環です。歌手・天地真理さんについて知ってもらうための経路の一つとして、多くの人に知られている「アイドル・天地真理」を取り上げていると言ったらいいかもしれません。したがって「アイドル・天地真理」を深く考察するということはテーマではありません。当時における真理さんの存在がどのようなものだったかということを感じてもらえればいいというつもりです。
locoさんがあげられているような天地真理さんの魅力のトータルな分析は、まさに私がやりたいことです。しかしたった15分ほどの動画の中に詰め込みことは到底無理です。そこでシリーズという形でいろいろの角度から取り上げていこうと考えているわけです。ただそれも「歌手」という側面からのもので、「分析」というより「紹介」といった性格になると思います。私も真理さんのうた(歌唱)の分析を字幕で入れられないかとも思いましたが、動画の中に組み込むのは(私の技量では)とても難しいのです。それでも入れらる範囲では入れようということで、今回の動画でも可能なところではナレーションの中で触れています。
できれば私のような素人ではなく、音楽的知識もあり動画制作の技量もある方がこうした動画を作ってくれればほんとうにうれしいです。

No title

回答ありがとうございます。
趣旨は理解できました。

そうであれば、この作品を見ただけで終わってしまわ
れないように、続きがあるもしくはシリーズになって
いる旨を何らかの形で表示された方がいいように思い
ました。

いろいろな制約の中で大変なご苦労をされ、頑張って
おれることに、感謝しています。
自分では、到底ここまでのことはできません。

「天地真理を正しく知ってもらう」、応援しています。
正式な公開が楽しみです。

Re: No title

loco さん

たしかにシリーズについて触れておいた方がいいですね。動画の説明の中に入れようと思っていましたが、読まない人もあるでしょうから動画そのものの中に入れたいですね。ただ、どこへ入れるか? 考えてみます。
ありがとうございました。

戦術的ですが

戦術的なお話です。多くの方に見ていただけるように、アイドルに興味を持っている方の検索にひっかかるように工夫されてもいいのではないのかと思います。導入部分で「アイドル」「70代アイドル」「松田聖子」「山口百恵」「ピンクレディー」「キャンディーズ」といった人の写真や歌を最初、少しだけ入れて、あなたにとって「アイドルってだれ」という導入から入り、実は天地真理こそ、空前のアイドル、しかも歌の上手な歌手だったのですともってくるのもいいかなと思います。最初の画面のタイトルだけでも「あなたにとってアイドルってだれ!山口百恵?松田聖子?、キャンディーズ?、ピンクレディー?実は70年代前半に活躍した天地真理こそ空前絶後の歌の上手なアイドルだったのです・・・。」と。あくまで私的な意見です。私が歌手「天地真理」を発見できたのは、「70年代フォーク、ニューミュージック」で検索していたら、「天地真理『いちご白書もう一度』」に偶然遭遇したことによります。当時を知っている人なら、天地真理のすごさ、言わずもがなですが、のちの世代にどう伝えるかが大切かなと思います。

Re: 戦術的ですが

しんり さん
コメントありがとうございます。

> 多くの方に見ていただけるように  ということは大事ですね。まず見てもらわなければ始まりませんから。
その意味で具体的な提案をいただきありがたいです。
ただ、動画の中にどう入れるか、なかなか難しいのです。私はYoutubeのシステムに詳しくないので、何が検索の対象になるのかよくわからないのですが、とりあえず、動画の下の説明の部分で触れておこうかと思います。少しでもアクセスが増えればいいですが。

言うことなしです

ひこうき雲さん、こんにちわ。
動画拝見しました。私としては特に問題なし、素晴らしいと思いました。合成音声のナレーションはソフトや設定等、何かを変えたのでしょうか? テスト版と比べて、とても自然になってると思いました。ナレーションに加えて字幕を使っているのも効果的でいいですね。曲が流れている間、シングル盤のジャケットが固定で映っているのも、曲に集中できて良いと思いました。

あと、ひとつ思いついたのは、ラストの「恋する夏の日」を「天地真理オンステージ」のライブバージョンにして、曲が終わったあとに「天地真理オンステージ」の最後のアンコールの手拍子を繋げて動画を締めくくると「空前のアイドル」といった感じが出て良いのかな、と思いました。

動画の完成を楽しみにしております。

Re: 言うことなしです

CatTubaさん
コメントありがとうございます。

>曲が流れている間、シングル盤のジャケットが固定で映っているのも、曲に集中できて良いと思いました。
意図を察していただいてうれしいです。今回は<アイドル>がテーマですが、シリーズのテーマは真理さんの<うた>ですからうたをじっくり聴いてもらいたいと思うのです。ところが5曲をすべて流すととても長くなってしまいます。そこで今回は最初は画像も固定してじっくり聴いてもらい、途中から字幕や写真を入れたり、音を絞ってナレーションをかぶせたりして説明の部分を短縮しました。気を散らさない方が本当はいいのですが、これで何とか抵抗なく聴いてもらえる長さになったかなと思っています。
そういう兼ね合いがむずかしいです。

ラストの部分についてはご提案のようにするとたしかに実感が増すと思いますし、シリーズのどこかで使えたらと思うのですが、今回はシングル盤のオリコン順位での記録を並べているのでやはりシングル版でいきたいと思います。なおテスト版ではうっかりアルバム版を使ってしまいご指摘で気が付きましたので、今回はシングル版に差し替えました。
オリコン順位を取り上げているのは、「空前」といっても客観的なデータがないと説得力がないからです。もちろんシングルのオリコン順位だけではなくほかにもいろいろあります。何万人という数字もそうですし、写真はそれ自体が証明になります。ただ一回分の長さでは入れられないものもあって、アルバムの実績は今回は触れられませんでした。
しかし、<空前>ということには客観的なデータだけでは証明できないところもあって、「人々の心に残したもの」という意味で個人の主観的な記憶も最後に入れました。そういう両面が必要だと思うからです。

改善版いいですね

お久しぶりです
「恋する夏の日」シングルバージョンのほうが、弾けた感じでいいですね。人気投票結果のグラフも一見してわかり易いです。
多くの人に見てもらうには検索で引っかかるキーワードを埋め込むという戦術には賛成です。
最後の部分にこの続きがあることを示して第2回につなげたいですね。
「私は歌手」発売と相まって広がることを期待します。

Re: 改善版いいですね

たいきさん
コメントありがとうございます。

より多くの人に見てもらうための方法、ほかにもあれば皆さんから教えてもらいたいと思います。できることは取り入れていきたいと思います。
「私は歌手」についても宣伝になるように考えています。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード