FC2ブログ

スケルツォ第4番

mariminafannさんに興味深いサイトを教えていただきました。「我が国が生んだ最高のミューズ(音楽と詩の女神)天地真理さんについての短いエッセー」というサイトで「byスケルツォ第4番」とありますからハンドルネーム「スケルツォ第4番」と言う方が書いておられるのだと思います。「スケルツォ第4番」というのはショパンの作品名ですから日頃クラシック音楽に親しんでおられる方でしょう。
このサイトのURLは次のとおりです。まずご覧になってください。(新しい記事が上になっています)
http://utsukushima1954.web.fc2.com/
今までに10回分の記事がありますが、内容は次のようになっています。
  第1回 20世紀最高の映像
  第2回 プロフェッサー天地真理
  第3回 ルチア・ポップと天地真理さん
  第4回 チャングムのような天地真理さん
  第5回 私の好きな歌(1)「旅人は風の国へ」
  第6回 グスタフ・マーラーと天地真理さん
  第7回 樋口一葉と天地真理さん
  第8回 私の好きな歌(2)ミモザの花の咲く頃
  第9回 ユリアンナ・アヴデーエワさんと天地真理さん
  第10回 昭和のジャンヌ・ダルク 天地真理さん(未完?)

各回のタイトルを見ただけでこのサイトの性格がわかりますね。「スケルツォ第4番」さんはクラシックの聴き方で真理さんの<うた>に正面から向かい合って論じておられます。その点では私と目指す方向が同じように思います。そう思って見るとこのサイトのデザインも私のホームページ「空いっぱいの幸せ」とよく似てそっけないですね。私の場合はあえて真理さんのビジュアルな面を一切用いず言葉だけで「天地真理」を論じようと思ったからなのですが、この方もそうなのか、偶然そうなっただけなのかはわかりませんが、私はそこに何か”志”のようなものを感じます。
内容も非常に興味深いものです。特に第2回の「プロフェッサー天地真理」にこの方の天地真理観がよく出ていると思います。
「プロフェッサー」と言っているのは、「その美しい歌唱法を伝えるためにも声楽の教育者として、音楽の研究者として活躍して欲しかった」から、そして「天地真理さんは歌謡曲とフォークに代表されるポピュラー音楽とクラシック声楽の境界に独自の美しい歌の世界を築いた」のであって、「私はこの[天地真理の歌の世界]の確立と理論化と伝承を天地真理さんご自身にやって欲しかった」からと書かれています。詳しくはやはり本文を読んでほしいと思いますが、天地真理さんの歌唱法、表現法の特質、その感性の独自性などについてのとらえ方に私は深く共感します。
私もまだすべての記事を詳しく読んではないのですが、私も好きなルチア・ポップを引き合いに出しながら真理さんのクラシックへの挑戦を想像したり、チャングムの人生を真理さんの人生に重ねたり、「そう、そう」とうなずきながら読みました。「旅人は風の国へ」や「ミモザの花の咲くころ」は私も大好きな曲ですし、マーラーや樋口一葉は私の想像外でしたが、ジャンヌ・ダルクについては私も以前から「天地真理はジャンヌ・ダルクである」というテーマをあたためていて、どう結び付けるのか非常に興味深く期待しています。
かなり読みがいがあるので、また少しずつ紹介したいと思いますが、今回はこういう充実したサイトがあるということをお知らせしておきたいと思います。
なお、もし「スケルツォ第4番」さんがこの記事をお読みでしたら、ご連絡いただければうれしいです。


※ 天地真理動画プロジェクト(仮称)の「歌手 天地真理を知っていますか」「空前のアイドルへの道」「フォーク歌手 天地真理」への意見、感想も引き続きお願いします。

     アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「スケルツォ第4番」さんのサイトは、いいですね。勉強になりました。わたしは音楽に関しての知識がないので、わからないとこも多いのですけど。

第7回の「樋口一葉と天地真理さん」の最後の以下の文章が心に響きました。

最後に、「どうして天地真理さんは映画やドラマに出たのか?」という質問をなさる方がいたら、私は次のように答えることができます。天地真理さんの歌った歌でもはっきり確認できましたが、天地真理さんには「表現」に対する強い意欲、衝動があります。歌う時には歌に対して自分の表現をどこまでも追求しました。映画やドラマの役は「演ずること=表現すること」です。ある面で歌う事よりさらに難しい、高い表現力が求められます。天地真理さんが「魔性の香り」で見せた演技力は歌で示した表現力と全く同じものです。・・・・・。

天地真理さんの残した業績を評価し、後世に残すための多面的に研究・学習できる研究会のような企画が、定期的に開かれるといいなと思ったりします。

Re: No title

しんりさん
コメントありがとうございました。
またしんりさんのブログにも御紹介いただきありがとうございます。それで思い出したのですが、このサイトのことは掲示板にも紹介しようと思っていてすっかり忘れていました。このあと書き込んでおこうと思います。

それにしてもこれだけ充実したサイトがこれまでファンの間で話題になっていなかったということが不思議ですね。私も以前はよく「天地真理」で検索していろいろ情報を集めたものですが、そのうち自分ではやらずに他の方の情報を当てにするようになってしまいました。こまめに検索していればもっと早く見つけられたのかもしれませんが、mariminafannさんに教えていただいてうれしいです。感謝したいと思います。

> 天地真理さんの残した業績を評価し、後世に残すための多面的に研究・学習できる研究会のような企画が、定期的に開かれるといいなと思ったりします。
たしかにそう思いますね。実際に集まるとなると地理的問題もありすが・・・。

スケルツォ第4番!

ひこうき雲さん

こんにちは。そして素晴らしいサイトを紹介頂きありがとうございます。
私が何故、天地真理に惹かれるのかを説明しようとしても、文学的あるいは音楽的才能に乏しく、いつも素晴らしい!感動的!としか表現できずもどかしく思っていますが、ひこうき雲さんやこのスケルツォ第4番さんの分析、説明を読ませて頂くと、共感するとともに納得します。

女優としての真理さんも歌に劣らず素晴らしいのは、スケルツォ第4番さんの「天地真理さんは間違いなく「表現する人」であり、様々な芸術分野で自分の感性、自分の思いを表現しようとしたのだと思います」を読んで、全くその通りだと思いました。

まだまだ真理さんの真価を理解する人が少ないですが、たとえばスケルツォ第4番さんも「20世紀最高の映像」とされた紅白の「ひとりじゃないの」youtubeの画像のコメントに、ひこうき雲さんやスケルツォ第4番さんのサイトのURLを書き込むのはどうでしょうか?真理さんの歌に興味を持った人が、真理さんの音楽的な素晴らしさを理解してもらえる可能性が広がるのではと思います。

HardTop

週刊文春、「わが青春のアイドルは誰」

週刊文春が最新号で「わが青春のアイドルは誰」のアンケートやっていたようです。立ち読みすると1位百恵2位聖子3位明菜4位キャンデ-ズ、5位ピンクレディ。そして6位が天地真理 7位が南沙織でした。知っていたら投票呼びかけいたのですけど。ただ70年代前半でいうといやはり真理さんという数値になっていると思いました。あと同時でいうと麻丘めぐみ、浅田美代子、アグネス・チャンが入っていましたけど。


「アンケートは5月24日から6月29日までの約1カ月間、文春オンラインのメルマガ会員を対象に実施された。回答者の男女比は約1対2。平均年齢53.8歳で、下は15歳から上は89歳まで、全体で5800を超える回答が寄せられた。「週刊文春デジタル」ではアンケートの全回答や世代別ランキングを近日公開する。」ということでした。 http://bunshun.jp/articles/-/8195

Re: スケルツォ第4番!

HardTop さん

コメントありがとうございます。

真理さんの真価を知らない人たちにそれを知ってもらうにはやはり何らかの<仕掛け>が必要ですね。ご提案のようなこともその一つだと思います。ともかく内輪で「いいね、いいね」と言っていても何も変わりませんから、どれぞれに知恵を絞り、お互いに協力し合って外へ向かって発信していくことですね。

Re: 週刊文春、「わが青春のアイドルは誰」

しんりさん
情報をありがとうございました。

このアンケートについては広告で知っていましたが、お金を払って文春を買う気にはならなかったのでついでの時に立ち読みでも、と思っていたところでした。結果を見ると前回の記事で紹介したアンケートと年齢層などの違いもあり顔ぶれが少し違いますが、真理さんは5位、6位とほぼ同じくらいですね。分析はいろいろできますが、結論は前回の記事の最後と変わりません。あれだけさんざんに中傷されながら堂々と5位、6位に入る、そこに意味があると思います。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード