消えた8万票

3月17日NHKFM「歌謡スクランブル」リクエスト特集で天地真理さんの「若葉のささやき」がかかりました。お聴きになれなかった方もおられると思いますので、お聴きください。リクエストはtenchimassuguさん、水色うさぎさんからでした。また曲は違っても真理さんの曲へたくさんの方からリクエストがあったということです。また機会があればさらに多くの方からのリクエストへの参加を期待します。



さて本題です。前回に引き続き雑誌「平凡」で天地真理さん担当編集者であった塩澤幸登さんの「忘れられない人」シリーズの話題です。
前回は1973年9月の「平凡」人気投票を紹介しましたが、今回は翌年1974年9月の人気投票です。これは天地真理さんの記事にも文章の中で触れられていますが、山口百恵(上)の記事の中に整理されて出ています。それを表にすると次のようになります。
平凡人気投票7409
前年10位だった山口百恵さんがトップに立ち、圧倒的な1位であった天地真理さんは6位に後退してしまいました。しかも票数を見ると前年の10分の1しかありません。いったい何があったのでしょうか。ただ山口百恵さんも33000票余りで前年1位の天地真理さん87000票には遠く及ばないのです。投票総数自体も9万票減っています。そこで得票数でグラフにしてみると次のようになります。(対象は両方の投票で共通の9名です)
平凡人気投票2年比較
この変化を塩澤さんは次のように考察しています。
「全体の投票数も下がっているのだが、天地真理が膨大な票数を失い、浅田、麻丘、小柳ルミ子らもある程度の大きさの被害を被り、それらの一部が山口百恵の票に流れたという分析でいいのではないかと思う。天地真理の持っていた大量の支持票はごっそりどこかに消えてしまった印象がある。」
たしかにグラフで見ると真理さんの8万票がそっくり消えて、残った票の中で百恵さんがシェアを伸ばした、という印象です。つまりこのグラフで考えるなら、真理さんは次々と登場してきた年下のアイドル達に人気を奪われたのではなく、真理さんの巨大な人気それ自体が自壊するように消え去ったということになるのではないでしょうか。
それでは、真理さんの8万票はどうして消え、どこへ行ったのでしょう? 私も塩澤さんの指摘で”消えた8万票”のことを知ったばかりで確定的なことは何も言えません。しかしいくつか思いつくことを挙げてみます。

一つ考えられることは”卒業”ということです。「平凡」の読者の中心は中学生だと思うのですが、当然1年1年学年は上がっていきます。真理さんのファンだった中学生が高校生になって「平凡」を買わなくなる、つまり「平凡」読者を卒業すると当然人気投票にも投票しなくなります。
また当時の高校生ではフォークや洋楽へと関心が移る人も多かったと思われます。つまり歌謡曲からの卒業という流れもかなりあったと思われます。これは人気投票だけでなくレコード売り上げにも大きな影響を与えたはずです。
ただいずれも単なる推測で根拠のあることではありません。また塩澤さんは72年以前や75年以後の人気投票については書いておられませんが、もし各年の人気投票のデータがあればもう少し深く探ることもできるかもしれません。
また塩澤さんによれば実は「平凡」の発行部数自体がこの前後かなり増減しているようで、それがどうして起こったのかとういうことも関係してくると思われます。

というわけで謎は解けませんでしたが、皆さんはどう考えますか?

<放送予定>
3月30日(木) 13:00~ NHKFM「歌謡スクランブル」
 アイドルコレクション(1)で「水色の恋」がかかります。
4月3日(月)午前3:00~ NHKFM「ラジオ深夜便」で
 <70年代アイドル・ファイル 天地真理集>です。
4月5日(水)13:00~ NHKFM「歌謡スクランブル」
 青春のメロディー(3)で「ひとりじゃないの」がかかります。



       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

消えた8万票は、大変興味深いです。

「平凡・明星/今月のベスト曲」のページによると、
http://www.geocities.jp/fujiskre/kmw0.html
「明星」天地真理
72年2月9787票(4位:初のランクイン)
72年9月25745票(1位)
73年9月26314票(1位)
74年9月30746票(8位)
75年9月1709票(17位:最後のランクイン)
これと比較すると、「平凡」の73年と74年のデータは、やや異常値、もしくは、「平凡」の読者層の大きな変化があったと思われます。

私は、73年ごろは、中学生で、このころ、「平凡・明星」は、女子向け(高校生か)アイドル誌というイメージがあります。8万票が消えたのは、読者層として、男子が減り、男アイドルめあての女子の低年齢化ではないでしょうか。

天地真理さんは、中三トリオの活躍により、74年には、もはや、小中学生の女子が対象とするアイドルでなくなっていましたが、この年に、人気が極端に低下したというのは、実際は違うような感じがしますね。



Re: No title

chitaさん

コメントありがとうございます。
明星の順位お調べいただいてありがとうございました。
実は私もこれは見たのですが、平凡とあまりに違うで、こちらまで話を広げたら収拾がつかなくなると思い触れなかったのです。
どうしてこんな違いが出るのでしょう?投票方法の違い(本誌か歌本か、投票期間の長短等)、読者層の違い等いろいろ考えてみますがよくわかりません。
消えた8万票についてのchitaさんの推測は確かに一つの要素だろうと思います。
それにしても、人気投票というものは明快なものだと思ってきましたが、謎だらけですね。

天地真理集

ラジオ深夜便の「天地真理集」リアルタイムで聞きました。
デビューから昭和49年まで時系列で聴くことができて、当時を思い出しながら聴くことができて、とても良かったです。
49年ころになるとデビュー時よりも歌が、力が入らずに更にうまく歌っているなという印象をあらためて感じました。
情報ありがとうございます。

Re: 天地真理集

locoさん
コメントありがとうございます。

この番組については次回の記事で紹介しようと思っていますので、詳しくはそこで触れたいと思います。
最後の「君よ知るや南の国」以外はお馴染みのヒット曲ばかりでしたが、真理さんの場合それだけで1時間埋まってしまうのですから仕方ないですね。
深夜、静寂の中で聴くのにふさわしい落ち着いたよい放送でした。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード