ネット図書館

「さくら貝」掲示板でも話題になっていましたが、最近、天地真理さんが全盛期にいただいたトロフィーや賞状などが次々とオークションに出されています。古本屋の店頭でトロフィーが売られていたという情報もあります。どういう経緯でそうなったのかわかりませんが、一斉に放出されていることは事実です。
私は最初それらを見た時、事情はわかりませんでしたが何とか買えないかと考えました。しかしよく見るといずれもかなり高額で、年金暮らしの私としては躊躇せざるを得ませんでした。ただそう考えたのは、私が少し前から考えていたことがあったからです。
それは、Youtubeにあったはずの動画がいつの間にか削除されてしまっていて、このままでは真理さんの貴重な動画や音源が失われてしまうのではないか考えたことがきっかけです。そうした動画や音源はそれぞれ個人が所有しています。私も自分で録音した音源を持っていて、一部はYoutubeで公開しています。しかし私が突然交通事故であの世へ行ってしまえばそれらは結局闇に消えていくでしょう。事故でなくても1年1年歳をとっていくわけで、認知症でも患えば自分で管理することもできなくなります。音源だけでなく、私が持っているそれなりに貴重な資料なども古紙として出されてしまうかもしれません。ファンの年齢層を考えれば、そう遠くないうちに、そのような真理さんの足跡を記録するものが誰が持っているかわからなくなって、どんどん散逸していってしまうのではないかと危惧していたのです。今回のオークションを見てますますそういう心配が募ります。
そこでそうした動画や音源、資料などをどこかに集中して管理することはできないだろうか、と考えたのです。いわば図書館あるいは資料館のようなものをつくって保管できないか、ということです。以前、「天地真理記念館」というものが話題になっていましたが基本的には同じものです。理想を言えば1軒の建物を確保して資料を収集し保管するだけでなく閲覧、視聴などができればいいと思います。私がもし宝くじにあたって1億円が手に入ればつくります。しかし実現はなかなか難しいですね。
そこで考えたのはネット上にそういうものをつくれないか、ということです。つまり資料を<物>ではなく<情報>として収集・保管するのです。動画や音源、画像などはファイルとして保管できるので可能だと思います。本とかトロフィーのような<物>については誰が所有している、どこにあるということがわかるリストを作れば実物は見られなくても散逸は防ぐことができます。そして会員制等の体制を取って可能な範囲で閲覧することもできるでしょう。もちろん実際に作ろうとしたら難しい問題がたくさんあります。まず当然にも所有者の了解を得なければなりません。管理を誰がするのか、どういう組織で運営するのか、これが一番の問題かもしれません。ネット特有のセキュリティーの問題もあります。コピーをどう防ぐかという厄介な問題もあります。
ただ最低限、真理さんに関する各種の資料を散逸させない対策はみんなが知恵を出し合っていく必要があるのではないでしょうか。


        アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

お宝はみんなでひとつになる

実にグッドアイデアでございますね。こんばんわ、熊五郎です。
最近のヤフオクでは真理ちゃんのトロフィが出されているがとても気にかけていることに「さくら貝」で掲示されていることを踏まえて考えられた様子。私もなんであんなに出せるのか気になっていました。
私も「天地真理記念館」を作りたいなと考えた一人ですが、ひこうき雲さんが考えたとおり、自分がいなくなれば、ただのごみ化してしまいます。ただの収集では意味がありませんね。おしゃるとおり、みんなで価値観を分かちあえばいいのです。人は考え方が常に一辺倒ではあり得ません。変化するのです。

Re: お宝はみんなでひとつになる

熊五郎さん
ご賛同いただいてありがとうございます。

今はまだいいとしても、5年たち10年たつうちに「ただのごみ」になるものが出てくると思うのです。そうならないようにするにはどうしたらいいか、わたしの案はまだ思いつきですが、もっといい案もあると思います。みんなで知恵を出し合いましょう。

Re:ネット図書館

大賛成です.ずっと前から同じようなことを思っていました.
お金は有りませんが資料なら可能な限り協力できます.
私自身はトロフィー自体にはほとんど価値を感じないこともあって,オクが沸騰すれば誰が得するのか?と考えてしまいます.
逆に資料(の内容)には無関心な人が多いような気がしています.
いろんな問題が出てくるとは思いますが実現させたいですね.

Re: Re:ネット図書館

mariminafan さん
ご賛同いただきありがとうございます。
mariminafanさんの資料を提供いただければ充実できます。

たしかに、実現しようとすると、どういうものを対象にするかということも検討しなければなりませんね。
それも含めて多くの人のご意見をお聞きしたいです。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード