聴き比べ なごり雪

聴き比べシリーズ、今回は「なごり雪」です。
「なごり雪」といえば普通はイルカさんの曲として知られていますね。しかし元々はかぐや姫の伊勢正三さんが作詞・作曲されて歌っていました。ですからこのお二人が本家と元祖と言うことになります。

それではまずイルカさんから。


これはいつ頃のライブかわかりませんが、レコードと比べると繊細で清澄な印象です。レコードの方は傷つきやすい青春のうた、こちらはそれを少し余裕をもって振り返るうたと言えるかもしれません。しかしいずれもさすが本家と言うべきでしょうね。特にこのライブの最後の繰り返し、弱声で「去年より」と歌うところで、最初は「きれいになった」の「なった」を鼻に響かせて内に籠もるように歌い、次の「なった」では「なったアー」と「アー」の部分を大きく口を開けながらディミネンドしておおらかに外へ開放して終わるところなどは考えつくされた技巧が上滑りせず聴く者の心に自然に届く実に見事な表現と言えます。

次に元祖伊勢正三さんの「なごり雪」です。


これはセルフカバーということですから最初の歌い方と少し違うのでしょう。最初の歌い方に近いと思われるかぐや姫コンサートと比べてみると確かにより彫琢された歌い方になっています。イルカさんの2つのバージョンの関係と似ていると言ってもいいですし、最初の方は歌謡的、こちらは詩的といってもいいかもしれません。

この後はカバーが続きますが、Youtubeで検索するとさすがに数多くの歌手がカバーしていて、誰を選んだらいいか「これは大変だ」と思ったのですが、実際に聴いてみると「これは」と思うものは少なくて案外少数になってしまいました。特に最近の歌手(といってもおじさんも含みますが)はどうして鼻やのどをわざわざ詰まらせたりわざと乱暴な歌い方をするのか私には理解できません。人間の声は自然に歌えばずっと美しいのに、などと思ってしまいます。私も老人になったということでしょうか?

それはともかく、そうして選んだカバーから、まず森昌子さんを聴いてください。


森さんはこの前の「忘れな草をあなたに」で「うまいけれど私の胸には届かない」と書いたのですが、この曲は違いますね。演歌的な歌いまわしがあまり目立たずさわやかな抒情があります。

次は太田裕美さんと伊勢正三さんの共演です。


太田裕美さんのうたはいくつになっても少女のはにかみと素直さがあって、聴く者の心にまっすぐ入ってきますね。

もうひとつ、石川ひとみさんと南こうせつさんの共演です。


石川ひとみさんの若い時のうたはとても素直で私は好感をもっていますが、物足りなさもありました。だからこの曲もあまり期待しないで聴き始めたのですが、ぐんぐん引き込まれました。イルカさんや伊勢さんの新しい方のバージョン、また森さんや太田さんもわりと軽く歌おうとしていますが、石川さんはケレンミなく豊かに歌い上げています。それでいて決して大げさな感じはなく自然な抑揚になっています。本来の<うた>の魅力が堪能できました。

それでは最後に天地真理さんです。


もう何も言うことはありません。この途方もないやさしさ、私は最初に真理さんのあたたかな声が聴こえてきたとたん、涙が勝手に流れ出し最後まで止まりませんでした。言葉はいりませんね。こうしてそれぞれにすぐれたうたを聴いた後でも真理さんのうたは私には別格と思えます。



※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)しばらく昭和初期の特集が続きますが、特集に関係のないリクエストも可能ですから出してみましょう。
「天地真理特集」を実現するために、リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 昨年12月に、TV番組「日本有線大賞」で、イルカさんが、生放送で、この「なごり雪」を歌っているところをまたまた見ました。

 「40年愛される名曲」として、視聴者リクエストがあり出演したようで、「なごり雪」シングル発売から40年、来年でソロデビュー45周年と言ってました。
 
 ヘアスタイルや歌い方も、TVで見る限り、40年前と同じで、なんとも不思議な感じでした。
 
 イルカさん「なごり雪」発売日を調べると、1975年11月5日、なんと、天地真理の誕生日ですね。

 また、今年が、デビューから45周年ということは、これも天地真理さんと同じなんですね。

 

Re: No title

chitaさん
コメントありがとうございます。

たしかにイルカさんは変わりませんね。
「なごり雪」の発売が11月5日だったとは面白いですね。
真理さんとイルカさんは早稲田大学フォークソング・クラブに所属して一緒のステージにも立っていた仲ですから因縁でしょうか。
ただイルカさんのソロデビューは74年のようですね。45周年と言うのはシュリークスとしてシングルデビューをしてからだと思います。
年齢はイルカさんが一つ上ですが、歌手としてお二人は同じ時間を歩んでこられたのですね。

ハートフル♪

ひこうき雲さま、こんにちは。

私たちが歌声に心洗われる時、直接耳から伝わるものではなく、
多くはハートで感受する、光のような、
倍音の波との共鳴が起こっているように思います。

愛しさ、切なさ、叫び、そして希望、祝福・・
主人公の想いを歌う、真理さんの「なごり雪」から胸に伝わってくるのは
穏かな、すべてを包容するせせらぎ、そして木漏れ日のような光です。

真理さんの歌声を聴くたびに呼び覚まされる、安心感。幸福感。
その静かな息吹のなかに、倍音の美があると言えるでしょうか。
他の誰も届かない、真理さんの透き通った感性からの贈りものですね!

Re: ハートフル♪

愛さん
コメントありがとうございます。

私は<うた>を語るとき、できるだけ明快な言葉で語ろうと心がけていますし、他の5人の方についてはそうしています。ところが真理さんの番になって聴き直してみると、言葉はいらない、と思ってしまったのです。ともかく真理さんのうたを聴いてもらえばそれで充分、と思ったのです。

でも愛さんのこの言葉ならふさわしいと思います。
> 穏かな、すべてを包容するせせらぎ、そして木漏れ日のような光

40年の時を経て、みずみずしさを失わない真理さんからの贈りものですね。

今年もよろしくお願いします

ひこうき雲様
遅い挨拶ですが、今年もよろしくお願いします。

今年も精力的にブログのアップされるのを楽しみにしています。

 他の歌手の曲をカバーした場合、本家のイメージが大きく二番煎じの感が否めないのが普通だと思います。
ところが「天地真理」がカバーすると原曲と違った曲に聴こえるのは私だけでしようか?そして時には本家を超える曲になってしまう。
それは、新たな命が吹き込まれたように活き活きと私の心にしみてきます。

 真理さんが強くカバーしたいと思った曲にこの傾向が強いのではないでしょうか?原曲を自分なりに解釈して、自分のイメージで表現しているのではないかと私は勝手に思っています。

 ひこうき雲さんのブログのお陰で自分なりの「天地真理」の楽しみ方ができるのは嬉しいことです。

 今年もお邪魔してお世話になりますがよろしくお願いします。



Re: 今年もよろしくお願いします

きよぴよさん
コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

真理さんのカバーが優れているのは、「カバー」と考えていないからだと思います。
真理さんはクラシックの音楽教育を受けた人です。たとえばピアノでショパンの曲を弾くとき「カバー」だと考える人はいません。ショパンの場合は初演はショパン自身でしょうが現代の人は誰もそれを聴くことはできませんからお手本にはできません。ただ楽譜を読み込んで自分なりの曲のイメージをつくりだしていくのです。もちろん現代では録音と言うものがありますから他の奏者の演奏を参考にすることはあるでしょう。しかし基本的には自分自身で楽譜と格闘して生み出していくのが演奏と言うものです。
真理さんは幼い頃から作品とのそうした向き合い方を学んできたはずですから、自分のオリジナル曲もカバー曲も取り組み方に違いはなかったのだと思います。それが真理さんによるカバーのみずみずしさにつながっていると私は考えています。

ほんわか、、、な歌声♪ ♪ ♪

大変に、ご無沙汰していました、(笑)
生きていますよ(笑)
真理ちゃんの声って、「ほんわか、柔らかい」ですね。
私は、一週間に、2~3回は、真理ちゃんのうたを聴いて、
ベンチャーズを聴いて、CCRも、、、時々聴いています。
最近は、とくに、真理ちゃんに関する「YTの動画」と週刊誌の「ゲスな記事」に、腹が立っていますね。
早く、バカな嘘動画を削除して欲しいですねぇ。
それにしても・・・
真理ちゃんの「フェースブック」は、近況を、ファンに教えてくれて嬉しいですね。

Re: ほんわか、、、な歌声♪ ♪ ♪

イッチーさん
”生還”おめでとうございます!
冗談はともかく、なつかしいお名前を拝見できてとてもうれしいです。
お元気そうで何よりです。

> 早く、バカな嘘動画を削除して欲しいですねぇ。
あれらは金稼ぎ目当てですね。人格の尊厳ということを想像さえできない人たちでしょう。
私は見つけると「報告」で「権利侵害」をチェックしているのですがまだ多くないようです。

> 真理ちゃんの「フェースブック」は、近況を、ファンに教えてくれて嬉しいですね。
あの内容(写真も)をもっと多くの人にアピールしたら、とも思うのですが・・・。
受け身でなく積極的に働きかけることも必要でしょうね。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード