聴き比べ 忘れな草をあなたに

久しぶりに聴き比べシリーズで今回は「忘れな草をあなたに」です。
Wikipediaによれば、この曲は1963年、作曲家江口浩司が女性コーラスグループ「ヴォ―チェ・アンジェリカ」のために作曲した曲(作詞は木下龍太郎)ということで、多くの歌手に歌われ抒情歌謡の代表作となっています。

ヴォ―チェ・アンジェリカは1960年に国立音楽大学出身者を中心に結成された女性6名によるコーラスグループです。当時活躍していたダークダックス、ボニージャックス、デュークエイセス、女性ではスリーグレイセス、スリーバブルスなどのコーラスグループの一つでこの歌はその代表作です。
それでは“元祖”の歌声をお聴きください。

ちょっと古風な感じもありますが、アクがなく清潔な歌い方です。グループだと細かな表情をつけにくいのですが、ソロを交代で歌うことで表情を豊かにしています。6人のハーモニーのところは儚さが感じられとても美しいですね。

しかしこの曲をヴォ―チェ・アンジェリカで聴いたことがある人はあまりいないのではないでしょうか。むしろ倍賞千恵子さんや菅原洋一さんで聴いた人が多いと思います。実際、このお二人に歌われてこれだけ親しまれる歌になったと言ってもいいのではないでしょうか。その意味ではこのお二人が“本家”ですね。
ではまず倍賞千恵子さんからお聴きください。

基本的にはヴォ―チェ・アンジェリカと同じように清潔で美しいうたですね。しかしソロですから表情がずっと深くなって歌のスケールも大きくなっています。とは言え、それが芝居がかってくるぎりぎりのところで抑えられているのは倍賞さんのうたの特質ですね。実は倍賞さんのヒット曲「下町の太陽」もこの曲と同じ江口浩司作曲で倍賞さんの声やうたがこの歌にもとても合っているのでしょう。

では次にもう一人の“本家”菅原洋一さんでお聴きください。

本当は菅原さんがもっと若い頃のうたを探したのですがYoutubeには比較的最近のものしかありませんでした。もちろんこれも立派なうたですが、声のツヤは若い頃には及びませんし、表現も若い頃に比べるとやや大げさになっていると思います。また“歌”より“語り”の要素が強まっているようです。しかし本質は変わっていないので若い頃の艶やかでソフトな声、品のいいやさしくデリケートな表現を感じ取ることはできると思います。ちなみに菅原さんも国立音楽大学出身です。

この歌はカバーしている方が多いのですべてを紹介することはできません。そこでその中から梓みちよさん、森昌子さん、芹洋子さんの歌をお聴きください。



梓さんはかなり濃厚な表現ですね。私の感覚ではちょっとくどいかなという気もします。森さんはうまいですね。でもなぜか私の胸には届かないのです。芹さんのようなうたを“清純”と言うのでしょう。情感も豊かですね。

さてそれでは最後に天地真理さんです。真理さんの印象からすると芹さんのような歌い方を想像されるかもしれませんね。実際はどうでしょうか。お聴きください。keisukeさんの作品です。(※「youtubeでご覧ください」と出たらそこをクリックすれば別タブで開きます)

ちょっと予想が外れたみたいですね。
この曲は真理さんのファーストアルバムに収録されています。このファーストアルバムは1972年のアルバム売上第1位となった記念碑的アルバムですが、収録曲はほとんどが当時の日本のフォークあるいはフォーク的な曲で若干のポップスが混じる構成です。その中ではこの曲は年代的にも音楽的にもやや古い作品で、そのためか真理さんも他の曲とはかなり違う歌い方をしています。つまり他の曲では歌い崩さない端正な形式の中で豊かな表情をつくっているのですが、この曲では私が<天地真理節>と呼ぶ独特な歌いまわしがあったりして、かなり濃厚な表現になっているのです。たとえば「しあわせ祈る言葉にかえて」のところは「しあわせエ」と歌っています。もっとよくわかるのは「忘れな草を」のところです。真理さんは「忘れなぐさアーを」という感じで歌っていますね。楽譜で見ると「ぐ」は付点四分音符、「さ」は八分音符なのですが、それを「ぐ」を四分音符の長さに縮め、残りの八分音符分で「さ」を始めてスラーで本来の「さ」の八分音符につなげるという形で歌っているのだと思います。
忘れな草をあなたに
こういう歌い方に何か名称があるのかわからないので私は勝手に<天地真理節>と呼んでいるのですが、「ひとりじゃないの」のシングルバージョン以降の「かがや~く」というところも元々なかった独自のアレンジですし、公式録音ではありませんが「童話作家」にも梅田コマ公演以降そういうところがあります。
ともかくこんな風に歌っているのは真理さんだけですが歌詞にも真理さんだけの部分がありますね。まず「(しあわせ祈る言葉に)かえて」を「そえて」と歌っています。3番と間違えたのかもしれませんが梓みちよさんも「そえて」と歌っていてそれはそれで意味も通るので渡辺プロの持っていた楽譜はそうなっていたのかも、とも考えてしまいます。もう一つ、2番の「さだめは」を「さだめて」と歌っています。これは意味が通らないので単純に間違いだと思いますが、楽譜を見てみると「は」のすぐ上に1番の「て」があるのでそれが目に入ってしまったのではないかと推測するのですがどうでしょうか?
ただ、不思議なのはレコーディングなのですからこんな間違いは録りなおせばいいはずです。どうしてそのまま残ったのか。スタッフも気づかなかったのでしょうか。実はほかにも「ここは録りなおした方がよかったのでは?」と思うところがいくつかの曲にあります。真理さん自身やディレクターの話で真理さんのレコーディングはほとんど一発録音だったというようなことを読んだ覚えもあるので多少の傷は「まあいいや」となってしまったのかもしれません。とすると真理さんの場合スタジオ録音もほとんど加工のないライブのようなものだったと言えるのかもしれません。実際はどうだったのでしょう?
さて、他の人と違うところを部分で見てきましたが、全体の表現としてはどうなのでしょう。
かなり濃厚な表現と言いましたが、たとえば、歌いだしの「別れても」という一節はいつもの真理さんのように明るくさりげない感じですが次の「別れても」の繰り返しは「も」のあたりにかげりが出てきて次の「心の奥に」ではかなり思いが強く入ってきます。こんな風に随所でこういう思い入れの強い表現をしています。その意味ではちょっとアクの強い歌い方なのです。
特にそういう印象を与えるのは例の<天地真理節>のところで、「忘れな草を」は他の歌手は儚げな余韻をつくるような歌い方ですが、真理さんの場合はむしろ強く押し出すような感じで情熱的な印象になっています。そしてここは曲全体の印象のカギとなるところですから、真理さんの歌うこの曲は弱々しい悲しみの歌ではなく人を恋う情熱的な歌になっていると私は思います。
その象徴が3番の冒頭「よろこびの」のところではないでしょうか。真理さんの「よろこびの」はまさに心の奥から湧き上がってくるようなよろこびを感じさせます。他の歌手の場合、ここを1,2番と同じように歌っていたり、多少意識してはいるが本当のよろこびに至っていないのです。ここは他の追随を許さない見事な表現で、私はもう何百回も聴いているはずなのに、聴くたびに感嘆してしまうのです。

私はこの曲を真理さんのうたとして最上級のものだとは思いません。ファーストアルバムだけでもほとんどの曲はよりすぐれたうたになっていると思っています。しかしいわば“真理さんらしくない”ところに独特の存在感がある歌と言えるでしょう。

≪追加≫
非公開コメントで菅原洋一さんの若い頃の歌唱を教えていただきました。私の記憶にあるイメージより濃厚でした。



※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)11月30日は「振り返る昭和歌謡」(追憶、思い出など)です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
「天地真理特集」を実現するために、リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 私にとって、天地真理さんのこの曲は、妙に魅力的な歌です。それは、歌詞のミスを堂々と歌う自由奔放さが、天地真理さん本来の人柄を感じさせるのかもしれません。

1番 ことばにかえて → ことばにそえて
2番 さだめは常に → さだめって常に
3番 その日がいつか → その日はいつか
  思い出そえて → 思い出にそえて

 2番は、「さだめって」と歌っているので、「愛ってなんだろう」と同じ使い方ですので、意味は通っています。

 3番の「思い出にそえて」は、完全に字余りですが、何事もなかったように歌い続けています。

 いずれにしても、歌詞の単なる読み違えというのが、真実だと思いますが、歌詞を正確に歌ったからといって、心に響く曲になるとは限りません。

 アルバムタイトル名「明日へのメロディー」という言葉が出てくる曲のタイトル名「思い出の足音」でさえも、歌詞の中では、「あしあと」に変わっています。

 そう考えると、カバー曲の場合は、明らかに歌詞の違い(ミス?)が判るのですが、オリジナル曲の場合は、何が本来の歌詞だったのかは、関係者以外にわかりません。

 案外、天地真理さんが、思いのままに勝手に歌ったものが、最終的な歌詞になったオリジナル曲も多いのかもしれませんね。

Re: No title

chitaさん
コメントありがとうございます。

後の二つは私も聴き逃していました。「さだめて」は「めって」ですか。そういわれて聴くとそう歌っているようにも聴こえますが、急にそんなくだけた言葉になるのは不自然な気もしますし、どうでしょう?

たしかに真理さんは歌詞の間違いが時々あります。以前Youtubeで「ふたりじゃないって」と歌っていた録音もありましたね。ラララと歌ってしまうこともありました。でもそれで真理さんのうたの魅力は少しも損なわれないのです。気づかない人も多かったかもしれません。chitaさんの言われるように何事もなかったように堂々と歌ってしまうからでしょう。
「あしあと」などは堂々とレコードにして出してしまうのですから中曽根さんと言う人も相当肝の据わった人なのでしょうね。
<天地真理節>と呼んだものも即興的に生まれた歌い方ではないかと思っているのですが、そういう即興性が歌詞の面でも出ているのではないかと思います。そういう意味では間違いというより創作と言った方がいいのかもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

みんないいですよ

こんばんわ、ひこうき雲さん。
いよいよ冬が来るという寒い一日でしたが、いかがお過ごしですか?
聴き比べ実に面白い。それぞれみなさんの個性が出ていて、どれもみな同じでないのがいいです。みんな上手。情緒たっぷりなのは、倍賞さんかな、聞き惚れたのは、もち真理ちゃん節、後半の部分、倍賞さんと似たような声の出し方があるように聞こえました。共通しているのは、声の出し方、苦しくなくていとも簡単にサーと声が出ている感じがいたします。残念ながら小生には、歌詞のミスがわかりませんでした。これからも聴き比べお願いいたします。

Re: みんないいですよ

熊五郎さん
コメントありがとうございます。

聴き比べというのは楽しいものです。“持ち歌”だけ聴いていたのでは、それが歌手の個性なのか、曲の個性なのか区別がつきにくいですよね。同じ曲を歌えば歌手の個性ははっきりとわかります。音楽のコンクールで言えば「課題曲」みたいなものですね。

この曲はYoutubeにたくさんカバーが出ていて比べやすかったのですが、最近は削除されるものが多くて聴き比べがしにくくなっています。でも聴き比べは面白いので、何とか続けていきたいと思っています。

ついつい考えます

ひこうき雲さん
昨年の記事への書き込みですみません。
この記事の中で「森さんはうまいですね。でもなぜか私の胸には届かないのです」
とおっしゃっていました。
短い一言ですが、いろいろな歌やピアノ演奏で私がずっと感じてきたことでもありました。
私が森さんのこの歌を聴くと、
指導された先生に言われた通り、節回しやこぶしを完璧に表現した、
お弟子さんの見事な発表会の歌のように聴こえてしまいます。
ひょっとしたらそれに似た感じを「私の胸には届かない」と
言われたのではないかと勘ぐりました。

もちろんこの歌手の実力をこの歌だけで云々するのは不適切であって、
アルバム等をきちんと聴けば、素晴らしい歌唱をしておられるかもしれません。
ここでは森さんという歌手の評価をしたいのではなく、
歌や音楽では、いくら表面的に上手に出来上がっているようでも、
心に響かないことがある、ということを体験することがあるということの
とてもよい例のように思う、と言いたいのです。

私も最近では、May J.という歌手の歌を聴いた時、
大変上手に歌っているようなのですが、
音楽学校の学生の、コンクールでの発表のようで、
どこか無機的な、無意味な技巧の羅列のような印象を持ってしまいました。
カラオケ採点機で高得点を取れても、必ずしも人の心を動かせるわけではないということの
典型例のように思ったのです。
もちろんこれは好き嫌いの問題も含まれるので、
むしろこういう方向を好まれる方も多いのかもしれません。
あくまで私がそう感じてしまうということであります。

真理さんも、時にあまり乗り気でなかったり、
自信なさそうに歌ってしまったと感じられることがないわけではありません。
しかし公式音源に残されたものなど、多くのもので
我々にとって心に響くうたを歌ってくれたことは確かだと感じられます。
この違いはどうして起きるのか、ということを私はついつい考えてしまうのです。
ひこうき雲さんはいかがでしょうか。

私が一つ思うのは、おそらく歌うときに、
吟味され計画された歌い方を技術的に再現することに注力することはもちろんですが、
それをある程度身につけた上で、そこからさらに自由になって、
その歌や曲の世界に没入し、自分の何らかの体験やイメージや感情と歌とを
心底から重ね合わせることができていたから、
ではないかと思っています。
私自身、自信を持って皆さんに言うほどの者ではありませんが、
ピアノ音楽を聴いたり、自分で拙いピアノ演奏をしたりするときにも、
楽譜や指の動きから解放されて、その音楽の中の世界に没入できるかどうか、
音と心が一体化できるか、に一つの(ある種の表現技術としての)鍵があるように感じます。
そしてもう一つは、そこでイメージした音楽の世界が、聴き手の世界観と共鳴できるかどうかも、
鍵となると思います。
この二つ目の鍵と思う世界観のようなものは、
技術というよりはむしろ、その人が何を求めているのか、何を選択するのかといった、
その人の指向性や人生観にかかわる部分のように思います。
これには、感情をどのように音楽に載せるかの程度ややり方、
節回しや言葉の扱いに関する美意識も含まるのと思うのですが、
こちらの方がむしろ決定的で、
それらがうたを通じて、我々聴く側の波長となぜか合ってしまって、
胸に届いてくると感じる、と言えないでしょうか。

長文で答えの無い、不毛なことを書いてすみません。真

Re: ついつい考えます

真さん
コメントありがとうございます。

森さんについての感想は率直な印象をそのまま書いたものですが、あらためて聴き直し考えてみると定式通りと言うか、砕いて言えば持って回ったような表現なのだと思います。森さんは演歌歌手のなかではくどくない歌い方ですが、ツボはきっちり抑えているので、演歌を好きな人にはまさにツボにはまったうたと言うことになるでしょう。しかし私には真さんのおっしゃるようにどこか表層的に聴こえてしまうのです。
そのように音楽の価値と言うものはかなり主観的なものだと私は思っています。もっと言えばかなり生理的な要因も大きいと思います。たとえば一人一人耳や頭の形が違いますが、それだけで同じ音でも耳や頭の中での共鳴が違ってきます。そうすると同じ音を聴いていると思っているのに実際には人により微妙に違う音を聴いているのかもしれません。
もちろん生育環境の違いも感受性の違いを生みます。それは真さんの挙げられた二つ目の鍵に含まれるでしょう。「胸に届く」と言うことも「波長」が合うかどうかと言うことが大きいと思います。
ただそれは全く主観的かというと一定の普遍性もあると思うのです。今それをうまく説明できませんが。

Re: ついつい考えます

真さん

上の返信を読み直してみるとよくわからないものになっていますね。
頭がもうろうとしている中で書いたので失礼しました。
最近の記事「聴き比べ なごり雪」ではその辺を意識して書いてみましたので、ご覧ください。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード