11月5日

11月5日は天地真理さんの誕生日ですね。

天地真理さん、お誕生日おめでとうございます

誕生日を迎えるたび、当然一つずつ歳をとられてきたはずですが、私の印象ではここ数年、かえって若々しくなられてきたように感じます。
今年もお元気で誕生日を迎えられたことを喜びたいと思います。

さてここ3年間、この日は「誕生日スペシャル」ということで皆さんのリクエスト曲で構成してきましたが、今回は「11月5日」にちなんだお話にしたいと思います。

天地真理さんは1971年10月1日、「水色の恋」で歌手デビューすると短期間でヒットチャートを駆け上がり、早くも大ヒットの兆しが見えていました。そんな中、約一か月後の11月5日には真理さんの20歳の誕生日パーティーが開かれました。その時のことを真理さんは次のように書いています。

 この日は私の20歳の誕生日だったんです。
 いつも、私はお母さんと二人で誕生日を祝ってきました。だからその時も、お母さんや事務所の人たちと、ささやかに誕生バーティをするつもりでいたのです。
 ところが、会場のスナックに出かけてみると、CBSソニーの社長さんをはじめ、ブロダクションの副社長さん、それに報道関係の方々……と、会場に入りきれないほどの大勢の人たちが集って、私の誕生日を祝って下さったのです。
 「こんなに皆さんから可愛がってもらって、お前は本当にしあわせ者だよ」 お母さんはそう私に小声で告げると同時に、そっとハンカチを出して目頭をおさえました。
 私をこれまでにするのにお母さんはどれほど苦労したことでしょう。
 片親の寂しさを味合わせないようにと、私のやりたいことを自由にやらせてくれたお母さん。仕事を休んで父兄会に来てくれたお母さん。ギターがほしいといえば、すぐに財布の底をはたいて買ってくれたお母さん……私の胸も思わずジーンと熱くなりました。
 デビューして2年間には、さまざまな思い出が残っていますが、この20歳の誕生パーティの事が一番印象深く、私の胸に生きつづけているのでした。 (「近代映画」天地真理スペシャル 1973.6 )

プロ歌手として歩み始めた真理さんにとって忘れられない誕生日だったようです。

しかし、実はプロ歌手への道は1年前の11月5日に始まっていたのです。
1970年11月5日、真理さんは合歓の郷で開かれたヤマハの第2回作曲コンクールに出場していました。このコンクールは第4回からヤマハ・ポピュラー・コンテストと改名されポプコンという略称でその後親しまれたものです。真理さんはこの年、高校を卒業しヤマハ・ヴォーカルスクールで学んでいましたが、「譜面歌手」という形でこのコンクールに出場していたのです。「譜面歌手」というのは譜面応募の歌を歌う歌手ということのようですが、私の推測では歌手の指定がない場合スクール生から選ばれて歌ったのではないでしょうか。出場歌手の一覧を見ると、弘田三枝子、尾崎紀世彦、本田路津子、赤い鳥などそうそうたるプロ歌手と並んで「斉藤マリ」という名が記されています。歌った曲はJune Chun作詞作曲の「OTHERWISE」でした。
どんな歌だったのでしょうか。


(この動画は現在Youtubeでは見られません。作者の方がわからなくなりましたが、問題あればご連絡ください)

どうでしょうか?アマチュアとは思えない堂々とした歌いぶりですね。
以前からCBSソニーの中曽根ディレクターから誘われていた真理さんがプロデビューを決断したのは11月ということですから、このコンクールでの経験と自信がきっかけだったのかもしれません。
なお、この歌詞を聴き取り訳してくださったファンの方たちがおられます。かなり前のことになってしまいましたが、この頃はよくこんな風にコメントの対話がありました。
http://anotoki.seesaa.net/article/135376576.html
http://anotoki.seesaa.net/article/162205838.html

なお、このコンクールでは「小さな私」という曲がエントリーされ藤田とし子さんが歌われましたが、真理さんはこの曲の楽譜を見て気に入り自分でも機会あるごとに歌っていました。それがデビュー曲「水色の恋」の原曲です。ポプコンは「あなた」など数多くのヒット曲を生みましたが、実は最初の大ヒット曲は「水色の恋」だったのです。ですから真理さんは第3回のコンクールにゲストとして招かれ、いわば凱旋出場を果たしています。

もう一つ、11月5日についての個人的な思い出を書かせてください。
実は私が天地真理さんのファンサイトに初めて投稿したのが2004年(または2005年)の11月5日でした。投稿先は、今は休止されていますがHP「はばたけ真理ちゃん」の掲示板でした。初めてだったので下書きを書いたらしくファイルが残っていました。次の文がそうですが、ある方のコメントへの返信として出したものです。文中の〈すべての「ハッピーソング」の極北〉という言葉は元のコメントにあった言葉です。
 そうですね。今日は真理さんの誕生日。おめでとうございます。
そして、ほんとうに気持ちのいい秋晴れでした。まさに『空いっぱいの幸せ』が聞こえてくるような日でした。『空いっぱいの幸せ』は私にとっても「My favorite song」 。彼女のシングル曲の中でも愛してやまない3曲の一つです。(他の2曲は『恋と海とTシャツと』『虹をわたって』)
私はちょっとした畑を借りていて休みの時には土をいじったりしていますが、今日はまわりにも誰一人見かけず、ふと目を上げると、どこまでも高く晴れわたった青空のもと、周りの山々の紅葉も盛りとなって、神秘なほどに多彩な色が見事な調和を見せていました。おもわず「世界はなんて美しいのだろう」と心の底からよろこびがあふれてきました。同時にこの美しい世界に自分ひとりしか存在しないようなたとえようのない寂しさも感じました。実はこの感覚こそ真理さんの「うた」の本質だと私は思うのです。あふれるような「よろこび」と表面には出ないがそこにひっそりと寄り添っている孤独。それこそ他の歌手の誰も表現できなかった彼女の魅力であり、それが最も見事に表現されているのが上記の3曲だと思っています。そのなかでもとりわけ『空いっぱいの幸せ』は余分な装飾を削り取って「よろこび」が最も純化した形で歌われている曲だと思います。まさに〈 すべての「ハッピーソング」の極北 〉、こんな「うた」を聴くことができることこそまさに幸せです。

あれからもう10年以上経ったのかと思うと様々な感慨がありますが、あの時の青空に映える紅葉に彩られた山々の美しさは忘れません。


※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)11月9日は「秋のリクエストスペシャル」、16日は「黄昏の昭和歌謡」(夕陽、夕焼など)、30日は「振り返る昭和歌謡」(追憶、思い出など)です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
「天地真理特集」を実現するために、リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

誕生日おめでとう!真理ちゃん

真理ちゃん!誕生日おめでとうございます。
ひこうき雲さん、またまた、珍しい音源をご紹介していただき感謝でいっぱいです。なんか今まで違う感じのイメージの声ですね。
この声でデビューしたら・・・白雪姫と言われたかな?なんて、タラレバの話はやめましょう。めでたい誕生日なのですから。
今日も横浜の方で、映画「虹ををわたって」を見た後で「勝手に真理ちゃんの誕生日を祝う会」があり、誕生日ケーキをほうばるそうですよ。熊五郎も新しき真理ちゃんのファンを求めるため、参加しようと思います。

otherwise

ひこうき雲さん
こんにちは!ついに幻のこの曲を聴くことが出来ました。ありがとうございます。
youtubeでは聞けなくなってからこの歌唱の存在を知り探し求めておりました。想像を遥かに超えて素晴らしい!鳥肌が立ちました。やはり私は真理さんの初期の歌声に惹かれます。この声、歌唱が好きなんです。ファーストアルバムの「悲しき天使」にも通じる感情の込めかたが私のストライクゾーンです。さらに伴奏も素敵ですね。デビュー当時にFM放送でジャズバンドをバックに「水色の恋」を歌った初々しい録音がありますが、共通するものがあります。真理さんはジャズとの相性も抜群と思います!そういえばデビュー後スイングジャーナルの女性ボーカリスト人気投票で上位に入っていたことを覚えています。
とりとめないことを書いてすみません。とにかくこの歌唱をアップいただきありがとうございました。

Re: 誕生日おめでとう!真理ちゃん

熊五郎さん
コメントありがとうございます。

熊五郎さんは「OTHERWISE」をお聴きになったことはなかったですか。そうするとだいぶ前にYoutubeから削除されていたのですね。このブログ限定に設定していますが、最近は監視が厳しくなっているのでひやひやしています。

>なんか今まで違う感じのイメージの声ですね。
ほぼ同じ時期の「ヤング720」での「小さな私」もこれとは違う声です。真理さんはいろいろの歌い方がすでにできていたのですね。

5日というのは「シネマノヴェチェント」の方だったのですね。私は一時期横浜に住んでいたことがあり、この映画館のある藤棚という町は用事があってよく訪ねましたから懐かしいです。楽しんでください。

Re: otherwise

HardTopさん
コメントありがとうございます。

HardTopさんもお聴きになっていなかったのですか。Youtubeから消えて久しくなったので、お聴きになっていない人も多いかなと思ってこのブログ限定でアップしてみたのですが、喜んでいただいてよかったです。

>真理さんはジャズとの相性も抜群と思います!
真理さんはヤマハヴォーカルスクールでマーサ三宅さんに師事していました。「OTHERWISE」で指導を受けたかどうかわかりませんが、それまでに身に着けたものが生きているように感じます。おっしゃるように声もうたも素敵ですね。

斉藤マリ 恐るべし!!

ひこうき雲様いつも貴重な資料提供ありがとうございます。
今回の「OTHERWISE」にはたまげました。

この曲はJAZZですね。そして、そのJAZZの曲で斉藤マリさんは「スウィング」してますね。もちろん19歳のマリさんですから厳しいJAZZの批評家からはいろいろ指摘されると思いますが。それでも私は真理さんの本流はフォークだと勝手に思っていましたから、たまげました。
 日本の歌手の中でジャズシンガーとしても最高の評価を与えられているのは天才「美空ひばり」さんです。

当時の「斉藤マリ」さんは無限の可能性を秘めていたことは間違いないと思います。

真理さんは海外の楽曲をいろいろカバーしてどれもが秀逸でしたが、もし当時に戻れるとしたら私はこれをファルセットで聴いてみたい。

ヘレン・メリル
「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」
  『 帰ってくれたらうれしいわ』

きっと魂を揺さぶられると思います。

ひこうき雲さんのところも冷え込みが厳しくなるころと思います。お身体ご自愛ください。

Re: 斉藤マリ 恐るべし!!

きよぴよさん
コメントありがとうございます。

「OTHERWISE」喜んでいただいてうれしいです。
他の皆さんもおっしゃっていますが、真理さんの多彩な才能がわかりますね。
たしかに<無限の可能性>を感じます。

真理さんは残された録音の中でも十分に多彩な表現をなしとげていますが、もし順調な歌手活動を続けていられたらそういう可能性がさらに大きく開花したでしょう。

ありがとうございます!

真理さんの誕生日に、サプライズなプレゼントをありがとうございます。私も初めて聴きましたが、噂に違わぬ、いやそれを遥かに上回る名唱ですね!特にファンではない私の妻も、これもしかして天地真理?と驚嘆していました。
思わずマーサ三宅さんのことを思い出しましたが、なるほど真理さんが師事していたのはこの頃だったのですね。感想は皆さんがおっしゃる通りで付け加えることはありませんが、歌手としての資質の豊かさに加えて努力の積み重ねが伺える歌唱と感じました。真理さんのジャズ・アルバムも聴いてみたかったな、とふと思いました。

びっくりポンや

ひこうき雲さんありがとうごさいます。

「OTHERWISE」 聴けるとは思っていなかったので、大感動!!
おっしゃるとおり堂々とした歌いぶりですね。ますます好きになりました。真理さんに帰ってきてまだ日が浅いのですが、デビュー前の音源があるところにはあるのですね。

これからも天地真理さんの素敵な話題を楽しみにしています。

Re: ありがとうございます!

bellwoodさん
コメントありがとうございます。

bellwoodさんもお聴きになっていなかったのですね。私は皆さんもっと聴いておられると思っていたので予想外でした。そうするとこの動画はほんの短い期間しかYoutubeで見られなかったということですね。
こんな反応をいただいてともかくうれしいです。とりわけ奥様が驚嘆されていたというのは一番うれしいことですね。
特にファンでない方にこそ聴いてもらって「恋する夏の日」だけでない天地真理という歌手の魅力と才能を知ってもらうきっかけになればと思います。

Re: びっくりポンや

true_tellさん
コメントありがとうございます。

喜んでいただいて何よりです。
> デビュー前の音源があるところにはあるのですね。
今年はライブで撮られた8ミリ映像まで見せていただきましたが、秘蔵音源はまだまだあると思いますよ。
元ファンが思い出すきっかけがあるといいのですが。

奇跡の始まり

ひこうき雲さま、こんにちは。

「OTHERWISE」数年ぶりに聴けて嬉しいです。
一つの声に幾層もの陰陽の輝きが投影された、
真理さんならではの名唱ですね!

当時を思い返すと、
メロンパンさんが、ブログでのご発信すべてにおいて
マイナスの言葉やマイナスの表現の排除を徹底していらっしゃったので、
私も夢と希望に満ちた表現だけを心がけていました。
真理さんの世界がネット上で安全に花開くように、
皆さまによって様々な心遣いがなされていましたね。

アザーワイズを初めて聴いたとき、
力強さと、やや哀愁を帯びた歌声から
壮大な祈りのイメージが浮かびました。
背景は解らないのですが、
定めに従って生きてきた少女の、自由への憧れなのかな・・と。
自然が見せてくれる循環を思い浮かべ、
「こんなに素敵な奇跡の輪なかに生きているんだもの、
信じてる、いつか必ず変わるんだと。自然が私へ届けてくれる奇跡を」
このような感じです。真理さんの歌には、想像する楽しさが満載ですね。

今回の記事では、ひこうき雲さまの過去のご投稿を拝見し、
優しく美しい文章に、私までとても幸せな気持ちになりました!
お読みくださってありがとうございます。

Re: 奇跡の始まり

愛さん
コメントありがとうございます。

無断で以前の愛さんたちのコメントを紹介させていただきましたが、この曲を聴くとあのやり取りをいつも思い出すのです。
あの頃はこういう議論がよくありましたね。議論というと最近は相手を“論破”すること、つまり喧嘩だと勘違いしている人がいますが、本当は闊達に意見を出し合ってよりすぐれたレベルへ協同して高めあっていくことなのですね。その意味で愛さんとmariminafanさん、そしてメロンパンさんのやりとりはお手本と言ってもいいものでした。最初はピントのずれた写真のようにとらえどころがなかったこの曲のイメージが、次第にくっきりと見えてくるようでワクワクしました。
この曲に限らず、あの頃は天地真理ワールドの未知の世界を探検していくような楽しさがありましたね。

> 一つの声に幾層もの陰陽の輝きが投影された、
> 力強さと、やや哀愁を帯びた歌声から壮大な祈りのイメージが浮かびました。
全く同感です。そして
>真理さんの歌には、想像する楽しさが満載ですね。
本当にそうですね。

私の初投稿文にも触れていただいてありがとうございます。ちょっと照れくさい気もしますが、真理さんの誕生日の記事にずうずうしく割り込ませてもらったのは、「これは何だろう」と開けてみたファイルで懐かしい自分の文を読み、真理さんのうたを聴くたび新鮮な発見があったあの頃を思い出したからです。もちろん今でも突然新しい発見をすることがあります。汲めども尽きない真理さんの魅力ですね。

ふくらむ想像

ひこうき雲さま

表現することがむずかしい、真理さんの歌の本質が
まるごと、あのご投稿文のなかに凝縮されてるようで、
たいへんな宝物を発見した気分です。


「OTHERWISE」、
自分の中ではもう少しストーリがあるのですが。

真理さんの歌声から感じたのは、
情熱、自由な澄みきった心、
そして同時に、深い切なさも・・

自然の神秘への憧憬。
一人の少女の純真な想いのようですが、
もしかすると、この歌が伝えているのは、
人間が作った制度の中で、
ひたすら労働力として生きていた人々、
自らの生を抑圧されてきた民族による
解放への祈りでなのではないか、と。

夜明けの到来を待ちわびる瞳に、
自然がみせてくれる、神羅万象の変化。
長く閉ざされていた暗闇に、朝の光が訪れる日・・
それは憧れてやまない、神の御業の証明。

またまた飛躍し過ぎでしょうか(笑)

ジョージ・ワシントン・カーヴァーという
植物学者の伝記に触れる機会があり、
ピーナッツは天与の果実、大地の乳として、
人々の命をつないでいたことを知りました。

「アザーワイズ」は聴けば聴くほど、想像の幅が広がる歌。
真理さんの声の持つ深さが、
最高のバランスで発揮されたナンバーだと思います。
あらためて、大きな歌手でいらっしゃるなぁ、という印象です。

Re: ふくらむ想像

愛さん
ありがとうございます。

素晴しい想像力の広がりですね。決して「飛躍」とは思いません。
愛さんこそ、想像の力で真理さんの歌の本質を表現されていると思います。
歌詞の言葉だけにとらわれず、真理さんの歌声そのものが持つ表情から深い意味へと降りていく、愛さんの想像の広がりに寄り添うことで私にとってもこの歌の輪郭がくっきりと見えてきた気がします。
ピーナツの意味も腑に落ちました。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード