サラシをまいて

sakuraさんに予告されてしまいましたが、6月23日(月)のNHKFMミュージックプラザ「雨の昭和歌謡」特集で「レイン・ステイション」がかかりました。リクエストは神戸と松戸の方たちでしたが、真理さん関連の掲示板やブログでおなじみの方たちではないように思います。そうだとすると、そういう方たちからシングルヒット以外の曲がリクエストされるというのはとてもうれしいことですね。



私は「レイン・ステイション」は前(2014.6.18)にかかっているので今回は「ある雨の日の情景」をリクエストしたのですが、ボツでした。カバーはなかなかかかりませんね。あるいはNHKがCD(レコード)をもっていないのでしょうか。でもシングル以外の曲も少しずつかかるようになってきてよかったです。

さて、本題です。
先日、所用があって国会周辺に行ったとき、汗をかきながら坂を上って「ちょっと休みたいな」と思ったところ、目の前に緑豊かな大きな建物がありました。国会図書館でした。次の予定までしばらく時間もあったので、入ってみることにしました。
利用するのは初めてなので、まず利用登録をしてから検索用パソコンでいろいろ試してみました。さすがに資料が多く、めずらしいものもいろいろありそうでした、しかし時間の都合もあるので、前から気になっていた資料を探してみようと、「天地真理」と入れて検索すると400件くらい出てきました。多いのはCD、レコードなどの録音資料と雑誌でした。
うれしくなって片端から探してみたのですが、残念ながら私の目当ての資料はわかりませんでした。もう少し時間があれば検索の仕方を工夫するなどして探せたかもしれませんが、次の機会にすることにしてあきらめました。
しかしそうして探していく過程で、今まで知らなかった意外な資料もいくつか見ることができました。今回はそれを紹介しようと思います。

まず、1984年11月発行の『社会保険』という雑誌です。あまりおなじみでない雑誌ですが、全国社会保険協会連合会というところが発行している雑誌です。準官製機関の雑誌らしいですからなじみのないのは当たり前ですね。
では真理さんはどこに出てくるかというと、「とっておきの話~健康と病気」というコーナーにインタビュー記事があり、1973年のアメリカ旅行とそのあとの“盲腸炎”のことを語っています。
『社会保険』
(クリックすると別タグが開きますので、拡大して読んでください)
1973年の夏といえばまさに真理さんの人気が絶頂に達した頃でしたが、アメリカ旅行の後、“盲腸炎”で入院してしばらくテレビで姿を見なかったことは私も覚えています。ところが実際は十分静養させてくれず、サラシをまいてステージに上がっていたとは知りませんでした。改めて当時の苛酷な生活を想うのですが、真理さんは私たちの前ではそんなことはみじんも感じさせず、変わらぬ笑顔で歌っていたのですね。

もうひとつ注目したのは最後の部分です。そこで、日台合作の映画『殺戮』に出演することになったといっています。この映画出演については塩崎雪生さんが著書『氷の福音』の第15章《魔性の煙霧》(179p)に詳しく書かれていますのでぜひご覧いただきたいと思いますが、私はそれを読むまでこの映画については知りませんでしたし、ほとんどの方がそうだと思います。しかしこの記事では、真理さん自身がこの映画について強い意欲をもって語っていますし、10月末に台湾で撮影開始、翌年2月完成という具体的なスケジュールもできていたこともわかります。それがどうして実現できなかったのか、『氷の福音』によると製作費が調達できなかったと推測されるようですが、返す返すも残念というほかありません。この映画が立ち消えになった結果、『魔性の香り』に出演することになった経過については『氷の福音』に詳しく述べられている通りです。私は『魔性の香り』もきちんと評価すべき作品と考えていますが(本編「空いっぱいの幸せ」)、実際に映画を見なかった人たちに大きな誤解を与えたのも事実でしょう。
この記事でこの映画への真理さんの強い意気込みを知り、何とか実現させてあげたかったと思うばかりです。

※ 私が探していたのは、1972年の初めから春くらいの週刊誌です。芸能週刊誌や女性週刊誌ではなく、おそらく男性向けの週刊誌で、”中年にも人気の清純派歌手2人”というようなコンセプトで真理さんと小柳ルミ子さんを比較した内容でした。ずっと探しているのですが、なかなか見つかりません。どの雑誌か覚えていないのですが、「週刊ポスト」「週刊現代」あるいは新聞社系の「週刊朝日」「サンデー毎日」「週刊読売」等ではないかと思います。内容からして「週刊新潮」や「週刊文春」のイヤミ系ではないと思いますが可能性がないとも言えません。もし心当たりがある方がおられましたら教えていただければ幸いです。


※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)6月30日は「上半期リクエストスペシャル」、7月7日は「七夕の昭和歌謡」、14日は「フランスな昭和歌謡」、21日は「海の昭和歌謡」、28日は「昭和のヒットメーカー 弾厚作」(つまり作曲家としての加山雄三)です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。

リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

感謝申し上げます。

ひこうき雲様

 このたびも当方の著書に触れていただき、誠にありがとうございます。おかげさまで細々と註文はつづいております。
 映画「殺戮」につきましては、海外のかたへの問い合わせなどもし、取材にはそれ相応の苦心がありました。『氷の福音』においても述べましたが、この映画がお蔵入りにならなければ、かなりちがった道が開けていたであろうことと思われ、なおさらに残念ではあります。
 執筆にあたって大抵の資料にはあたっているつもりではありましたが、今回ご紹介の記事は未見のものでした。おもな記事はほとんど手元に控えをとっておりますので、おさがしのものがございましたらお尋ねください。
 それから、国会で見つからなかったという記事は、おそらく「週刊朝日」1972年4月21日号36頁以下掲載の「中年男を感じさせる清純派3人娘の浸透度」ではないでしょうか。これは当方に控えはありませんが、すでに国会に登録を済ませているとのことであれば、メール等で依頼すれば複写を郵送してくれるはずです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 感謝申し上げます。

shiolaboさん
コメントありがとうございます。

この記事は思い出を語っている記事かと思って読んでいたら、最後に例の映画のことが出てきたのでびっくりしました。真理さん自身がこの映画について語っているのを私は初めて読みましたが、彼女自身のこの映画への意気込みを知ることができました。ほんとうに実現したかったですね。

私の探している資料についてもお知らせいただきありがとうございます。早速探してみることにします。

国会圕所蔵資料について。

 本日あらためて資料検索をしてみましたが、当方が調査過程にあった数年前よりも格段にヒット数がふえています。「社会保険」も確認しました。ここ数年で資料のデータ化が進んでいるため、細かな記事も拾えるようになりつつあるようです。
 検索時にお気附きになりましたでしょうか、『氷の福音』も国会には購入してもらっております。

Re: 国会圕所蔵資料について。

shiolaboさん

以前のことはわかりませんが、検索はしやすいですね。特に雑誌はデジタル化が進んでいるため、実物を出してもらわなくても読めるので便利でした。ただ、デジタル化といっても画像データなので全文検索はできず、目次などに検索語がないとヒットしないようです。
お知らせいただいた「週刊朝日」72.4.21も「天地真理」で検索しても出ないようです。見出しが「清純派3人娘」なのでこれで検索すればいいかもしれません。
ところが、実はこの雑誌は私も持っていました。ある方が「オークションに出ているよ」と教えてくださったので見てみると、見たことのある表紙で、探してみたら手元にありました。整理が悪いのと記憶力の低下でピンと来なかったのですね。ただ、これは私が探していたものではありません。せっかく教えていただいたのですが残念です。また探してみます。

『氷の福音』、もちろんリストに入っていました。これが入らなかったら検索がへぼいということですね。検索リストの中には「天地真理」(てんちしんり)について書かれたものも入っていますが、『氷の福音』は両方の意味で入りますね。

それではこれでしょうか?

 当方でわかる限りで該当しそうな記事は、
 ・「週刊プレイボーイ」1972年5月30日号196頁以下掲載「純情派3人娘を特別弁護する!」
 もしくは、
 ・「週刊明星」1972年6月18日号54頁以下掲載「話題の清純歌手3人はこれからどうなる」
 の2点がありますが、いかがでしょうか?

 それから、映画「殺戮」に関聯してですが、『氷の福音』においても触れましたように昨年春日本で公開された台湾映画「セデック・バレ」(賽徳克・巴莱)が同様に「霧社事件」を題材にしています。真理様が演じる予定だった役(巡査花岡二郎の妻)にはヴィヴィアン・スーが起用され、ふたつの民族のはざまで翻弄される悲劇の女性として作品に華を添えています。(ただし、登場場面はさほど多くはないので要注意。)
 はやばやとDVDも発売されているようです。ご関心がありましたらぜひご覧ください。日本側俳優も多数出演(木村祐一など)している全篇4時間半の超大作です。

はじめまして

インターネット上で、「アイドル有名人リンク集」というサイト
を運営しています。御サイトをリンクさせて頂きました。

アイドル有名人リンク集
http://nostalgicidol.web.fc2.com/
http://nostalgicidol.web.fc2.com/idol/AmachiMari.html

Re: それではこれでしょうか?

shiolaboさん

またまた情報ありがとうございます。
教えていただいた2冊ですが、自分の手持ちのものと照らし合わせたところでは持っていないようですが、ある方が送ってくださったそれぞれの記事の一部の写真を見たところでは、該当の記事ではなさそうに思えます。しかし全部ではないのでもう少し継続して調べたいと思います。
お手数おかけして申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

それではこれは?

 「平凡パンチ」1972年4月24日号44頁以下に「清純派タレント ベスト5」と題する記事が載っているようです。当方現物確認しておりませんので、貴殿がおっしゃるような真理・ルミ子比較論であるかどうかは断言できませんが、ご参考までにお知らせします。

 それから、もしも京都イベントにご参加でしたら、なにかご紹介記事をお書きいただければ幸いです。

Re: それではこれは?

shiolaboさん

情報ありがとうございました。
またある方が一部の写真を提供してくださいました。それを見る限り、残念ですが該当のものではないようです。

京都へは行きませんでした。京都はちょっと遠いですし、秋には京都へ行かなければならない予定もありますので。
参加者の方の報告がいくつか出ていますね。

8月15日をまぢかにして。

 毎年8月になると戦争についての話題がとりあげられることが多くなります。
 当方の戦争に対する考えは『氷の福音』においてあらかた述べておりますので、ここであらためて繰り返しません。
 しかしなによりも強調しておきたいのは、「8月15日」をもってすべてが終ったのではない、ということです。
 映画「殺戮」についての取材の際、ある証言者は、(製作費集めに関し)日本側が台湾側に過重な負担を強いていた、と附言していました。1980年代になっても属国視は消え去ってはいなかったわけです。映画未完成の背景に民族蔑視が厳然とあったということを再認識していただければ幸いです。
 現今、台湾は親日的だ、と単純化した報道がなされることが多いのですが、なにゆえに親日的なのか、さらにあえて言えば、なにゆえに親日的ならざるをえないのか、という掘り下げた問いかけがぜひとも必要なのです。
 「殺戮」が題材とした「霧社事件」では、『氷の福音』で明記しておきましたが、日本軍において初めて毒ガスが実戦に用いられました。その悲劇的惨状を描きつくすことによって、そこに映画は《天地真理》を如実に顕示しえたであろうか。未完成となってはそれを検分することは永遠に不可能なのです。
 「殺戮」お蔵入りは、海外飛躍の好機を逸したというだけでなく、上記の意味においてなおさらに残念きわまりないことなのです。戦争の余燼はいまだに消えうせてはいないのです。

Re: 8月15日をまぢかにして。

shiolaboさん
コメントありがとうございます。

日本では8月になるとマスコミは戦争関連の特集を年中行事のように繰り返してきました。もちろんそれは意義のあることで、すぐれた記事、番組も多くありました。しかしそれに比べると<戦前>についてはあまり詳しく伝えてこなかったのではないかと思います。霧社事件などもそうでしょう。<戦後>についてはそれ以上に伝えてこなかったのではないかと思います。台湾についても、どうして「中華民国」政府があるのかさえ知らない若い人も多いのではないでしょうか。他のアジア諸国との関係についても同様でしょう。まして国家(政府)と国家(政府)との関係だけでなく、国家を超えた民衆どうしの関係など全く知らない人が(若者だけでなく)多いと思います。
今、日本で必要なのはソクラテスの「無知の知」、真実(天地真理)を追求しようとする謙虚さではないかと思います。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード