カバーされた真理さん 外国編

「カバーされた真理さん」、今回はおまけの外国編です。

日本ではあまり知られていませんでしたが、全盛期の真理さんは東南アジア諸国でかなり有名だったようです。1950~60年代の日本でアメリカのヒット曲や歌手が若者たちの共感を呼んで、日本人歌手が歌う日本語歌詞のポピュラーソングがヒットしたように、東南アジア諸国で日本のヒット曲がそれぞれの言葉の歌詞で歌われ親しまれたようです。

まず、ミャンマー(ビルマ)の様子です。この歌は何でしょうか?


このデュエットについて2003年ごろの何かの掲示板で話題になっていました。それによれば、この男性はヤンアウン(Yan Aung)という人でおそらくミャンマーでは大スターなのでしょう。そしてこのステージは信じられないくらい豪華なメンバーで、有名女優総出演と言っていいそうです。2002年にそのDVDが発売になっているようですから、この映像はその一部なのでしょう。そしてその最初に歌われたのが、「若葉のささやき」(ミャンマーでのタイトルはわかりません)で、女性はミャンマーでアカデミー主演女優賞5回受賞というメイタンヌ(? Than Nu )と言う人です。
ミャンマーでは日本の歌謡曲がかなりミャンマー語版で知られているようで、「上を向いて歩こう」はたいていの人が歌えると書いてありました。ただ日本とはだいぶ違うイメージになっている場合も多く、「私の青い鳥」を男声歌手が歌っていたり、自然が素晴らしいことを表現する時なぜか「お座敷小唄」がBGMに使われたりということがあるそうです。この「若葉のささやき」も言葉はわかりませんがだいぶ雰囲気が違いますね。
実は70年代に映画「愛ってなんだろ」がミャンマーで上映されたそうで、その挿入歌の「若葉のささやき」「ふたりの日曜日」「ひとりじゃないの」「虹をわたって」などもミャンマー語版ができ、特に「虹をわたって」は今でも(2003年当時)よく歌われるということでした。
天地真理さんはミャンマーでも憧れの大スターだったのですね。

次は中国です。黃思雯(CECILIA WONG)と言う人の歌う「朋友再見」と言う曲です。


私は中国語はわかりませんが、「朋友再見」という題名の意味はわかります。そこが漢字の偉大なところですね。
それはともかく、原曲は「想い出のセレナーデ」ですね。
この歌手は香港のひとのようです。Youtubeにも「ブルーライトヨコハマ」や石川ひとみさん、チェリッシュの曲の中国語カバーがあります。この人が香港でどういう位置の人かはわかりませんが、なかなかよく歌っているし、意味はわかりませんが中国語詞もうまく曲になじんでいるように思います。
香港と言えばアグネス・チャンさんですが、彼女が日本に来た時、知っていた日本の歌手の名は「天地真理」だけだったと語っていたのを何かの記事で読んだ覚えがあります。

私が見つけることが出来たのはこの2カ国ですが、他にもあるかもしれませんね。知っている方がおられたら教えてください。

年内の更新はこれが最後です。一年間、ご覧いただきありがとうございました。
新年最初の更新は8日以降になると思いますが、来年もよろしくお願いいたします。


追記です(12/29)。パソコンが非常に不安定になっていて、いつ動かなくなるかわからない状態です。年末年始の忙しい時期で業者に持ち込む余裕もありません。1月8日更新を目標にしていますが、もう少し手間がかかってしまうかもしれません。また、コメントへの対応もできないかもしれませんので、ご承知ください。
※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜) 1月6日は「お正月だよリクエストスペシャル」、20日は「祝誕生日 太田裕美スペシャル」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


コメントの投稿

非公開コメント

今年も1年間ご苦労様でした

聴き比べ、カバーシリーズ、興味深く拝見しています。
私は学生時代にクラシックの、”聴き比べをして良さを主張する”という薄暗いサークルに参加していたことがあって、聴き比べの効能について考えさせられました。
各自が自分の気に入っているものに関してこれでもかとその良さを主張するのですが、すでに他の奏者でお気に入りができている人々は、まず寝返らないんですよね。
かえって各自が思う良さを今までにも増して主張し尽くす始末となることが往々にしてありました。
自分の好きなものを広めたいという気持ちがあると、少なからず失望や、大げさですが不条理に近い感情を抱いたものです。
また、たまたま同じ演者のものが好きというものに出くわしても、自分とは違う、そんなところがいいの?という場合が少なくありませんでした。
これらの場合、お互い熱くなるといろいろ大変ですが、冷静に見ると、実に興味深い思いがしたものです。
まだあまり染まっていない人が気付いてくれるということはあるはずなのですが、なぜかそんなことに出くわすことは、その頃身近では皆無でした。
聴き比べに効能があるとすれば、効能というのも変な話ですが、結局自分は何に惹かれているのか、が明確になっていくことがあると思います。
着眼点のようなものがいくつか定まってくると、他の曲での聴き比べでも自分の贔屓がことごとく”勝つ”という現象が生じてきます。
芸術に勝ち負けはないのですが、この気持ちよさは格別であって、実に幸福な時間であります。
私は天地真理さんの歌でそれを経験できましたが、今またこうやって改めて比較していただくと、またその幸福な時間がよみがえってくる思いです。
昔と異なり、ここではその通りと思えるご意見も多数ついていますが。

Re: 今年も1年間ご苦労様でした

真さん
コメントありがとうございます。

おっしゃるように聴き比べをどう位置づけるかということには難しいものがありますね。
優劣をつけるというのは一番わかりやすい位置づけになりますが、たしかに明らかに優劣がつけられる場合も
ありますが、難しい場合が多いですね。それは歌(音楽、芸術)というものが量的にはかれるものではなく、<質>にかかわるものだというところからくるのだと思います。同じ尺度ではかれるものなら優劣は簡単につきます。100m競争ならタイムで計れます。しかし歌(音楽、芸術)は受け取る側の主観が決定的です。「明らかに優劣がつけられる場合もある」と言いましたが、そういう場合でも「いや私はこちらの方が絶対いい」という人はいるものです。
ただ聴き比べることでそれぞれの特徴はよくわかると思うのですね。私の聴き比べシリーズもそういうスタンスで書いています。もちろんそうは言っても私はやはり真理さんのうたが素晴らしいと思っているので、まったく客観的とは言えないでしょう。それでも、いいわるいではなく、できるだけそれぞれの歌手の特徴を明らかにして、その中で真理さんのうたがどういう特徴を持つか、ということを述べようと心がけているつもりです。
でもそれが結構難しいのですね。自分の評価をストレートに言っていないところもあるので、ちょっとストレスがたまることもあります。でも聴き比べをしていくといろいろ発見があって、私はとても楽しんでます。

結局、刷り込みですかね

ひこうき雲様、真様

お二人のお話、深くて私のオツムが理解の容量を超えてますけど、音楽の演奏の好き好きは、刷り込み かなと思います。
最初に聴いて、感動したらそれを最高と思うのかなーと。

クラシックは楽譜があり、スラーや装飾音、強弱、テンポ以外は変えようがありませんよね。
それでも、印象に甚だしい違いが出て、良し悪しは好みになります。
でも、私は最初に聴いて、名曲だ!と思わされた演奏から離れられません。
それぞれの良さは、今では理解出来るのですけどね。

アレンジもしかりで、オリジナルに感動したのに、後にゴージャス版に改定されたりするとガッカリします。これも、刷り込みではないかと思うのですが。

でも、真理さんの歌は、覆されました。何を聴いても真理さんが良いと感じるのです。
稀有な事でした!

Re: 結局、刷り込みですかね

ガルボピアノ弾きさん
コメントありがとうございます。

身も蓋もないような言い方をしますと、私は音楽の感動と言うのはある種の生理反応ではないかと思っているのです。「愛ってなんだろ」の記事で書きましたが、あの映画で私は真理さんの歌う「幸せなら手をたたこう」で涙を流してしまいました。自分でも半信半疑で、「なんでこの歌で?」と思うのですが、涙は勝手に出てくるのです。「たたこう」の「こう」のところの真理さんのたとえようもないやさしい声に私の身体の中の何かが反応してしまったのです。でもそれが誰にも起こった反応なのかはわかりません。私だけの反応なのかもしれません。しかもそれは私の体調とかその時の環境とかさまざまな要因が複合的につくりだした反応かもしれません。
疲れていたのにがんばって聴きにいった演奏会がさっぱりよくなかったと思ったのに、その時の録音を放送やレコードで聴いたら素晴らしかった、という経験はよくありますし、その逆もあります。そういう諸条件が最良の状態の時に「刷り込み」ということが起こるのかもしれませんね。私も、「幸せなら手をたたこう」は絶対天地真理さんと思ってしまいました。
音楽的感動と言うものが相当に個人的なものと私は考えますが、一方で、やはり普遍的な面もあると思っているのです。聴衆がみんな同じ感動を共有していると誰にも感じられるコンサートがたしかにあります。ですから、私がどう聴いたかを出来る限り具体的に語ることで、同様の経験をされる人もいるのではないかと思って、ホームページやこのブログで書いているのです。「聴き比べ」シリーズもそれをよりわかりやすくしてくれるのではないかと思ってつくっています。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード