ひとりじゃないの  小谷夏作品群 (1)

Youtubeに「さびしかったら」がUPされています。
この曲は<小谷夏作詞、森田公一作曲>、つまり「ひとりじゃないの」のコンビです。
小谷夏さんとは、久世光彦さんのこと。つまり、「時間ですよ」のディレクターとして真理さんをはじめて電波に乗せ世に送り出した人であり、「天地真理」の生みの親の一人といえます。

「時間ですよ」は数人のディレクターが交替で担当していましたが、久世さんの演出の冴えは際立っていました。ドラマなのに突然ギャグが入り、爆笑させたかと思うとしんみりとさせる。下町の人情ものかと思えば劇中でフォーク感覚の歌を歌わせるなど若者向けでもある。しかもそうした互いに異質な要素を何の違和感もなく共存させてしまう手腕。そのころあまりテレビを見ることがなかった私が、帰省中このドラマを見てその才能に驚嘆してその名前を覚えてしまったほどでした。

その後、久世さんはテレビディレクターとして抜群の評価を獲得し数々の名作を生む一方、小説家としても才能を発揮して直木賞候補にもなり、独特の作風で知られましたが、2006年、70歳で亡くなりました。

作詞の面でも、堺正章、浅田美代子、郷ひろみ、沢田研二などドラマ制作を通じて縁のある人たちを中心に数多く残しています。ほとんどが「小谷夏」名ですが、「市川睦月」名のものもあり香西かおりの「無言坂」は1993年日本レコード大賞を受賞しました。

しかし何といっても「小谷夏」の名を高からしめたのは天地真理さんの「ひとりじゃないの」だったでしょう。この曲はおそらく、手塩にかけた真理さんが「時間ですよ」を巣立っていくに際しての久世さんからの贈り物だったのではないでしょうか。幸いこの詞は森田公一さんという真理さんの資質にとって最高の作曲家を得て、まさに「天地真理の世界」を生みだすことになったのでした。

その後も、「ひとりじゃないの」のB面「ポケットに涙」(2曲ともセカンドアルバム収録)、4枚目のアルバム「明日へのメロディー」の中の「思い出の足音」、5枚目「若葉のささやき」のなかの「さびしかったら」というように真理さんの歩みを見守るように詞を提供してくれていました。しかし、真理さんが頂点に立つのを見届けると、その後はしばらく途絶えてしまいます。

ふたたび「小谷夏作詞」の曲が現れるのは、真理さんにとって最後のオリジナルアルバムとなった「童話作家」でした。そのA面はさだまさしの「童話作家」をプロローグとエピローグとして、関連付けられた5曲(出不精のピーターパン 返信 ひこうき雲 二月の風景画 風花のさようなら)をその間にはさんだ形となっていて、その5曲すべてが小谷夏作詞です。つまりこの形自体、久世さんのアイデアなのでしょう。ともかく、苦闘する真理さんへのもっとも心強い援軍としてふたたび駆けつけてくれたのだと思います。    (つづく)




      「空いっぱいの幸せ」INDEXに戻る

コメントの投稿

非公開コメント

森田先生

御無沙汰しています.
改めて ひこうき雲 さんの資料に基づいた分析力に感服しました.
私はファンの皆様のファンでもあるので,どんな方なのか少し興味があります.
(冗談ですし,ストーカーじゃないので御心配なく.笑)

(2)まで読ませていただいて,(1)の方に書かせていただきます.
http://www.youtube.com/watch?v=9ihLgQ9ygbM 及び コメント
森田先生にも通じるところが有って,最高のハーモニーになったのでしょうね.

Re: 森田先生

mariminafan さん
お久しぶりです。しばらくお見かけしませんでしたが、また強力な調査力でレアな情報を教えてください。でもストーカーは勘弁してくださいね。私はごくつまらない人間ですから。

ご紹介いただいた「青春グラフィティ」、このほかにも1つYoutubeでUPされていますが、番組の全体を見たいと思うのですが、何か情報はありませんか?

森田さんは作曲家として真理さんの最高のものを引き出してくれただけでなく、再デビューに際しては親身になって励まし支えてくれた人でした。人間的にも誠実で温かく、音楽にもそれは現れていますね。森田さんについてもいずれ書きたいと思っています。

青春Graffiti

今,調べて分かったことは向かって右に座っているのがピーターだということだけで,残念ながら何も持ち合わせておりません.投稿してくれたR2Radioさんに問い合わせるのがベストだと思います.(苦笑)
今後も楽しみにしております.

Re: 青春Graffiti

さっそく調べていただいてありがとうございます。

なるほど、ピーターだったんですね。言われると「ああそうか」とわかるのですが、「知っている顔だけど誰だろう」と思っていました。
余談ですが、ピーターのデビュー映画「薔薇の葬列」は鮮烈でした。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード