『氷の福音』④

もう一点触れておきたいと思います。
それは「水色の恋」の“盗作”問題です。

「水色の恋」の作詞・作曲はは田上えり・みどり姉妹となっていました。(この姉妹についてはこのブログの第1回の記事で取り上げました。)
ところが、後にアルゼンチン・タンゴの「ホテル・ヴィクトリア」とよく似ていると言われ出し、版権を持つヤマハ音楽振興会が交渉にあたった結果、現在では「田上えり・Carlos Pesche 作詞 / 田上みどり・Feliciano Ramon Latasa 作曲」という長い表記になっています。なぜこんな変な表記になったのでしょうか?
まずは「ホテル・ヴィクトリア」を聴いてみましょう。

私が聴く限り、確かに似ているところはある。しかしそれはごく一部(「さよならの言葉さえいわなかったの」の部分)でしかないし、曲想そのものが全く別物です。何でこんなことが問題になるのか私には理解できません。
次の曲を聴いてください。(時間のない方は最初のメロディーのところだけでもいいです)

これはモーツァルトが12歳の時に作曲した最初のオペラ「バスティアンとバスティアンヌ」の序曲です。これを聴いて「あれ?」と思った人もいますね。次の曲を聴いてください。(時間のない方は最初のメロディーのところだけでもいいです)

これはベートーヴェンの交響曲第3番いわゆる「英雄」の第1楽章です。この最初のメロディー、「バスティアンとバスティアンヌ」序曲のメロディーとそっくりですね。でも曲想は全く違います。誰もベートーヴェンが“盗作”したとは言いません。当時はCDのようなものはもちろんありませんから、ベートーヴェンが「バスティアンとバスティアンヌ」を知るためにはこのオペラが上演されるか、楽譜を手に入れるしかありません。でも「バスティアンとバスティアンヌ」が上演される機会はほとんどなかったのではないかと思いますし、大傑作がいくらでもあるのに12歳の時のオペラの楽譜をベートーヴェンがわざわざ求めたとは思えません。学説は知りませんが、たぶんベートーヴェンはまったくオリジナルにこのメロディーを生み出したのだと思います。当時は著作権という概念自体ありませんでしたが、もし今だったら「似ている」というだけでベートーヴェンは“盗作”だと言われるのでしょうか?変な話ですね。

“盗作”かどうかは結局、本人にその意識があったかどうかだと私は思います。ですから田上みどりさんがどう言っているのか、それがカギになりますが、これまで聴いたことはありません。連名の形になっているということは認めたということでしょうか?それとも(ベートーヴェンの例でもわかるように)“盗作”ではないと証明するのが難しいので、ヤマハ音楽振興会が(もしかしたら渡辺プロの意向を受けて)早く幕引きをするために妥協したのでしょうか?どちらともわかりませんが、ともかくこれは“利”をめぐる問題ですから必ずしも“真実”であるかどうかはわかりません。

ただ私はどうして作詞まで連名になっているのかわからなかったのですが、shiolaboさんによれば「詞曲一体」という慣行があるということで、詞が「ホテル・ヴィクトリア」の詞に影響されているということを意味するわけではないようです。
ところが、当時の渡辺音楽出版制作部長の著書の中に詞も少女雑誌に投稿された詞が原詞だという記述があるようなのです。詳しくは本書を読んでいただきたいと思いますが、原詞はまだ確認できていないので、どのように「似ている」のかわかりませんし、元渡辺音楽出版制作部長の記述にも疑問なところがいろいろあります。どこまで信頼できるか、判断しにくいところもあります。また私はこのことについても、田上えりさんがどう言っているのか、それがカギだと思っています。

しかしここでこのテーマを取り上げたのは、もし仮にすべて事実だったとしても『水色の恋』の価値が減ずるものではないということははっきりしておきたいと思うからです。
もちろん当然ながら、これらが事実だったとしても真理さんには何の責任もないことです。これは大前提です。
そして本質的にはオリジナリティーとは何かという問題になります。
そして、shiolaboさんの主題もそこにあるのです。
shiolaboさんは「人ははたして≪創造≫をなしうるのであろうか」と問いかけ、「『水色の恋』成立の背景には、幾多の人々による営為の集積があった。およそひとつの≪作品≫が生まれるに当たり、…種々なる個性の多様な配合がひとつの結晶となってもたらされる」と述べています。
私なりの考えで言えば、ピカソの独創的表現も先達たちから徹底的に”盗む”ことから生まれたように、無から有が生じるわけではなく、他者の生み出したものにほんの少しの付け足しをすることが≪創造≫なのです。
仮に「ホテル・ヴィクトリア」のメロディーを使ったのだとしても、それに『小さな私』の詞をつけるということは全く田上姉妹の独創です。そしてそうすることによって曲想自体が劇的に変化し、まったく別の曲のようになったのです。それこそがオリジナリティーなのです。
同じことは詞についても言えます。仮に少女雑誌の投稿詩を借用したとしても、そこにあのメロディーをつけたのはやはり田上姉妹のオリジナリティーなのです。
そして一番肝心なことは曲は歌われなければ<うた>にならないということです。楽譜は記号です。それをどう音として表現するか、そこに究極のオリジナリティーがあるのです。
『水色の恋』は真理さんに歌われてはじめて命をもって輝き始めたのです。

※リクエスト情報
FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)7月8日は「坂の昭和歌謡」、22日は「真夏の昭和歌謡」、29日は「旅の昭和歌謡」、8月5日は「瞳の昭和歌謡」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

盗作の裁判

 歌の盗作問題で、私でも当時、知ってますので、有名なのですが、
ジョージ・ハリスンの「マイ・スウィート・ロード」は、裁判のの結果、ジョージは、多額の賠償金を払っています。

◎ジョージ「マイ・スウィート・ロード」(1970年11月23日発売)
http://www.youtube.com/watch?v=0kNGnIKUdMI
◎フォンズ 「He's So Fine」(1963年ヒット)
http://www.youtube.com/watch?v=kfxx3scAKS8

 疑惑が出たのは、71年に、ジョディ・ミラーが「He's So Fine」のカバー曲を「マイ・スウィート・ロード」を真似てアレンジして発売したためでした。
◎ジョディ・ミラーの「He's So Fine」カバーhttp://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=NDAOE_RaVGY&hl=ja

 盗作の問題に発展してませんが、荒木一郎本人が、自分が先にレコードを出していると指摘しています。

◎荒木一郎「君に捧げるほろ苦いブルース」(1975年9月1日発売)
http://www.youtube.com/watch?v=0yS6AwKJ5zc

◎アリス(谷村新司)「帰らざる日々」(1976年4月5日発売)
http://www.youtube.com/watch?v=ny-vDAfyLDs

 ジョージは、裁判で、「潜在意識の内における盗用」を認めてしまったので、「無意識の盗作」として、裁判に負けました。

 「水色の恋」は、「小さな私」を作った素人の田上さんが盗作を認めたかどうか知りませんが、「水色の恋」を作った(補作曲をした)森岡賢一郎氏は、「ホテル・ヴィクトリア」を知っていたか、その意識はあったのではないでしょうか。

 いずれにしても、このような盗作問題が表面化するときは、お金のことよりも、何らかの人間関係の感情的な問題が潜んでいると思いますね。

これは驚きました

ひこうき雲 様 
こんばんは  このモーツァルトとベートーベンの比較 びっくりしました。
本当に良く似ていますね!
ベートーベンは幼い頃父親に、第2のモーツァルトにするべく、厳しく音楽を仕込まれたらしいので、もしかするとその時に楽譜を入手して読ませていたか、あるいはどこかで耳にした可能性もありますね。
早世ながらモーツァルトとベートーベンは接点もあったし、ベートーベンの初期の音楽はハイドンそっくりです。
だからといって、盗作とは言いませんよね。
おっしゃるとおり、「無」から生み出すのではなく、先人の創造から発展させて今の人類があるのですから・・・・・・・
私も「水色の恋」盗作騒動は、言いがかりにしか思えません。
似ている部分があるのはありますが、盗作というにはあまりにも違いすぎます。
五木の子守唄といそしぎが盗作というのと同じくらいばかげていると思いました。

誠にありがとうございます。

ひこうき雲様 このたびもお採り上げいただきまして、誠にありがとうございます。
 この話題は率直に言えば、きわめてなまぐさい話です。あの物々しく書かれた書物のなかにおいてだからこそどうにか料理しえていると思いますが、もしもこの話題を軽々しく扱えばとても目をあてられないほどのみっともないキワモノめいたものになってしまいます。そして、あえて附言しますと、調査未了のほどよい段階でまとめえたのではないかとつくづく思われてなりません。あれ以上踏み込むのは著述全体の均衡を崩しかねないからです。
 このたび掲げられたベートーベンの盗用疑惑(?)についてですが、当方が思いますに(あくまで現代の著作権法のベースになる発想に依拠するならば)明らかに盗用なのではないかと判断します。モーツァルトのこの曲が、演奏回数が稀であるならば、よけいに疑惑は強まります。泥棒というものは決して正面玄関からは入ったりせず、かならず隅っこの人に知られぬ破れ窓から侵入するものだからです。
 ベートーベン存命当時、著作権という概念がなかったとお書きですが、誠に恐れ入りますが、それは明らかに事実と相違しております。フランス革命によって、権利および法に対する認識の変革がもたらされたことはあらためて言うまでもありませんが、著作権についてもその当時にようやく法整備が着手されています。ベートーベンは「英雄」を作曲して「自由をもたらす革命の英雄」たるナポレオンに献じようとしていましたが、皇帝に即位したと聞くや激怒してナポレオンに捧げる献辞を破り捨てた、というエピソードを想い起こしますと、上記盗用疑惑はなんとも皮肉めいてこざるをえません。
 なお、蛇足になりますが、当方の発想の原基はあくまで、ひとは他者を貪らずには生きられない、というところにあります。

 今回にて連載終了でしょうか? 末尾に「おわり」という明示がございませんでしたので、締めくくりにもう1回は書かれるのではと期待致しております。
 誰も気が付かない点で気の遠くなるような苦心をしています。たとえば、このたびの「ホテル・ヴィクトリア」に関して言えば、スペイン語原詞に試訳を附しましたが、そのなかで año veinte という語を「はたち」(つまり20歳)と訳しています。この箇所は当方のスペイン人の知人によれば、「1920年」をさすのだ、と言うのですが、そういった明確な年号はすわりがわるくふさわしいとは思われませんので、「はたち」で押し切りました。1920年の世界情勢などもひと通り見ましたが、イメージがふくらみません。「はたち」ととらえたほうが、「勝利」(Victoria)のなかで悲歎に暮れている天地真理の面影がおもむろに見えてくるのです。

Re: 盗作の裁判

chitaさん
コメントありがとうございます。

私は法的にどういう基準があるか知りません。本文で述べたのは“創作”という観点からです。
ただ意識していたとすれば道義的責任は当然生ずるので、その旨明記すべきですね。でも「無意識」というのはどうなのでしょう。「無意識」に責任を問えるのでしょうか?

>  いずれにしても、このような盗作問題が表面化するときは、お金のことよりも、何らかの人間関係の感情的な問題が潜んでいると思いますね。
そういうことはありそうですね。友達だったら許せても、嫌いな人間だったら絶対許せないということはありますね。人間ってそういうものですね。逆に言えば、その程度のことで“正義”を振り回すのはやめてほしいですね。私はなんでも“適当”が好きです。

Re: これは驚きました

ガルボ・ピアノ弾きさん
コメントありがとうございます。

> 五木の子守唄といそしぎが盗作というのと同じくらいばかげていると思いました。
「似ている」ということならたくさんありますね。「早春賦」と「知床旅情」だってかなり似てます。
真理さんの曲でも「水色の恋」の他にも「若葉のささやき」や「ひこうき雲」に似た曲もあります。そういうのを見つけると楽しいかもしれませんが、<そっくりさん>を見つけたみたいなものですね。

同じ曲でも100人が弾けば100様の演奏がありますね。音楽というのはその瞬間に生まれるものと私は思うので、どんな演奏でもオリジナルなものだと思います。もちろんそこに優劣はありますが。

Re: 誠にありがとうございます。

shiolaboさん
コメントありがとうございます。

著作権の歴史的経緯については詳しくはありませんが、ここでは現代的な意味での著作権という程度の意味で使っています。作者の権利という意味ではもちろん意識されてきたでしょうが、アメリカで著作権法ができたのは1790年ということですし、フランスでは革命の中でもちろんそういう動きがあったでしょうがナポレオン法典が1804年(『英雄』が書かれた年)であったことを考えると、当時まだ封建的体制を色濃く残していたオーストリアでは厳密な権利としての著作権は確立されていたとは言えないのではないかと推測してのことです。
簡単に言えば、ずっとおおらかだったという程度の意味になります。

『氷の福音』については今回でひと区切りしたいと思います。これ以上一つ一つのテーマに触れていくと延々続くことになるでしょうし、そもそも私の読み込みが不足しています。少しずつ読み返しながら、適当なテーマがあれば適宜取り上げるかもしれません。
「おわり」と書いてないのは本当は書き忘れたのですが、またつづきがあるかもしれないよ、という意味にしておきましょう。

さらなる蛇足ですが。

 現今の法廷での有罪無罪の判断基準は、おもに同一箇所がどの程度存するのかにあります。より噛み砕いて言えば、音楽の場合ですと、音符の並びがどの程度同一なのかが問われるということです。単に、似ている、といった印象などでは決して判断しません。
 また、被疑者の供述が最優先されることも稀です。旧刑事訴訟法時代ならば、被疑者の自供は重視されましたが(『氷の福音』において詳述した帝銀事件が典型的な例です)、現代においては上記のとてもシビアな現物重視主義ですから基本的に、盗んだのであれ盗まないのであれ「最もあてにならない」被疑者の供述を重く見ることはありません。もっとも、これは法廷における判断基準であって、作曲者の内面そのものを問うものではありませんが、偶然に同一のものができたなどということはやはり単に詭弁に終わると思います。
 「真相」についての当方の類推は、『氷の福音』に記したとおりです。ほぼ狂いはないのではないかと思ってます。

 『氷の福音』で注意して読んでいただきたい箇所があります。それは、いわゆる血統論についてです。真理さんの家系を神話時代までさかのぼって検証しておりますが、これは一種の壮大な冗談として読むべき箇所です。当方の意図は、先祖が優秀だから、その血を受けつぐ天地真理も優れていると結論づけているのではありません。こういった結論づけを読み取ることは甚だしい誤読です。この壮大な冗談を通じてあるものを痛烈に批判しているという真の意図を汲み取っていただきたいのです。血統などによってはもっとも尊ぶべきものは決して伝わらないのです。仔細に読むならば、その点は充分に納得いただけることと思います。
 

Re: さらなる蛇足ですが。

shiolaboさん

次回の話題に関連するのですが、画家の千住博氏は「創作と盗作の線引きはあるか」と問われて「芸術上、それはない」と答えています。そして「美術の歴史がしばしば引用というモチーフやイメージのバトンタッチによって引き継がれてきている事実」を挙げています。これは「芸術以前の問題」であって「人間性と良心の問題」なのだというのです。千住さんもマネされることがあるようですが、私の考えでは、自分の作品がマネされるということはむしろ誇らしいことではないかと思うのです。価値がないのにマネをするわけがないからです。問題はそれを明示するかどうかだと千住さんは言います。「他人のマワシで相撲をとるようなことはあるものです。そのときたとえばこのマワシは千住さんに借りたものです、と一言何らかの形で言及すれば・・・マワシをかした私も悪い気はしません。」
Youtubeなどでも著作権関係がどんどん厳しくなりますが、こういうおおらかさがほしいなぁと私は思います。

“血統論”をどう読んだらいいのか、私も悩んでいました。良いヒントをいただいたので、それを参考にまた読み直してみたいと思います。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード