天地真理さんのヴォーカルが素晴らしい

前々回紹介したラジオ日本「タブレット純の音楽の黄金時代」の6月10日放送「雨の歌特集」で天地真理さんの「レイン・ステイション」がかかりました。
早速その部分をお聴きください。



タブレット純さんはこの曲を初めて聴いたということですが、曲自体を高く評価するとともに、それ以上に天地真理さんの「ヴォーカルが素晴らしい」と感嘆されていますね。ディレクターも「激しく共感している」と言っておられます。
タブレット純さんは1974年生まれということですからもちろん真理さんの全盛期を覚えているはずはありませんが、マヒナスターズの(解散前)最後の歌手だった方で歌謡漫談をやったりしていますし、何よりこの番組を担当しているわけですから歌謡曲には詳しい人です。しかし「レイン・ステイション」は知らなかったのですね。シングルのA面でもB面でもないので無理もないのですが、芸能界、あるいは音楽の関係者でもアルバムは聴いたことがないという人は多いと思います。
しかし、聴けばたちまち天地真理さんの評価は変わるということがよくわかりましたね。私がリクエストを呼びかけているのもそのためです。今回の放送で、ラジオを聴いていた人たちの真理さんへの評価もおそらくガラッと変わったでしょう。そういうことの繰り返しで真理さんの<うた>の評価も大きく変わって来るにちがいありません。
今回読まれたのは私のリクエストでしたが、locoさんも同じ曲をリクエストされていたそうです。もしかすると他にもリクエストした人がいたのかもしれません。当然ですがリクエストが多ければ多いほどかけてもらえる確率は上がります。この番組に限らず、さらに多くの方の参加を期待します。
(※ なお、「タブレット純の音楽の黄金時代」は来週から3回は野球中継のため放送がありません。次回は7月8日だそうです。特集テーマの紹介はありませんでした)
7月8日の特集テーマは「夏の歌」です。番組ツィッタ―に情報があります。またこれまでのディレクターで今度交代されることになったミウミウさんが「レイン・ステイション」についてツィートされています。


      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


<アイドル>

ゴルフの宮里藍さんが今シーズン限りで引退することを発表しました。
先日はフィギュアスケートの浅田真央さんが引退を発表したばかりですが、また一人スポーツ界のスターが現役を退くことになります。
私はスポーツにはそれほど詳しくありませんし、関心も世間一般の人に比べたら高くない方だと思います。それでもこのお二人のことはよく知っているし、私の記憶の中に強い印象として残っています。私でさえそうですから、おそらく日本中の人が知っているでしょう。まさに「国民的スター」と言っていいと思います。
実際お二人の登場で、女子ゴルフやフィギュアスケートへの人々の関心が飛躍的に高まり、それまで関心のなかったような人たちからも多くのファンが生まれました。特に子どもたちに大きな影響を与え、お二人にあこがれてゴルフやフィギュアスケートを始める子どもたちがたくさん現れ、競技の底辺が格段に広がりました。そして今、その中から日本のみならず世界で活躍するような逸材が次々と現れています。その意味でそれぞれの競技においてかけがえのない功労者と言えるのではないでしょうか。
お二人は競技での実力がすぐれていたのはもちろんですが、それだけでない、人を引き付ける特別な魅力が備わっていた人たちでした。だからこそ、多くの人が愛し、憧れる存在となったのです。まさに言葉の本来の意味で<アイドル(偶像)>でした。
どんな分野でも、それが広く一般の人たちに普及していくうえで、こうした<アイドル>と言う存在は不可欠で、お二人はまさにそうした役割を果たしたと言えると思います。

お二人のことを考えながら真理さんのことを思い浮かべました、天地真理さんもそのような意味での<アイドル>でした。いわばアイドル界の<アイドル>だったのです。
私は天地真理さんを単にアイドルとして語ることには強い違和感があります。それがたとえ称賛の言葉であったとしても「それは違う」と言いたいのです。私が真理さんに惹かれたのは何よりその<うた>の魅力であったからです。そして今ではそれは多くの人の常識になってきたと言っていいと思います。しかし一方で、真理さんの<うた>を高く評価する人たちの中には、「アイドル天地真理」を否定的に見る人たちもいます。私もそういう気持ちがわからないではありません。しかしそれもまた一面的だと思います。
天地真理さんが個性的で優れた歌手であるということは、極めて魅力的なアイドルであるということと相反することではありません。それは見る角度の違いでしかありません。そしてアイドルとしての真理さんの存在の大きさはご存知の通りです。
「元祖アイドル」と言われるように天地真理さんの登場がアイドルという言葉やイメージを人々の中に定着させ、それまで「ジャリタレ」とか「可愛い子ちゃん」などと揶揄、軽視されてきた若い歌手、タレントにいわば市民権をもたらしたのです。それは真理さんの生き生きとしてやさしい表情や晴れやかでよろこびが湧き出るような歌が、年齢、性別を問わず多くの人を魅了し、愛されたからにほかなりません。真理さんの空前の人気によって”歌謡曲”の世界の構図もがらりと変わり、それまでのじめじめした“大人の歌”からアイドルのはつらつとした歌へと中心が移っていったのです。真理さん以降、次々とより低年齢のアイドルが登場してきましたが、誰もが真理さんを目標としたり、真理さんに憧れたりしてきた人たちでした。その意味で、真理さんはやはりアイドル界の<アイドル(偶像)>だったのです。


      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード