本物を見なければわからない

1週間ほどスペインへ行ってきました。
日本をたつ時、私の住所ではまだ桜が咲き始めた頃だったのですが、マドリッドに着いたら新緑の若葉の季節でした。マドリッドは街路樹が高くて美しく、まさに「若葉のささやき」でした。気温も30℃近くで半袖で過ごしました。中間でバルセロナへ移動した頃から気温が下がり4月らしい気候になりました。
この旅で考えたことは何といっても「本物(実物)を見なければわからない」ということでした。それは至る所で経験しました。たとえば、
マドリッドから少し脚を延ばした古都トレドは写真では見ていましたが、実際のスケールや路地のたたずまいなど現地に行ってみなければわからないものでした。またベラスケス、ルーベンス、ゴヤ等の作品も写真とはまるで印象が違いました。そういう中で、とりわけそのことを強く感じたのは、まずソフィア王妃芸術センターで見たダリの作品です。私はダリの作品はどうも気持ち悪くて面白くはあっても好きではありませんでした。例えば次の作品はタイトルからして「偉大なる手淫者」というのですが・・・。
ダリ「偉大なる手淫者」
ところが実際に見るとまるで印象が違うのです。色彩が本当に繊細で実に美しい作品なのです。実物を見てない方は信じないかもしれませんが本当です。ぜひ実物を見て下さい。まさに「本物を見なければわからない」ものの代表です。
しかしそれ以上に、「本物」によって心動かされたものが2つあります。
ひとつはやはりソフィア王妃芸術センターにあるピカソの「ゲルニカ」です。
ゲルニカ
このあまりにも有名な作品は写真ではほとんどの方がご覧になっていると思いますし、テレビなどでもよく取り上げられますから細部までご存知の方も多いと思います。当然私もその歴史的意義も含めよく知った作品で「見慣れた」と言ってもいいものでした。
ところが、実際にこの作品の前3mくらいのところに立ってこれを見た時、画像から強い波のようなものが私に向かって押し寄せてくるような感覚にとらわれました。それはこの絵の中に埋め込まれた底知れぬ怒り、悲しみが発するエネルギーなのでしょう。呆然と見入っているうちに涙がにじんでいるのに気が付きました。それは言葉や概念で表現できないものに対して私の心身が反応を起こした結果でしょう。ともかくこれまでしたことのない体験でした。
「本物を見なければわからない」もののもうひとつはガウディのサグラダファミリアです。これもあまりにも有名な教会建築ですね。
サグラダファミリア
外側のつくりは写真でも見られます。もちろんそのスケール感は実際に見なければわかりませんが、私がとりわけ「本物を見なければわからない」と思ったのはその内部です。もちろん内部の写真もあります。しかしその<空間>はその場でしかわからないものでした。
サグラダファミリア内部2
内部は微妙に色の違う石柱が木々のように林立し、そこに回り中のステンドグラスからの色とりどりの光線が差し込み、まるで森の中にいるようです。光線は水彩絵の具のようにやわらかで、太陽が移動するにつれて刻々と違う色で柱を染め上げていきます。小鳥の声が聴こえてきそうな生命の楽園です。心が何かかけがえのないものによって満たされ慰められる、そんな空間でした。お互いにぶつかり合うほどに大勢の観光客がいて、相当の音量が発生しているに違いないのに、この空間に身を浸していると森の静寂がそこにありました。まさに至福のひとときでした。

「本物(実物)を見なければわからない」ということは言葉で言えば当たり前ですが、実際には私たちは偽物、まがい物を見て、いかにもわかったように思い込んでしまいがちです。サグラダファミリアについてネットで調べていたら「美しいとも、立派だとも思わない 。岡本太郎の奇をてらう思想と(し)か思えません。すばらしいと言う感性もミーハー。ともあれ子供の粘土工作」というご立派なコメントを見ました。写真だけを見て自分は何でも正しく判断できると考える、自分を相対化できないこういう傲慢な人たちがネット上には多すぎますね。
天地真理さんの場合も「本物」を自分の目や耳で知ろうとせず、上の例で言えば「写真」のような2次的な情報でわかったように思っている人が世間にはあまりに多すぎます。帰りの飛行機の乗り継ぎで降り立ったヘルシンキ空港でかなり待ち時間があったので、旅行に来て初めてイヤホンを挿し真理さんのうたを聴きました。聴こえてきたのは「もの想う季節」でしたが、みずみずしい歌声が疲れた心と身体に沁みわたりました。

 前回「ラジオ深夜便 天地真理集」にmariminafanさんから17日の放送での反応を教えていただきましたので、お聴きください。

保母さんだった玉木(?)さんとは45周年記念パーティーにも来てくださっていた方でしょうか。ずっと真理さんを見守ってきてくださっているのですね。心温まるお便りでした。
それにしても、これを聴いて考えたことは、リクエストしっぱなしではなく、こういうフォローも大事だなと言うことです。次につなげるためにもこれから大事にしていきましょう。


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

ラジオ深夜便 天地真理集

4月3日のNHK「ラジオ深夜便」の「天地真理集」、すでにいろいろの方が内容を紹介したり感想を書かかれたりしていますが、早速お聴きください。

かかった曲は次の通りです。
①水色の恋 2:30~ ②ちいさな恋 6:25~ ③ひとりじゃないの 10:38~ ④虹をわたって 14:47~ ⑤ふたりの日曜日 18:27~ ⑥若葉のささやき 22:04~ ⑦恋する夏の日 25:55~ ⑧空いっぱいの幸せ 29:23~ ⑨恋びとたちの港 32:56~ ⑩想い出のセレナーデ 36:32~ ⑪君よ知るや南の国 40:44~



いかがだったでしょうか。これを聴くと、徳田アナウンサーは日比谷公会堂のコンサートに行ったということですから、真理さんのファンだったのですね。実際に見た会場の様子も語ってくれましたし、曲の間のお話も短いながらも”台本通り”と言うのとは違う暖かさが感じられ、落ち着いたよい放送でした。
曲は最後の「君よ知るや南の国」を除けばオリコン4位以上の大ヒット曲ばかりでした。もちろんそれだけで十分聴きごたえがありましたが、徳田さんが最後に「怒涛の数年間」の後も「落ち着いて、いい曲も多くなったように思いますね」と言っておられたのは、本当はそれ以外の曲もかけたかったと言いたかったのではないでしょうか。最後の曲として唐突にヒット曲とは言えない「君よ知るや南の国」が入ったのも、真理さんの曲をよく知る徳田さんの発案だったのではないかと私は推測するのですが・・・。私自身ももう少しバラエティーに富んだ選曲をしてほしかったなあという気持ちもあります。ただ、真理さんの場合、ヒット曲が多すぎてこれだけで時間が終わってしまうということなのですね。やはり2時間連続、あるいは2回、3回とシリーズで続くような番組をやってほしいと思います。そのためにはやはり、放送局の人たちにこれだけ多くの人が望んでいるということを機会あるごとにアピールしていくことが必要だと思います。
前回の記事で紹介しましたが、同じNHKの「歌謡スクランブル」では3月17日のリクエスト特集で「若葉のささやき」がかかりました。それをリクエストしたのはお二人でしたが、真理さんの他の曲へのリクエストもたくさんあったと言っていました。そしてその後、3月30日には「アイドルコレクション(1)」で「水色の恋」が、4月5日の「青春のメロディー(3)」では「ひとりじゃないの」がかかりました。同じ番組で2週連続というのは珍しいですが、この「深夜便」もその間にあったのです。確証はありませんが、このように時系列で見てみると、リクエスト特集でのリクエストの多さがその後の放送に何らかの影響を与えたのではないか、と考えてしまうのです。実際はどうかわかりませんが、それを信じてこれからも機会あるごとに地道にリクエストを続けていこうと思っているところです。


なお、放送の中で若干気になった部分がありましたので、ちょっと嫌味な気もしますが触れておきたいと思います。
ひとつは「水色の恋」の作詞作曲者名ですが「田上」を「たがみ」と読んでいましたが「たのうえ」です。
次に「想い出のセレナーデ」のところで 「74年4月には大阪でフォーク・コンサートを開いている」と言っていましたが、それは大阪フェスティバルホールでのコンサートだと思います。しかし以前の記事で紹介したように「フォークコンサート」とは言えないと思います。石川鷹彦さんや吉川忠英さんとの共演コーナーもあったのでそう考えたのかもしれません。


16日よりしばらく応答ができません。コメントはいただけますが掲載、返信は23日以降になります。記事の更新も25日以降になりますのでご承知ください。

       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード