消えた8万票

3月17日NHKFM「歌謡スクランブル」リクエスト特集で天地真理さんの「若葉のささやき」がかかりました。お聴きになれなかった方もおられると思いますので、お聴きください。リクエストはtenchimassuguさん、水色うさぎさんからでした。また曲は違っても真理さんの曲へたくさんの方からリクエストがあったということです。また機会があればさらに多くの方からのリクエストへの参加を期待します。



さて本題です。前回に引き続き雑誌「平凡」で天地真理さん担当編集者であった塩澤幸登さんの「忘れられない人」シリーズの話題です。
前回は1973年9月の「平凡」人気投票を紹介しましたが、今回は翌年1974年9月の人気投票です。これは天地真理さんの記事にも文章の中で触れられていますが、山口百恵(上)の記事の中に整理されて出ています。それを表にすると次のようになります。
平凡人気投票7409
前年10位だった山口百恵さんがトップに立ち、圧倒的な1位であった天地真理さんは6位に後退してしまいました。しかも票数を見ると前年の10分の1しかありません。いったい何があったのでしょうか。ただ山口百恵さんも33000票余りで前年1位の天地真理さん87000票には遠く及ばないのです。投票総数自体も9万票減っています。そこで得票数でグラフにしてみると次のようになります。(対象は両方の投票で共通の9名です)
平凡人気投票2年比較
この変化を塩澤さんは次のように考察しています。
「全体の投票数も下がっているのだが、天地真理が膨大な票数を失い、浅田、麻丘、小柳ルミ子らもある程度の大きさの被害を被り、それらの一部が山口百恵の票に流れたという分析でいいのではないかと思う。天地真理の持っていた大量の支持票はごっそりどこかに消えてしまった印象がある。」
たしかにグラフで見ると真理さんの8万票がそっくり消えて、残った票の中で百恵さんがシェアを伸ばした、という印象です。つまりこのグラフで考えるなら、真理さんは次々と登場してきた年下のアイドル達に人気を奪われたのではなく、真理さんの巨大な人気それ自体が自壊するように消え去ったということになるのではないでしょうか。
それでは、真理さんの8万票はどうして消え、どこへ行ったのでしょう? 私も塩澤さんの指摘で”消えた8万票”のことを知ったばかりで確定的なことは何も言えません。しかしいくつか思いつくことを挙げてみます。

一つ考えられることは”卒業”ということです。「平凡」の読者の中心は中学生だと思うのですが、当然1年1年学年は上がっていきます。真理さんのファンだった中学生が高校生になって「平凡」を買わなくなる、つまり「平凡」読者を卒業すると当然人気投票にも投票しなくなります。
また当時の高校生ではフォークや洋楽へと関心が移る人も多かったと思われます。つまり歌謡曲からの卒業という流れもかなりあったと思われます。これは人気投票だけでなくレコード売り上げにも大きな影響を与えたはずです。
ただいずれも単なる推測で根拠のあることではありません。また塩澤さんは72年以前や75年以後の人気投票については書いておられませんが、もし各年の人気投票のデータがあればもう少し深く探ることもできるかもしれません。
また塩澤さんによれば実は「平凡」の発行部数自体がこの前後かなり増減しているようで、それがどうして起こったのかとういうことも関係してくると思われます。

というわけで謎は解けませんでしたが、皆さんはどう考えますか?

<放送予定>
3月30日(木) 13:00~ NHKFM「歌謡スクランブル」アイドルコレクション(1)で「水色の恋」がかかります。


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

”空前”の証明

さくら貝掲示板で1970年~75年当時の雑誌「平凡」の編集者だった塩澤幸登さんのブログが紹介されていました。見てみて驚きました。「忘れられない人」というシリーズが続いていてすでに相当な量になっているのですが、当時の芸能界のまったく知らなかったさまざまなエピソードがたくさん語られているのです。しかもよくあるような出所不明の伝聞ではなく、ご自身の直接体験したことがほとんどです。そしてその第1回が天地真理さんなのです。
それによれば塩澤さんは真理さんにマスコミで最初にインタビューした人のようで、それ以来「平凡」での天地真理担当として真理さんからも信頼される関係であったようです。もちろん人と人との関係は一方の感じ方がそのまま他方の感じ方と一緒とは限りませんが、塩澤さんは真理さんの全盛期を近いところで愛着をもって見守ってきてくれた人のように感じます。
真理さんについては第1回だけでなく他の人がテーマの回でもしばしば触れておられますし、真理さんに直接関係ない話題でも当時の芸能界の内幕が現れていて、このブログでも取り上げたいテーマがたくさんありそうなのですが、今回は客観的な数字にまつわる話題にしようと思います。

それは1973年9月の「平凡」における人気投票です。塩澤さんによるとそれはこういう結果だったということです。
平凡人気投票7309
1973年9月といえば「恋する夏の日」で真理さんが頂点を極めた頃ですが、それはこの数字にはっきり表れています。占有率とはこの10名の得票の中でどれだけの割合を占めるかという数字ですが、真理さんはほぼ40%となっています。つまりベストテンメンバーの得票のうち4割をひとりで占めていたということです。
平凡人気投票7309占有率

空前と言われた真理さんの人気は同時代を生きていた人たちには自明のことですが、知らない人たちに説明するのはなかなか難しくて、いろいろの角度からのアプローチがあるのですが、この「平凡」の数字は最もわかりやすく説得力がありますね。以前の記事でさまざまな「証言」でそれを試みたことがありましたが、その中に「我が高校のクラスでは、8割の男子生徒、5割の女子生徒が天地真理ファン」という証言がありました。それを読んで「ちょっと大げさじゃない?」と思った人もおられたかもしれませんが、22万票の中で4割ということは、「クラス」という小さな空間の中ではこの程度のことは当然ありえたと納得されるのではないでしょうか。ネットでも「天地真理は一人で他のすべてのアイドルと拮抗していた」という趣旨の書き込みを見たことがありますし、私もどこかで「天地真理の全盛期の人気はシェア50%」と書いた覚えがあります。これはいわば“体感”のようなものを根拠にしているのですが、この「平凡」の数字はそれを具体的な数字で裏付けてくれました。

しかしこれが翌年の人気投票では激変するのですがそれについては次回にします。
ともかく塩澤さんのブログは大変興味深いのでご覧になってみてください。


<放送予定>
NHKFM「歌謡スクランブル」リクエスト特集(2)で天地真理さんの「若葉のささやき」がかかります。
   3月17日(金) 13:00~ (第一曲です)


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。



スクリーンコンサート

<下に追加情報あります>
<もうひとつ追加情報あります>


2月26日のスクリーンコンサートに行ってきました。
「私は天地真理」のスクリーンコンサートは最初のお披露目の時に見ましたが、第2弾の「天地真理オン・ステージ」はなかなか見に行くことができませんでした。私のところからだと新幹線に乗っていかなければなりませんから、年金生活者にはかなりきびしいのです。時間的にも1日がかりになってしまうので「行くぞ!」と言う気持ちにならないとなかなか行けなかったのです。しかし現在の上演予定では4月までということですから、ぐずぐずしていると行きそびれてしまいます。そこで何とか予定をやりくりして行ってきました。そして、思い切って行ってきて本当によかったと今思っています。
会場は原宿のCAPSULEというホールですが、私はもともと原宿にはまったく土地勘がなく、会場周辺はおそらく昔からの小路がそのまま残っているのでしょうが、曲がった道が入り組んでいて見つけるのにかなり苦労しました。事前にパソコンで地図を印刷して持っていたのですが、道幅などの感覚がよくわからず、結局使い慣れないスマホのマップでやっとたどり着きました。着いてみると少し前に通り過ぎた建物で、よく見ると入口の上の壁に「CAPSULE」と書いてあったのですが下ばかり見ていて気付かず、時間が早めだったので入口の看板も出ていなくてわからなかったのです。東京を離れて40年以上経ち、全く“おのぼりさん”になってしまいました。
原宿カプセル

みなさんは私ほどドジではないと思いますが、初めての方は事前に詳しく調べたりスマホを利用できるようにするなど準備をしておくことをお勧めします。
入り口を入ると真保さんや荘さんなどスタッフの方が迎えてくださいました。毎回本当にご苦労なことで感謝いたします。
ホールの中は35人定員ということでこじんまりしていていましたが、私はアットホームな感じの広さで気に入りました。この日は結構多くの方が来られていましたが少し余裕が残るくらいの入りで、80分ほどの上演も楽な環境で見ることができました。

さて、スクリーンコンサートそのものですが、真理さんのうた自体はCDと同じですから聴き慣れているのですが、音響はやはり違いました。普段はイヤホンで聴くことが多いのですが、大音量でのびのび広がる響きは細部もはっきり聴こえますし、音が豊かで心も解放されていくようでした。
そしてもちろん映像が新鮮でした。このコンサートは録音用に設定されたライブコンサートで椅子に座って固定マイクで歌ったということは知っていましたし、一部は写真で見ることができましたが、実際どんな様子だったのか初めて具体的に見ることができました。
まず真理さんの服装はレコードのジャケット写真でもわかっていましたが、いつものステージ衣装ではなく普段着のような恰好でした。ただ今回わかったのはズボンはGパンのようなものではなくパンタロンのような裾の広がったものだったこと、靴は白い大きな(当時はやっていた)厚底靴だったことです。一見普段着のようだけれど、やはりちゃんとおしゃれをしていたのですね。
しかしそれでも普通のステージ衣装に比べるとずっと地味です。ちょっとおしゃれなフォーク歌手と言った感じですが、いつも<うた>をそっちのけにして「可愛さ」だけを褒められてきた真理さんが、敢えてヴィジュアルな魅力を封印して、余計なことに気を取られず<うた>だけに集中しようという強い意気込みを私は感じました。
それはともかく、広い角度で撮られた写真を見ると、ステージと客席がとても近かったということもわかりました。高低差も小さいですし、真理さんの座っている椅子の位置はステージの端からせいぜい1~2mくらいのように見えました。ですから前列の人は真理さんが本当に間近に見られたのではないでしょうか。録音にはときどき真理さんが客席に語り掛けているところがありますが、お互い目と目を合わせて語り掛けていたのかもしれません。実際そういうことをうかがわせる写真もありました。
それにしても客席を見ると見渡す限り若い男性ですね。みんなさわやかな若者(実は私も当時は彼らと同年代の若者でした)ですが、あれだけの人数になると、取り囲まれるように女性ひとりでステージに立つというのはどんな気持ちなのでしょう。真理さんも地響きのような歓声について聞かれて「ちょっと怖い」と答えていたこともありましたね。でもさすがに慣れているのか全く動ぜず落ち着き払って歌っていました。
でも観客は男性だけではなく若い女性や子供連れの家族も結構いたことが開場前に並ぶ人たちの写真からわかりました。こういう写真も初めて見ましたが、当日の華やいだ雰囲気も伝わってきました。
しかし何といっても素晴らしいのは真理さんの表情ですね。マイクの前で椅子に座りっぱなしでも、さまざまな表情を見せて歌う真理さんは生き生きとしてまさに輝いています。中には(おそらくファンに向かって)破顔一笑といったくだけた表情もあって、静止画とは言え素晴しい音響に包まれて、まるでそのコンサートの会場にいるような気持ちになりました。それは言葉ではやはり説明しきれないもので、ぜひ実際にご覧になることをお勧めします。実際に見なければわからない驚くような映像もありますから。
それから当日はおまけの映像もありました。これも初めて見るものも含め素晴らしかったです。詳しいことは紹介しませんが、次回も同様のものが見られるようですからぜひ行って見て下さい。
6.jpg

このスクリーンコンサート、私は充分に楽しみましたが、それだけにもっともっと幅広い人たちに見てほしいなあと改めて思いました。できれば音楽評論家とか良質なマスコミ関係者など発信力のある人たちに見てもらえれば、世間の<天地真理>の印象は一変するのではないでしょうか。

<追加>
真保さんがお母さん(真理さん)と一緒に谷康一さんの演奏を聴きに行ったとツィートされています。
約40年前の谷さんとの共演は真理さんの最後の全国ツァー「そよ風に誘われて」でした。その様子はこちらでお聴きください。

<追追加>
NHKFM「歌謡スクランブル」リクエスト特集(2)で天地真理さんの「若葉のささやき」がかかります。
   3月17日(金) 13:00~ (第一曲です)


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

プロフィール

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード