FM軽井沢 「天地真理特集」第4回

8月22日(土)、FM軽井沢「太田忠の経済・金融縦横無尽」で「天地真理特集 第4回」が放送されました。
今回はシングル、カバーは一曲もなく、すべてB面あるいはアルバムのオリジナル曲ばかりでした。プレミアムボックスをもっていない人は初めて聴く曲も多かったのではないでしょうか。しかし内容は充実していて、私がとりわけ好きな曲も何曲も入り、一流シェフの解説付きでフルコースのご馳走をいただいたような満腹感がありました。ティータイムもありましたし・・・。

今回も前半、後半に分けましたので、まず前半からお聴きください。


(※「風にねがいごと」の画像はkeisukeさんの作品です。今Youtubeにはありませんがご好意により私のコピーを使わせていただきました。画面がやや暗いのはそのためです。)

最初に酒井正利さんの「Jポップのあゆみ」でのアンケートの結果から、そこに抜けているB面の曲にも遜色のないものが多いということで「ポケットに涙」「花ひらくとき」「もの想う季節」が紹介されました。真理さんのB面曲も本当にいい曲が多いので3曲選ぶというのも大変だったと思いますが、素朴でフォーク的な「ポケットに涙」、絶頂期らしい生命(いのち)が弾けるような「花ひらくとき」、しっとりと落ち着いた「もの想う季節」と、それぞれの特徴をつかんだ組み合わせでしたね。

次に作詞・作曲・編曲で少し冒険している実験的要素の強い曲ということでまず「風を見た人」が紹介されています。この曲は「水色の恋」のB面ですが、私はシングル盤を買う習慣がなくてLPしか買わなかったので、アルバムに収録されていなかったこの曲は当時知りませんでした。10年ほど前に初めて聴いて、少し大げさに言えば「天地真理」のイメージが覆るほどびっくりしました。どうしてそうなるか、太田さんがわかりやすく解説しておられますが、おそらくラジオで聴いていた人たちも相当驚いたのではないでしょうか。
その次はそれとは対照的な曲ということで「風にねがいごと」でした。広い音域を上下する「風を見た人」に対し、太田さんの解説にあったように高音域をか細い声で淡々と歌っていくこの曲は確かに対照的ですね。作詞、作曲、編曲者を見ればまさにフォークの王道と言っていい顔ぶれですから、名前を伏せて聴かせたらフォーク歌手の誰かと思うのではないでしょうか。私も全く予備知識なしでこの歌を聴いたら天地真理さんとはわからなかったと思います。
これら「天地真理らしくない」うたを聴くと真理さんのうたの広がりがよくわかりますね。

前半最後は「ティータイム」ということで「一杯のレモンティー」でした。このブログのタイトルにも使わせてもらっていますが、ゆっくりくつろぐ場面には最適の曲ですね。でもこの曲も「アイドル天地真理」のイメージからすればかなり違った曲です。

では後半をお聴きください。



はじめは実験的な作品の続きということでまず「鳩がいる公園」でした。太田さんによれば「Aメロの部分とサビの部分をあからさまに曲調を変えて創作されている歌」ということで「ロシア民謡と青春ドラマの主題歌」という話は実に面白いですね。私もこの曲は不思議な歌だと思ってきましたが、こういう見方もあるのかと興味深く聴けました。
実験的な曲の最後は「愛を呼ぶ春」。この曲は私も好きですが確かに「真理さんらしい」曲とは少し違いますね。太田さんによれば「インスツルメントで大きな勝負に出ている曲」ということで、たしかにオーケストラがぐんぐん盛り上げているという感じです。もちろん真理さんも煽るように切れのいい歌い方をしていますね。

最後はシングル以外の作詞・作曲・編曲・歌手の4拍子が揃った曲ということで、まず「あなたの波紋」「さくら貝」の2曲でした。2曲ともちあき哲也作詞、馬飼野俊一作・編曲で偶然そういう選曲になったのかどうかわかりませんが、爽やかで晴れ晴れした憧れがあって私もこの2曲はとても好きです。
その後、当時のレコーディングの様子について真理さん自身の話が紹介されていますが、ラジオを聴いていた人たちはびっくりしたでしょうね。こうして聴いている素晴らしいうたがほとんどぶっつけ本番で録音されていたとは信じられないことです。
さて、最後の曲は「あなたが教えてくれた歌」でした。この歌は私も本当に好きです。この曲を聴いていると歌詞とは逆に私の心が真理さんのうたのやさしさに包まれているのを感じます。すばらしい選曲でした。

いかがだったでしょうか。回を重ねるごとにこの「天地真理特集」もますます充実してきますね。この放送を聴いて歌手天地真理さんの真価を知ったと言う人は大勢いるはずです。構成、準備も大変だと思いますが、太田さんにあらためてお礼申し上げたいと思います。次回もありそうですから、楽しみに待ちましょう。

*********************************
記事は更新しましたが、前回呼びかけた真理さんの45周年記念の本の出版についてのご意見は継続して募集しています。
現在のところまだまだ少数です。批判的なご意見、慎重なご意見ももちろん結構です。ぜひ多くの方のご意見を聞かせてください。闊達な意見交換をしましょう。

*********************************
NHKFMの「ミュージックプラザ」はすでに9月末までの特集内容が発表されています。10月以降「天地真理特集」があるかどうか今のところわかりませんが、ぜひリクエストに添えて「天地真理特集」を要望しましょう。。
*********************************


※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)8月31日は「夏の終わりのリクエストスペシャル」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。





真理さんの本を出しませんか

来年は天地真理さんのデビュー45周年になります。ファンクラブでは記念イベントへ向け準備が進められています。想い出の日比谷公会堂は工事中のため別会場になるようですが、新曲「秋にあなたと」をはじめ真理さん自身の歌唱も予定されています。事務局としては「天地真理への感謝祭」のようなあたたかな催しにしたいということですが、すばらしいコンセプトだと思います。
実は、その事務局の構想の中の≪「偉業を成し遂げた人を尊ぶ」ということを意識しながら進めたい≫ということから思いついたことなのですが、私にも実現したいアイデアがあります。
それは≪45周年記念に真理さんの本を出そう≫ということです。ラジオでは最近「天地真理特集」が相次ぎましたが、その書籍版を出そうということです。「天地真理」がどんな素晴らしい歌手か、私たちの側から「本」という形で発信しようということです。

もちろんネット上では私も含めていくつものファンサイトがあり、真理さんの素晴らしさを訴えてきました。Youtubeへ精力的に投稿されている人もいます。歌声や動画を見たり聴いたりできるという意味ではネットの方がむしろすぐれているともいえます。しかし、ネットはどうしても「関心のある者の世界」になりがちです。自分で探さなければたどり着きにくいのです。

その点、書籍はより一般的な広がりを持つメディアです。手に取って見られるということもネットにはない魅力です。特に<物>であることは保存でき<記念>という性格に向いています。古い人間だからかもしれませんが、私は<本>というものにやはり愛着があります。

ではどんな本をつくるか? 私がとりあえず思いついたものをあげてみます。

①真理さんの経歴、歌手としての実績、ディスコグラフィ、各曲解説、主な曲の楽譜など
②関係者の寄稿(あるいはインタビュー)  
真理さんに関係深い人でも、森光子さん、久世光彦さん、安井かずみさん、愛川欽也さんなどはすでに他界されていますし、森田公一さん、山上路夫さん、中曽根晧二さんなども今を逃せば機会があるかわかりません。もちろん真理さんご自身や真保さんによる寄稿、インタビューも含みます。
③天地真理さんについての論考  
当然、真理さんを本当に理解する人によるものでなければなりません。
(著名な人でそういう人がいればもちろんいいのですが、いなければファンの方の中から依頼あるいは募集)
④ファンからのメッセージ、アンケート
⑤グラフ ソニー、渡辺プロ、雑誌等の写真から厳選したもの
     ファンの秘蔵写真やコレクション写真
⑥ファンクラブや個々のファンの活動

以上はとりあえず思いついたものですので取捨選択が必要でしょうし、当然ほかにも考えられると思います。また単行本にするか、冊子(週刊誌くらいの)程度にするか、もっと小さなブックレットのようなものにするかによってもどれだけ取り込めるか違ってきます。

問題は誰が企画、編集をするかということです。有志が勝手に出すということでもいいのですが、それでは内容的にも限界がありますし、45周年を記念するということではやはりファンクラブとして発行してほしいと思います。そうなれば当然事務局が中心にならなければなりませんが、他のイベントの準備等のことを考えれば非常に負担が重くなります。そこで会員自身が参加する形をとったらどうでしょうか?
≪事務局と連携して何人かのボランティアによる編集委員会をつくり、必要に応じてネットで会員の意見を求めながら企画立案していく。会員にはさまざまな専門分野を持った方もおられますから、編集の過程で協力していただく。≫といったイメージです。
もちろんこれには難しい点も多々ありますが、資金カンパなども含めて、いわばファンクラブの総力を挙げてとりくむ価値のあることだと私は思うのです。

45周年を内輪のお祝いにとどまらず、世間の人々に「歌手 天地真理」の評価を確立していく画期にするために、私たちの側から強力な発信をする、その形態として本の出版ということが有効ではないかと私は思うのですが、皆さんはどう思われるでしょうか?
ぜひご意見をお聞かせください。

◎8月22日(土) FM軽井沢 午後4時~5時 『軽井沢発!太田忠の経済・金融“縦横無尽”』で<天地真理特集 第4回>があります

※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)8月24日は井上陽水、31日は「夏の終わりのリクエストスペシャル」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

FM軽井沢 「天地真理特集」第3回

8月1日(土) FM軽井沢「太田忠の経済・金融縦横無尽」で「天地真理特集 第3回」が放送されました。
6月に第1回、第2回が放送され、またそういう機会があればと願っていましたが、これほど早く実現するとは思いませんでした。
本当にうれしい限りです。

では早速お聴きください。今回は聴きやすいように2つに分割しました。まず前半です。



最初は「恋する夏の日」でしたね。これは当然すぎる選曲でしょうか。一般の放送でも夏の定番曲ですし、何といっても軽井沢ですから。それにしてもこの歌は今年のような暑熱の中で聴くと実にいいですね。
当時の人気がどれだけだったかということで「天地真理オン・ステージ」版もかけられましたが「百聞は一見に如かず」ならぬ「百読は一聴に如かず」で、当時の真理さんを知らない人にも強い印象があったのではないでしょうか。(なお、映像はそのコンサートではありませんが当時の人気を示すものということで73年のユネスコ村でのイベントの写真を使用しました)

次の曲は真理さんの弾けるような魅力が発揮された曲ということで「好きだから」でした。この曲の歌詞について太田さんは「恐ろしく通俗的」と言っていますが本当にそうですね。しかし真理さんの歌では歌詞だけを読めばあほらしくなってしまうような曲も結構あります。でも真理さんがそれを歌えばみずみずしい魅力を持った生きた歌になってしまうのです。“物語”で聴かせるのではない真理さんの音楽性ですね。

次に、以上の初期の曲と対比して後期のシングルから「初めての涙」「夕陽のスケッチ」が紹介されています。これらはファンの人にはなじみですが、一般の人たちで知っている人は確かに少ないでしょう。それだけに深い表情を示すこれらの曲は新鮮だったのではないでしょうか。

次は後半です。



まず“休養”後の作品ということで「初恋の二コラ」「私が雪だった日」が紹介されました。「初恋の二コラ」は初めて聴くという人も多かったのではないかと思いますが、そういう人にはある意味で衝撃的だったのではないでしょうか。“アイドル天地真理”のイメージと全く違う“歌手天地真理”を誰もが感じたはずです。その意味で私にはこの曲を復帰第1作にしたらどうだったのか、という思いもあります。「愛つづれ織り」もいい曲なのですが、衝撃度という点で弱かったように思います。時期の問題もありますし、今更意味のないことではありますが・・・。
それから太田さんが「体調不良で休養」とあっさり触れたところですが、私はもう少し説明があった方がよかったのではないかと思いました。というのは3年弱の空白は真理さんの歌手人生に決定的な意味を持ったのですが一般の人はほとんど知らないからです。もし真理さんがキャンディーズや百恵さんのように派手な引退興行を行って退いたのなら間違いなく神話化されていたでしょう。しかし真理さんはその前に傷つき倒れてしまったのですから。(この部分についてはコメント欄もご覧ください)

次は、作曲、作詞、編曲、歌手の4拍子がそろった曲ということで「白いバラの道」「ミモザの花の咲くころ」「あなたの故郷」の3曲が紹介されています。いずれも真理さんのやさしくあたたかい声とデリケートでみずみずしい表現が聴けて、初めて聴いた人も心地よい幸せな時間を過ごせたのではないでしょうか。

最後は「返信」でした。アルバム「童話作家」の(レコードでいえば)A面の7曲(「童話作家」をプロローグとエピローグとし、小谷夏=久世光彦作詞の5曲を挟んだ形)の3曲目ですね。この一連の曲で久世さんは当時の真理さんと同じ20代後半の人生の岐路を前にした女性の心情を見事に詞にしていますが、この曲は結婚を心配する母親の愛情に感謝しながら自分の道を進もうとする娘の気持ちを歌ったものです。太田さんは「ご自身のお母さんに歌った」と解説されていますが、たしかにこのアルバムは入院直前の、真理さんが心身ともに限界に達していた(心のけがで白い包帯まいていた)頃の録音であり、そんな娘を間近に見て誰よりも案じていたのはお母さんだったでしょうから、この曲を歌う時、真理さんは自分のお母さんに向かって歌っていたのでしょうね。「私やっぱり走ってみます。キラキラまばゆい木漏れ日の中、私の夢を追いかけて」と。

今回も「歌手 天地真理」のさまざまな側面が見える構成で楽しめました。6月の第1回、第2回、先日の「歌謡スクランブル」と、じっくり真理さんのうたを聴けました。時間をかけて聴けば聴くほどますます素晴らしいと思えてきます。次回も楽しみです。

※リクエスト情報(追加あり)

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)8月24日は井上陽水、31日は「夏の終わりのリクエストスペシャル」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

なお、NHKFMでは夏の特別番組として、8月15日(土)午後0時15分から「今日は一日“加山雄三”三昧」があります。

アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
プロフィール

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード