新妻に捧げる歌

久しぶりに「聴き比べ」シリーズです。
今回は江利チエミさんの「新妻に捧げる歌」です。

実はこの歌は前から考えていたのですが、真理さんの歌が現在Youtubeから消えているので躊躇していたのです。
ところが先日高倉健さんが亡くなられ、その記事の中にもかつて妻であった江利チエミさんとのことも書かれていました。
二人はおしどり夫婦と言われ、離婚はしたものの本意ではなく、チエミさんが不慮の事故で亡くなった後、健さんは毎年墓参りを欠かさなかったと書いてありました。
そこで、お二人の追悼の意味も込めてこの曲を取り上げようと思ったのです。

江利チエミさんは初代3人娘の一人ですが、新3人娘と対照させるとすれば、小柳ルミ子さんは演歌系の美空ひばりさん、南沙織さんはポップスの雪村いずみさん、そして天地真理さんはポップスだけれどもう少し大衆的な江利チエミさんと言うことになるのではないでしょうか。また、3人娘の中で最も多くの人から愛されたという意味でも共通のところがあると思います。
江利チエミさんは女優としても活躍した人で、サザエさん役も親しまれましたが、私の記憶には「咲子さんちょっと」の咲子さんのイメージが強くあります。この番組はテレビでのホームドラマの先駆けの一つと言っていいのでしょうが、作曲家と結婚してその両親と同居(若夫婦は離れですが)を始めた咲子さんが、様々な確執やトラブルがありながらも、夫や両親と理解を深め前向きに生きていくというような内容で、新しい家庭像を描き、とてもほのぼのとしたドラマでした。
そして私の記憶では「新妻に捧げる歌」も作曲家の夫が咲子さんにプレゼントした曲という設定だったと思います。ただし、番組用に作られたのか、元々あった曲なのかは、少し調べてみましたがわかりませんでした。
それでは江利チエミさんの歌う「新妻に捧げる歌」を聴いてみましょう。



私は初代3人娘に親しんだ世代ではないので、歌手としての江利チエミさんは懐メロ番組での「テネシーワルツ」くらいしか印象はありませんが、「咲子さんちょっと」で見ていた明るく親しみやすいイメージが今でもあります。この歌もあたたかく飾らないチエミさんの人柄がにじみ出たようなうたですね。
では次に天地真理さんで聴いてください。
(Sugi4Geruさんが再アップしてくださったので良い音質で聴けるようになりました)


(1975.10.17 シャボン玉プレゼント)

真理さんのうたも飾らずあたたかいうたですね。特に「ら ら ら ら」のところは幸せを願う祈りのように聴こえ胸を打ちます。

真理さんもさまざまな苦難がありましたが、チエミさんはその後半生は様々なトラブルに苦しみ、健さんとも離婚し、誰にも看取られることなく突然亡くなってしまいました。
しかし、もしも天国というものがあるなら、健さんとチエミさんは再び巡り合い、この歌を歌っているのではないでしょうか。

※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)12月8日は「お酒の昭和歌謡」、22日は「年末(クリスマス)リクエストスペシャル」、1月5日は「新春リクエストスペシャル」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。

リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。



「アルゲリッチ 私こそ音楽」

先日「アルゲリッチ 私こそ音楽」という映画を見ました。アルゲリッチとは、クラシック音楽を聴く人なら誰でも知っている女性ピアニストの名です。この映画はそのアルゲリッチと家族のドキュメンタリーです。

マルタ・アルゲリッチは1941年、アルゼンチンのブエノスアイレスで生まれ、3歳で耳で覚えた曲をピアノで演奏したと言います。8歳でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を公開の演奏会で弾き、16歳でブゾーニ・コンクールとジュネーヴ・コンクールという著名な国際コンクールで優勝。24歳でピアノコンクールの最高峰 ショパン・コンクールで優勝し、本格的な演奏活動を始めました。この頃、アルゲリッチのほかゲルバー、バレンボイム、ポリーニなど若くすぐれたピアニストが次々と輩出して話題となっていましたが、私の記憶では、吉田秀和氏は新聞紙上で「アルゲリッチとポリーニは真に天才」と書いていました。
ともかくその後アルゲリッチは第一線で活躍を続け、現在では世界最高のピアニストの一人と認められています。

私はアルゲリッチのレコードは1枚しか持っていません。ショパンの「ピアノソナタ第2番 葬送行進曲付」と「アンダンテ・スピオナートと華麗なる大ポロネーズ」「スケルツォ第2番」です。
アルゲリッチ
1枚しか持っていないということはそれほどお気に入りというわけではないということです。しかし評価しないということではありません。このレコードを買って初めて聴いたときも、先日映画を見た後改めて聴いたときも、すばらしい演奏だと思いました。このレコードの解説にも書いてありますが、アルゲリッチの演奏は自然児が現れたような感じがあります。手あかにまみれた文明の常識に染まらない、といっても奇をてらうわけでもない、本当にナイーブでみずみずしい命の祝祭と言っていいような演奏だと思います。しかも当時の彼女は写真のように神秘性も感じさせる魅力的な外観でしたから、ファンになってもよかったと思うのですが、そうはなりませんでした。彼女の演奏が、何か私が音楽に求めるものと違っていたのですね。
ですから私は彼女についてあまり聴き込むこともなく、人柄を知ることもありませんでした。この映画を見て初めて彼女の人柄を知ったのです。この映画について詳しくは公式サイトを見ていただくとよいのですが、ともかく驚きでした。
略歴に書いたような神童ぶりにも驚かされますが、余りに小さいころから”ピアニスト”であっただけに、20歳前後、自分の人生に迷ったこともあったようです。そんな時に出会った指揮者ロバート・チャンと結婚しますがすぐに離婚。その後に長女が生まれますが、彼女は長女を母に預けてショパン・コンクールに挑戦します。ところが(詳しい事情は分かりませんが)長女は養育院に預けられてしまい、それを母が”誘拐”したために彼女は親権を失ってしまいます。それ以後、長女リダとは一度も一緒に暮らしたことはないそうです。ショパン・コンクールの栄光の影にこんなことがあったとは思いもしませんでした。
その後彼女は指揮者シャルル・デュトワと2度目の結婚をし、次女アニーが生まれます。ところがそのデュトワとも離婚し、ピアニスト スティーヴン・コヴァセヴィッチと事実上の結婚をします。(この人、映画で見ると見たことのある人でしたがコヴァセヴィッチというピアニストは記憶にありませんでした。あとで調べると、当時はビショップという姓だったとあり、私の記憶とつながりました。)この映画の監督ステファニー・アルゲリッチはコヴァセヴィッチとの間に生まれた3女なのです。
アニーとステファニーは彼女と一緒に暮らしていたのですが、演奏会や練習に忙しい母に代わってアニーがステファニーの世話をしていたようです。3姉妹が初めて顔を合わせたのはリダが18歳、アニーが12歳(くらい)、ステファニーが7歳の時でした。現在、リダは母と同じ音楽家の道を歩み、ヴィオラ奏者として、しばしば母とも共演しています。アニーはアメリカで大学の教員、ステファニーは映像作家とそれぞれの道を歩んでいます。
こう紹介すると、アルゲリッチという人はどうなっているのだろう、と思われる方もいると思います。たしかに昔から彼女は奔放な人だと言われていました。しかしこの映画を見て私が感じたのは、アルゲリッチという人はその演奏と同じように自然児だということです。70歳を超えた今もまるで子供のようにナイーブなのです。子供たちとのやり取りを見てもどちらが親なのかわからないような感じがします。演奏会の場面がありますが、ステージに出ていく直前になって突然「頭が痛いから弾きたくない」などと言い出して周囲を困らせます。何とかステージに出ていくのですが、お辞儀はまるで初めて人前で演奏する少女のようなぎこちないものです。これだけのキャリアを持つ大ピアニストなのに今でも「ステージは怖い」と言うのです。ところがいったんピアノの前に座ると確信に満ちて弾ききってしまう。”芸術家”を絵にかいたような人でした。

この映画の中で列車の車窓の風景がでてきました。それまでのヨーロッパの風景と違っていて、私が「これは日本だ」と気づいた直後富士山が見え、次に新幹線の車内でリダと並んで座ったアルゲリッチが駅弁を頬ばるところがでてきました。やがてどこかについて、そこに張ってあるポスターを映したのですが、そこには「アルゲリッチ音楽祭」と書いてありました。実は1998年から「別府アルゲリッチ音楽祭」という催しが開かれていてそのポスターだったのです。
その時私に「天地真理音楽祭と名前が似ているなあ」という連想が浮かびました。そして次に、「そういえば頭文字が同じAM(あるいはMA)じゃないか」と気づいてとても愉快になったのです。
実はこれまでの記事はこの他愛もないことを書くための序論だったのです。

ところが、11月15日、翌日の「天地真理音楽祭」を控えて福岡の放送局コミュニティーラジオ天神の「団塊マガジン」という番組に出演された真保さんと荘さんの話にとても興味深いことがありました。
「天地真理さんと言う人はどういう人ですか?」と聞かれて真保さんは「普通の母とはちょっと・・・あんまり家事とかできないから・・・逆に私がサポートしてあげないと・・・ちょっと頼りない感じなんですけど、でもすごーくやさしいです。テレビに出ている母は家と全く違うので・・・全く別人というか・・・」と言っておられました。荘さんも「すごく純粋な方ですね。やはりやさしいですね。ファンの方に対する想いもとてもあついし、歌が大好きだと思いますね」と言っておられました。これを聴きながら私はあの映画で見た、大ピアニストではない「母」としてのアルゲリッチを思い出しました。
やはり頭文字だけでなく何か通じるものがあるんじゃないか、と思うのです。

※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)12月1日は「映画の昭和歌謡」、8日は「お酒の昭和歌謡」、22日は「年末(クリスマス)リクエストスペシャル」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。

リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。








第3回天地真理誕生日スペシャル

最後に追記(FMしばた速報)あります。

また今年も11月5日がやってきました。「天地真理誕生日スペシャル」も3回目となります。
しかし今回はリクエストは3名の方のみでした。そこで僭越ながら私が選んだ曲と合わせて構成してみました。

それではお楽しみください。

【音声版】



いかがだったでしょうか。リクエストいただいたsakura6809さん、bellwoodさん、クミさんありがとうございました。
さらに多くの方からリクエストをいただけるとバラエティーに富んだ構成になるのですが、今回はそういう広がりに欠けているかもしれません。
いずれにしても、来年はこの企画はやりません。元々この企画は、一昨年、NHKFMの「ミュージックプラザ」(月曜日)で真理さんの誕生日に合わせて「天地真理スペシャル」を実現しようとしたものの実現できなかったので、「それなら自分でやってしまおう」とつくったものです。幸い皆さんからたくさんのリクエストをいただいて楽しいものになりました。当初はその年だけのつもりだったのですが、「来年も」という声もいただいたので、昨年も同様に企画しました。今年もあまり深く考えず、それまで同様にやろうと思ったのですが、惰性に流れていたようです。リクエストが少なかったのも、「遊んでないで本来の目的に戻れ!」という意味があったと受け止めています。
来年はやはり本来の目標である「ミュージックプラザ」での「天地真理スペシャル」を実現できるようにしたいと思います。しかし私一人がいくら頑張っても無理です。皆さんの力が絶対必要です。ぜひ番組へのリクエストと要望をお願いします。


 動画がうまく見られないときは次の【テキスト版】をご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------

【テキスト版】

今日、11月5日は天地真理さんのお誕生日です。
真理さんは、最近では10月5日の天地真理音楽祭に参加され、新曲「秋にあなたと」も歌われました。
今日のお誕生日もきっと元気に迎えられたでしょう。

天地真理さん お誕生日おめでとうございます

そこでこの日をお祝いして、3回目となる「天地真理誕生日スペシャル」をお送りします。

今回最初の曲は今の季節に一番ふさわしい曲、「空いっぱいの幸せ」を選びました。




高く澄み渡った秋の空に吸い込まれていくようなうたでしたね。

ここからは皆さんのリクエストで進めていきたいと思います。

最初はsakura6809さんのリクエストで「恋人たちの港」です。まず、sakura6809さんのメッセージです。


プレミアムボックスのDVDで、この曲の映像を初めて見て、真理さんのあまりの可愛さに、私の心臓はノックアウトされました。それ以来、飽 きずに何百回も繰り返し曲を聴きながら画面の真理さんをながめています。




「恋人たちの港」でした。この曲がヒットした1974年当時、外国はまだまだ憧れの世界でしたから、港には、外国につながる海への出口として特別なイメージがありました。この歌にもそんなエキゾチックな憧れが感じられますね。

海といえば、真理さんには海の歌がたくさんあります。海という開放的な世界は真理さんのうたにぴったりなのでしょう。
そんな、真理さんの海の歌を少し聴いてみましょう。
まず、「海に託した願い」、KUROさんの口笛入りです。




誰にもある思春期の憧れが、果てしない海の広がりに重ねて歌われていますね。真理さんの明るくのびのびとした声が豊かなイメージを与えてくれます。口笛もきれいでよくあっていましたね。

海の魅力の一つに波があります。寄せては返す波の音は人の心にいろいろの想いをもたらします。
次の曲は 「朝のさざなみ」です。




海辺の朝の空気を胸いっぱいに吸い込んだような気持ちですね。
さて、朝の海も素敵ですが、夕陽で真っ赤に染まった海は格別ですね。
次の曲は「オレンジ色の旅」です。




心の中まで真っ赤に染まるようなときめきが、真理さんのくっきりとしたうたで生き生きと伝わってきましたね。

真理さんの歌う海の歌はまだまだたくさんありますが、今回最後は次の曲です。
「愛の渚」ライブ版です。




何て楽しいうたでしょうか。心が喜びで満たされていく気がしますね。

ところで、この動画の初めの場面は映画「虹をわたって」の一場面です。
この映画の劇中歌にリクエストをいただいています。
bellwoodさんのリクエストで「ママの子守歌」です。

bellwoodさんのメッセージです。

映画『虹をわたって』の劇中歌「ママの子守唄」をリクエストします。
当時中学生だった私は、映画館でこのシーンを観て魂が揺さぶられるような感動を覚えました。母と息子の対話の中に温かい情愛がにじみ出るように歌われていて、何度聴いても心に染み入ります。劇中のダルマ船に暮らす人々と同じように、誰もが自分の母親を思い出し童心に返らずにはいられないでしょう。
アイドルの絶頂にあった真理さんが、素朴なギター弾き語りで真の実力を示した、隠れた名曲と言えると思います。




bellwoodさんがおっしゃるとおり、しみじみと心にしみる歌でしたね。

次は クミさんのリクエストで「木枯らしの鋪道」です。
クミさんのメッセージです。


真理ちゃん ぉ誕生日 ぉめでとぅござぃまーす(^◇^)
このぉ ぉめでたーぃ日に 真理ちゃんの曲を リクェストを出来るなんてぇ 超ぅれしぃデース♪
でもぉ リクェストしたぃ真理ちゃんの曲が 多すぎてクミ 超迷っちゃぃましたぁ。。。
っでぇ この前 木枯らし1号が 吹ぃたって言ってましたー!
夏が ぁっとぃぅ間に過ぎ 涼しくなったのも つかの間、寒さが 日に日に増してた矢先 この 木枯らし1号が吹ぃたコトでぇこれから もっと=寒くなっちゃぅンだぁ~
って  寒ぃのが 超苦手なクミにはぁ とっても辛ぃ季節になっちゃぃます。。。(>_<)

でも この風にのって 素敵なメロディーが流れてきましたぁーー♪
そぅ! 『木枯らしの舗道』デース♪

これから クミの苦手な寒ぃ季節に なっちゃぅけどぉ
この曲を 聴ぃて 気分良く この冬を迎ぇたぃデース!!

そしてぇ この曲を編曲してくれた穂口雄右先生がぁ 真理ちゃんの45周年に向けて作詞作曲された新曲『秋にあなたと』にも 繋がると思ぃ この曲をリクェストさせてもらぃましたーー♪


それでは「木枯らしの鋪道」「はばたけ真理ちゃん」版です




情感豊かな真理さんのうたとともに、クミさんがふれられた、穂口雄右さんのアレンジも、この曲の魅力の一つですね。

さて、11月に入って、いよいよこの曲の季節になってきました。
間もなく雪も降り始めるでしょう。
しかし寒い季節でも、真理さんの歌声は心を明るくしてくれます。
「第3回 天地真理誕生日スペシャル」 最後の曲は そんな明るい希望の曲、先ほどの映画の主題歌にもなった 「虹をわたって」です。

最後までありがとうございました。




動画は次の方々の作品を使わせていただきました。ありがとうございました。
 「恋人たちの港」 :Sagittarius1954Dさん
 「海に託した願い」:KURO CHIANさん
 「朝のさざなみ」  :ma4ever100さん
  「オレンジ色の旅」:ma4ever100さん、
 「ママの子守歌」 :PAKURONさん
 「木枯らしの鋪道」:Sugi4Geruさん
  「虹をわたって」 :PAKURONさん
  ( 他は amhikokigumo )

------------------------------------------------------------------------

関連ですが、先日とりあげた「レコードコレクターズ」の「女性アイドルソングベスト100」の読者版ということで「あなたが選ぶ女性アイドル・ソングのベスト10」というネット投票をやっています。詳しくは「さくら貝」掲示板に出ていますので、ぜひ投票をしましょう。


<追記>
久々ですが、11月5日、FMしばた「ごきげんラジオ769」で真理さんの誕生日をお祝いして「虹をわたって」がかかりました。
リクエストされたのは南方熊楠菌類図譜さん、ひめさゆりさん、(違う曲ですが)クミさんの3名の方でした。
本文でリクエストを呼びかけたばかりですが、それ以前にすでに行動に移してくださっていたのですね。
曲も、私が「誕生日スペシャル」のフィナーレに選んだ「虹をわたって」で、相通じるものがあったようです。
「ミュージックプラザ」だけでなく、皆さんの地元放送局等も含めて、一回でも多く真理さんの歌を電波に乗せましょう。




※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)11月17日は「朝の昭和歌謡」、12月1日は「映画の昭和歌謡」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。

リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。




プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード