「華(ハナ)がある」

ある本に面白いことが書いてありました。「ハナ」という言葉についてです。ハナというと、まず「花」とか「鼻」を考えますね。それから「ハナから」とか「しょっパナ」「出ばな」と言うように「初め」の意味もあります。この三つの言葉は発音は同じですが、まったく違うものを指しているように思えます。ところが実は原義は同じで、古代日本語の「ハナ」は「気の集中する先端」といった意味を持つ言葉なのだそうです。
私たちにはどうして同じなのか理解しがたいですが、近代人と古代人の世界観の違いがあるようです。古代人は今見えている世界(オモテの世界、顕在態、「うつし世」)とは別の世界(ウラの世界、潜在態、「かくり世」)があると考えていて、その潜在態が気を集中させ顕在化することを「ハナ」と言ったようなのです。見えないものが目の前に現れ出てくるから「初め」の意味になり、緑の葉や茎や枝しかなかったところに突然赤や黄色や白といった異世界のものが現れるのが「花」です。また平らだったものが盛り上がって顕在化すると言う意味で出っ張ったところが「鼻」と呼ばれるというのです。
たしかにそう言われると共通の意味があるということがわかります。普段何も考えずに使っている言葉にも世界観が現れているのですね。

こんなことをなぜ取りあげたかと言うと、これを読みながら「時間ですよ」のオーディションで落選した真理さんを「あのこには華がある」と言って他の審査員を説得してくれた森光子さんの言葉を思い出したからです。
「華がある」という言い方は、人を引き付ける華やいだものがあると言う意味で使われますが、「華」は「花」の華やかさが抽象化されたものでしょうから、「花」に起源を持っています。
ですから森光子さんはまさに、今はまだはっきりと表れていないが、これから現れようとする隠された魅力を鋭敏に見抜いたと言っていいのでしょう。
以前紹介した塩崎雪生さんの著書『氷の福音』にはこのオーディションの控室の様子を撮った写真が掲載されています。真理さんがどこにいるか、わかりますか?『氷の福音』にはもっと拡大した写真がありますからぜひ見ていただきたいと思いますが、ここでの真理さんはとびぬけて目立つ人ではありません。まだまだその「華」は隠れているようです。
ただ固定した静止画ではなく、変化する表情や会話そして歌の中にはたしかな「華」が見えていたようです。
このオーディションの司会をした林美雄さんの証言があります。
愛川欽也さんの「パックインミュージック」には真理さんがよく遊びに来ていました(そういう人を店子と呼んでいました)が、そこへ林さんも遊びに来たと言う場面です。1974年12月18日放送、Sugi4Geruさん提供の貴重な録音です。


愛川欽也さんの「パックインミュージック」は真理さんにとっては大事な場でした。そのことはまた別の機会に触れたいと思います。

※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)2月3日は「真冬のリクエストスペシャル」、17日は「星空の昭和歌謡」、3月3日は「昭和の歌姫スペシャル」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。

リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

あなたの投げやりな感じが好き!

前回、大阪フェスティバルホールでのコンサートの記事で真理さんとスージー・クアトルとの対談があったと書きましたが、具体的なことに触れませんでした。実は、私の資料の整理が悪く、その対談の記事を見つけられなかったためです。
しかし、mariminafanさんから情報をいただいてもう一度さがしたところ見つけることができました。
そこで、今回はこの記事を紹介することにします。次の写真はクリックすると拡大しますが、対談の内容は読みにくいので下に書きだしました。

スージー・クアトロ
(明星1975年2月号)

イギリスでいま大人気の女性ロックンロール歌手スージー・クアトロが、11月の末日本にやってきた。ベースを股倉にはさんで“トウ・ビッグ(あなたのは大きすぎる)”なんて、意味ありげな曲を歌うので、何やらスケバン歌手みたいなんだけど、その人間味に真理ちゃんはコロリ。東京公演のあい間、大きなカトレアの花束をかかえていそいそと、宿舎のヒルトンホテルにたずねたのです。スージー24才、真理23才、女ざかり。

真理   (かなり緊張した表情で)ハウ・ドウ・ユー・ドウ。私、
     マリ・アマチです。よろしく。
スージー (ひょいと手をのばして、真埋の髪についたヘア・ピンを
     とる)こんなのがついてるわ。
真理   あら……。あなたに会うんですっかりあがっちゃって、と
     るの忘れてしまったの。ごめんなさい。
スージー 私もよくステージに出るとあがっちゃって、いろいろ失敗
     をやらかすのよ。
真理   なんだか、ちょっと疲れてらっしゃるみたいね。やっばり
     旅疲れかしら?
スージー ノン。今朝4時まで、ウィスキー飲みつづけだったの。そ
     のせいよ、きっと。
真理   お酒、そんなに飲むんですか?
スージー かなりね。リラックスするにはお酒を飲むのがいちばん
     よ。
真理   (スージーの右手首に星印のイレズミがあるのに気づき)
     どうしてそんなところに……?
スージー ああ、これね。私はいつまでもスターでいたいの。だから
     星のイレズミをしたの。
真理   じゃ、私もやろうかしら?でも、イレズミするって痛いん
     でしょ?
スージー なんにも感じなかったわ。だって、お酒飲んで酔っぱらっ
     てたんだもん。(笑)
真理   (ちょっと言いにくそうに)あの……なんかで読んだんだ
     けど、スージーさんはべースを弾いてるとセックスを感
     じるって、ほんとですか?
スージー ほんとよ。もともとロックというのはセクシーなもので
     しょ。だから、演奏しながらセックスを感じるのは当
     たり前じゃないかな。
真理   私にはまだよくわからないけど……。あのね、私も昨年の
     リサイタル(国際劇場)であなたの「48クラッシュ」
     を、真似して歌ってみたの。すごくミニなスカートなん
     かでね。
スージー そう。で、どうだった?
真理   若い人たちにはすごく受けたけど、お年寄りはア然として
     たわ。(笑)
スージー でも面白いじゃない。こんど一緒に歌おうよ。
真理   それができたら大感激だわ。 ……それはそうと、恋人は
     いるの?
スージー それはシークレット(秘密)よ。
真理   でも、いずれ結婚はするんでしょ?
スージー たぶんね。それで子供をたくさん生んでね。その大家族を
     ひきつれて公演にでかける、そんな結婚がしたいな。(笑)
真理   私もそれ賛成。(笑)……いま、どんなことをいちばんや
     りたいですか?
スージー 射撃と水泳、それに散歩かな。
真理   散歩!すてきだわ。散歩なんて心の余裕がないとできない
     ことですものね。
スージー 真理は、ヨーロッパに行ったことある?
真理   ええ、2回ほどね。この2月にもひとりでヨーロッパとア
     メリカをまわることになってるの。
スージー ひとりでって、マネージャーは?
真理   (首をふって)ほんとにひとりきりでよ。
スージー (感心したように口を鳴らし)プゥーッ。グッド・ラック
     (ご無事でね)
真理   どうせ英語もできないし、行き当たりばったりよ。……
     どこへ行ったらいいかしら?
スージー ベニスヘ行きなさい。あそこはほんとにロマンチックでい
     いとこよ。
真理   あなたって、いつもシラけてるみたいだけど、意外にロマ
     ンチックな人なのね。
スージー (うれしそうに)ウフフ…。

真理の独白「ステージの荒らあらしさとはまったく逆に、スージーっ
てとても気持ちのやさしい人なのねえ。私ますます好きになっちゃっ
たわ」


*******************************

この種の対談は編集部が勝手に創作してしまうことも多かったようなので、どこまで実際の会話かわからないところもありますが、外国の人に日本流のやり方は通じないと思いますし、内容的にも全くの創作とは思われないので、ほぼ実際の会話だろうと思います。もちろん、要約したり削ったりと言う編集はあると思いますが。

真理さんはなぜスージー・クアトロに惹かれたのでしょうか?
見出しに「あなたの投げやりな感じが好き」とあります。これが真理さん自身の言葉か、編集部が勝手につけたものかわかりませんが、かなり的を射ている言葉ではないでしょうか。
「投げやりな感じ」というと今の時代ではあまりいい印象ではないかもしれません。今の時代は過剰にモラルが求められ、少しでもそれを外れる人がいると寄ってたかって非難するというところがあります。またプラス思考がもてはやされ、前向きであることを無理やり求められるというところもあります。そういう人たちからすれば「<投げやり>なんて許せない」と思うかもしれません。
しかし1970年代の若者たち(つまり私たちの世代)にはカッコいいことでもあったのです。それは既成の権威やモラルへの批判であったからです。真理さんも同じ時代の空気を吸っていた人ですから「投げやりな感じが好き」と言っているのでしょう。
真理さんについての記事を時々載せている「おじなみ塚」というブログがありますが、1月10日付の記事でFC会報の写真がいくつか掲載され、その中に1975年新春号に真理さんが書いた新年のあいさつが載っています。そして、「あけましておめでとうございます」の横に大きく“自由”と書かれています。これは対談とほぼ同じ頃書かれたもので、対談でも言っているように、2月にはヨーロッパに約一カ月の一人旅に出かけるなど、真理さんが真剣に自分の生き方を模索していた時期です。『告悔』の言葉を借りれば「心のままに」生きたいと強く思い始めた時期でしょう。それだけにスージー・クアトロのように枠を超えて自由に生きる人に憧れを持っていたのだと思います。「投げやりな感じ」とは自由な生き方の象徴だったのでしょう。

対談の写真をよく見ると真理さんは化粧をしていないみたいですね。以前このブログで紹介したように、この後ラジオ番組などにたびたび無化粧で出演するということがありましたが、写真で見るのは珍しいです。ここにも「自然な自分でいたい」という気持ちが現れているのではないでしょうか。


※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜) 1月20日は「祝誕生日 太田裕美スペシャル」、2月3日は「真冬のリクエストスペシャル」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。






フェスティバルホール「真理ちゃんとデイト」コンサート

あけましておめでとうございます

   今年もよろしくお願いいたします


今回は新年スペシャルプレゼントで、1974年4月3日に大阪のフェスティバルホールで行われた「真理ちゃんとデイト」コンサートの再現です。昨年4月の「1976年梅コマショー」に続くスクリーンコンサート第2弾です。
大阪フェスティバルホールは1958年開館した大阪の代表的コンサートホールで音響の良さで知られ、国内外の演奏家から高い評価を受けていました。しかし老朽化により改築され2013年から新ホールが使用されていますが、真理さんのコンサートはもちろん旧ホールでした。
旧ホール
定評ある名ホールでオーケストラをバックに歌うという、真理さんとしても胸躍るコンサートではなかったでしょうか。
ただし、ここで聴くことができるのは全曲目ではないと思われますし、プログラム順もわからないので、私なりに推測して並べました。
もし、正しいプログラムをご存知の方がおられましたら教えていただければうれしいです。

それでは早速はじめましょう。

①水色の恋~愛に悩む頃 (一部音飛びがあります)

「水色の恋」は声が明るいですね。そして特に「なぜかしら」からは憧れが繊細に歌われ、その後の「あなたの姿 あなたの声は」はスケール大きく歌っています。「愛に悩む頃」のライブは初めて聴きましたが、アルバム版より緩急自在に歌っていますね。まず最初のプロローグ部分が素晴らしいです。全体にはアルバム版の細やかさはありませんが、力があり、ライブならではの高揚がありますね。

②もの想う季節~夏を忘れた海

「もの想う季節」のライブは初めて聴きましたが、すばらしいです。アルバム版はきれいに流れるように歌っていますが、こちらは繊細でありながらくっきりとした表情が本当に見事で、憧れに満ちた歌を聴かせます。
「夏を忘れた海」はすでに名唱がいくつもありますが、これもそれらに引けを取らないものです。心の動きが自然な息遣いになり波のように寄せては返して陶然とするほどです。

③あなたの故郷~漕げよマイケル

「あなたの故郷」もアルバム版は淡々としていますが、これを聴いて印象が一新されました。最初はフォーク的な素朴な歌い方で始まりますが、曲が進むうちに気持ちが入っていって夢見るような表情になっていくところが本当にすばらしく、まさにライブの魅力ですね。
この後、ギターの石川鷹彦さんと吉川忠英さんが紹介されます。お二人はアコースティックギターの名手として知られますが、この時点では真理さんもこのお二人のことはあまり詳しく知らないみたいですね。しかし、このあとこのお二人と真理さんとは深いおつきあいになります。まず5カ月後の九段会館でのコンサート(「天地真理オンステージ」)でもバンドのメンバーとして参加してもらい、お二人のギター伴奏で「水色の恋」や「夏を忘れた海」を歌っています。また石川鷹彦さんは真理さんのいくつもの曲で編曲を担当し、吉川忠英さんは最後のアルバム「童話作家」で「ひこうき雲」「二月の風景画」などの傑作を作曲しています。
しかしここでは何か珍妙なやり取りになっていますし、「漕げよマイケル」でもすれちがいみたいなところがありますね。どうしてそうなのか、私の勝手な想像をめぐらすと、おそらくお二人は「アイドル」との共演に抵抗感があって、わざとシャイな反応をしているのではないかと思います。当時、フォーク系の人は、例えば吉田拓郎がテレビの歌番組に出なかったように、商業的な、あるいは歌謡曲的なものへの拒否感が強くありましたから、「仕事」としてバンドに参加しても、心の引っかかりがあったのではないでしょうか。しかし、その後も見事な伴奏をしてくれたり、編曲や作曲を引き受けてくれたりしたということは、実際にステージをともにする内に、真理さんが単なる「アイドル」ではなくたしかな実力を持った歌手であることを知ったからではないでしょうか。あくまで想像ですが・・・。

次は注目の2曲です。
④48クラッシュ


⑤ヘイ ジュテーム

ちょっとびっくりした方もおられるかもしれませんね。「これ誰?」と思われたかもしれません。この頃「真理ちゃん ロックに挑戦」という話題が雑誌などに載っていて写真では見ることができましたが、私が実際に聴くことができたのはこの録音が初めてです。
私はロックはどう聴いたらいいのかよくわからないので評価しようもないのですが、がんばっているけれど、まだ消化しきれていないという印象をもちました。
最初の「48クラッシュ」は真理さんが最後に紹介しているようにスージー・クアトロの曲ですね。スージー・クアトロは最初の本格的女性ロッカーと言われ当時非常に人気のあった人です。何回か来日していますが、雑誌の企画で真理さんとも対談しています。このコンサートがその対談より前か後か確かめられなかったのですが、当時真理さんはマリリン・モンローにも共感を覚えていたように、自由に生きる女性にあこがれていたので、スージー・クアトロにも共感を持っていたのですね。それでこういう企画をしたのか、あるいはスタッフが話題づくりで考えたのか、真相はわかりませんが、スージー・クアトロ本人と比べるとやはりロックの語法と言ったものは身についていない感じですね。ただ、地声の迫力と言う点では真理さんも相当のものだと思います。
次の「ジュテーム」はどういう曲なのか調べてもわかりませんでした。ご存知の方は教えてください。ただ、こちらの方は日本語でもあり、とっつきやすいですね。地声での表現力が垣間見えるところもあります。
※早速、情報をいただきました。コメントをご覧ください。

さて、後半はおなじみのヒットパレードです。
⑥ふたりの日曜日~ひとりじゃないの

歌い込んだヒット曲と言うことで、真理さんも思いのままに唄っていますね。
「ふたりの日曜日」は「私は天地真理」コンサートの感動的な名唱がありますが、ここでもすでに心震わす歌になってきています。
「ひとりじゃないの」はアレンジが森田公一バージョンでややテンポが遅いのですが、それだけに隅々まで気持ちがこもり、声のやさしさが生きてほれぼれしてしまいます。またひとつこの曲の名唱に出会えました。

⑦若葉のささやき~恋する夏の日

前の2曲がすばらしく、この日の声質からも「若葉のささやき」には期待したのですが、全体的に力み過ぎのところがあり、まとまりが悪くなっている印象です。とはいえ、「今はこの胸が」のところなど実に魅力的ですし、随所にニュアンス豊かなうたもあり、十分楽しめます
「恋する夏の日」はライブではパワー全開にして勢いで歌っていることが多かったのですが、ここではパワーは抑え気味でゆったりと歌っています。そのため表情が豊かで、例えば「愛することを初めて知った・・・」のところも、例の振りを付けているのにみずみずしい声で歌いきっています。名唱です。

いよいよ最後です。
⑧虹をわたって

素晴らしいです。私が今まで聴いたことのないような「虹をわたって」です。この曲の魅力である軽やかさ、楽しさを十分に持ちながら、やさしくたおやかで、一つ一つの音に豊かな表情が込められています。心ときめく「虹をわたって」です。

いかがだったでしょうか。不十分な音質をものともしない名唱がつづく素晴らしいコンサートでした。そして大きな真理ちゃんコールも聴こえ、当時の人気のすごさも実感できました。
この録音を公開して下さった方に心から感謝いたします。ただし、今回は私の責任で公開しましたので、もし不都合がありましたらご連絡ください。



※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜) 1月20日は「祝誕生日 太田裕美スペシャル」、2月3日は「真冬のリクエストスペシャル」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


プロフィール

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード