小説「想い出のセレナーデ」

『オール読物11月号』に『想い出のセレナーデ』という短編小説が掲載されているという、掲示板「さくら貝」にM.M.Mさんが書き込まれた情報を見て、早速読んでみました。
『オール読物11月号』には「秋の直木賞作家特集」とともに「あの素晴らしい昭和歌謡をもう一度」という特集があり、巻頭の「グラビア!昭和歌謡クロニクル」や「あの素晴らしい歌詞をもう一度」というエッセイ集、そして「人気作家競演!昭和歌謡小説」という7人の作家による短編小説集があります。そしてその小説集の中に朱川湊人氏による『想い出のセレナーデ』がありました。
朱川氏について私はよく知りませんが、<ノスタルジックホラー>を得意とする直木賞作家ということです。年齢は1963年1月生まれと言うことですから、この小説の「僕」と同じで、その意味で「僕」の<天地真理経験>は朱川氏の<天地真理経験>が投影されていると言っていいのでしょう。

さて小説『想い出のセレナーデ』はこの「僕」(風間秀治)の古いカセットテープについての回想から始まります。そのカセットテープは小学校6年の時のクラスの「お楽しみ会」の様子が録音されているのですが、その中に佐々木千晶が皆の前で歌った天地真理の『想い出のセレナーデ』があるのです。
千晶は歌手を夢見る明るい少女で「僕」とは保育園の頃から何となく気が合い一緒に遊ぶ仲でした。もしその後特別のことがなければ一緒に人生を生きることになっていたかもしれなかったと後に思うような仲でした。
千晶は天地真理のファンでした。「僕と同世代の人には説明するまでもないと思うが、七〇年代初め頃のトップアイドルと言えば、文句なしに天地真理だった。次から次へとヒットを飛ばし、名前を冠した番組も数多くあって、それこそ老若男女を問わない人気を博していた。まさに国民的アイドル」で、千晶も「僕」も彼女の歌が好きだったのです。(青字は引用です)
ところが中学2年の時、千晶の家族に悲惨な事件が起こります。これ以上はこれから読まれる方も多いと思いますから、細かいあらすじは控えたいと思いますが、千晶は笑いを失い、3年に進級した頃いつの間にか姿を消してしまったのです。「僕」は高校、大学受験、そして就職活動と忙しく過ごすうちに千晶のことは忘れてしまいます。一度だけ街で千晶と遭遇しますが、「僕」はその変貌した姿に戸惑って避けるように逃げてしまったのです。その後、就職し、結婚してこどもも育て、仕事でも家庭でもそれなりの苦労もしながら人並みの人生を送ってくるなかで、時に千晶のことを思い、苦い悔恨の思いを引きずって生きてきた「僕」に、最後に「奇跡」が起こります。詳しいことは書けませんが、ともかくこの「奇跡」に「僕」はぼろぼろと涙を流し『想い出のセレナーデ』に聴き入るのでした。

私は読んだ直後、この小説は、人生の坂のいただきに差し掛かった人が後ろを振り返り、青春の苦い思いと共に、別の道があったのではないかとふり返る、そんな内容かなと考えました。その意味では最後の「奇跡」はない方が良かったのではないか、安易に解決がもたらされてしまったのではないかなどと生意気に考えたりしていました。
ところがこれをどう紹介しようかと考えているうちに、あることに気づきました。千晶が「お楽しみ会」で『想い出のセレナーデ』を歌ったのは小学校6年の時でした。つまり1974年の暮れから75年のはじめ頃です。小学校の高学年は2人にとって幸せな時間でしたが、それは真理さんの全盛期に当たります。千晶の身に事件が起こったのは中学2年の年末で姿を消すのが3年進級後ですから、1976年末から77年春頃のことになります。一方、真理さんが突然入院したのが77年1月、2月にいったん退院しますが、その後も復帰できず公の場から姿を消してしまいました。また、街で変貌した千晶に遭ったのは「僕」が就職活動中ということですから1984年か85年、真理さんがヌード写真集などを出し始めたのがやはりこの頃で、『魔性の香り』は86年の正月映画でした。
つまりこの小説は千晶と「僕」の物語ですが、実は真理さんとファンとの物語なのではないか、と思いついたのです。千晶は天地真理さんであり、「僕」はファンです。
千晶が傷つき苦しんでいる時に何の力にもなれず、事情も知らずに見かけだけで避けてしまい、更に深く傷つけてしまったという「僕」の悔恨は、私を含め多くのファンのもっている悔恨ではないでしょうか。
そうであれば、最後の「奇跡」は絶対に必要なのです。なぜなら「奇跡」は確かにあるからです。たとえば今年の6月にもその「奇跡」はありました。何事もなかったかのようにやさしく微笑む天地真理さんが、あのステージにいたのですから。

肝心のところを説明していないので何のことかわからないような紹介になってしまいました。また朱川さん自身がそんな思いを込めているのかどうかはわかりません。私の勝手な妄想かもしれません。しかし、興味をもたれたらぜひ小説そのものをお読みになってください。

********************************
ネット版「天地真理誕生日スペシャル」へのリクエストを募集
しています。
ぜひ聴きたい、聴いてもらいたい天地真理さんの1曲(オリジナル、カバーを問わず)をお知らせください。なお、リクエスト曲はYoutubeの動画で見られるものからお願いします。その動画のURL,そして一言メッセージもそえてメールでamhikokigumo@gmail.comまでお願いします。
10月31日まで
********************************

※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)10月28日は「宿、ホテルの昭和歌謡」、11月11日は「繰り返しの昭和歌謡」18日は「喫茶店の昭和歌謡」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。




秘蔵ライブ(10) GO GO アイドル

秘蔵シリーズ、今回はATOZ2012さんことパクロンさんがアップされてるテレビ番組「GO GO アイドル」です。
30分番組を前半、後半に分けて全編を聴くことができます。
この番組はTBS系で日曜19時からでしたが、たまたまこの回が最終回で、最後に当時最大のアイドル天地真理さんをゲストに迎えたことになります。
放送されたのは1973年9月30日で、真理さんの人気が「恋する夏の日」で頂点に達した頃です。その熱さはこの録音からもはっきりと知ることができます。
では前半からお聴きください。司会は映画「虹をわたって」でも共演したなべおさみさんです。
なお、この番組のテキスト版がもも茶さんのHPで読むことができます。




番組で放送された映像は見られませんが最初のピアノ演奏は真理さんが自分で弾いているのでしょう。曲はショパンのワルツ第14番遺作ですね。幻想即興曲はプレミアムボックスにも収録されていて真理さんが最も得意とする曲のようですが、この曲はここで初めて聴きました。高校卒業後、本格的なピアノ練習はしていないでしょうからミスタッチもありますが、さすがしっかりしたショパン演奏ですね。
「水色の恋」や「この広い野原いっぱい」をギターを弾きながら歌っていますが、ひとに聴かせるというより自分で楽しんでいるという感じで素の真理さんが見えるようですね。
ステージで「虹をわたって」や「恋する夏の日」を歌っている時の声援は凄まじいですね。天地真理さんが<空前のアイドル>であることを証明してくれているようです。真理さんもその声援に負けないボリュームで歌っています。
映像を見ながら話している部分はその映像が見えないのが残念です。家庭用ビデオの普及があと1,2年早ければこうした映像もきっと残されていたでしょうね。

では次に後半をお聴きください。



後半の最初もピアノ演奏ですが、こちらはバッハのインベンション15番です。これも真理さんの得意の曲でプレミアムボックスにも収録されていますが、それと比較するとこちらの演奏はかなりテンポが速いですね。
真理ちゃんシリーズの2作目「となりの真理ちゃん」の最終回の様子も出てきます。これも映像があれば話していることがよりよくわかるのですが。
最後に、当時の新曲『空いっぱいの幸せ』が聴こえてきますが、あらためて秋の澄み切った青空を思わせる真理さんのうたの素晴らしさを感じます。

今回は真理さんの<うた>というより、タイムカプセルのように、全盛期の真理さんの生き生きとした魅力を伝えてくれる番組を紹介しました。


ここでお知らせがあります。昨年11月5日はこのブログでネット版「天地真理誕生日スペシャル」というラジオのリクエスト番組のようなことをやりましたが、今年もやりたいと思います。
そこで、昨年同様、皆さんからのリクエストを募集します。ぜひ聴きたい、聴いてもらいたい天地真理さんの1曲(オリジナル、カバーを問わず)をお知らせください。なお、リクエスト曲はYoutubeの動画で見られるものからお願いします。その動画のURL,そして一言メッセージもそえてメールでamhikokigumo@gmail.comまでお願いします。
  (10月31日まで


※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)10月7日は「秋のリクエストスペシャル」、21日は「霧の昭和歌謡」、28日は「宿、ホテルの昭和歌謡」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


2日連続!

10/11 追加あります

本日(10/3)FMしばたの「ごきげんラジオ769」でnozikaさんのメッセージとリクエストが放送されました。
そこでまず、昨日、前回記事(小さな日記)に<追加>として入れた部分をこちらに移しましたのでご覧ください。
-------------------------------------------------------------------
本日(10/2)FMしばたの「おはようしばた769」で天地真理さんのデビュー記念日を祝うnozikaさんのリクエスト「水色の恋」がかかりました。(録音は残念ながらありません)
nozikaさんは昨日(10/1)「ごきげんラジオ769」にやはり「水色の恋」をリクエストしていましたが、たまたま昨日はFMしばた開局16周年の記念日と言うことで特別の構成になっていてかけてもらえませんでした。しかしあきらめず今日リクエストしていたのです。
他にも真理さんのデビュー記念日のお祝いの曲が放送された局があったかわかりませんが、nozikaさんのおかげで少なくともFMしばたではお祝いができました。感謝です。
nozikaさんのあきらめない心を見習いたいものです。
-------------------------------------------------------------------
そして、あきらめないnozikaさんは再度「ごきげんラジオ769」に投稿し、見事リベンジを果たしたのです。
久々に2日連続で真理さんの歌が流れ、デビュー記念日の何よりのお祝いとなりました。
それではその様子をお聴きください。
[広告] VPS


<追加(10/11)>

10月11日FMしばた「おはようしばた769」でクミさんとnozikaさんのメッセージが読まれました。
リクエストは、ミッチーの番組では「初メール」ということでnozikaさんの「水色の恋」がかかりました。
nozikaさん、続いていますね。
(いつもの録音ソフトが不調で別のソフトを使ったので音質が良くありません)

[広告] VPS


※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)10月7日は「秋のリクエストスペシャル」、21日は「霧の昭和歌謡」、28日は「宿、ホテルの昭和歌謡」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。



小さな日記

(青色の部分、追記しました)

今日(10月1日)は天地真理さんのデビュー記念日です。そこで、あたらしいシリーズをはじめることにします。「聴き比べ」シリーズです。つまり、同じ曲を天地真理さんを含む何人かの歌手で聴き比べてみようというものです。

歌謡曲を含むポピュラー音楽の世界では歌(曲)は歌手など“アーティスト”と結びついています。自作自演(シンガー・ソングライター)の場合はもちろん、専門の作詞・作曲家がつくった曲でも歌った歌手の“持ち歌”と考えられています。他人の“持ち歌”を歌うとわざわざ“カバー”と言います。
私は最初、カバ-の意味がわかりませんでした。なぜなら私が親しんできたクラシックの世界ではほとんどすべての曲がカバーなのです。100年も200年も前につくられた曲を無数の演奏家や歌手が演奏したり歌ったりしているのです。曲は例えば「モーツァルトの作品」というように作曲家で表され初演の演奏家で表されることはありません。曲は演奏家とは切り離され、それ自体独立した存在です。逆に言えば、演奏家は特定の演奏に縛られることなくそれぞれ自由に独自の解釈で自分自身の表現を追求するのです。演奏家を縛るのは<楽譜>だけです。
そして、その演奏家がその曲をどう演奏するか、ただの記号である楽譜を耳に聴こえる音楽としてどう再現するか、そこにクラシックを聴く楽しみがあるのです。クラシックのコンサ-トでは演奏中は誰も一言も発せず聴いています。それは単にマナーだからということではなく、一音も聴き洩らさず聴こうとしているからなのです。実際たった一音の表情で奇跡が起こることもあるのです。ポピュラーファンの人たちの中にはカバーは創造的でないと思っている人もいるようですが、自分の歌い方がそのままスタンダードになる持ち歌よりも、耳になじんだ曲にオリジナリティーを生み出すカバーの方がより厳しく創造力が求められるのです。
天地真理さんのカバーが素晴らしいということはファンの人にはよく知られたことです。それは真理さんが高校までクラシックの音楽教育を受け、作品と演奏者のこのような関係を自然に身につけていたからではないでしょうか。真理さんは「歌は楽譜を見て覚える」と言っていました。他人の歌った録音を聴いて覚えるのではなく、楽譜から自分で曲想を膨らませて歌っていくのです。もちろんそれは真理さんだけと言うことではありませんが、真理さんのカバーの面白さはそういうところから生まれてくるのでしょう。
ともかく、それぞれの持ち歌を比較しても、必ずしもそれぞれの歌手の特質がわかるとは言えません。それが歌手の特質なのか、曲の特質なのか、分かりにくいからです。しかし、同じ曲をそれぞれどう歌っているか聴いていけばその歌手の特質が現れてきます。その意味で単に「どっちがうまい」ということではなく、それぞれどう表現しようとしているかと言うことを見ていきたいと思います。ただし当然のことながら私の主観的評価が入ってくるということを前提にお読みいただければと思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが第1回はカレッジフォークの名作『小さな日記』です。
なお、真さんのブログにも『小さな日記』の聴き比べがあり、より詳細なすぐれた分析がされていますのでぜひご覧ください。
構成美「小さな日記」-1 聴き比べ
構成美「小さな日記」-2 構成美とは
構成美「小さな日記」-3 歌詞1,2番
構成美「小さな日記」-4 歌詞3,4番
構成美「小さな日記」-5 構成美の習得は?


最初は“本家”であるファーセインツです。



フォー・セインツは1968年『小さな日記』がヒットして当時のカレッジフォークグループでは最も有名なグループの一つだったと言ってもいいと思いますが、実は高校生の真理さんが同じステージで共演しています。そのことについてはここをご覧ください。その時も多分『小さな日記』を歌ったと思いますので、真理さんはすぐ近くで聴いていたと思います。
またこのグループは後にレコード会社を移籍してフォー・クローバーズと改称し『冬物語』をヒットさせていますが、これも真理さんがカバーしていますから、縁の深いグループと言えますね。
歌唱そのものは当時のフォークグループに共通の素朴なものですが、その中では洗練されていてハーモニーもきれいです。フォークは歌謡曲の芝居じみた歌い方に対して自分たちの日常的な感覚で歌おうとしていましたから、あまり大げさな表情をつけず淡々と歌っています。それだけに表現としては浅いことが多く、この曲でも全体がだらだらと流れていく感じでメリハリがあまりありません。一方、本人たちは気づいていなかったでしょうが、今聴くと意外に歌謡曲的な節回しがあって結構湿っぽくなってもいます。ただ当時の感覚では若者たちの生活実感に合った新鮮な印象があったのです。

次にカレッジフォークと言えばこの人、森山良子さんです。


さすがに技巧的で表情豊かに歌っています。表現としては悲劇的です。最初から最後まで恋人の死への深い悲しみに貫かれています。この悲しみに同化して思い切り泣きたいという人にはぴったりでしょう。
しかし私からすると大げさすぎてくどいと思います。最初から悲しげに歌うので、「山に初雪降る頃に」からの悲劇の印象がむしろ弱くなってしまっています。つまりフォーセインツとは逆の意味でメリハリが乏しいのです。確かに「ちょっぴり拗ねて」からの「可愛い恋」のところは表情を変えようとしているのはわかりますが、空回りしている印象です。結局、恋人の死への悲しみが想い出の中に客観化されずに今もそのまま引きずっているという印象が残ります。

次は抒情歌ならこの人、倍賞千恵子さんです。


作為的なところがなく、とても自然で気持ちよく聴けます。とはいえ平板ではなく表情も細やかで豊かです。テンポを遅く歌うことで、全体として悲劇性が感じられますが、けっして大げさに悲しみを強調するのではなく淡々と歌っていて、懐かしさが感じられます。「山に初雪降る頃に」からは彼女の発声の素晴らしさもあって心に訴えるものがあります。
ただ私の感覚では、もう少しメリハリが欲しいと思います。

それでは最後に天地真理さんです。


この歌唱については本編HP「空いっぱいの幸せ」に私が書いた寸評を引用しておきます。
【フォークグループ フォーセインツのヒット曲で女性歌手が多くカバーしているが、いずれも多少の寡多はあるものの思い入れたっぷりに悲劇的な歌い方になっている。しかし天地真理はここでも淡々と、しかし音楽の進行に従って刻々と情感豊かな表情で歌う。冒頭の「(小さな)過去」ということばは抱きしめるように懐かしく歌い、「可愛い恋」では幸せいっぱいに描き出し、後半の悲劇に入ってはじめて哀しみの表情を見せて歌う。しかしそれも過剰な“泣き”になることはなく最後の回想へつながっていく。聴き終えれば、大げさな“泣き節”よりはるかに深い感動が心に残っている。】

どうだったでしょうか。“本家”のフォー・セインツ、定評ある森山良子さん、倍賞千恵子さんと並べても、天地真理さんのうたがユニークですぐれた価値をもつものであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。



※リクエスト情報

FMしばたhttp://www.agatt769.co.jp/index.htmlから。

NHKFM「ミュージックプラザ」(月曜)10月7日は「秋のリクエストスペシャル」、21日は「霧の昭和歌謡」、28日は「宿、ホテルの昭和歌謡」です。他の日や特集に関係のないリクエストも可能です。
リクエストを出す時、「天地真理特集をお願いします」という要望を書き添えましょう。

FM軽井沢「天地真理ミュージックコレクション」へは天地真理オフィシャルウェブサイトの「FM放送」へ。



アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード