『山口百恵』

『山口百恵』という本が最近出ました(朝日文庫)。
著者は中川右介氏。Wikipediaによれば、出版社の経営とともに評伝を中心に音楽関係の著書も多数ある。クラシック音楽関係が多数で「クラシックジャーナル」編集長も務めるが、歌舞伎や映画関係、そして『松田聖子と中森明菜』などのPOPS関係の著書もあると言う人です。

朝日新聞の書評欄(7月29日)では次のように紹介しています。

山口百恵書評005
ここにも書かれているように、著者によればこの本は「百恵ちゃんの魅力」を分析するものではなく「山口百恵とその時代」を「追想するためのひとまとまりの資料」と位置付けられています。また「1970年代の<芸能界>総体へのオマージュ」とも言っています。

以前、『南沙織がいた頃』という本を紹介しました。そちらの著者は大学の先生で芸能関係については素人であくまでファンの立場で書かれたものでした。
それに比べるとこちらはいわばこうした評伝のプロで情報もはるかに多く持っているので、内容的にもずっと充実したものになっています。

しかしプロはそちら側(芸能界)からの視点で見てしまいがちと言うことがあると思います。この本も送り出す側、つまりプロダクションやレコード会社がどういう戦略をとったか、それに百恵さんはどう反応したか、といったことが膨大な資料を踏まえて述べられているのですが、受け取る側、つまり一般大衆がどう聴いたかということはほとんど述べられていません。

実際、著者が「百恵ちゃんの魅力」を分析するものではないと言うとおり、この本を読んで「百恵ちゃんの魅力」はさっぱり分からないのです。「自分を見失うことなく生き抜いたひと」ということだけがこの本を読んでわかる「百恵ちゃんの魅力」なのです。私は自伝の「蒼い時」も平岡正明の「山口百恵は菩薩である」も読んだことはありませんし、一般的な水準以上に百恵さんについて詳しく知っているわけではありません。ですから、百恵さんが著者の言うとおり「自分を見失うことなく生き抜いたひと」であったのか判断できません。しかしそのとおりであったとしても、普通に考えて、ファンの人たちは最初から「自分を見失うことなく生き抜いたひと」だからファンになったわけではないでしょう。それはその後の評価だと思います。

そもそも最初から「百恵ちゃんの魅力」を対象外として評伝が成り立つのか、私には疑問です。
著者は音楽についての著書も多数あるのですから、<うた>そのものについてももっと触れればいいと思うのですが、もっぱら企画の面から述べられているだけです。
何より不満なのは、「時代」を謳っているのに、百恵さんがその時代の人たちに何を与えたのか、逆に言えば人々は百恵さんから何を得たのか、それがさっぱり分からないのです。

この本は偉人伝のようです。「虚構の世界で虚構の人物を演じながらも、自分を見失うことなく生き抜いた」偉大な歌手がいたというわけです。しかし、歌手の価値はその人がどう生きたかということではなく、そのうたが人々にどう受け止められ、その心に何を生んだか、ということで判断されるものではないでしょうか。「歌手」を「スター」と置き換えてもいいでしょう。スターの価値はその存在が人々の心に何を生んだかということであるはずです。
天地真理さんの場合それは明白です。真理さんは日本中の人々に「幸せ」をもたらしたのです。
では百恵さんは何でしょうか?残念ながらこの本ではそれはわかりませんでした。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

秘蔵ライブ(5) さくらさくら

私は真理さんは日本情緒のような曲は得意でないと思ってきました。演歌などはいかにも歌いにくそうで、彼女の発声法、歌唱法があっていないと思うのです。 
ところが、Youtubeで「さくらさくら」を聴いて驚きました。


     (Sugi4Geruさんのライブラリーから。1975年4月)

聴いたことのないような「さくら さくら」です。もともとこの曲は日本の伝統的な曲としてはあまり湿っぽくなく、おおらかな感じがする曲ですが、真理さんのうたはとりわけカラッとしています。
ヨーロッパで例えれば、地中海岸のラテン的明るさと言えばよいでしょうか。太陽の光がさんさんと降り注いでいるような感じです。
こういう曲は通常、情緒たっぷりに歌われますが、真理さんのうたはそういう聴き慣れた定型的な歌い方とはまったく違います。こねるような歌い方ではなく、いわば直線的な歌い方で、勿体をつけたところがまったくない。声は明るいというだけでなく、輝くようで、特に「いざやいざや」のところは彼女の声の力が全開で<強さ>さえ感じます。
一般的な優美な歌い方がソメイヨシノのはらはらと散る光景を連想させるとすれば、真理さんの「さくらさくら」は青空に映える八重桜のような生命力を感じるうたです。

この「さくらさくら」に限らず、真理さんはしばしば、その曲について私たちが持っているイメージとまったく違う歌い方をすることがあります。私などはそれが天地真理のうたを聴く一つの楽しみなのですが、「こうあるべきだ」というイメージと違うために「下手だ」と思われてしまったこともあったのではないかと思います。ちょっと大げさに言えば、異文化を受け入れられないと言うことと似ています。

同じような印象を受けたのが「みかんの花咲く丘」です。
これは戦後の曲ですから日本の伝統的な曲というわけではありませんが、童謡系の曲です。真理さんが童謡系の曲を歌う場合、素朴になりすぎることが多いと私は感じているのですが、これは違いました。


    (Sugi4Geruさんのライブラリーから。1975年3月)

この曲は8分の6拍子です。数学的に約分すると4分の3拍子になりますが、音楽としては2拍子系です。つまり、8分音符3つをひと組とすると、1小節にそれが2組含まれるので2拍子なのです。
これを由紀さおりさんで聴くとゆったりと流麗に歌っています。それに対し真理さんの場合は拍子が明確で8分の6拍子の構造がくっきりとしています。
どうしてそうなるのか、これは想像ですが、由紀さおりさんの場合は歌詞をことばとしてスムーズになるように音楽に乗せていると思うのですが、真理さんはピアノを弾く感覚で、つまり音楽の論理で歌っているのではないかと思うのです。私は真理さんのうたは基本的に音楽優先のように思っているのですが、これなどはそのいい例ではないでしょうか。

そういうわけで由紀さんのうたは流麗で抵抗感がありません。だれもが自然に受け入れられるうたです。それに対し、真理さんの場合はちょっとごつごつした感じで抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。これも、自分が受け入れにくいので「下手だ」と思ってしまう人もあるかもしれません。しかし先入観なく聴けば、「さくらさくら」と同じく太陽の光が降り注ぐような明るさ、明快な8分の6拍子から生まれる活気ある楽しさを感じ取ることができるでしょう。私などは聴けば聴くほど楽しくなってくるのです。

いずれも真理さんが得意とするジャンルではありませんが、だからこそ真理さんのうたの特質がはっきり現れています。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード