L'AMOUR en BLEU

しばらく更新できませんでしたが、実は予定していた内容にアクシデントがあって、掲載できなくなってしまいました。とはいえ、いつまでも更新しないのもどうかと思いますので、今回は"つなぎ"の話題です。

表題はわかりますか?フランス語です。「みなさんフランス語はわからないでしょ」とミシェル・ポルナレフの「ホリデイー」を日本語で歌ったときに真理さんが言ってましたね。
でも、みなさんはお分かりでしょう。『水色の恋』のつもりです。「つもり」というのは正しい言い方か分からないからです。これは『恋は水色』の原題「L'AMOUR EST BLEU」をヒントにソニーの公式サイト名「Love in Blue」を私が適当に訳したものです。「in」が「en」でいいのか、自信はないので、フランス語の分かる方、ちがっていたらお知らせください。

さて、なぜ『水色の恋』をフランス語で書いたかというと、フランス語で歌った『水色の恋』を紹介しようと思ったからです。これはもうだいぶ前に発売されていたので、知っている方が多いと思いますが、ADEYTOという人が日本の曲をフランス語で歌ったアルバム『ADEYTO』の中にあります。ADEYTOさんという人はドイツ人の父とフランス人の母との間にフランスで生まれ、10歳の時にドイツに移り、14歳で獅子舞を見て日本文化に興味を持ち19歳の時に来日。以来日本で暮らす日本文化大好きという方です。私は知らなかったのですが、映画やテレビにも結構出ておられるようなのでご存知の方もおられるでしょう。

さて、このアルバムは以下のような構成になっています。

1. マイ・ピュア・レディ(オリジナル:尾崎亜美)
2. ある日突然(オリジナル:トワ・エ・モワ)
3. 花の首飾り(オリジナル:ザ・タイガース)
4. 天使の誘惑(オリジナル:薫ジュン)
5. 魅せられて(オリジナル:ジュディ・オング)
6. 経験(オリジナル:辺見マリ)
7. 水色の恋(オリジナル:天地真理)
8. 愛の奇跡(オリジナル:ヒデとロザンナ)
9. ひと夏の経験(オリジナル:山口百恵)
10. 空に星があるように(オリジナル:荒木一朗)

それぞれのさわりはここで聴けますが、『天使の誘惑』などフランス・ギャルの歌を思わせますね。あの頃は、欧米ポピュラーも英米系ばかりでなく、フランスやイタリアなどそれぞれシャンソンやカンツォーネの系譜を引いて独特の魅力があったものですね。その意味でビートルズはそういう各国の音楽をつぶしてつまらなくしてしまったと門外漢の偏見で見ているのですが、それはともかく、あの頃フランスやイタリアのポップスが日本で人気があった理由がこのアルバムでわかった気がします。つまり日本のポップス(まだJポップなどとは言われていないけれどそれまでの「歌謡曲」とは一線を画していた)と通じるものが多かったということなのですね。話題の由紀さおりさんの歌っている歌もそういう歌ですね。

それではフランス語で歌う『水色の恋』を聴きながらパリの散策をお楽しみください。

[広告] VPS


どうだったでしょうか?アレンジも洒落ていて楽しいですね。
『水色の恋』は対応力が広いというか、いろいろな曲調に適合できるのですね。Youtubeでも肉声(男女)あり、ピアノあり、ギターあり、アルトサックスあり、オカリナあり、いろいろなバージョンがUPされています。
このフランス語版も全く違和感がありませんね。知らない人に「フレンチポップスだよ」と言ったらそう信じてしまいそうです。この人に真理さんのほかの歌もフランス語で歌ってもらったら、きっと合うと思います。特にセカンドアルバムの曲、たとえば『夢のチャペル』とか『好きだから』などはフランス語に絶対合うと思います。
それがフランスで人気を呼べば「“本家”は誰だ」ということになるのですが・・・。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

リクエストしませんか

あけまして おめでとうございます

寄る年波というのか、だんだん無理がきかなくなって、今年は新年の更新が今頃になってしまいました。
しかし、遅れたおかげでいいネタに出会えました。

今朝(1月5日)の朝日新聞の「声」(投書欄)は『アイドル』特集だったのですが、そこに「天地真理の出る番組探した」という投書が掲載されていました。(お名前は個人情報なのでカットしてあります)


声


字数制限がありますし、ファンクラブやファンサイトについてはご存知ないようなので物足りないところがありますが、こういう場で真理さんのことが話題になったのはうれしいことですね。こういう特集があると知っていれば私も練りに練って投稿したのですが、その点は残念です。でもこれがきっかけになって、ネットで真理さんの話題を探そうというかつてのファンもきっと多くいると思いますから、マスコミの力はやはり大きいと思います。

昨年はファンクラブも再結成され、デビュー40周年の諸行事も盛大にできました。でもこれだけではまだ仲間内で盛り上がっているだけになってしまいますね。もちろんファンの絆が強くなることはとても大事なことで、そういう力が「女性有名人人気投票」での圧倒的な優勝となって表れたと思います。そこで、今年はその力を外に向けて、「歌手 天地真理」復権への第一歩にできたらと思うのです。

そのためには、この投書のようにできるだけ多くの人の目(耳)に触れることがやはり有効だと思います。昨年の由紀さおりさんの成功例から外国からの話題づくりに取り組んでおられる方もいます。いいアイデアだと思います。

私も昨年6月、「オー・マリアーナ」の動画を母国クロアチアに向けてYoutubeにアップしましたが、それも話題づくりの一つとして考えたものです。今のところそれが華々しい話題になっているわけではありませんが、クロアチアや周辺諸国では少しずつ浸透しているという感触はあります。現在までの再生回数は6746回ですが、その内、日本が1710回(25%)に対しクロアチア(人口は日本の30分の1)が682回(10%)ですし、最近はほとんど同じくらいになっています。75%はドイツ・東欧など外国の人が聴いているのですから、絶対数はそう多くはないとしても比率で言えば非常に国際的な聴かれ方をしているといっていいでしょう。もう一年でどう広がるか楽しみです。

しかし、もっと身近で誰でもできることと言えば「リクエスト」ですね。私は若い頃もリクエストというものをしたことがなかったので、いままで思いつかなかったのですが、真理さんの歌を多くの人に聴いてもらうとすればこれほど簡便な手段はありませんね。テレビではそういう番組もないと思いますが、ラジオならあります。

私はラジオもあまり聴かないので(そういう時間もありませんから)よく知らないのですが、たとえばNHK・FMの午後4時から「ミュージックプラザ」という番組があります。その月曜日が「つのだ☆ひろのこだわり昭和歌謡」となっています。
番組HPで調べてみると2005年10月3日には「天地真理特集」がありました。それを含め2005年から7年間で真理さんの歌は17回放送されています。少ない年もありますが平均年3回くらいです。ちなみに南沙織さん28回、小柳ルミ子さん19回、山口百恵さん23回といったところです。南沙織さんが多いのはつのだ☆ひろさんが提供した曲が何回か放送されているからですが、真理さんはちょっと少なめですね。
その中で「恋する夏の日」が8回で断トツに多く、「水色の恋」「ひとりじゃないの」「虹をわたって」「若葉のささやき」「想い出のセレナーデ」がそれぞれ1~2回となっています。「恋する夏の日」は夏の定番になっているためですが、ファンからするとちょっと偏り過ぎですね。
ともかく、他の番組でもそうだと思うのですが、普通、ラジオでもテレビでも放送されるのはシングルの大ヒット曲ばかりです。でもこれだけでは、あらためて真理さんのうたの魅力を知ってもらうには不十分だと思います。
そこでこの番組にリクエストするなら特集のテーマを活用するのはどうでしょう。たとえば「明日の昭和歌謡」という特集で真理さんの「涙は明日に」がかかっています。これだとテーマに合っていればヒット曲以外のオリジナル曲やカバーもかけてもらえそうですから、Youtubeなどを見ない人にも真理さんへの認識を新たにしてもらうことができます。もちろん普通のリクエストとしてそうした曲を挙げてもいいのです。

それから私は地元の放送局の番組にリクエストを出してあります。それは中高年向けの番組で、一人の歌手の曲を5~6曲かけてくれるコーナーがあるのです。しかも最近、それを2~3回シリーズでもできるようになったのです。そうすると最大18曲かかりますから、最適なのです。そこで、天地真理特集を3回シリーズでやってほしいという希望を具体的な曲名もつけて出してあります。しかし、今のところ反応がありません。どうなるかわかりませんが、またしばらくしたら出してみるつもりです。

そこで提案です。何曲もかかる番組でなくてもいいので、全国放送でも地方の番組でもリクエストが可能な番組があれば、真理さんの曲をリクエストしませんか。それもできるだけ「おなじみ」ではないが真理さんの魅力がわかる曲がいいと思います。それぞれの生活時間もありますし、若者向けの番組では難しいと思いますから、都合のいい番組は限られるかもしれませんが、あればやってみませんか。それですぐに大きな反響があるわけでもありませんが、やらないよりはいいくらいのつもりでどうでしょう。
賛同できる方はやってみてください。

ただし、例に挙げた「ミュージックプラザ」など特定の番組に急にたくさんのリクエストが集中すると"組織票"ととられるかもしれませんから、ぼちぼちと息長くやりましょう。

また、これは私の思いつきですが、ほかにも真理さんを応援する方法はいろいろあると思います。それぞれの得意なこと、できることをやっていきましょう。

今年もよろしくお願いいたします。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード