“偉大な過去”とのたたかい

先日テレビでフィギュアスケートのNHK杯女子シングル、浅田真央さんのフリーの演技を見ていました。私は競技としての専門的なことはわかりません。ジャンプの種類などさっぱり区別ができません。しかし、リストの「愛の夢」にのって滑るこの日の真央さんの演技は誰よりも優雅で美しく、非常に完成度の高いものであることはわかりました。
そして最後の演技を終えてポーズをとった真央さんの表情の素晴らしさ。それは、形容が難しいのですが、敢えて言えば深いところから滲みだしてきたような笑顔でした。それを見て、私は胸がジーンと熱くなってしまいました。

真央


思えば、浅田真央さんは16歳でシニアデビューしたとたん、グランプリファイナルで優勝という快挙を成し遂げ、彼女自身は年齢制限で出場できなかったトリノオリンピック優勝の荒川静香さん引退後の日本のエースとして、グランプリファイナル2度、世界選手権2度の優勝を飾り、何度も歴代最高得点を更新、フリーで史上初の2度のトリプルアクセル成功など、日本のみならず世界のフィギュア史上でも最高の成績をあげてきました。それが2009-10のシーズンでは前半不調が続き、後半立て直してバンクーバーオリンピックは史上初の一大会3回のトリプルアクセルを成功させたものの、ライバルのキム・ヨナさんに敗れ銀メダルに終わりました。
2010-11のシーズンは全く生彩を欠き、ジャンプは失敗が目立ち、優勝はおろか3位入賞さえできない成績が続きました。「あの真央ちゃんはどこへいったのか」というのが日本の人たちの共通の思いではなかったでしょうか。インタビューでの表情も、かつての自信に満ちた笑顔は影をひそめてしまいました。

NHK杯は彼女にとって今シーズン初めての大会、みんながかたずをのんで見ていたと思います。そんな中でのあの演技、そしてあの笑顔です。私が胸を熱くしたのは、そこに天地真理さんを重ねてみていたのです。ともに誰も立ったことのない頂点を極め、勝って当たり前と誰にも見られてしまうところから、どんなにがんばってもかつてのように勝てない状態へ落ち込んでいったという意味で、2人には共通点があると思うのです。自分自身の“偉大な過去”をもってしまった人は、経験のない者には想像のつかない重圧を受けて生きていかざるを得ないのだろうと思います。
真理さんの入院・休養にも(それだけが原因とは私は考えませんが)そのことがひとつの大きな要素としてあったとは思っています。

しかし、あの演技を見て、私は真央さんはそれを乗り越えつつあると感じました。あの形容のしようのない笑顔は過去の強い<浅田真央>と格闘し、今新しい自分になれたというひそやかなよろこびがもたらしたもののように思えます。
この2年間、精神的にもつらい日々があったでしょう。しかし、ひたむきな練習を積み重ねることによって光が見えるところまで来たのです。

一方、歌手の場合にはスポーツと違って自分が努力すればその結果がおのずから出てくるというものではありません。スポーツでは努力の結果は客観的な勝敗(球技、格闘技など)や数字的記録となって現れてきます。何秒とか何メートルという形です。フィギュアはその中では主観的要素が入る余地のある競技だと思いますが、評価の基準は明確ですから基本的には客観的な得点になります。
ところが歌手の場合、例えばレコード(CD)売上げは客観的な数字で表れますが、それは本人の努力とは直接には関係ありません。売れるかどうかは偶然的要素も含めてきわめて多様で何がヒットの原因かは明快ではありません。本人が努力してうまく歌えばヒットするというものではないのです。その他の要素も数字自体は客観的であっても、それが本人の努力を反映するものとは言えないのです。コントロールできない“運”のような要素が強いと言えます。そこに真央さんの場合とは違った真理さんの苦悩があったのです。

浅田真央さんがこれからどのように“今”の自分を表現していくか、期待して見守りたいと思います。彼女のイニシャルも<A・M>ですから。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

新しい人生のはじまり

今日は真理さんのお誕生日です。
真理さんも還暦を迎えられたのですね。

先日、テレビを見ていたら、マヤの予言についての番組がありました。
マヤの遺跡に残された暦が来年12月までしかない、つまりその時この世が終わるという噂が日本でもまことしやかにささやかれているそうですね。私はこの種のことに全く関心がなく、かつてのノストラダムス騒動の時も無関心でしたけれど、今度そんな噂が広がっているということも全く知りませんでした。
しかし、この番組によると、それはひとつの周期が終わるということを意味するだけで、その日から5000年に及ぶ新しい周期が始まるということなのだ、ということでした。
とすれば、その始まりの日に立ち会えるなんてすばらしいことではありませんか。

「還暦」も暦が還って元にかえることですね。つまり新しい命の誕生なのです。
真理さんもこの60年間に、誰も経験したことのないよろこびもあれば、誰にも言えない苦しみもあったと思います。
でも、今日からはまた新しい一歩です。
最愛の真保さんと共にほんとうに幸せな人生を歩んでいただきたいと思っています。
お誕生日、おめでとうございます!

さて、お誕生日記念に何かおもしろい話題でも取りあげたいところですが、あいにくネタ切れです。
そこで、私の手持ちの録音から、これまで公開してこなかったものを3つ(4つ?)、Youtubeに投稿しました。

1つ目は、1975年はじめ頃(1~2月)、タイトルは忘れましたが、割と遅い時間帯の愛川欽也の番組に出演された時の様子です。最初は2人による「爪」。1958年平岡精二作曲でペギー葉山さんなどが歌っていますが、向田邦子さんがお好きで、久世光彦さんもこの曲には特別の思いをもっていたようです。
私ははじめシャンソンかと思いましたが、とてもしゃれたムードのある曲で、2人もとても気持ちよく歌っています。(実はこの後、冗談で頼んだ焼きそば30人前が届いて大騒ぎになりますが、それはカット)
次に、この部分だけすでに2年前にUPしてありますが「幸せの黄色いリボン」。息が合って実に楽しく歌っています。
最後に真理さんだけで「木枯らしの舗道」。シングルの凛とした歌い方と少し違って、沈潜した歌い方ですね。いわゆる“さび”のところでマイクを引いて歌っていますが、当時声量のある歌手がよくやっていました。その分、少し声が遠くなってしまったのは残念ですが、全体として味のあるうたですね。

2つ目は1975年4月7日放送のTBS「モーニングジャンボ奥様8時半です」。前半と後半に分かれています。前半では「真理ちゃんが最近変わってきた」とかフランス旅行の話、リサイタルの話があり新傾向の曲ということで「赤ちょうちん」と「母」を歌っていますが、歌の部分は別にUPしましたのでカットしてあります。その後お母さんの話、お父さんと会った話が続きます。
後半は小山田宗徳さん、加茂さくらさんが加わりミュージカル「君を知るや南の国」について期待を語り合い、最後はミニヨンの衣装で「愛のアルバム」を歌っています。

3つ目は上の番組でカットした「赤ちょうちん」です。「母」は3年前すでにUPしてあり、感動的な熱唱ですが、こちらは地声を使ったやや実験的な歌い方で、地声の使い方がまだこなれていない感じがしますが、ファルセットの部分はさすがに見事です。

誕生日記念の蔵出しです。お楽しみください。

アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード