いつものパターン

「週刊アサヒ芸能」(11/3)に「消えた歌姫の伝説」というシリーズの4回目として天地真理さんが取りあげられています。
この雑誌の傾向からしても期待はしていませんでしたが、いつものパターン以上のものではありません。特に悪意ある記事というほどではありませんが、自分でしっかり取材したというものではありません。多少の新しい証言があることにはありますが、内容的には大したことではありません。
だから、わざわざ紹介することもないのですが、前回記事のコメントでの話題と重なるところもありますので、ちょっとだけ触れておきます。実際の紙面を読んでない方には分かりにくいかもしれませんが、想像してください。

まず最初に事実関係について。どうでもいいことばかりですが、はじめてこのような記事を読んだ人は誤った情報を信じてしまうかもしれませんから、一応触れておきます。
まず、リード部分で「今より『国民的アイドル』という言葉に価値があった時代」というくだりがありますが、『国民的アイドル』という言葉はたぶん後藤久美子の「国民的美少女」から派生した言葉で1980年代に使われ始めたはず。真理さんの頃はこういう言い方はなかったのです。筆者は1974年に中学生になったと書いてあるからこのくらいの記憶はあるはずですが。この筆者はこういう時間的、歴史的な関係がごっちゃになってしまう傾向があるようです。
次に、最初に10月1日のデビュー40周年祝賀会のことが報じられています。(ただし筆者がこの会に参加していたわけではなさそうです。)40年前のデビューと同じ場所であることを紹介した後、次にように書かれています。「ただし、多くのメディアを動かした71年と決定的に違う点がひとつある。」と主催者からの「マスコミお断り」の言葉が掲げられています。しかし、(確実な情報があるわけではありませんが)私の理解では、71年のデビュー時も「多くのメディアを動かした」というほどではなかったのではないでしょうか。もしそうならメイツという小さな会場で行うよりもっと大きな舞台が用意されたはずです。私の観測では渡辺プロは真理さんに最初はあまり期待していたようには見えません。思いがけず「水色の恋」がヒットチャートを駆け上がり始めて、ようやく11月5日の誕生日に大きな会をもったのだと思います。(なお、なぜ「マスコミお断り」になったのか、この筆者はマスコミ関係者の一員として考えてみようと言う気はないようです。)
もうひとつ。彼女のスキャンダル報道を3つあげ、「2歳の年齢詐称は事実だった」と書いていますが、2歳ではなく1歳です。そういうことは当時珍しいことでもなかったし、それ自体はほんとうにどうでもいいことですが、こんな簡単なことさえ間違えているのは、この記事を書くにあたって情報を確認することさえせず自分の記憶に頼ったからでしょう。取材の安易さがうかがわれます。また、他の2つについては「人気をねたんでのデッチ上げだった可能性が高い」と書いています。「デッチ上げ」と書いたことは今までの報道に比べればずっと評価できます。しかしそれならば、「可能性が高い」などと言わず、「デッチあげだった」と言いきればいいのです。なぜまだ可能性を残すような書き方をするのでしょうか。きちんと調査したうえで証明できなければ、せめて「それを証明する事実はつかめなかった」くらいの言い方ができたはずです。

こういう、事実をきちんと追及しないという姿勢は全編を通じて見られます。たとえば「周期的に奇行が目撃された」という小見出しがありますが、本文であげられているのは「75年頃」(76年?)のことと最近5年以内のことだけです。「周期的」と書きながら、その間30年間のことについては事実は何もあげていません。おそらく調べてもないのでしょう。これまでもそう書かれていたから「周期的」だったのだろうとこの筆者自身が思い込んでいるのではないでしょうか。
また、「ポルノにまで出演する必要があったのかどうか―」と書いていますが、そう思ったらきちんと取材してその疑問を解けばいいのにそういうことは酒井氏への取材以外一切してないようです。もちろん映画そのものも見ていないでしょう。
(実はこの筆者は吉田拓郎の評伝も書いているのですが、あるブログに吉田拓郎本人の文章が掲載されていて、そこには、吉田拓郎もその関係者も全く取材を受けていないにもかかわらず事実でないことを書かれたと抗議しているのです。もっともそのブログも吉田拓郎本人のブログではないので、この文章も本当に本人のものなのか確かめられないのですが。)
酒井政利氏や山上路夫氏には取材したようですが、その発言についても検証は何もしていません。たとえば山上氏は「歌声も、ブース越しに聴いていると世間の評価よりも説得力は十分でした」と言っているのに(氏のこのような発言を私は初めて見ました。この記事で唯一注目すべき発言です)この筆者は実際に彼女のうたを聴いて「説得力は十分」かどうか確かめようとした気配もありません。プレミアムボックスを聴いて確かめようとしたなら、この文章は全く違ったものになった可能性があると思います。
酒井氏はほぼ「夕刊フジ」で書いていることと同じです。「彼女はアイドルというカプセルの中にいるから、誰かに言われるままにしか動けない。どんな仕事でも、男に頼まれると引き受けてしまうんです。」と言っています。酒井氏自身どんな根拠に基づいて言っているのかわかりませんが、それをこの筆者は確かめようともせずそのまま引用しています。たしかに酒井氏の言葉そのままだといえばそうでしょうが、自分の文章に引用するなら検証は必要なはずです。このままでは、酒井氏の言うことだから事実なのだろうと思いこんでしまう読者も多いでしょう。そのことに筆者は責任をもたなければいけないという自覚はないようです。
ちなみに私はこの酒井氏の言葉について全く別の見解をもちます。たしかに真理さんはどんな仕事でも引き受けてしまうようなところがあったと思います。しかしそれは「アイドルというカプセルの中にいるから」ではなく、真理さんの人間的やさしさからきていると思っています。「頼まれたら断れない」のは人間として欠点でしょうか?私はそういう人が幸せに生きられる世の中であってほしいと思うのです。

「ちょっとだけ」のはずがだいぶ長くなってしまいました。ともかく、真理さんについての記事はいつもこういう同じパターンの繰り返しです。よく読めば事実さえあやふやなのに、疑問も抱かず追及もしないのです。少しはましな記事を次には期待したいと思います。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

『南沙織がいたころ』

最近『南沙織がいたころ』(朝日新書)という本が出版されました。著者は永井良和という方です。私はよく知らないのですが関西大学社会学教授で専門は大衆文化論・都市社会学ということです。
内容としては一言でいえば南沙織さんの半生を描いたものですが、芸能界の人とかとくにそれに詳しい人というわけではありません。したがって誰も知らなかった新しい事実とかが出てくるわけではありません。本人にインタビューしたわけでもありません。ただ少年時代からの南沙織さんの普通のファンとしての立場で<メディアを通して知り得たことを素材として・・・沙織さんと、沙織さんを支えたスタッフ、そして沙織さんの歌を聴いていたファンがつくりあげた「作品としての南沙織」について書いた>ものです。
たしかにファンの立場からの温かい視点で沙織さんの成長を追うような内容で、特に新しい内容があるわけではありません。ファンの立場からといってもひいきの引き倒しのようなところとか事情通をひけらかすようなところもなく落ち着いた客観的な記述です。そういう意味では好感が持てます。真理さんにもこんな本ができたならと羨ましくもなります。

ただ真理さんについての本を考えるとすれば物足りないところもあります。特に沙織さんのうたの魅力がどこにあるのか、あまり鮮明ではありません。生身の沙織さんの成長に応じてつくられた私小説的な歌といったよく言われるような解説は出てきますが、この著者が沙織さんのうたのどこにどういう魅力を感じているのか、ということはあまりよくわかりません。そういう意味では読んで沙織さんの魅力がよりよくわかったという本ではありませんでした。

ただこういう形でのまとめ方もあるのだな、ということでは参考になりました。つまり、公表された資料だけを使って「作品としての○○」を描くという手法です。これなら真理さんについてもすぐ書けそうな気がします。しかし、こういう書き方ができるのは南沙織さんについての事実と公表されていることとがそれほど乖離がないからではないでしょうか。私は沙織さんに好感は持っていますが特にファンでもないのに、この本で新たに知ったことは一つしかありません。それはお父さん(実父)が日本人だということぐらいです。それも別の雑誌で公表されているそうですから秘密でもありません。つまり南沙織さんの場合は謎のところはあまりないのです(もしかしたらファンの人から「違うよ」といわれるかもしれませんが)。沙織さんも芸能界の中で苦しんだことは多々あったということはこの本からもわかります。しかしそれでも概して真っすぐな道を生きてこられたと言えるのではないでしょうか。もちろんそれは偶然ということではなく、そういう人生を引き寄せる沙織さんの強い意志があり、それを尊重してくれる環境があったからだと思います。

しかし真理さんの場合はそうはいきませんでした。真理さんの人生は自分の意志のとおりにはいかないことが多く、起伏の大きい道であったと思います。しかしさまざまな困難を経験しながらも「天地真理」として生きてこられたこと、そのことを私は何よりよろこび感謝したいと思っています。
ただその人生を描こうとしたら本当に難しいのです。マスコミなどに公表された情報だけではむしろ誤解を招きかねないと思います。そういう部分をカットして<うた>についてだけ書くという方法もあると思います。はっきり言えば私の関心もそこにあります。その意味では真理さんの人生自体は関係がないのです。

芸術家には尋常でない人も多いと言われます。むしろ常識的な人の作品は面白くないなどと言われるぐらいです。芸術家(芸人)にまで社会の模範となるべき倫理性が求められることになったのはごく最近のことでしょう。かつては生活者としては破綻者だがひとたび舞台に立つと誰もまねできない演技を見せる役者とかいたものです。芸術家の評価とは、その性格とか人生についてではなく、芸術そのものについてです。その意味で真理さんについても多くの人に紹介したいのは<うた>そのものです。

実際、Youtubeで真理さんのうたを聴き、その素晴らしさを知ったという人は本当に多くいます。しかし、まだまだそれが人々の常識になるようにはなっていません。より多くの人に聴いてもらうにはどうしたらよいでしょうか。聴いてみようという動機を生み出すためには、世間の人たちが持っているさまざまな先入観を解いていくことも必要です。そのようにして先入観なく真理さんの<うた>に耳を傾けてもらえるならば、“歌手・天地真理”がそれにふさわしい評価を必ず得られると私は思っているのです。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

アルバムの女王(2)

10月1日の天地真理さんデビュー40周年祝賀会はすばらしい会になったようですね。真理さんはとても元気になられ、「水色の恋」は心こめたすばらしい歌だったということですね。太田裕美さんもかけつけ、森光子さんからもメッセージがあったとか。真理さんにとって最高の記念日になったのではないでしょうか。そして参加されたファンのみなさんにとっても忘れられない日になったと思います。皆さんの報告を読ませていただいて、参加できなかった私さえこんなにも素晴らしい会で真理さんのデビュー40周年を祝うことができたことがうれしくてたまりません。真保さんはじめファンクラブスタッフの皆さんの周到な準備のおかげと思います。ありがとうございました。

さて、前回、天地真理さんとピンクレディー、松田聖子さんという活躍した時代が違う歌手を単純にレコード売り上げ枚数だけで比較できるだろうかという疑問を掲げました。
今回はできるだけ実態に合った比較ができるような試みをしてみようと思います。

私がいま入手している資料は十分ではありません。したがって大雑把な比較になりますが「オリコン1位獲得アルバム」のデータがありますのでこれを中心にを比較したいと思います。
ただこの資料には売上枚数が入っていません。そこで「年間売上ベスト10」のデータを合わせて使います。ただ双方に出てくるアルバムにずれがあるため売上枚数がわからないものもありますが、わかったものを比較します。
その際、物価の変化を調整するために物価上昇率を加味します。1970年から現在まで物価は平均で3~4倍になっています。ところが、この間レコードの価格はあまり変わっておらずLPなら2000円前後でした。レコードは物価の優等生だったのですね。他の物価が上がっている(所得も上がっている)ので、LPの価値は実質的に低下してきたことになり、中学・高校生などには真理さんの頃には買いにくかったけれど聖子さんの頃には買いやすくなったのです。
そこで物価(貨幣価値)を同じにした時に売上枚数はどうなるか、次のように計算してみます。
 ①1970年の物価水準を100として各年の物価水準を指数で表します 
 ②各年の売上枚数をその年の指数①で割って100倍します
つまり、物価水準が1970年の2倍(指数200)になっていたとして、LPの値段がほとんど変わらず2000円なら実質的には半額になっているのです。そうするとその年10万枚売れたアルバムは1970年だったら5万枚しか売れなかったと計算できます。(あくまで計算上です)
 計算式は 10万枚÷200×100=5万枚 となります。
次の表の「補正後」というのはこれです。

          オリコン1位獲得アルバム
オリコン
   (上の表で「曲」となっているのは「アルバム」の間違いです)

こうしてみると、ピンクレディーはベスト版以外はアルバムの売り上げは多くなかったのですね。聖子さんは活躍期間が長いのでたくさんあがっていますが、最高の「SUPREME」も補正してみると真理さんのファーストアルバムと同じくらいの売れ方になりますし、他のアルバムも真理さんのアルバムと同程度と考えてよさそうです。
つまり真理さんとピンクレディー、聖子さんの差は生の数字よりずっと小さい、むしろ同じくらいだということが言えそうです。

さらに、この表は物価指数だけで考えましたが、そのほかの要素もあります。たとえば所得が増えるとエンゲル係数が下がりますから教養・娯楽費が増えてレコードやCDを買うことも増えるでしょう。また、真理さんの頃には再生装置自体が高価でどこの家でも持っているという状態ではなく、「ステレオ」は家宝のようでした(下の写真参照)。それがピンクレディーや聖子さんのころになればかなり普及し、レコードやCDをかけられる環境が整ってきました。当然レコードやCDの売り上げが伸びて当然なのです。
こう考えてくると、後の時代よりはるかにLPが売れにくい条件のもとで、真理さんがあれだけの売り上げを示したというのは驚異的なことだったのです。

ステレオ2

さらにもう一度上の表を見てみると、1972年の真理さんが1位の週が合計22週です。つまり1年の半分近くを独占していたということになります。順位というのは相対的なものですから他の曲の状況に左右されます。しかし逆にその時代の中でどういう位置を占めたかということをよく表してくれます。私は直感的に真理さんの当時の人気はシェア50%と思っているのですが、アルバムにおけるこの数字を見るとまさにその通りですね。 やはり「アルバムの女王」と言ってよいでしょう。

アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

アルバムの女王(1)

今日は10月1日、真理さんの歌手デビューの日です。東京では40周年の祝賀会が行われているはずです。
5年前、本編の「空いっぱいの幸せ」をはじめたのもこの日でしたし、毎年、この日は必ず更新をするようにしてきました。しかし、今年はいろいろ追われていて、何も用意しないままにこの日が迫ってきてしまいました。
そこで、本編の更新用に集めはじめたばかりでまとまっていないのですが、いくつか資料を紹介して若干の考察をしてみようと思います。

40年前の今日、真理さんは「水色の恋」で歌手としてデビューしたわけですが、あっという間にオリコンで3位に入ってしまいました。その後、出す曲すべてが大ヒットで3曲連続を含む5曲が1位を獲得し、当時の記録をすべて塗り替えてしまいました。この記録は4年後ピンクレディーによって破られるまで、また女性ソロ歌手としては10年後松田聖子さんによって破られるまで真理さんが保持していました。

しかし真理さんの特徴はシングルよりむしろアルバムにありました。ライバルの小柳ルミ子さんとの対比で、シングルの小柳、アルバムの天地と言われていました。
当時LPレコードは2000円前後でしたが、物価指数でみれば今の価値の3倍くらいですから、今でいえば6000円くらいということでまだまだ高価でした。ですからある程度お金をもっている大人、あるいは音楽をじっくり聴きたい学生などが主な購買層で、森進一や藤圭子など演歌系の歌手かプレスリーやサイモン&ガーファンクルのような(今の言い方で言えば)洋楽系の歌手のアルバムが上位を占めていました。
ところが真理さんはファーストアルバムがいきなり12週1位を続け、年間の売り上げでもアルバムではファーストアルバムが、歌手別では真理さんが1位を獲得してしまったのです。真理さんは若いポップス系の歌手として初めての<アルバムが売れる歌手>となったのです。
ということは、高いお金を出してもLPを買う価値のある歌手だったということです。

そのあたりのことを「オリコン」1980年9月12日号では次のように言っています。

「天地真理のウルトラ人気を示すデータとして見逃せないのはアルバムのセールスである。ファーストLP、『水色の恋/涙から明日へ』から『天地真理ギフトパック』まで8枚ものアルバムが連続してトップ10にはいり、何と7枚目の『恋する夏の日』まではすべてトップ5にランクされているのだ(そのうち5枚が1位)。現在と当時の音楽状況、経済状況はもちろん違ってはいるか、アルバムをこれだけ売るアーティストというのは並大抵ではない。また彼女の異質ともいえるファルセット、説得力ある歌唱力抜きでは、たとえ外見的な人気が多分にあったとしても、これほどのセールスには結びつかなかったに違いない。」

この分析は当時のマス(?)コミとしては珍しく先入観にとらわれないまっとうな評価となっていますが、思いこみではなくデータという事実をしっかり見ているからこそこのような評価ができたのでしょう。
   (元記事はサムネイルをクリックして見てください)

オリコン記事

シングル盤で真理さんの記録を破ったのがピンクレディーと松田聖子さんということはすでに書きましたが、この間、レコードの売り上げが総体として急速に増えてきています。高度経済成長で日本は年々豊かになり所得も増えたことが反映しているのでしょう。そういう変化を抜きに単純に枚数だけで比較抱きるのでしょうか?
次回はそのへんを考察してみたいと思います。

 アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード