2人のAM(2)

前回では真理さんの全盛期に感じていた2人のAM、アマデウス・モーツァルトと天地真理さんの共通の魅力について書きました。

ところが、40年後の今、別の共通点も感じています。それは2人の人生における共通点です。

最近Wikipediadeで知ったのですが、「アマデウス」は通称で「テオフィルス」が本来なようです。「テオフィルス」はギリシア語で「神に愛された者」という意味のようですが、モーツアルト自身はそのラテン語意訳である「アマデウス」を好んで使っていたようです。
実際、モーツァルトは幼少時から天才を発揮して<神童>ともてはやされました。マリア・テレジア女帝の御前演奏でのマリー・アントワネットとの出会いなど有名なエピソードに事欠きません。
しかし、成長して"可愛いアイドル"でなくなってくると次第に人々から忘れ去られていきました。封建領主の庇護から自立してウィーンへ出てからは時に成功もありましたが、常に生活に追われる日々でした。モーツァルトの音楽は時代の先を行っていて、その真価は一般には必ずしも理解されなかったのです。特に晩年は赤貧洗うがごとき生活で、冬もストーブの燃料を買うお金がなく、妻コンスタンツェとダンスをして暖めあっていたというエピソードさえあります。
しかしその間生み出された音楽は奇跡と言うほかない傑作ばかりで、まさに「神に愛された者」というべきものです。しかしミューズの神はあまりにもモーツァルトを愛して、35歳で自分のもとへ召してしまいました。遺体は共同墓地に葬られましたが、当日の悪天候で付添者がなく(異説あり)、墓の位置は不明となってしまいました。まさに地上には音楽以外何の痕跡も残さず消え去ったのです。
そして今でこそモーツァルトは最も人気があり、最も優れた作曲家と評価されていますが、その死後はすっかり忘れ去られていたのです。そしてメンデルスゾーンによって再評価され復活した後も、神格化されたベートーヴェンに比べるとそれほど評価は高くなかったのです。モーツァルトが今のように一般の人たちからも高い評価を得るようになったのは、日本の場合、私の感覚では1960年代後半以後といっていいでしょう。

一方、天地真理さんもやはり「神に愛された者」と言うべき存在でした。真理さんの存在そのものがオーラに包まれていたと言っていいと思います。しかし、そのすさまじい人気にもかかわらず、真理さんもまた<うた>自体は必ずしも理解されていませんでした。真理さんのうたがみんなの心を弾ませたとすれば、うた自体に魅力があったからなのは自明のことです。しかし業界の人たちも一般の大人の多くの人たちも、彼女の魅力をうた以外の外見的なものと見ていました。結局彼女のうたは、全盛期においてはまともな評価をされることがなかったのです。

そして真理さんは、おそらく、自分の真の姿が評価されないというジレンマの中で、疲れ切り、表舞台から姿を消してしまったのです。
しかしモーツァルトの場合と違うのは、真理さんが「再起不能」と言われながら不屈の意志で甦ったことです。その過程については、以前その一端を紹介したことがあります。
しかしその意欲にもかかわらず、復帰後の真理さんにかつての輝きは甦りませんでした。彼女の命である声もミューズに封印されてしまったようにやがて失われてしまいました。

もし、真理さんがアイドル路線ではなく、たとえばフォーク歌手として地道な活動をしていたら、今も歌い続けていられたのではないかという声もよく聞きます。私もそういう夢想をしないわけではありません。しかし、当時まだマイナーな存在であったフォーク歌手であったら、クラシックしか聴いていなかった私のように、普段、歌の世界に縁もなかった人たちまでが彼女を知ることがあったのでしょうか。年代を越えて日本中の人々から愛されるということはあったでしょうか。
歴史とは繰り返されることのない一回限りのものです。歴史の中で「もし」という言葉は私にはあまり意味のあることとは思えません。

もしモーツァルトがもっと長く生きていたら、もっとすばらしい音楽をたくさん残してくれたでしょうか?時代はやはりベートーヴェンのようなわかりやすく意志的な音楽を求めたのではないでしょうか。
芸術と言うものは現れるべき<時>と言うものがあるのではないかと思います。モーツァルトの35年の生涯は短くとも、その時でしかできないことを成し遂げたのであり、それは他の誰も代わることのできないものだったのです。

そして、真理さんにも輝くべき<時>があったのでしょう。ミューズは時と人を選んで私たちに最高の贈り物をしたのです。その<時>をともに生きることができたこと、私はそのかけがえのない幸運をこそよろこびたいと思います。

モーツァルトが35年の生涯で600曲余りの比類のない音楽を200年後の私たちに残したように、真理さんは実質5年ほどの短い期間に200曲ほどのかけがえのないうたを消えることのない記録として私たちに残してくれました。そして今、ファンのもとに眠っていた数々の貴重なライブ録音も、タイムカプセルが開かれるようにYoutubeに公開されています。
モーツァルトの音楽が不遇の時もありながら、いま現代人の心に最も深く響く音楽となったように、真理さんのうたも、今こそ聴かれるべきうたとして甦りつつあるのです。



 アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


2人のAM

私のYoutubeでのハンドルネームは<amhikokigumo>です。
最初は<hikokigumo>だけで登録しようとしたのですが、すでに登録済みでした。そこで<am>をつけたのですが、これはもちろん<天地真理>の頭文字のAMです。しかし実はもう一人のAMが隠れています。

それは、アマデウス・モーツァルトです。(正確にはウォルフガング・アマデウス・モーツァルト)
私が高校生のころからほとんどクラシックしか聴かなくなっていたということは本編の方に書いたとおりです。
それが大学の頃にはクラシックでもモーツァルトしか興味がないというような状態になっていました。そしてそんな私の前に現れたのが天地真理さんだったのです。

真理さんの<うた>のどこに惹かれたかはやはり本編で書いたとおりですが、一方で真理さんのうたを受け入れる私の側の条件があったと思われます。なぜなら、その頃私は〈歌謡曲〉と言うものにかなり抵抗があって、生理的に嫌悪を感じるものさえあったからです。なのに真理さんだけは例外だったのです。それは直感的に、あるいは生理的に真理さんのうたに共振するような感性が私の側にあったということでしょう。あとで気がつくとそれがモーツァルトだったのです。

モーツァルトの音楽はほとんどが弾むような長調の曲です。モーツァルトは「音楽はひとを楽しませるものでなければならない」と言っていますが、まさにその通りなのです。しかしモーツァルトがちらりと心の中の深淵を見せるのがごくわずかしかない短調曲です。そしてそれらはいずれも大傑作です。交響曲の40番、ピアノ協奏曲の20番、24番、オペラで言えば「ドン・ジョバンニ」、そして遺作となった「レクイエム」などです。

ベートーヴェンやロマン派の音楽に親しんでいた私が最初に惹かれたモーツァルトの音楽はこれら短調作品でした。その頃は、長調作品は劇的変化に乏しくつまらないと思っていたのです。つまりその頃の私は歌舞伎の隈どりのような大げさな表情しか聴きとることができなかったのです。

しかし音楽経験の蓄積と私自身の精神的成長があったのでしょう、次第に長調作品に魅力を感じるようになっていったのです。長調作品の自然でデリケートな表情、横溢する生命力と刻々と変化する陰影、その魅力に一度捉えられると、それ以外の音楽など考えられなくなりました。そんなときに真理さんのうたと出会ったのです。

ここで、モーツァルトの長調作品を聴いてみましょう。ピアノ協奏曲の23番第3楽章の一部です。

[広告] VPS



次に天地真理さんのうたを聴いてみましょう。「花ひらくとき」です。

[広告] VPS


どうでしょうか?
華やいで弾む曲想、あふれでる生気、みずみずしいときめきと陶酔的な幸福感・・・名前(AM)だけでない共通点が感じられませんか。

ご覧頂いて「あれ?」と思われた方もおられると思いますが、画像が似ていますね。実は全く同じものです。
モーツァルトの方の画像をいろいろつくってみたのですが、どうしても気に入らなくて、ふと思いついて、先にできていた「花ひらくとき」の画像をそのままコピーして入れてみたのです。そうしたら、なんとすべてのタイミングがぴったり合っているのです。モーツァルトの方が少し長いので、その分だけ冒頭部分のコピーを加えましたが、全く同じと言っていいのです。モーツァルトに真理さん自身の画像が出てきてびっくりした方もあると思いますが、こういうわけです。しかし、ここまでピッタリとは私自身驚きました。このあたりにも両者の親近性が感じられる、とまで言うと言い過ぎでしょうか。

アマデウス・モーツァルトと天地真理、この2人のAMの関係に私が気がついたのは「虹をわたって」の頃でした。「虹をわたって」は真理さんの曲の中でもとりわけ単純な曲です。しかし真理さんが歌えば、淡々としたうたから、心のときめき、生きているよろこびが滲み出してきます。

モーツァルトの音楽も一見すると単純なものが多いのです。ですから小さな子供にも親しみやすく“音楽入門”のように聴かれたりします。技術的にもそう難しくはないので少しピアノを弾けるようになるとハ長調のソナチネは必ず弾きます。真理さんも弾いたことがあるはずです。しかし一方、巨匠といわれるピアニストにとってもモーツァルトを弾くということは難しいことなのです。それは単純に見える曲想の中に汲めども尽きない中身があるからです。

小林秀雄はモーツァルトの短調作品を「疾走する悲しみ」と表現し、もともと短調好き、悲劇好きの日本人のモーツァルト観に長く影響を与えました。しかし私は(この言葉を借用すれば)モーツァルトの音楽の本質は「疾走するよろこび」だと思います。一つ一つの音が、今、そこで生まれ出たよろこびを呼吸し、同時に、一瞬にして消えていくはかなさも内蔵しているのです。だからモーツァルトの音楽には、一瞬一瞬の音の変化に、人間のよろこび、かなしみ、つまり生きることのすべてが詰まっているのです。

真理さんのうたにも生まれ出たばかりの新鮮なよろこびが息づいています。かつて日本中の人々を魅了したのもこの命のよろこびだったのです。同時に、天性の声質と、風のようにさりげなく刻々と変化する表情が、ほんのりとしたはかなさを感じさせ、それがまた生きるよろこびをくっきりと浮かび上がらせるのです。

もちろんモーツァルトと真理さんにはちがったところも当然あります。そもそも作曲家と歌手という違いがあります。また、単純とは言ってもモーツァルトの音楽は真理さんの歌に比べればはるかに複雑です。長調曲といってもその中では複雑な転調が行われ短調の部分も含んでいます。したがってモーツァルトと真理さんを同列に論じようというのではありません。
しかし、両者の間にはたしかに響きあうものがあると私は感じているのです。そこに私が真理さんのうたに惹かれた必然性があったということは理解していただけたのではないでしょうか。



 アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

このひとはホントーに可愛い

前田武彦さんが亡くなられました。
若い(?)方は前田さんをよく知らない方も多いと思いますが、放送作家、司会者として活躍された方で1970年前後、大橋巨泉さんと人気を二分して、通称前武(マエタケ)と呼ばれていました。特に「夜のヒットスタジオ」の司会者として知られた人です。

私が忘れられないのは、「夜のヒットスタジオ」で真理さんが2作目の「ちいさな恋」を初めて歌ったときのことです。前武さんは真理さんをこんなふうに紹介しました。
「最近可愛いコが次々デビューするけど、その中でもこのひとはホントーに可愛いですね」
(「ホントー」というのは私の記憶で、もしかしたら「抜群に」というような言い方だったかもしれません)
こう紹介されて恥ずかしそうにもじもじしていた真理さんの表情も覚えています。

以来、前武さんは真理さんを特に可愛がってくれて、真理さんもお父さんのような親近感をもっていたのではないでしょうか。

そんな様子がうかがわれる対談があります。私のもっているのは切り抜きなので正確にはわかりませんが、1972年の夏頃、「マエタケ対談 第35回」としてアイドル雑誌に載ったものです。

前武対談1

詳しい中身は割愛しますが、記者が2人の様子をこんなふうに書いています。
前武対談②
こんなところに2人の関係がうかがわれると思います。

前武さんは真理さんについてこんなふうに言っています。
「天地真理ちゃんていうのは、ただ単に顔が整っているとか顔がキュートだとかいうのとは別格の、何年に一人しか出てこないような内面的に可愛いコだね」

この年の歌謡大賞授賞式で司会をつとめ、お母さんと対面し涙ぐむ真理さんに「もうひとつハンカチ用意してあるからね」とやさしく声をかけていますね。“泣かせの前武”の面目躍如たる場面です。



前武さんが“バンザイ事件”でテレビから干されず、活躍を続けておられたら、きっと真理さんの力強い保護者になってくれていたでしょう。それが残念でなりません。

心よりご冥福をお祈りいたします。



アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

なぜ「冬物語」?

ある方から、『冬歌』というCDに真理さんの歌う「冬物語」が入っているけれど、オリジナルでもないこの曲がなぜ入っているのだろう?というお便りをいただきました。

このCDはソニーから出ていて冬に関連した曲を集めたものです。アリス「冬の稲妻」,井上陽水「氷の世界」,かぐや姫「神田川」,猫「雪」,太田裕美「最後の一葉」,南沙織「哀しい妖精」などが入っています。私のよく知らない曲もありますが、たぶん真理さん以外はオリジナル曲だと思います。その中になぜか真理さんだけがカバー曲なのです。

真理さんにはオリジナルで「冬歌」はないのでしょうか?そんなことはありません。アルバムでもいろいろありますが、シングルでは「木枯らしの舗道」があります。大ヒットとは言えませんがそれでもオリコン14位ですから並みの歌手なら十分なヒット曲でしょう。真理さんのうたも落ち着いたしっとりとした歌いぶりで魅力的です。それなのにどうしてこの曲ではなくて「冬物語」なのでしょう?

実はやはりソニーから出ている『冬色空間』というCDでは「木枯らしの舗道」が入っており、「冬物語」もフォークローバーズのものが入っているのです。『冬歌』は2004年、『冬色空間』は2009年の発売です。つまり『冬歌』はプレミアムボックス発売以前で、当時真理さんのアルバムは「若葉のささやき」までしかCD化されていなかったのです。ですから「木枯らしの舗道」はまだCD化されていなかったのです。これで「木枯らしの舗道」でない理由はわかりました。しかし「冬物語」については、フォークローバーズのオリジナルは2002年にはCD化されているようですから、そちらを入れたほうが自然です。とするとなぜ真理さんのカバーを入れたのでしょう?

実は真理さんの歌う「冬物語」はビクターから出ている『阿久悠を歌った100人』シリーズの『私の青い鳥』というCDにもはいっています。もちろん阿久悠さんを記念したCDシリーズですが、ともに一世を風靡した歌手と作詞家であるにもかかわらず、真理さんと阿久悠さんとは不思議なくらい縁がなく、真理さんのオリジナル曲で阿久悠作詞はたった1曲しかありません。それも通常の曲ではなく、TBS真理ちゃんシリーズ第1作「真理ちゃんとデート」のテーマソングだけなのです。アルバムでも「冬物語」のほかには「若草の髪飾り」だけです。だから、『阿久悠を歌った100人』に真理さんが入らなくても不自然ではないわけです。このCDは女性歌手特集なのでフォークローバーズでないのは当然としても、真理さんが入らなければ恰好がつかないという顔ぶれでもないし、他の歌手はオリジナルなのに真理さんだけわざわざカバーで入れる必然性はないように思えます。

そうするとこの2つのCDに真理さんの「冬物語」が入っているのはなぜでしょうか?それぞれの制作者が真理さんのこの曲を気に入っていた、ということかもしれません。
とすると、真理さんのうたがカバーなのに他の歌手のオリジナルと同格に評価されたということで、真理さんのファンとしてはうれしいことだと思います。
しかし、水を差すようで申しわけないのですが、私はちょっと違う感想を持ちます。

というのは、私は「冬物語」が真理さんのカバーの中で特に優れているとは思わないからです。よくないと言っているわけではなくて、後半などは真理さんらしい伸び伸びとした展開になってとてもいいのですが、前半はちょっとぎこちなくてうまく歌っているとは思えないのです。ここはオリジナルのフォークロバーズの方が滑らかで、表情も豊かです(ちょっと感情過多になりそうなところはありますが)。

しかし真理さんの「冬物語」は一般にも人気があるのです。Youtubeでも再生回数がかなり上位にありました。(現在その動画は削除されているようですが、新しい動画がアップされています。)それはなぜでしょうか?

それはこの曲が短調曲だからではないでしょうか。日本人(とは限らないでしょうが)は短調好き、悲劇好きです。短調だと感情移入して浸りやすく、その意味で「聴いた」という満足感があるのでしょう、曲としても価値が高いと思われがちです。逆に長調曲は曲としての価値は軽く考えられてしまうことが多いのではないでしょうか。
真理さんの明るい長調曲が”子供ぽい”と見られ、「想い出のセレナーデ」を歌ったら”大人への脱皮”などと言われたのもそういう感じ方が前提になっていると思います。

「冬物語」も「天地真理もちゃんとこんな歌を歌っていたんだ」と“天地真理再発見”ということで人気になっているという側面があるのではないでしょうか。真理さんのアルバムをあまり聴いたことのなかった人々がこういう形で真理さんの多彩な側面を知ってくれるのはとてもいいことだと思いますが、もしかつての真理さんの明るい歌には大した価値はないが、こういう短調曲だから価値があると思う人があるとすれば、真理さんのうたの本当の魅力がまだ理解されていないと私には思えます。

上記2つのCDも「冬」とか「阿久悠」とかの条件もある中で真理さんの歌を入れてくれたことはとてもうれしいことです。ただそれが、たまたま短調曲であったために取りあげられたとすればちょっとさびしいなと思うのです。真理さんにはもっと素晴らしいうたはいくらでもある、と言いたいのです。

ところで、まもなく発売される『ゴールデンベスト 新3人娘』にも「冬物語」が収録されているのですが、これについてはまだ発売前ですから、後日触れたいと思います。


アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

続きを読む

プロフィール

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード