その時・・・

みなさんは以前、NHKで放送していた「その時歴史が動いた」という番組をご存知でしょうか。松平定知アナウンサーの司会で、歴史を動かしたある出来事をそれが起こった<時>を中心に描いた番組でした。
今回はちょっとその形式をお借りしてまとめてみました。


今日は2010年7月21日(水)です。今日の<その時>はちょうど39年前、1971年7月21日、曜日も同じ水曜日、午後9:20分頃です。

その少し前、午後9:00、TBS系テレビではこんな番組が始まりました。




そうです。水曜劇場「時間ですよ」の第2シリーズ第1回(通算31回)が始まったのです。そして配役の中に一瞬、「マリ 天地真理」と出ていたのに気づかれたでしょうか。これが後に「空前のアイドル」と言われる天地真理さんの名前が初めてテレビの画面に現れた瞬間でした。

そして、約20分後、いよいよ真理さんの初登場場面です。
(動画がうまく出ない場合は読み込み直してください)




いかがですか?ちょっと緊張気味だけれど清楚で初々しい表情、素敵ですね。くりっと斜めに見あげる特徴ある表情も、もうこの時からなのですね。
しかし驚いたことに<うた>を聴くととてもテレビ初出演とは思えないのです。目を閉じて聴くと、この「恋は水色」はファーストアルバムと同レベル、つまりすでに完成されたうたなのです。真理さんは最初からこんなに見事に歌っていたのですね。

ともかく、これがちょうど39年前、テレビの電波にのって(アマチュア時代を除けば)初めて日本中の家庭に届いた真理さんのうたと姿でした。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

それでは、その時動いた歴史とは何でしょうか?

私は2つあったと思います。
〔詳しくは本編(空いっぱいの幸せ)でいずれ述べたいと思いますので、ここではあらすじだけ触れることにします〕

まずひとつは、日本の大衆音楽の流れを変えたこと、もうひとつは文化の主導権を変えたことです。
「大衆音楽」という言い方をあえてしたのは、その頃は<演歌><歌謡曲><ポピュラー><フォーク>など各ジャンルの垣根が高くてはっきり分かれていたし、世代的にもはっきり分かれていたので、その全体をさす意味で「大衆音楽」としました。

それまでの大衆音楽はまだまだその主導権は古いタイプの音楽、演歌や歌謡曲にありました。社会も文化も「大人」たちが主導権を持っていたのです。若者文化もGSブームなど、徐々に広がりつつはありましたが、まだまだ旧来の感性を残していました。真理さんたちが登場する直前の最大のヒット歌手は藤圭子さんでしょうが、この人は“怨歌”=演歌でした。<フォーク>は若者たちの自己表現として共感を得てきましたが、まだ特殊な分野という枠を超えるまでになっていませんでした。ですから若者たちは自分たちの気持ちを投影できる音楽を待ち望んでいたのです。
そこに登場したのが真理さんを代表とするアイドルたちでした。71年デビューの3人娘が72年春、ベストテンの1・2・3位を独占しますが、これはひとつの革命だったと私は思います。つまり大衆音楽の主導権を若者が奪いとった瞬間でした。これ以後、テレビの歌番組は完全に若者に乗っ取られ、文化そのものが若者中心に移っていきます。
そしてそういう革命を牽引したのが天地真理さんだったのです。世代を超えた真理さんの巨大な吸引力によって、それまでいわば反体制だった若者文化が一挙に多数派を形成してしまったのです。そしてその役割を果たせたのは天地真理さんだけでした。南沙織さんは人間的には魅力的な人で固定ファンは多かったと思いますが、真理さんのような不特定多数(選挙で言えば「支持なし層」)をも引き付けるカリスマ性はありませんでした。小柳ルミ子さんはむしろ旧来の歌謡曲の流れの中にあった人でした。そして、それ以後のアイドルたちは真理さんの切り開いた道を進めばよかったのです。

こうして日本の大衆音楽は、天地真理さんの空前の人気に支えられて若者中心へと大きくシフトし、各ジャンルが融合していく中で「ニューミュージック」から「Jポップ」へとつながる道筋が開けたのだと思います。

最初に書いたようにこれはあらすじです。かなり乱暴なデッサンです。説明の不十分なところが相当あります。
また、常識的な<歴史>とは違うかもしれません。しかし、専門家でもインテリでもなく、“大衆”の感覚で、かつ巨視的に<歴史>を眺めればこういう流れが見えると私は思っています。

真理さんがはじめてブラウン管に映し出されたこの日、1971年7月21日、その時 <歴史> は確かに動いたのです。


※ 「空いっぱいの幸せ」の「若葉のささやき」(各曲寸評)でアルバム「若葉のささやき」を完成。これでアルバム数でも半分を超えました。
   http://sky.geocities.jp/amhikokigumo/rwakaba.htm



 アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ


Youtubeはどんな風に見られているか?

 ここ1~2年で真理さんの関連サイトがどんどん増えてきました。また、掲示板やブログへのコメントも新しい方がつぎつぎ増えてきています。その原動力となったのはやはりYoutubeですね。いくら言葉で真理さんのうたの魅力を語っても、実際に聴かなければわかるわけがありませんから。特にかつてのヒット曲以外のオリジナル曲やカバー、個人的に録音していたライブ音源などほとんどの人が知らなかった音源が登場して、ようやく真理さんの真価が知られるようになってきた、と言えます。

 しかし、実際にはどうなのでしょうか?そう思い込んでいるだけなのかもしれません。そこで、Youtubeの真理さんの動画(実際には画像は静止画が多いのですが)を再生回数が多い順でベスト20をあげてみました。(アイドル総登場のようなものは省きます)

2010年7月8日現在

ーーーー曲 名ーーーーーーーーーーーーー再生回数 経過期間
①水色の恋(ビデオ)ーーーーーーーーー-440,020回  2年前
②恋する夏の日(ビデオ)ーーーーーーー-406,548回  2年前
③ひとりじゃないの(歌謡大賞ーーーーー-354,760回  2年前
④恋する夏の日(紅白)ーーーーーーーー-206,356回  2年前
⑤ちいさな恋TVバージョンーーーーーーー131,393回  1年前
⑥想い出のセレナーデーーーーーーーーー-113,912回  1年前
⑦「水色の恋」のエピソードーーーーーー-104,510回  1年前
⑧虹をわたってーーーーーーーーーーーーー95,092回  1年前
⑨ふたりの日曜日ーーーーーーーーーーーー84,627回  1年前
⑩冬物語(アルバム)ーーーーーーーーーー68,902回  1年前
⑪天使の誘惑(真理ちゃんシリーズ)ーーー68,440回  1年前
⑫ひとりじゃないの(紅白)ーーーーーーー65,545回  1年前
⑬恋人たちの港ーーーーーーーーーーーーー64,034回  1年前
⑭ふたりの日曜日(バスガイド編)ーーーー61,370回  1年前
⑮なのにあなたは京都へ行くの(アルバム)56,067回  1年前
⑯母(TV番組)ーーーーーーーーーーーー-52,571回  2年前
⑰もの想う季節(アルバム)ーーーーーーー52,032回  1年前
⑱想い出のセレナーデ(紅白)ーーーーーー46,840回  1年前
⑲あの素晴らしい愛をもう一度(アルバム)46,255回  1年前
⑳木枯らしの舗道ーーーーーーーーーーーー45.933回  1年前



 やはり、かつてのヒット曲が上位に来ています。オリコンランク1~4位曲(および関連)が13あります。シングル曲でそれ以外は「木枯らしの舗道」だけ、シングル以外のオリジナル曲(B面含め)では「もの想う季節」だけです。カバーは5曲で、アルバム収録が3曲、TVよりの録音が2曲です。

 つまり多くの人は“お馴染みの真理ちゃん”を見ているようです。あらためて全盛期の“真理ちゃん”を見て「ああやっぱりかわいかったんだ」と納得している、という人が多いのではないでしょうか。人間はやはり自分の知っている世界(先入観)を超えるということは面倒なのですね。自分の知らない真理さんの世界を知ろうという好奇心はなかなか持てないのかもしれません。

 しかし、少なくとも⑩「冬物語」は「見る」ためではないでしょうから約7万は真理さんの<うた>を聴こうとして見ているのだと思います。すると、40万対7万で5~6人に1人は真理さんの<うた>に注目している、ということになります。さらに経過期間を加味して、同じ「1年前」で比べれば⑤「ちいさな恋」とでも13万対7万でせいぜい2人に1人、あるいは⑧「虹をわたって」や⑨「ふたりの日曜日」で比べればほとんど差がないことになります。

 おそらく2年前、まだYoutubeに真理さんの動画が出始めたころは、映像が懐かしくて見る人が多かったが、投稿がどんどん増え、むしろ音声のみの歌と静止画の組み合わせが増え、曲のバラエティーも増えてくると、「見る」よりも「聴く」と言う人が増えてきた、ということでしょうか?

 もちろん、Youtube の見られ方というのは、検索にどう拾われるかとか、いろいろ複雑な要素があるので、そういう傾向があると簡単には言えません。しかし、大きな傾向としてはやはり、かつての<アイドル>としての側面から<歌手>としての真理さんへ関心は広がってきていると確認できるのではないでしょうか。



    
 アーカイブ(過去記事)へ   「空いっぱいの幸せ」INDEXへ
プロフィール

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード