聴き比べ 夏を忘れた海

<追加情報あります>

   あけまして おめでとうございます
昨年は当ブログをご覧いただきありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。

「あれ?」と思った方もおられるかもしれませんが、いろいろ忙しく年末最後の更新が手間取ってしまったので新年の更新としました。ちょっと手抜きですが合併号のようなものです。
今回は聴き比べシリーズです。取り上げた曲は「夏を忘れた海」です。もちろん他の歌手との比較ではなく、天地真理さん自身のバージョン比較です。
「夏を忘れた海」のオリジナルは4枚目のアルバム「明日へのメロディー」に収録されたものですが、真理さん自身が非常に愛着をもっていて、コンサートでもしばしばプログラムに加えていました。また1979年、3年に及ぶ闘病から復帰して最初に録音されたプロモート用シングルでも採用されました。そのためこの曲には多くの録音が残されており、公式録音だけでもスタジオ録音が2種、ライブが2種あり、さらに非公式のものが今聴けるもので4種あります。今回これをすべて集めて計8種の「夏を忘れた海」を聴き比べました。それが更新が遅れたひとつの理由なのですが、それぞれに独特の個性があります。お聴きください。

では初めに1972年12月21日発売のアルバム「明日へのメロディー」に収録されたオリジナルバージョンから。安井かずみ作詞、森田公一作曲、編曲も森田公一です。

感傷的な曲ですが、大げさなところはなく、むしろ丁寧でストレートな歌い方です。しかし表情は実に豊かで声に力があり、若い生命力さえ感じさせます。まさに「知り始めた青春」のみずみずしさがありますね。

以下は時系列にしたがって紹介します。
まず、1974年4月3日 大阪フェスティバルホールでのコンサートから。

基本的には同じ歌い方ですが、1年半ほど経って相当歌い込んだ“円熟”と言ってもいい歌唱です。ライブということもあって、ある個所はよりダイナミックに、ある個所は壊れそうなほど繊細に歌っていますが、全体は調和を崩さず完成度の高いうたです。

次はテレビ番組からの録音です。1974年9月10日 NET「スタジオ23」より。

5か月後ですが、かなり違った印象を受けます。まず、声がかなり変わった印象です。以前のソフトなほんわりした声からシャープな声になったように思えます。録音条件の違いもあるかもしれませんが、それだけではないのではないでしょうか。表現も激しさ、あるいは熱さというものを感じさせて、「感傷」というより、もっと切実な思いが迫ってくるようです。

次は5日後、1974年9月15日 九段会館でのライブアルバム「天地真理オンステージ」から

ギター担当の石川鷹彦による編曲でギター1本とトライアングルというシンプルな構成です。それだけに張り詰めた緊張感の中でひとつひとつの音に繊細な表情があり、天地真理さんの<うた>の素晴らしさがくっきりと聴きとれます。ここでは感傷でも激情でもなく、きわめて詩的な表現になっていて、心にすっぽり空いた空洞のような寂寥感が広がってきます。私は、天地真理さん最高の歌唱の一つと思っています。

次は1975年4月19日 中野サンプラザホールでの「天地真理リサイタル」から

お聴きの通り歌詞が全く違います。どういうシチュエーションでこの歌が歌われたのかわかりませんが、何かストーリー的な展開の中で歌われたのかもしれません。歌詞がべたべたした感じでそのため歌自体もムード歌謡のような雰囲気になっています。しかしそれでも、天地真理さんが歌うときちんとした輪郭があり品格を保っています。

1976年4月17日 郵便貯金会館ホールでのライブアルバム「私は天地真理」から

これはおそらく真理さん自身のピアノによる弾き歌いで、ピアノの見事さも堪能できますが、その分、歌だけに集中することができなかったのではないでしょうか。「オンステージ」版に比べると繊細さに欠けやや大雑把な表現になっているように思います。しかしそのかわり声の伸びが素晴らしく、声の力を信頼して思い切り良く歌っています。「オンステージ」版が繊細な水彩画のような世界とすれば、こちらは陰影のある油絵のような世界と言っていいかもしれません。

さて次は、1979年、3年にわたる闘病からの復帰に向けて制作されたプロモート用シングルから

編曲が戸塚修に変わり、まるで別の曲のような感じがしますね。編曲だけでなく、真理さんの声も歌い方も以前とはだいぶ変わっています。声はやや細めになり生々しさが消えて洗練された感じがします。歌い方も、以前にはなかった”タメ”のような歌い崩しがところどころ見られるようになっています。表現としてもやや歌謡曲的な感じがあり、「知り始めた青春」ではなく「知ってしまった青春」のような印象があります。

最後は、1979年10月15日 ABCホールでの復帰コンサートから

やはり戸塚修編曲で基本的にプロモート版と同じ歌い方ですが、ライブであり、プログラムの進行にしたがって3年間の様々なことが去来したのでしょう、歌い進みうちに痛切な思いが高まりあふれてきます。

いかがだったでしょうか。たった数日しか違わないものもありますが、8種それぞれがすばらしいですね。更新作業を通じて、天地真理さんの表現の多彩さをあらためて知ることもできました。

<追加情報>
朝日新聞土曜版beの「もういちど流行歌」、今回は1972年2月です。テーマとなる曲は「終着駅」ですが、それとは関係なしに投票、コメントができます。天地真理さんはベスト20に「ちいさな恋」「水色の恋」2曲が入っています。会員登録してある方はこのページから入ってください。会員登録してない方は同じページから無料会員登録ができます。締め切りは1月8日、掲載は2月中旬です。


     アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

聴き比べ この広い野原いっぱい

聴き比べシリーズ、今回は「この広い野原いっぱい」です。
では早速“本家”森山良子さんでお聴きください。

作曲者でもあるわけですから、この表現がオリジナルと言うべきでしょうが、私にはもうひとつという気がします。森山さんの声質もあるのですが、もっとおおらかさ、広がりがほしいと思うのです。「ひとつのこらず」というところをはじめ、思いの込め方は見事なのですが、「赤いリボンの花束にして」というところのように、どことなく悲壮感のようなものを感じてしまって、心が解放されないのです。もちろんそれは私のこの曲へのイメージからきていることで、森山さんがもともとこういうイメージで作ったということなのでしょうが。

次はやまがたすみこさんです。

何と爽やかで清々しいのでしょう。こういうのを本来の意味で「清純」というのでしょうね。細かな表情にこだわらずに音楽の自然な流れに乗って歌っています。ただその分、滑らかすぎて引っかかるものがなく、物足りなさも感じます。

次は小柳ルミ子さんです。

小柳さんは細い声で悲壮感が出てしまう歌い方の時もありますが、これはとてもリラックスしていて余裕が感じられますね。表情も一見あまり付けていないようでいて音楽自体の起伏にうまく乗せています。これは1973年の録音で、小柳さんはその後だんだん表情が濃くなっていきますが、ここでは自然な表現になっています。

さてそれでは、天地真理さんでお聴きください。

何とやさしい声でしょうか。心が解き放たれて軽くなり、よろこびが湧き上がってくるようです。デリケートな表情は、胸の中から高まる憧れを陶酔的に表現していますが、ふと気がつくと、はかなささえ漂わせているのです。

お聴きいただいたのはアルバム「虹をわたって」収録のものですが、もうひとつ、「時間ですよ」で歌ったものもあります。

アルバム版もとてもいいのですが、これはそれを上回る名唱ですね。みずみずしくて本当にデリケートな表情が素晴らしいです。真理さんの息づかいがそのまま命ある歌になっているというように感じられます。

<リクエスト情報>
ラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」(土曜17:55~20:00)
10月28日は「1971年の10月にリリースした歌、ヒットした歌」です。リクエスト、メッセージは番組HPから。

      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


聴き比べ「さよならをするために」

聴き比べシリーズ、今回は「さよならをするために」です。実は最初は他の曲を考えていたのですが、Youtubeなどに比べる相手の動画がなかなか揃わず、比較的揃いやすかったこの曲を取り上げることにしました。
それでは最初に“本家”ビリー・バンバンでお聴きください。(Youtubeへリンクします)



ビリー・バンバンのソフトでほんのりと哀愁を秘めた声が素敵ですね。過剰な表情をつけない自然なうたがさわやかさを保ってしっとりとした哀しみが胸を打ちます。名唱です。
次は倍賞千恵子さんです。



こういう抒情的な歌を歌わせると倍賞さんはいつも見事ですね。ただこの曲について言うとちょっと平板かなと思います。少し“優等生”的すぎるというか、「きれい」ではあるけれど、もうひとつ心を騒がせるものが足りないように思います。

本田路津子

さよならをするために・・本田路津子  投稿者 prdlpp

いいですね。この人のうたは抒情的であっても決して感傷的にならない明るさと強さがありますね。明るさと言っても真理さんのパステル画のような明るさと違って、天上から差し込む光のようなくっきりとした明るさです。2番の冒頭「昇る朝日のように・・・」のところはとりわけ美しいですね。ただ音の状態が良くないし、テンポが速く、そのせいか後半の高揚部分(いわゆるサビ)が少し激しくなりすぎて聴こえるのは残念です。
次は鮫島由美子さんです。クラシックのソプラノ歌手がどう歌うか興味深いですね。



さすがスケールが大きいですね。大ホールにマイクなしで明瞭に響かせる発声ですから全身を使わねばなりません。したがって“小回り”はききにくいので口先でコントロールするような歌い方はしませんが、大きな波のような表現ですね。ちょっと歌舞伎の「見得」を思わせるところもあります。もちろんクラシックの歌手が皆同じ表現をするわけではなく、これはあくまで鮫島さんの表現です。
最後は天地真理さんです。



私は真理さんによるカバーのなかで、この歌唱が最高の水準に入るとは思いません。真理さんとしては音域が低めで、特に最初のところはぎこちなさを感じますし、1番を通して声が生きていないのです。しかし2番に入ると見違えるように声が生きてきて、淡々としたところでも豊かな表情が現れ、高揚して後半に入ると熱い想いが噴きあがり、心を震わせるのです。やはり名唱ですね。

ラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」7月8日の特集テーマは「夏の歌」です。リクエストは番組HPから


      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


聴き比べ 「恋の風車」

今回は聴き比べシリーズ。今回とりあげたのは「恋の風車」ですが、Youtubeで探しても”本家”のチェリッシュと天地真理さん以外では麻丘めぐみさんくらいしか見つかりませんでした.。しかし最近では聴き比べの対象にできる動画が減ってきて、ほかに適当な曲もすぐ思いつかないので、予定通りこの曲を取り上げることにしました。

ではまず“本家”チェリッシュからお聴きください。


次に麻丘めぐみさんです。


最後に天地真理さんです。


いかがでしょうか。チェリッシュはエッちゃんの声がやはり魅力的ですね。リズムを歯切れよく軽く刻んでそれほど抑揚をつけず割と淡々と歌っていますが、声の可憐さが軽快な曲に爽やかでしっとりとした落ち着きを与え、時に儚さも感じさせます。
麻丘めぐみさんは他の2人(組)と並べられるとちょっと気の毒でしたね。麻丘さんのカバーには結構いいものもあるのですが、これはたぶん割と早い時期の録音だと思うので幼さがあります。しかしほかにプロの歌手のカバーが見つけられなかったのでつきあってもらいました。
天地真理さんはほんとうにすばらしいです。私は真理さんによるカバーの中で完成度という点では最高のものだと思います。完成度ということは欠点がないということです。曲の性格もありますから、これが最も感動的とかすぐれているという意味ではありません。しかし聴くたびに感嘆し満足感があるうたです。
真理さんによるこの歌は躍動的です。まさに心が弾むうたです。とはいえ過剰に元気に歌うわけではありません。風車に息を吹き込むように、ポイント、ポイントでアクセントをきかせて推進力を与え躍動させていくのです。声の表情もニュアンス豊かで細部も充実しています。このあたりはチェリッシュと比較しながら見ていきましょう。
まずこの部分

エッちゃんも「歩く」のところでアクセントを与えて高揚させていきますが、真理さんは「歩く」につづいて「二人に」「朝の」「光」と3連発で煽るようにぐんぐん高揚させていきます。しかも「朝の光」のところはまさに晴れ晴れと朝の光の輝きが見えるようです。
次はこの部分

チェリッシュは平坦に歌っていますが、真理さんは大きな抑揚はありませんが声自体の力があるので高揚状態が持続し陶酔的でさえあります。「しあわせ」の絶妙なニュアンス、そこから「色の風が」と舞い上がっていくような歌い方もすばらしいです。
最後に

この部分は悦ちゃんの良さもよく出ていますね。とてもみずみずしくて、「(胸の)中を」「回っているわ」のところなど声の儚さが実に魅力的です。一方、真理さんはここでもすばらしいですね。「たばこのにおいがする」というところなど本当にたばこのにおいがしてくるようですし、「燃える胸の中を」ではまさに燃えるような想いがあふれ出しそのままぐんぐん高揚していきます。

ちょっと分析的に見てきましたが、全体を通して、チェリッシュもとても魅力あるうただと私は思っていますが、真理さんのうたは晴れ晴れとしてスケールも大きく、いわば“快唱”とでも言っていいものです。これをレコーディングした時、真理さん自身も充実した達成感があったのではないでしょうか。


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。




君よ知るや南の国(2)

前回は天地真理さんが歌ったミュージカル「君よ知るや南の国」の同名テーマ曲とその下敷きとなったトマ作曲のオペラ「ミニヨン」の同名曲とを聴き比べました。
その際天地真理さんのうたはシングル版(「初めての涙」B面)を使ったのですが、真理さんの「君よ知るや南の国」にはほかに2つのバージョンがあります。それはアルバム「君よ知るや南の国」に収録されているものです。
このアルバムはこのミュージカルの中で真理さんが歌った曲をストーリーの展開に沿ってナレーションとセリフ、劇中音楽でつないで構成されています。つまり、日劇のステージのライブ録音ではなくスタジオで録音されたダイジェスト盤です。しかし時々ライブ録音と勘違いされている人がいるのは、実際のステージを彷彿とさせるような臨場感があるからです。このアルバムでの真理さんの歌唱は他のアルバムやシングルでは見られない特徴があります。そのことを私はホームページ「空いっぱいの幸せ」の中の「各曲寸評」で次のように書きました。
 このアルバムの彼女の「うた」は本当にすばらしい。ドラマの展開に
 ともなって歌われるだけに、表情も大きく劇的に歌っていて、普段の
 彼女のうたでは聴けない多彩な技巧が見られる。声もかなり地声を
 使っている場面もあり、さまざまな工夫が見られて彼女の才能を証明
 するアルバムとなっている

では具体的にどう違っているでしょうか。まずもう一度シングル版を聴いていただき、次にアルバムでオーヴァチュア(序曲)に続いて収録されている最初の「君よ知るや南の国」をお聴きください。

<シングル>


<アルバム1>


曲としてはほぼ同じなのに<うた>としては全然違いますね。シングルの方は前回も書きましたように幸福感に満ちた輝かしいうたです。それに対しアルバム1は翳りのあるうたです。歌われる場面は前回のオペラの場面とほぼ同じです。ここでの真理さんは、歌いすぎず抑制的でほの暗い心情を表現し、憧れが高まってもどこか儚く、遠くの光に向かって手を差し伸べるような切なさがあります。太陽の輝く南の国への憧れを歌っていますが「今は寒い北の国」なのです。このように真理さんは、それだけで完結するシングルの場合とストーリーの中のある場面で歌われる場合とをはっきり歌い分けているのです。
もうひとつ、シングルは5月21日発売ですから公演の前なのです。一方アルバムは7月1日発売ですからおそらく公演中に録音されたものと思われます。ですからシングルの方はまだ真理さんがミニヨンになりきっていなくて純粋に音楽的に表現したもの、アルバムの方は完全にミニヨンになりきって<役>としての表現になっているということも言えるでしょう。
では次にフィナーレで歌われる「君よ知るや南の国」を聴いてみましょう。

<アルバム2>


こちらも全く違いますね。まず、歌い出しが地声です。私は実際日劇でこのミュージカルを見ているのですが、40年以上たって一つ一つのうたは覚えていません。しかし、地声で歌い始めたこの曲はかなり覚えているのです。それだけインパクトがあったということですね。なぜ地声だったのか、これは聴けばわかる通りですが、身体の緊張が解けたような楽々とした印象があります。この場面は、イタリアで静養していたミニヨンが、彼女への愛に気づき後を追ってきたウィルヘルムと再会して互いの気持ちを確かめ合い、そのうえ、ミニヨンをつかず離れず見守っていた不思議な老人ロタリオが実はイタリアの貴族でミニヨンの父親だということがわかり、天にも昇るような幸せを歌うところです。真理さんの地声はまさにこの夢見るような幸福感を見事に表現しているのです。後半はウィルヘルムとの二重唱になりますが、はじめはやはり地声です。しかし、よりメリハリがついて幸福感はさらに増幅されています。「白い雲に」のあたりの美しさも印象的ですね。最後、「私は歌う」からフィナーレまでは真理さんのファルセットが全開でスケールも大きく、どんどん輝きを増してオペラのような高揚を見せて終わります。前半の陶酔から後半の高揚へ、この組み立ても見事です。

こうして聴き比べてみると、歌として完結しているシングルの場合と、ストーリーを伴うミュージカルの場合、そしてその各場面のシチュエーションの違い、そうしたことによって真理さんが実に見事に歌い分けていることがわかります。
今回この記事を書くためにオペラとミュージカルのさまざまな歌を聴き、台本も読み直す中で、トマのオペラのすばらしさが改めてわかりましたが、同時にこのミュージカルがオペラとは一味違う魅力をもったとてもよくできたミュージカルであることも再認識できました。そして何度聴き直しても新鮮な真理さんうたのすばらしさに酔うことができました。
次回はこのミュージカルのライブ版について触れたいと思います。

********************************
おまけを一つ、Youtubeでオペラ「ミニヨン」の歌をいろいろ聴いているうちに見つけたものです。このオペラで「君よ知るや南の国」に次いで有名な「私はティタニア」です。これはウィルヘルムをめぐってミニヨンの恋のライバルともなる一座の看板女優フィリーナが劇中劇で歌う歌です。不世出の(と私が考える)コロラトゥーラ・ソプラノ、エディタ・グルベローヴァの超絶技巧をお楽しみください。




リクエスト情報
NHKFM「歌謡スクランブル」
     (月~土 13:00~14:00) 
 リクエスト特集(3月予定) リクエストは番組ホームページから。
      締め切りは2月12日(日)です。


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード