君よ知るや南の国(2)

前回は天地真理さんが歌ったミュージカル「君よ知るや南の国」の同名テーマ曲とその下敷きとなったトマ作曲のオペラ「ミニヨン」の同名曲とを聴き比べました。
その際天地真理さんのうたはシングル版(「初めての涙」B面)を使ったのですが、真理さんの「君よ知るや南の国」にはほかに2つのバージョンがあります。それはアルバム「君よ知るや南の国」に収録されているものです。
このアルバムはこのミュージカルの中で真理さんが歌った曲をストーリーの展開に沿ってナレーションとセリフ、劇中音楽でつないで構成されています。つまり、日劇のステージのライブ録音ではなくスタジオで録音されたダイジェスト盤です。しかし時々ライブ録音と勘違いされている人がいるのは、実際のステージを彷彿とさせるような臨場感があるからです。このアルバムでの真理さんの歌唱は他のアルバムやシングルでは見られない特徴があります。そのことを私はホームページ「空いっぱいの幸せ」の中の「各曲寸評」で次のように書きました。
 このアルバムの彼女の「うた」は本当にすばらしい。ドラマの展開に
 ともなって歌われるだけに、表情も大きく劇的に歌っていて、普段の
 彼女のうたでは聴けない多彩な技巧が見られる。声もかなり地声を
 使っている場面もあり、さまざまな工夫が見られて彼女の才能を証明
 するアルバムとなっている

では具体的にどう違っているでしょうか。まずもう一度シングル版を聴いていただき、次にアルバムでオーヴァチュア(序曲)に続いて収録されている最初の「君よ知るや南の国」をお聴きください。

<シングル>


<アルバム1>


曲としてはほぼ同じなのに<うた>としては全然違いますね。シングルの方は前回も書きましたように幸福感に満ちた輝かしいうたです。それに対しアルバム1は翳りのあるうたです。歌われる場面は前回のオペラの場面とほぼ同じです。ここでの真理さんは、歌いすぎず抑制的でほの暗い心情を表現し、憧れが高まってもどこか儚く、遠くの光に向かって手を差し伸べるような切なさがあります。太陽の輝く南の国への憧れを歌っていますが「今は寒い北の国」なのです。このように真理さんは、それだけで完結するシングルの場合とストーリーの中のある場面で歌われる場合とをはっきり歌い分けているのです。
もうひとつ、シングルは5月21日発売ですから公演の前なのです。一方アルバムは7月1日発売ですからおそらく公演中に録音されたものと思われます。ですからシングルの方はまだ真理さんがミニヨンになりきっていなくて純粋に音楽的に表現したもの、アルバムの方は完全にミニヨンになりきって<役>としての表現になっているということも言えるでしょう。
では次にフィナーレで歌われる「君よ知るや南の国」を聴いてみましょう。

<アルバム2>


こちらも全く違いますね。まず、歌い出しが地声です。私は実際日劇でこのミュージカルを見ているのですが、40年以上たって一つ一つのうたは覚えていません。しかし、地声で歌い始めたこの曲はかなり覚えているのです。それだけインパクトがあったということですね。なぜ地声だったのか、これは聴けばわかる通りですが、身体の緊張が解けたような楽々とした印象があります。この場面は、イタリアで静養していたミニヨンが、彼女への愛に気づき後を追ってきたウィルヘルムと再会して互いの気持ちを確かめ合い、そのうえ、ミニヨンをつかず離れず見守っていた不思議な老人ロタリオが実はイタリアの貴族でミニヨンの父親だということがわかり、天にも昇るような幸せを歌うところです。真理さんの地声はまさにこの夢見るような幸福感を見事に表現しているのです。後半はウィルヘルムとの二重唱になりますが、はじめはやはり地声です。しかし、よりメリハリがついて幸福感はさらに増幅されています。「白い雲に」のあたりの美しさも印象的ですね。最後、「私は歌う」からフィナーレまでは真理さんのファルセットが全開でスケールも大きく、どんどん輝きを増してオペラのような高揚を見せて終わります。前半の陶酔から後半の高揚へ、この組み立ても見事です。

こうして聴き比べてみると、歌として完結しているシングルの場合と、ストーリーを伴うミュージカルの場合、そしてその各場面のシチュエーションの違い、そうしたことによって真理さんが実に見事に歌い分けていることがわかります。
今回この記事を書くためにオペラとミュージカルのさまざまな歌を聴き、台本も読み直す中で、トマのオペラのすばらしさが改めてわかりましたが、同時にこのミュージカルがオペラとは一味違う魅力をもったとてもよくできたミュージカルであることも再認識できました。そして何度聴き直しても新鮮な真理さんうたのすばらしさに酔うことができました。
次回はこのミュージカルのライブ版について触れたいと思います。

********************************
おまけを一つ、Youtubeでオペラ「ミニヨン」の歌をいろいろ聴いているうちに見つけたものです。このオペラで「君よ知るや南の国」に次いで有名な「私はティタニア」です。これはウィルヘルムをめぐってミニヨンの恋のライバルともなる一座の看板女優フィリーナが劇中劇で歌う歌です。不世出の(と私が考える)コロラトゥーラ・ソプラノ、エディタ・グルベローヴァの超絶技巧をお楽しみください。




リクエスト情報
NHKFM「歌謡スクランブル」
     (月~土 13:00~14:00) 
 リクエスト特集(3月予定) リクエストは番組ホームページから。
      締め切りは2月12日(日)です。


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

君よ知るや南の国(1)

聴き比べシリーズ、今回は少し変わった趣向になります。
曲は「君よ知るや南の国」です。この曲は天地真理さん主演の同名ミュージカルのテーマ曲です。このミュージカルは1975年5月31日から6月24日まで約1か月にわたって日劇で上演された真理さんにとって初めての、そして唯一となった本格的ミュージカルです。
私がオークションで入手した台本によれば、スタッフは<脚本・田波靖男/演出・中村哮夫/作曲・宮川泰/作詞・安井かずみ/振付・縣 洋二>などとなっています。キャストは<ミニヨン・天地真理/ウィルヘルム・峰岸徹/ロタリオ・小山田宗徳/フィリーナ・加茂さくら/ジャルモ・友竹正則>などとなっていて、ミュージカル初挑戦の真理さんを実力も実績もある方々がしっかり支えるという充実した布陣でした。
制作は<渡辺晋・橘一郎>となっていますが、このような体制をつくり実質的にこのミュージカルをプロデュースしたのは橘一郎さんでした。その辺の事情については橘さんご自身のブログをご覧ください。(なお、その中で作詞は片桐和子さんとなっていますが、お尋ねしたところ、勘違いということでした)

このミュージカルのタイトルは《ゲーテ原作・トーマ作曲「ミニヨン」より 君よ知るや南の国》となっています。つまりゲーテの「ウィルヘルム・マイスターの修業時代」を原作とするフランスの作曲家トマ(トーマ)のオペラ「ミニヨン」を元にしているということですね。しかし、ストーリーについては大まかな筋を踏襲しながらもよりわかりやすい工夫がされているようですし、特に音楽については、テーマ曲「君よ知るや南の国」だけは「作曲:トーマ、編曲:宮川泰」となっていますが、アルバムに収録されている他の曲はすべて宮川泰作曲となっていて、ほぼオリジナルと言っていいと思います。ですからこのミュージカルは古典の風格を継承しながらそこに新しい命を吹き込んだ作品と言えるでしょう。

そこで今回はこの「君よ知るや南の国」を古典としてのトマの原曲と、真理さんが歌った宮川泰編曲版とで聴き比べてみたいと思います。
いつもと順序が逆ですが、最初に天地真理さんの歌で宮川版「君よ知るや南の国」をお聴きください。



このうたはシングル版(「初めての涙」B面)ですが、夢見るような憧れが次第に幸福感に包まれて最後はよろこびがあふれるように高まって終わります。最後の繰り返しは声楽の素養がはっきりと現れて輝かしい歌になっていますね。
ではオペラの方ではどんなふうに歌われていたのでしょう。ミニヨンを歌っているのはリュシール・ヴィニョンという人です。



曲については、前半はほぼ同じメロディーですが後半は全く違っています。印象もまるで違いますね。どういう場面で歌われているのでしょうか?あらすじを見るとわかるように、幼い頃さらわれて孤独な日々を送っていたミニヨンがわずかに記憶に残っている故郷への切ない憧れを歌う場面なのです。ですからこのように悲哀を感じさせる歌い方になっているのです。
この曲はフランス語で歌われていますので、もう少し言葉と音楽の関係がわかるように日本語字幕付きの動画を見てみましょう。歌っているのは林美智子さんで、オペラでの舞台ではなくコンサートのライブです。



これも少し印象が違います。実際のオペラの舞台でストーリーにしたがって演技する場合と、明るいライトの下で美しいドレスを着て歌うコンサートの違いもありますし、何よりそれぞれの解釈(楽譜から何を読み取り、どう表現するか)の違いがあります。それから声質の違いももちろんあります。リュシール・ヴィニョンも林美智子さんもメゾソプラノです。元々ミニヨンはオペラのヒロインとしては珍しくメゾソプラノの役なのです。ですからソプラノのような華やかさは元々無いのですが、林さんの方が少し明るい感じですね。真理さんも本来の声域はメゾソプラノですが声質はさらに明るいですね。
それはともかく、Youtubeを見るとこの曲は多くの人によって歌われていて、それぞれに少しずつ違う印象がありますからご覧になってみてください。その中で(全部聴いたわけではありませんが)私が一番気に入ったのは往年の名ソプラノ、エリザベート・グリュンマーです。(1953年録音 ドイツ語版)



この人はメゾではなくソプラノですから声が明るく輝きがあります。そして何よりメロディックに歌っています。この曲の後半は詞の意味やストーリーの上での意味を意識して”語り”っぽく歌う人が多いですが、グリュンマーはメロディーを大切に流麗に歌っています。実はそれは天地真理さんのうたの特徴でもあるのです。芝居っぽくうまく歌うよりも、音楽の自然な流れにのって美しく歌う、それが真理さんのうたの魅力だと私は思っています。そういう私の感覚とぴたりと合う名唱です。

もうひとつ、日本語の詞で歌っている動画はないかとYoutubeで探してみると1つだけありました。何と日本人として初めて欧米で認められた伝説的なソプラノ歌手三浦環(たまき)です。(1936年録音のSPレコード)



古い録音なので鮮明ではないですが言葉は聴きとれますね。この詞はたくさんの歌の訳詞で知られる堀内敬三で「君よ知るや南の国」というこの人の訳がこの曲のタイトルとして定着することになったのです。

今回はトマの原曲と真理さんが歌う宮川泰編曲版を聴き比べてきましたがいかがだったでしょうか。原曲を聴いたことがなかったという方も結構多いのではないかと思いますが、やはりとても魅力的な曲ですね。そして同時に、より親しみやすく、口ずさみやすくした宮川版の良さもお分かりいただけたのではないでしょうか。
さて次回は同じ真理さんの異なるバージョンで聴き比べてみたいと思います。


リクエスト情報
NHKFM「歌謡スクランブル」
     (月~土 13:00~14:00) 
 リクエスト特集(3月予定) リクエストは番組ホームページから。
      締め切りは2月12日(日)です。


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

聴き比べ シュガー・ベイビー・ラブ

今回は聴き比べシリーズで行こうと思ったのですが、どの曲にするか難航しました。というのはなかなか比較に適当なカバーがYoutubeには無いのです。以前はもっとあったはずですが、監視が厳しくなって削除されてしまったのでしょう。そこで(本末転倒のような気もしますが)カバーがそろいやすい曲と言うことで「シュガー・ベイビー・ラブ」にしました。

それでは早速、本家のルベッツからです。l



カバーの最初はキャンディーズです。



ソロはミキちゃんのようですね。発声は洗練されているとは言えませんし、表情というものが見えません。でもポップな楽しさはよく出ていますね。

次は10年ほど時間が飛びますが、Winkです。



これを聴くとミキちゃんの方がずっと声の伸びがありますね。キャンディーズを高校生とするとこちらは中学生のようです。それにうたが重くて、キャンディーズのようなポップな高揚感がありません。

それでは天地真理さんです。



洗練された発声、豊かな表情、これこそが<歌>だと言いたくなりますね。たとえば「別れたの二人は」の「二人は」に現れる本当にデリケートな翳り、こういう表情の変化はいたるところに見られ、曲に陰影を与えていくのです。ただ元気に歌えばいいわけではありません。とはいえ決して大げさな芝居がかったうたにはならず、節度を保って真理さんの信条の通り美しいうたになっているし、同時に真理さんらしい誰よりもポップで楽しいうたになっていますね。


        アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


3人娘の童話作家

聴き比べシリーズ、今回は「童話作家」です。
「童話作家」といえばさだまさしさんの作品ですが、真理さんは1976年4月の「私は天地真理」コンサートで歌い、その後タイトルもそのものずばりのアルバム『童話作家』で2種の録音を残しています。またこの年の梅田コマでのショーでも歌っており、非常に気に入っていて、カバーですが自分の持ち歌のようにしていた曲です。

それではまず本家本元のさだまさしさんのうたをお聴きください。1976年4月長崎でのグレープ解散コンサートのライブです。



いいですねえ。後年のさださんもいいけれど、こんな繊細でナイーブなうたは1976年のさださんしか歌えなかったでしょう。若さというものは偉大ですね。

さて次に誰にしようかとYoutubeで検索したのですが、あまりカバーしている人はいないのですね。その中で何と小柳ルミ子さんが歌ったライブ動画がありました。1977年梅田コマ劇場でのライブです。



さすがルミ子さんですね。うまいです。ただ、抑制してはいるものの、表情の振幅が大きくて悲劇的になっています。そのへんが好みの分かれるところでしょうね。

さてもう一人誰かいないかとYoutubeで検索したのですが他に適当なカバーが見つかりませんでした。そこで、南沙織さんによるカバーが以前アップされていたのを思い出し、3人娘共演で行くことにしました。このブログ限定でお聴きください。(この動画について権利をお持ちの方で、もし問題がありましたらお知らせください)



沙織さんは芝居がかった表現はしない人でやわらかい素直な表現と深いところのある声が魅力ですね。この曲でも例えば「今まで二人が過ごしたあらすじを」というところなどにその特徴がよく出ていると思います。ただこのライブではやや悲劇性が強くなっているかなという感じもあります。

では、いよいよ真理さんです。「私は天地真理」コンサートのライブ版でお聴きください。



真理さんのうたは誰よりも客観的ですね。音楽的造形もくっきりとしています。しかしそっけないのではなく情感も実に豊かです。悲劇性を強調せず明るささえ感じさせますが、やさしさの中に心が包まれ、悲しみが希望に癒されていきます。「歌は美です」という真理さんの言葉がそのまま表れているようですね。

ところで最初に書いたように、真理さんはこの曲をこのライブ版のほかアルバム『童話作家』でも歌っています。ショート版とロング版がありますが、ロング版をお聴きください。



さらにこの年の梅田コマ劇場でのショーでも歌いました。以前アップされていた録音をこのブログ限定でお聴きください。ピアノ弾き歌いではないかと思います。(この動画について権利をお持ちの方で、もし問題がありましたらお知らせください)



これは独特のアレンジもあって寂しさ、儚さが強く感じられますね。ともかく真理さんは同じ曲でも変幻自在。いつもその時その場で<うた>が生まれるのですね。


        アーカイブ(過去記事)へ 
         「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


聴き比べ 旅人よ

久しぶりに聴き比べシリーズです。いつもはレコード(CD) 音源の曲ですが、今回はファンの方々によるライブ録音を取り上げてみたいと思います。曲は加山雄三さんの『旅人よ』(作詞:岩谷時子、作曲:弾厚作)です。

ではまずご本家加山雄三さんです。

加山さんは作曲の才能はすぐれたものがありますが、うたは巧い人ではありませんね。表情というものがあまりありません。しかし逆に妙なクセがなく、気持ちの赴くままのびのびと歌うのが魅力となっています。特にこのシングル版は若々しさが素晴らしいですね。

カバーの最初は井上陽水さんです。

前奏からアレンジが独特ですね。私は最初、何か切羽詰まったような感じを受けたのですが、聴いていくうちにどんどん前に進んでいくような印象を作ろうとしているのかなと思えてきました。そう考えると歌詞とも合っているのかなと思いますし、うたもそういうつもりなのかもしれません。でも私には、お風呂に浸かって気持ちよく歌っているうたのようにも感じられます。

小椋佳さんも歌っていました。

ちょっと意外なうたでした。この人ならもっとデリケートで抒情的なうたになるかと思ったのですが、むしろやや陽水風ですね。若者を励ます歌だから元気に歌おうとしたのでしょうか。もちろん声はソフトですし、時に儚い表情を見せるところもありますが。

次は加山雄三さんと森山良子さんの共演です。

これはいつ頃のライブかわかりませんが加山さんも少し歳をとられましたね。声に以前の張りがありません。もちろん年齢からすればよく出ていると思いますが。そのかわり表情は以前より豊かになっています。森山良子さんは合わせるところは見事ですね。ただソロのところになるとやはり声に年齢を感じますし、どうしてこんなに大げさに歌うのかな、と思ってしまいました。やはり若い頃だったらもっとさっぱりと歌ったのではないでしょうか。

次はキャンディーズですが、このライブは1976年10月ということですから真理さんがこの曲をコンサートで歌っていた頃ですね。偶然でしょうか?あるいは渡辺プロつながりで、真理さんが歌って評判が良かったと聞いて取り入れたのでしょうか? 

ここまでおじさんやおばさん(失礼!)のうたを聴いてきてキャンディーズを聴くと、すごく幼い感じがしてしまいますね。3人で歌うと細かな表情はつけにくいですからその点は仕方ないですが、声が練れていない感じです。でも弾む楽しさは他の人にはないものですね。それにしても動画の中でスーちゃんがはつらつと歌って動いているのを見ると胸が詰まりました。

さてそれではいよいよ天地真理さんです。1976年8月の梅田コマ劇場での公演です。

いかがでしたか?唖然とするほどの名唱ですね。客席での録音ですから本来の真理さんの声と少し違う印象があるかもしれませんが、朗々とした歌い方は形がくっきりとしていて実に格調があり、ことばから自然に生まれてくる表情は心の中にしっとりと浸みこんできます。例えば冒頭「(風に震える緑の)草原」の美しさはどうでしょう。聴く者にはるかな憧れと懐かしさを引き起こし一気に酔わせてしまう見事さ! 加山雄三、井上陽水、小椋佳、森山良子といった、いわば大御所的な人たちを当時24歳の真理さんがはるかに超えてしまっていたと感じるのは私だけでしょうか。

しかし驚くのはまだ早いのです。もう一つ、梅コマ公演の約一か月後、1976年9月の中野サンプラザホールでの全国縦断ツァー「天地真理リサイタル・そよ風に誘われて」からお聴きください。

梅コマ公演からわずか一か月しか経っていないのに全く違いますね。梅コマ版はスケールが大きく歌謡的だとすれば、こちらは繊細でみずみずしい詩的な表現です。一言一言、どこをとっても漫然と流して歌うということがなく、刻々と表情が変化していきます。梅コマ版のように朗々とは歌わず、一節一節に間をおいて、感情があふれようとするところを抑えに抑えて、細やかな表現に徹しています。冒頭の「草原」も淡々としています。しかしそこに壊れてしまいそうな儚さが沁み出してきます。そしてそれはこのバージョンの基調でもあります。梅コマ版は真理さん自身の心が高揚していくことで聴く者の心を震わせていくうたですが、こちらは高揚を抑えた寡黙な歌い方であることによって真理さん自身の心の震えがそのまま音として生まれてくるようなうたになっています。
これもまた”天地真理の奇跡”の一つでしょう。

※「梅コマ 天地真理ショー」「中野サンプラザ 天地真理リサイタル」の様子は下の「アーカイブへ」をクリックして目次の 27、44・45 でお聴きいただけます。


FM軽井沢 天地真理特集 のお知らせ

FM軽井沢の『軽井沢発!太田忠の経済・金融“縦横無尽”』で天地真理特集の続編が放送されます。
放送日は次の通りです。
   6月18日(土)午後4時~5時 天地真理特集⑤
   6月25日(土)午後4時~5時 天地真理特集⑥

「さくら貝掲示板」の太田さんのメッセージを転載します
昨年に特集番組を4回放送させていただきました。各回とも柱となるトピックを立てて真理さんの曲を幅広く取り上げましたが、続編においても同じ方針で番組構成をおこないます。
今回の特別番組の内容ですが、空白の3年間のもつ意味、天地真理を支えた二人の女性、アレンジで変わる曲調聴き比べ、天地真理の編曲の最大の立役者、4拍子揃った名曲…などを予定しています。番組中で流す天地真理さんの歌の曲数は20曲程度を予定しております。
FM軽井沢はインターネットラジオにてPCやスマホで全国・全世界から視聴が可能です(詳しくはFM軽井沢のHP参照)

待ち遠しいですね。



         アーカイブ(過去記事)へ 
         「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

プロフィール

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード