FC2ブログ

「昭和は輝いていた」という番組

久し振りに「放送」カテゴリーの記事になります。
少し前になりますが、BSテレ東 金曜夜8時からの「武田鉄矢の昭和は輝いていた」で天地真理さんが立て続けに登場しました。

まず、10月11日の放送。3人の女性作詞家を取り上げた特集でした。3人の女性作詞家とは岩谷時子、安井かずみ、山口洋子の3人です。それぞれ異色の経歴から作詞家になり、斬新な作風で大ヒット曲を生み出しました。この中でもとりわけおしゃれな作風だった安井かずみさんの作品の一つとして天地真理さんの「ちいさな恋」が当時の動画付きで紹介されたのです。



この動画は「ちいさな恋」をヒットさせようと東京会館で行われた「ちいさな恋のちいさなパーティー」の様子ですね。
次は11月1日の放送です。この日のテーマは昭和46年(1971年)を日本の歌謡曲の転換点としてこの年デビューの人たちを紹介する特集でした。はじめに新3人娘が登場し、その最初に真理さんが登場しました。



「天真爛漫な笑顔で大ブレイク」というのは少し違うのではないかと私は思います。マスコミはどうしていつもこういうステレオタイプの言葉でしか語らないのでしょう。それはともかく、デビュー間もない頃の初々しい真理さんが見られますね。
ひと頃、テレビで真理さんの話題がほとんど消えてしまったような印象がありましたが、前よりは少し取り上げられる機会も多くなってきたのでしょうか?そうだとすばうれしいのですが。


※ Youtube 「パワフル天地真理」も順調にアクセス数が伸びています。「天地真理 空前のアイドルへの道」「フォーク歌手 天地真理①」「フォーク歌手 天地真理②」もさらにご支援をお願いします。


   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

三角山放送局 「歌謡クロニクル」

前回記事へのコメントで、パーソナリティの大和秀嗣さんが直接教えてくださった三角山放送局「歌謡クロニクル」でのボックス「私は歌手」紹介特集が21日放送されました。
この番組では以前にも天地真理さんの「B面特集」を放送してくれましたし、内容もとても満足できるものでしたが、今回はどうだったでしょうか。当日聴けなかった人は録音でお楽しみください。

約1時間と長いので4つに分けました。では最初からお聴きください。


シングル5曲がオリコン1位ということが当時いかにすごいことであったか、しっかりと説明してくださっていましたね。当時を知っている人であっても実はそういうことを知らない人も多いので、天地真理さんの歌手としての実績をきちんと押さえた説明でした。
その後ボックスの説明があり、まずDVDの真理ちゃんシリーズでの未発売映像について詳しい説明があり、その中から「青春」がかかりました。



次に「フォーク・ポップスコレクション」に触れて、カバー曲で「天地真理さんの歌手としての真価を問おう」というこのボックスの狙いを明らかにしたうえで、フォークアルバムと言ってもいいファーストアルバムに触れて、天地真理さんのアルバム売上げのすごさを数字を挙げて紹介されています。アルバムでの真理さんの実績は「この記録は破られないだろう」といわれたシングルの記録をもしのぐものですが、それを紹介してくれる人はなかなかいません。大和さんはそれをしっかり強調してくれましたので、放送を聴いていた人たちもあらためて天地真理という歌手の実績の大きさに気付いてくれたのではないでしょうか。
曲はファーストアルバムから「忘れていた朝」がかけられました。



最初に「花嫁」がかかり、真理さんのカバーはフォークが多いということから、実はフォーク歌手と想定されていたのが人気が急上昇してアイドルになっていってしまったというデビュー当時の事情を説明されていますが、こういうファンであればみんな知っているようなことも、天地真理さんと言えば「アイドル」としか知らない人たちには新鮮な情報ですね。たしかに「アイドルの形を作ったのは完全に天地真理」ですが「天地真理をアイドルにしたのはファンだった」という大和さんの説明は、「天地真理への100の質問」に対する真理さん自身の回答「アイドル路線になっていったのは、今思うとファンの皆さんがそうしたのだと思います。・・・皆で「天地真理」という歌手を作ったと思います。1人では「天地真理」にはなれません。」にぴったりと重なりますね。
曲は「冬物語」でした。



最初にスクリーンコンサートについて詳しく触れておられますが、これはとてもいい宣伝になりますね。ただ札幌周辺の人が主なリスナーだと思うので、実際に来れるかどうかはわかりませんが、それでも東京に行ったついでにと言う人は増えるでしょう。
次にオリジナルソングコレクションから「あなたの故郷」がかかったあと、レア音源コレクションでの未発表音源も含めて、このボックスがいかに価値があるか熱く語られ、「それでお値段1万円」とまるでジャパネットたかた級の宣伝もしてくださいました。
最後にはライブから「また会うためにさようなら」、さらに未発表写真の話題にまで触れて、「素晴らしい青春」の真理さんらしいのびのびとしたうたでしめくくりとなりました。

1時間、それもお決まりのヒット曲だけでない、真理さんの<うた>の素晴らしさをじっくり聴ける番組というのはほんとうに貴重ですね。新ボックス発売決定に合わせていち早く特集として取り上げたくださった大和さんには本当に感謝したいと思います。こういう情報がさらに拡散し、このボックス発売がタイトル通り「歌手 天地真理」のルネサンスになることをねがってやみません。

番組のFBに曲名等詳しく出ていますからそちらもご覧ください。



※ 天地真理動画プロジェクト(仮称)の「歌手 天地真理を知っていますか」「空前のアイドルへの道」「フォーク歌手 天地真理」への意見、感想も引き続きお願いします。

     アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

5月21日

先日、5月19日の「タブレット純 音楽の黄金時代」は森田公一特集でした。森田公一特集ならリクエストすればよかったのですが、実はこの番組のHPの更新が遅く、特集テーマを知ったのが直前だったので間に合いませんでした。しかし、当然のことですが真理さんの曲が一番にかかりました。お聴きください。


番組で紹介があったように、今日5月21日は「ひとりじゃないの」の発売日ですから、この特集のタイミングもよかったですね。
私は、これまでもたびたび書いてきたように、森田公一との出会いが歌手天地真理の魅力を全面的に開花させたと思っています。一方、森田さんにとっても「ひとりじゃないの」の成功が作曲家としての評価を確立したと言ってもいいと思いますから、どちらにとってもこの出会いはかけがえのないものだったと言えます。そしてそのおかげで、私たちは真理さんの素晴らしい歌の数々を聴くことができるのですから、私たちにとってもこの出会いは幸運だったと言えます。お聴きいただいたように、この番組でも一番に「ひとりじゃないの」がかかりましたが、実はもう一曲「想い出のセレナーデ」もかかったのです。ただしこちらは浜田朱里さん版でした。同じ歌手の曲が2曲かかるというのは珍しいですから、森田さんと真理さんの結びつきの強さが現れています。しかしまったく同じ歌手ではということで浜田さんに替えたのでしょう。
できればここで森田公一さんについてもっと詳しく語りたいのですが準備不足です。更新の間があきすぎてもいけませんから、あらためて別の機会に取り上げたいと思います。

さて実は同じ5月19日、もう一つのラジオ番組でも真理さんの曲が放送されました。FM軽井沢「太田忠の経済金融縦横無尽」です。最後のコーナー「太田忠のピアニスティック」で「若葉のささやき」が太田さんのピアノで編曲・演奏されました。こちらは季節に合わせた選曲です。久しぶりに太田さんのピアノをお聴きください。


太田さんが言われている通り、この曲はこの頃の真理さんの曲では珍しく短調なのですが、聴いているとそう感じません。真理さんのうたの持つ生命力が、むしろ明るく感じさせてしまうのですね。まさに真理さんのうたの力と言うべきでしょう。

※ 天地真理動画プロジェクト(仮称)の「歌手 天地真理を知っていますか」「空前のアイドルへの道」「フォーク歌手 天地真理」への意見、感想も引き続きお願いします。

     アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

山上路夫特集

少し紹介が遅くなりましたが、3月10日、ラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」で「若葉のささやき」がかかりました。この日の放送は「山上路夫特集」で「黄金リクエスト」のコーナーでかかりました。



リクエストはムツキさんという方でした。この日は「山上路夫特集」ですから真理さんの曲はいくつでも候補があるので、必ずかかると思いました。しかし、私自身はつい先日リクエストを採用してもらったばかりだったので今回は難しいと考えて、さくら貝掲示板にリクエストを呼びかけていました。この方がそれを見てリクエストしてくださったのか、よくわかりません。お葉書でのリクエストだったことや、その文面などから推測すると、どうもそうではないように思います。また、「テーマに沿っていなくてもよいでしょうか」と尋ねておられますが、「山上路夫特集」なら「若葉のささやき」はテーマ通りですからちょっと不自然です。何か勘違いされていたのかもしれません。そうだとすると、やはり掲示板を見た方ではないと思われます。
そういう、天地真理ファンのコミュニティー以外の、いわば一般の人がリクエストしてくれたならとてもうれしいことです。そういうことがもっともっと広がってくれればいいなと思います。

桜の開花のニュースが始まりました。花の季節が始まって、まもなくすれば若葉の季節になります。例年この時期になると、あちこちの番組でこの曲が流れます。真理さんの歌声で、自然と同じように、私たちの生命もよみがえるようですね。

(※ 4月2日までコメントの処理ができません。コメントを入れて
   いただいて結構ですが、掲載はしばらくお待ちください )


※ 天地真理動画プロジェクト(仮称)の「歌手 天地真理を知っていますか」「空前のアイドルへの道」「フォーク歌手 天地真理」への意見、感想も引き続きお願いします。


     アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

黄金年鑑1972年

2月24日のラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」は「黄金年鑑1972年」でしたが、私のリクエストをかけていただけました。

最初に吉田拓郎「結婚しようよ」からこの年の時代的背景を見て、次に私のリクエスト「虹をわたって」をお聴きください。





番組HPではこの日の特集は、最初「黄金年鑑1972年」となっていましたので、お聴きのように1972年という年についての話題を書いて出したのですが、放送直前にHPを見ると「2,3月の歌」と付け加わっていました。そうすると「虹をわたって」は外れてしまうので、かけてもらえるかどうか、自信がありませんでした。しかしこの番組は「黄金リクエスト」というコーナーなら特集テーマと違ってもいいので、そこでかけてもらえました。久しぶりにリクエストがかかって、やはりうれしいですね。
ただ、読んでもらえたのは前半だけで、実は後半もあったのですが、私自身も長すぎるかなと思っていましたから、仕方ないですね。
全文は次の通りでした。

1972年でとても印象に残っているシーンがあります。6月中頃、テレビの歌番組で天地真理、小柳ルミ子、南沙織の3人娘がベストテンの1,2,3位を独占したシーンです。その時私は、これは一つの転換点だと思いました。つまり若者が音楽市場を”大人”から奪い取った瞬間だと思ったのです。吉田拓郎の「結婚しようよ」「旅の宿」の大ヒットによってフォークが大衆化してきたのも同じ流れでした。
アルバムでもこの年の年間1位は天地真理のファーストアルバムでした。アルバムは当時2000円前後でしたが貨幣価値で言うと今の3倍ぐらい、つまり今なら6000円くらいの感覚でした。したがって買えるのは大人が中心で、演歌とか洋楽が中心だったのです。ですから若いポップス系の歌手が1位を占めたこの出来事は特筆すべきことでした。しかもこの天地真理のファーストアルバムはフォークのカバーアルバムといってもいい内容でしたから、いわばアイドルとフォークと言う若者の支持を凝縮したような性格をもっていたのです。
こうして若者文化が大衆文化の主流となっていく、その転換点となったのが1972年と言っていいのではないでしょうか。

リクエストはそのファーストアルバムから「あのすばらしい愛をもう一度」です。天地真理さんの名唱です。

(※もし、上の音源がなかったら)
リクエストは天地真理さんが3曲連続オリコン1位と言う当時前人未到の記録を達成した「虹をわたって」です。

ここで書いたことは以前このブログにも書きました。<アーカイブ>にも入れてありますが、こちらをご覧ください。


※ 天地真理動画プロジェクト(仮称)の「歌手 天地真理を知って
  いますか」
「空前のアイドルへの道」への意見、感想も引き続き
  お願いします。


     アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。



プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード