<アイドル>

ゴルフの宮里藍さんが今シーズン限りで引退することを発表しました。
先日はフィギュアスケートの浅田真央さんが引退を発表したばかりですが、また一人スポーツ界のスターが現役を退くことになります。
私はスポーツにはそれほど詳しくありませんし、関心も世間一般の人に比べたら高くない方だと思います。それでもこのお二人のことはよく知っているし、私の記憶の中に強い印象として残っています。私でさえそうですから、おそらく日本中の人が知っているでしょう。まさに「国民的スター」と言っていいと思います。
実際お二人の登場で、女子ゴルフやフィギュアスケートへの人々の関心が飛躍的に高まり、それまで関心のなかったような人たちからも多くのファンが生まれました。特に子どもたちに大きな影響を与え、お二人にあこがれてゴルフやフィギュアスケートを始める子どもたちがたくさん現れ、競技の底辺が格段に広がりました。そして今、その中から日本のみならず世界で活躍するような逸材が次々と現れています。その意味でそれぞれの競技においてかけがえのない功労者と言えるのではないでしょうか。
お二人は競技での実力がすぐれていたのはもちろんですが、それだけでない、人を引き付ける特別な魅力が備わっていた人たちでした。だからこそ、多くの人が愛し、憧れる存在となったのです。まさに言葉の本来の意味で<アイドル(偶像)>でした。
どんな分野でも、それが広く一般の人たちに普及していくうえで、こうした<アイドル>と言う存在は不可欠で、お二人はまさにそうした役割を果たしたと言えると思います。

お二人のことを考えながら真理さんのことを思い浮かべました、天地真理さんもそのような意味での<アイドル>でした。いわばアイドル界の<アイドル>だったのです。
私は天地真理さんを単にアイドルとして語ることには強い違和感があります。それがたとえ称賛の言葉であったとしても「それは違う」と言いたいのです。私が真理さんに惹かれたのは何よりその<うた>の魅力であったからです。そして今ではそれは多くの人の常識になってきたと言っていいと思います。しかし一方で、真理さんの<うた>を高く評価する人たちの中には、「アイドル天地真理」を否定的に見る人たちもいます。私もそういう気持ちがわからないではありません。しかしそれもまた一面的だと思います。
天地真理さんが個性的で優れた歌手であるということは、極めて魅力的なアイドルであるということと相反することではありません。それは見る角度の違いでしかありません。そしてアイドルとしての真理さんの存在の大きさはご存知の通りです。
「元祖アイドル」と言われるように天地真理さんの登場がアイドルという言葉やイメージを人々の中に定着させ、それまで「ジャリタレ」とか「可愛い子ちゃん」などと揶揄、軽視されてきた若い歌手、タレントにいわば市民権をもたらしたのです。それは真理さんの生き生きとしてやさしい表情や晴れやかでよろこびが湧き出るような歌が、年齢、性別を問わず多くの人を魅了し、愛されたからにほかなりません。真理さんの空前の人気によって”歌謡曲”の世界の構図もがらりと変わり、それまでのじめじめした“大人の歌”からアイドルのはつらつとした歌へと中心が移っていったのです。真理さん以降、次々とより低年齢のアイドルが登場してきましたが、誰もが真理さんを目標としたり、真理さんに憧れたりしてきた人たちでした。その意味で、真理さんはやはりアイドル界の<アイドル(偶像)>だったのです。


      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

本物を見なければわからない

1週間ほどスペインへ行ってきました。
日本をたつ時、私の住所ではまだ桜が咲き始めた頃だったのですが、マドリッドに着いたら新緑の若葉の季節でした。マドリッドは街路樹が高くて美しく、まさに「若葉のささやき」でした。気温も30℃近くで半袖で過ごしました。中間でバルセロナへ移動した頃から気温が下がり4月らしい気候になりました。
この旅で考えたことは何といっても「本物(実物)を見なければわからない」ということでした。それは至る所で経験しました。たとえば、
マドリッドから少し脚を延ばした古都トレドは写真では見ていましたが、実際のスケールや路地のたたずまいなど現地に行ってみなければわからないものでした。またベラスケス、ルーベンス、ゴヤ等の作品も写真とはまるで印象が違いました。そういう中で、とりわけそのことを強く感じたのは、まずソフィア王妃芸術センターで見たダリの作品です。私はダリの作品はどうも気持ち悪くて面白くはあっても好きではありませんでした。例えば次の作品はタイトルからして「偉大なる手淫者」というのですが・・・。
ダリ「偉大なる手淫者」
ところが実際に見るとまるで印象が違うのです。色彩が本当に繊細で実に美しい作品なのです。実物を見てない方は信じないかもしれませんが本当です。ぜひ実物を見て下さい。まさに「本物を見なければわからない」ものの代表です。
しかしそれ以上に、「本物」によって心動かされたものが2つあります。
ひとつはやはりソフィア王妃芸術センターにあるピカソの「ゲルニカ」です。
ゲルニカ
このあまりにも有名な作品は写真ではほとんどの方がご覧になっていると思いますし、テレビなどでもよく取り上げられますから細部までご存知の方も多いと思います。当然私もその歴史的意義も含めよく知った作品で「見慣れた」と言ってもいいものでした。
ところが、実際にこの作品の前3mくらいのところに立ってこれを見た時、画像から強い波のようなものが私に向かって押し寄せてくるような感覚にとらわれました。それはこの絵の中に埋め込まれた底知れぬ怒り、悲しみが発するエネルギーなのでしょう。呆然と見入っているうちに涙がにじんでいるのに気が付きました。それは言葉や概念で表現できないものに対して私の心身が反応を起こした結果でしょう。ともかくこれまでしたことのない体験でした。
「本物を見なければわからない」もののもうひとつはガウディのサグラダファミリアです。これもあまりにも有名な教会建築ですね。
サグラダファミリア
外側のつくりは写真でも見られます。もちろんそのスケール感は実際に見なければわかりませんが、私がとりわけ「本物を見なければわからない」と思ったのはその内部です。もちろん内部の写真もあります。しかしその<空間>はその場でしかわからないものでした。
サグラダファミリア内部2
内部は微妙に色の違う石柱が木々のように林立し、そこに回り中のステンドグラスからの色とりどりの光線が差し込み、まるで森の中にいるようです。光線は水彩絵の具のようにやわらかで、太陽が移動するにつれて刻々と違う色で柱を染め上げていきます。小鳥の声が聴こえてきそうな生命の楽園です。心が何かかけがえのないものによって満たされ慰められる、そんな空間でした。お互いにぶつかり合うほどに大勢の観光客がいて、相当の音量が発生しているに違いないのに、この空間に身を浸していると森の静寂がそこにありました。まさに至福のひとときでした。

「本物(実物)を見なければわからない」ということは言葉で言えば当たり前ですが、実際には私たちは偽物、まがい物を見て、いかにもわかったように思い込んでしまいがちです。サグラダファミリアについてネットで調べていたら「美しいとも、立派だとも思わない 。岡本太郎の奇をてらう思想と(し)か思えません。すばらしいと言う感性もミーハー。ともあれ子供の粘土工作」というご立派なコメントを見ました。写真だけを見て自分は何でも正しく判断できると考える、自分を相対化できないこういう傲慢な人たちがネット上には多すぎますね。
天地真理さんの場合も「本物」を自分の目や耳で知ろうとせず、上の例で言えば「写真」のような2次的な情報でわかったように思っている人が世間にはあまりに多すぎます。帰りの飛行機の乗り継ぎで降り立ったヘルシンキ空港でかなり待ち時間があったので、旅行に来て初めてイヤホンを挿し真理さんのうたを聴きました。聴こえてきたのは「もの想う季節」でしたが、みずみずしい歌声が疲れた心と身体に沁みわたりました。

 前回「ラジオ深夜便 天地真理集」にmariminafanさんから17日の放送での反応を教えていただきましたので、お聴きください。

保母さんだった玉木(?)さんとは45周年記念パーティーにも来てくださっていた方でしょうか。ずっと真理さんを見守ってきてくださっているのですね。心温まるお便りでした。
それにしても、これを聴いて考えたことは、リクエストしっぱなしではなく、こういうフォローも大事だなと言うことです。次につなげるためにもこれから大事にしていきましょう。


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

ラジオ深夜便 天地真理集

4月3日のNHK「ラジオ深夜便」の「天地真理集」、すでにいろいろの方が内容を紹介したり感想を書かかれたりしていますが、早速お聴きください。

かかった曲は次の通りです。
①水色の恋 2:30~ ②ちいさな恋 6:25~ ③ひとりじゃないの 10:38~ ④虹をわたって 14:47~ ⑤ふたりの日曜日 18:27~ ⑥若葉のささやき 22:04~ ⑦恋する夏の日 25:55~ ⑧空いっぱいの幸せ 29:23~ ⑨恋びとたちの港 32:56~ ⑩想い出のセレナーデ 36:32~ ⑪君よ知るや南の国 40:44~



いかがだったでしょうか。これを聴くと、徳田アナウンサーは日比谷公会堂のコンサートに行ったということですから、真理さんのファンだったのですね。実際に見た会場の様子も語ってくれましたし、曲の間のお話も短いながらも”台本通り”と言うのとは違う暖かさが感じられ、落ち着いたよい放送でした。
曲は最後の「君よ知るや南の国」を除けばオリコン4位以上の大ヒット曲ばかりでした。もちろんそれだけで十分聴きごたえがありましたが、徳田さんが最後に「怒涛の数年間」の後も「落ち着いて、いい曲も多くなったように思いますね」と言っておられたのは、本当はそれ以外の曲もかけたかったと言いたかったのではないでしょうか。最後の曲として唐突にヒット曲とは言えない「君よ知るや南の国」が入ったのも、真理さんの曲をよく知る徳田さんの発案だったのではないかと私は推測するのですが・・・。私自身ももう少しバラエティーに富んだ選曲をしてほしかったなあという気持ちもあります。ただ、真理さんの場合、ヒット曲が多すぎてこれだけで時間が終わってしまうということなのですね。やはり2時間連続、あるいは2回、3回とシリーズで続くような番組をやってほしいと思います。そのためにはやはり、放送局の人たちにこれだけ多くの人が望んでいるということを機会あるごとにアピールしていくことが必要だと思います。
前回の記事で紹介しましたが、同じNHKの「歌謡スクランブル」では3月17日のリクエスト特集で「若葉のささやき」がかかりました。それをリクエストしたのはお二人でしたが、真理さんの他の曲へのリクエストもたくさんあったと言っていました。そしてその後、3月30日には「アイドルコレクション(1)」で「水色の恋」が、4月5日の「青春のメロディー(3)」では「ひとりじゃないの」がかかりました。同じ番組で2週連続というのは珍しいですが、この「深夜便」もその間にあったのです。確証はありませんが、このように時系列で見てみると、リクエスト特集でのリクエストの多さがその後の放送に何らかの影響を与えたのではないか、と考えてしまうのです。実際はどうかわかりませんが、それを信じてこれからも機会あるごとに地道にリクエストを続けていこうと思っているところです。


なお、放送の中で若干気になった部分がありましたので、ちょっと嫌味な気もしますが触れておきたいと思います。
ひとつは「水色の恋」の作詞作曲者名ですが「田上」を「たがみ」と読んでいましたが「たのうえ」です。
次に「想い出のセレナーデ」のところで 「74年4月には大阪でフォーク・コンサートを開いている」と言っていましたが、それは大阪フェスティバルホールでのコンサートだと思います。しかし以前の記事で紹介したように「フォークコンサート」とは言えないと思います。石川鷹彦さんや吉川忠英さんとの共演コーナーもあったのでそう考えたのかもしれません。


16日よりしばらく応答ができません。コメントはいただけますが掲載、返信は23日以降になります。記事の更新も25日以降になりますのでご承知ください。

       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

消えた8万票

3月17日NHKFM「歌謡スクランブル」リクエスト特集で天地真理さんの「若葉のささやき」がかかりました。お聴きになれなかった方もおられると思いますので、お聴きください。リクエストはtenchimassuguさん、水色うさぎさんからでした。また曲は違っても真理さんの曲へたくさんの方からリクエストがあったということです。また機会があればさらに多くの方からのリクエストへの参加を期待します。



さて本題です。前回に引き続き雑誌「平凡」で天地真理さん担当編集者であった塩澤幸登さんの「忘れられない人」シリーズの話題です。
前回は1973年9月の「平凡」人気投票を紹介しましたが、今回は翌年1974年9月の人気投票です。これは天地真理さんの記事にも文章の中で触れられていますが、山口百恵(上)の記事の中に整理されて出ています。それを表にすると次のようになります。
平凡人気投票7409
前年10位だった山口百恵さんがトップに立ち、圧倒的な1位であった天地真理さんは6位に後退してしまいました。しかも票数を見ると前年の10分の1しかありません。いったい何があったのでしょうか。ただ山口百恵さんも33000票余りで前年1位の天地真理さん87000票には遠く及ばないのです。投票総数自体も9万票減っています。そこで得票数でグラフにしてみると次のようになります。(対象は両方の投票で共通の9名です)
平凡人気投票2年比較
この変化を塩澤さんは次のように考察しています。
「全体の投票数も下がっているのだが、天地真理が膨大な票数を失い、浅田、麻丘、小柳ルミ子らもある程度の大きさの被害を被り、それらの一部が山口百恵の票に流れたという分析でいいのではないかと思う。天地真理の持っていた大量の支持票はごっそりどこかに消えてしまった印象がある。」
たしかにグラフで見ると真理さんの8万票がそっくり消えて、残った票の中で百恵さんがシェアを伸ばした、という印象です。つまりこのグラフで考えるなら、真理さんは次々と登場してきた年下のアイドル達に人気を奪われたのではなく、真理さんの巨大な人気それ自体が自壊するように消え去ったということになるのではないでしょうか。
それでは、真理さんの8万票はどうして消え、どこへ行ったのでしょう? 私も塩澤さんの指摘で”消えた8万票”のことを知ったばかりで確定的なことは何も言えません。しかしいくつか思いつくことを挙げてみます。

一つ考えられることは”卒業”ということです。「平凡」の読者の中心は中学生だと思うのですが、当然1年1年学年は上がっていきます。真理さんのファンだった中学生が高校生になって「平凡」を買わなくなる、つまり「平凡」読者を卒業すると当然人気投票にも投票しなくなります。
また当時の高校生ではフォークや洋楽へと関心が移る人も多かったと思われます。つまり歌謡曲からの卒業という流れもかなりあったと思われます。これは人気投票だけでなくレコード売り上げにも大きな影響を与えたはずです。
ただいずれも単なる推測で根拠のあることではありません。また塩澤さんは72年以前や75年以後の人気投票については書いておられませんが、もし各年の人気投票のデータがあればもう少し深く探ることもできるかもしれません。
また塩澤さんによれば実は「平凡」の発行部数自体がこの前後かなり増減しているようで、それがどうして起こったのかとういうことも関係してくると思われます。

というわけで謎は解けませんでしたが、皆さんはどう考えますか?

<放送予定>
3月30日(木) 13:00~ NHKFM「歌謡スクランブル」
 アイドルコレクション(1)で「水色の恋」がかかります。
4月3日(月)午前3:00~ NHKFM「ラジオ深夜便」で
 <70年代アイドル・ファイル 天地真理集>です。
4月5日(水)13:00~ NHKFM「歌謡スクランブル」
 青春のメロディー(3)で「ひとりじゃないの」がかかります。



       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

”空前”の証明

さくら貝掲示板で1970年~75年当時の雑誌「平凡」の編集者だった塩澤幸登さんのブログが紹介されていました。見てみて驚きました。「忘れられない人」というシリーズが続いていてすでに相当な量になっているのですが、当時の芸能界のまったく知らなかったさまざまなエピソードがたくさん語られているのです。しかもよくあるような出所不明の伝聞ではなく、ご自身の直接体験したことがほとんどです。そしてその第1回が天地真理さんなのです。
それによれば塩澤さんは真理さんにマスコミで最初にインタビューした人のようで、それ以来「平凡」での天地真理担当として真理さんからも信頼される関係であったようです。もちろん人と人との関係は一方の感じ方がそのまま他方の感じ方と一緒とは限りませんが、塩澤さんは真理さんの全盛期を近いところで愛着をもって見守ってきてくれた人のように感じます。
真理さんについては第1回だけでなく他の人がテーマの回でもしばしば触れておられますし、真理さんに直接関係ない話題でも当時の芸能界の内幕が現れていて、このブログでも取り上げたいテーマがたくさんありそうなのですが、今回は客観的な数字にまつわる話題にしようと思います。

それは1973年9月の「平凡」における人気投票です。塩澤さんによるとそれはこういう結果だったということです。
平凡人気投票7309
1973年9月といえば「恋する夏の日」で真理さんが頂点を極めた頃ですが、それはこの数字にはっきり表れています。占有率とはこの10名の得票の中でどれだけの割合を占めるかという数字ですが、真理さんはほぼ40%となっています。つまりベストテンメンバーの得票のうち4割をひとりで占めていたということです。
平凡人気投票7309占有率

空前と言われた真理さんの人気は同時代を生きていた人たちには自明のことですが、知らない人たちに説明するのはなかなか難しくて、いろいろの角度からのアプローチがあるのですが、この「平凡」の数字は最もわかりやすく説得力がありますね。以前の記事でさまざまな「証言」でそれを試みたことがありましたが、その中に「我が高校のクラスでは、8割の男子生徒、5割の女子生徒が天地真理ファン」という証言がありました。それを読んで「ちょっと大げさじゃない?」と思った人もおられたかもしれませんが、22万票の中で4割ということは、「クラス」という小さな空間の中ではこの程度のことは当然ありえたと納得されるのではないでしょうか。ネットでも「天地真理は一人で他のすべてのアイドルと拮抗していた」という趣旨の書き込みを見たことがありますし、私もどこかで「天地真理の全盛期の人気はシェア50%」と書いた覚えがあります。これはいわば“体感”のようなものを根拠にしているのですが、この「平凡」の数字はそれを具体的な数字で裏付けてくれました。

しかしこれが翌年の人気投票では激変するのですがそれについては次回にします。
ともかく塩澤さんのブログは大変興味深いのでご覧になってみてください。


<放送予定>
NHKFM「歌謡スクランブル」リクエスト特集(2)で天地真理さんの「若葉のささやき」がかかります。
   3月17日(金) 13:00~ (第一曲です)


       アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。



プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード