FC2ブログ

「私は歌手」聴いてみました

     あけまして おめでとうございます

天地真理さんの新しいDVD/CDボックス「私は歌手」がクリスマスの日に届いたので早速聴いてみました。とはいっても、年末年始の忙しさで全部を聴いたわけではありません。当然、ほとんどはこれまで数えきれないくらい聴いた曲で、違いは音質くらいですからあわてることもないのでゆっくり聴いていくつもりです。しかし今回初めて聴けるようになった曲は一刻も早く聴きたくて、ディスク5をかけてみました。
それは期待以上にすばらしいものでした。40年以上の時を経てよみがえった真理さんの歌声は、たったいま録音されたばかりのようにみずみずしく新鮮でした。声がとても近くで聴こえ、生々しく感じられます。まるで真理さんがすぐそこで歌っているような感覚です。それが元々の録音のためか、今回のボックス共通の音質なのか、他のディスクを聴いてないのでわかりませんが、真理さんの声がみずみずしくくっきりと聴こえ、それが真理さんのうたの持つ多彩なニュアンスを豊かに伝えてくれています。

1曲目の「秋ふたたび」は真理さんのオリジナルではあまり似た曲調のものがないのではないかと思います。私は同じ森田公一さんの作品である小柳ルミ子さんの「春のおとずれ」を連想したのでYoutubeで探したら、何と真理ちゃんシリーズの1シーンらしき映像が見つかったので、本題ではありませんが貼っておきます。


こうして聴くと、この頃のルミ子さんは歌いすぎず抑制があっていいですね。真理さんのうたは発売されたばかりですからここでは紹介できません。お聴きになっていない方はぜひCDボックス「私は歌手」をお求めください。
本題に戻って「秋ふたたび」ですが、懐かしさが沁み出してくるようなうたですね。真理さんのうたはすみからすみまですべての言葉に想いがこもっています。表面は抑えながら芯には熱い想いがあって、それが次第に高まり最後にあふれ出てきます。聴く者の心に直接語りかけてくるようなうたですね。大好きになりました。

2曲目の「早春」は明るく軽快な曲ですが、歌詞からすれば寂しさを歌っています。加藤和彦さんはそこに敢えて明るい曲をつけました。そこに加藤さんの“天地真理観”を見ることができるような気がします。(もし“曲先”だとすれば山上路夫さんの“天地真理観”ですが) そして真理さんはそれに見事にこたえていますね。弾むような語尾(例えば「決めない」「バスに乗」)にも豊かな表情があり、それが繰り返されることで音のすべてに<心>が行き渡り、言葉の”意味”を脳が反芻しなくても真理さんの声自体が<陰影ある明るさ>を感じさせるのです。心弾ませながら涙がにじむという真理さんのうたの最良の表現がここでも聴けます。

3曲目の「若い合唱」はマーチ風の元気な曲ですね。当時よくあった青春ドラマの主題歌のような雰囲気です。作曲が川口真さんで「京都でひとり」と同じ頃の録音と言うことですから、どうしてこういう曲が作られたのかちょっと不思議です。でも真理さんが歌えば、元気いっぱいで威勢のいい歌ではなくて、生き生きとして美しいニュアンスが香る歌になるのです。全編、生気と楽しさに満ち、同時に一つ一つの言葉に豊かな表情がある、これもまた天地真理さんだけが歌えるうたと言えるでしょう。

4曲目は「想い出のセレナーデ」のアレンジ及び歌詞違い版です。本来は「青春のセレナーデ」というタイトルで「恋と海とTシャツと」のB面として企画されていたもので、編曲は馬飼野俊一さん。2番の後半の歌詞がシングル版とは違っています。
私は、聴き慣れた「想い出のセレナーデ」とだいぶ違う印象をもちました。アレンジを比べると、やはりシングル版の竜崎孝路さんのものの方が陰影がありこの曲にはふさわしいのではないかと思います。真理さんのうたも同様のことが言えそうです。歌詞もシングル版の方がよいと思います。こちらの歌詞では、それまで自分の心情を切々と歌っていたのに最後に突然第3者的な評論じみた内容になっていて非常に違和感があります。やはりシングル版の方が練られたという感じですね。とはいえ、それは比較の問題で、これはこれで十分楽しめるものです。

5曲目は「トルコ行進曲」です。予告で見てモーツァルトの「トルコ行進曲」だろうということはわかったのですが、スキャットなのか、ピアノ演奏なのか、どちらだろう?と思っていました。私とすれば真理さんのピアノ演奏でこの曲を聴きたいという気持ちがあったのでちょっと残念ですが、九段会館のコンサート(「オンステージ」に収録)で歌われた(?)スキャットでした。
この曲のスキャットと言うと由紀さおり・安田祥子姉妹のものが有名ですが、ボックスの解説によるとそれは1980年代に入ってのことで、真理さんはそれよりずっと早く、当時ヨーロッパで「スキャットの女王」として知られていたダニエル・リカーリにヒントを得たものではないかということです。そこで、ここでも真理さんのうたを紹介することはできないので、ダニエル・リカーリで聴いてみましょう。
(トルコ行進曲は12分11秒くらいからです) 


これと比べてみると、真理さんの方はピアノ的だと思います。こちらはスキャットと言いながらかなり「歌って」いるのです。ピアノはある意味で打楽器なのですが、こちらは時々弦楽器的な動き(音と音がつながる)がありますね。つまり言葉はないけど歌っているのです。由紀・安田姉妹の場合でもそうです。ところが真理さんの場合、そういうところがほとんどありません。真理さんがこの曲をピアノで弾いたことがあるかどうかわかりませんが、ピアノで弾くように歌って(?)いるように思います。
ともかく真理さんの音楽的素養をうかがい知ることができるすばらしい演奏(歌唱?)です。また言葉がないために真理さんの声の美しさも純粋に聴くことができます。期待したピアノ演奏ではありませんでしたが十分に楽しむことができました。

このディスク5を聴いて、これほどの水準の録音がなぜこれまで陽の目を見ることがなかったのか、不思議でなりません。季節とか販売作戦とかいろいろの要素が重なったのでしょうが、ともかくこうして聴くことができて幸せです。同時に、まだまだ眠っている録音があるのではないかと期待も膨らみます。ぜひ徹底的な調査をして探し出してほしいものです。

 ******************************

ところで、前回も報告しましたYoutubeでの動画のブロックですが、その後もますます拡大して、「フォーク歌手・天地真理①」「フォーク歌手・天地真理②」もブロックされてしまいました。ということは、真理さんの歌手としての素晴らしさをアピールしようとして私が計画していたシリーズそのものが見通しがなくなったということです。「私は歌手」の宣伝も兼ねている動画をソニー自身が妨害しているということになります。また、真理さんのうたのすばらしさを外国の人にも知ってもらおうと制作し、実際外国からのアクセスが6割を占めている 「O Marijana 」もブロックされてしまいました。そのほかにも私がこのブログの中で、限定公開で使った動画、たとえば真理さんが出演した「刑事君」の貴重な動画とか、聴き比べのために作った動画とかもたくさんブロックされています。
このことについてはいろいろの思いがありますが別の機会に回します。少し気落ちしていますが、今年もよろしくお願いします。


   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。






「レコードコレクターズ」インタビュー記事

真理さんのFBでインタビューが掲載されていると紹介されていたので「レコードコレクターズ」1月号を買って読みました。
私はポピュラー系の雑誌に詳しくないのでこの雑誌がどのような位置づけになるのかはわかりませんが、目次を見てもなかなか充実した音楽雑誌です。
レコードコレクター201901目次
真理さんのインタビュー記事は見開き1ページという分量の制限もあり、「100の質問」を読んだ方には特に目新しいことはないかもしれません。しかし、こういう雑誌に取り上げられたということに大きな意義があると思いますし、インタビューなので真理さんの”肉声”も感じられますから、ぜひ購入してお読みになることをお勧めします。他の記事もいくつか読んでみましたが読みがいのある内容だと思います。また、こんな広告もありました。
レコードコレクター201901広告
新ボックス「私は歌手」の広告が他のアーティストの広告と並んでさりげなく入っていますが、私はこれを見て「これが真理さんの本来の居場所だ」と感じました。この雑誌の読者がこれを機に真理さんの<うた>そのものに向き合って聴いてくれたらうれしいですね。

ところで、動画の著作権に関してのブロックがとまりません。これまでも時々はありましたがほとんど気にするほどfではありませんでした。ところが10月末から急に増えて1日1件のようなペースになっています。すでに31件にのぼっています。ほとんどはこのブログでラジオ番組を紹介した動画の中で流されたシングルA面曲で、もともと限定公開にしているのですが、それでもブロックされています。一方、私がYoutubeで一般公開しているのはほとんど生録音でそちらはブロックされていないのですが、一つだけ、<天地真理デビュー前 「水色の恋」原曲「ちいさな私」>がブロックされてしまいました。後半のデビュー後の「水色の恋」がシングル版だったためブロックされたのです。しかしこの動画は私がアップした動画の中で最もアクセス数が多く、非常に貴重な動画ですからこのままにしておけないので、後半を差し替えてVer.2としてアップしました。後半は別の音源を使いましたが、デビュー直後の公開放送のライブ録音でこれまた貴重なものです。どこか「小さな私」の面影を感じますね。音源は以前Youtubeに公開されていたものです。実はこれまでしばらく限定公開にして様子を見ていたのですが、今のところブロックされていないので一般公開としました。



さて、年末は忙しくなりますので、年内の更新はこれが最後の予定です。今年もご覧いただきありがとうございました。
新年の更新は6日以降かと思います。来年もよろしくお願いいたします。

   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。



更にご協力を!

「フォーク歌手・天地真理」をYoutubeで公開してから約1か月がたちました。現在のアクセス数は1万回を超えたところです。とてもいいペースです。皆さんのご協力のおかげです。このままのペースでいけば、検索でも上位に定着できるでしょう。そうすれば「歌手・天地真理」の実力がさらに多くの人に認識されていくでしょう。
ところが第2弾の「フォーク歌手・天地真理②」は10日ほど経過したところで2000回にも達していません。ちょっと出足が鈍い感じです。私のパソコンのトラブルのためタイミングがずれてしまったこともあったと思います。2番目のドジョウは1番目のようにはいかないものですから、まずまずと言ってもいいのかもしれませんが、シリーズとして定着させるためには少し不足のように思います。その意味でこちらも皆さんのご協力をさらにお願いします。

ちょうどソニーから新CDボックス「私は歌手」の発売日の通知がありました。12月25日ということですからクリスマスプレゼントですね。「歌手・天地真理」の実力を多くの人に知ってもらうという意味で、すでにファンである人だけでなく、幅広い人たちに聴いてほしいものです。私のシリーズでも宣伝をしていますが、自分で買って楽しむだけでなく、なるべく多くの方に聴いてもらえるよう、皆さんそれぞれの方法で広めてほしいと思います。

それからこのブログの”本編”であるHP「空いっぱいの幸せ」が引っ越すことになりました。と言っても私の希望ではなく、geocitie
がHPのサービスをやめるためです。つまり立ち退きを迫られているということです。他のHPサービスに移行できるようなので、どこへ移行したらよいか探しているところです。ついでに内容の更新もできるといいのですが、そこまでやれるかわかりません。
シリーズ第3弾も作らなければなりませんし、なかなか大変です。



   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

追悼 森岡賢一郎さん

作・編曲家の森岡賢一郎さんが8月19日に亡くなりました。
森岡さんは特に編曲で知られ、「ブルー・シャトウ」「今日でお別れ」「君といつまでも」「恋のしずく」「瀬戸の花嫁」「霧の摩周湖」など数々のヒット曲を手掛けた方です。
真理さんの楽曲では、まず何といってもデビュー曲「水色の恋」の編曲でお馴染みですね。真理さんがデビュー前に歌った原曲「小さな私」とシングルとして発売された「水色の恋」を比べれば、編曲だけでなく、アマチュア作品であった「小さな私」の補作曲もされたのだと思います。ですから、私たちが持っている「水色の恋」のイメージは森岡さんが作ったと言っても過言ではないと思いますし、歌手天地真理の誕生に深く関わった方と言えます。
その後も真理さんとの関係は深く、アルバムには森岡さんが作曲(もちろん編曲も)された作品がいくつもあります。最初のオリジナルアルバムであるセカンドアルバムの「好きだから」「ひとりぼっちの私」、全盛期の「ミモザの花の咲くころ」(アルバム「若葉のささやき」)、「季節はずれの白いボート」「恋の世界」(アルバム「恋する夏の日」)がそうです。特に「好きだから」「ミモザの花の咲くころ」「季節はずれの白いボート」は真理さんの(シングル以外の)オリジナル曲の中でも屈指の名曲と言ってよく、真理さんのうたの魅力を100%引き出した作品だと私は思っていますし、実際多くの人に愛されている曲だと思います。
そして今回あらためて調べて気が付いたのですが、真理さんの(休養前)最後の時期の作品にも深く関わっておられたのですね。つまりこの時期の3枚のシングルの編曲を担当されていたのです。「矢車草/愛がほしい」「愛の渚/一杯のレモンティー」そして「夢ほのぼの」です。「矢車草」の印象的なブラス、「愛の渚」の弾むような前奏、「一杯のレモンティー」の洒脱なアレンジ、これらが森岡さんの編曲だったのですね。
どうしても作曲者には注意を払うのですが、編曲者は見逃しがちです。しかし編曲はある意味で作曲以上に曲のイメージを決定づける重要な要素ですね。編曲が違うと全く違う曲に聴こえるということもよくあることです。作曲は鼻歌でもできますが、編曲は各楽器の特性を十分理解し、さらにそれぞれの音色が重なった時どうなるか、という想像力も必要です。したがって編曲にはしっかりした音楽的素養がなければなりませんが、Wikipediaによれば作曲を團伊玖磨氏に師事したとあり、ポピュラー音楽の世界だけでなく、ソプラノ歌手カーティア・リッチャレッリのコンサートのプロデュースをしたり、バイオリニスト佐藤陽子とピアニストとして共演したり、クラシック音楽にも通じた方だったのですね。そのせいか、森岡さんの作品は作曲にしても編曲にしてもやわらかく流麗で落ち着いた品格があるように感じます。
ともかく、真理さんの全盛期の最初から(休養前)最後まで支えてくださった方です。感謝とともにご冥福をお祈りいたします。


※ 天地真理動画プロジェクト(仮称)の「歌手 天地真理を知っていますか」「空前のアイドルへの道」「フォーク歌手 天地真理」への意見、感想も引き続きお願いします。

     アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

「私は歌手」

【お知らせ】
札幌の三角山放送局「歌謡クロニクル」で新ボックス「私は歌手」の紹介を1時間にわたって放送してくれるそうです。この番組では以前真理さんのB面曲の1時間特集を放送してくれましたが、選曲もよく満足度の高い放送でした。(コメントをご覧ください)
放送は8月21日(火)午前8:00-8:59,午後19:00-19:59の2回です。
インターネットでも放送されます。
三角山放送局   http://www.sankakuyama.co.jp/
歌謡クロニクル
     Facebook https://www.facebook.com/kayochronicle/


前回、速報でお知らせしたとおり天地真理さんの新しいCD・DVDボックスが発売されることになりました。ボックスのタイトルは「私は歌手 I’M A SINGER」です。タイトルが示すように<アイドル天地真理>ではなく<歌手天地真理>という視点からつくられたボックスということです。内容も、シングルA面コレクションは従来通りですが、真理ちゃんシリーズのDVDも未発表曲が4曲あり楽しみです。それ以外はプレミアムボックスとは全く構成を変えて、フォーク・ポップスコレクションが2枚、オリジナルソングコレクションが1枚、そして未発表曲5曲のレア音源コレクション1枚となっています。コピーにも「カバーソングで伝わる歌の上手さ!」とあるようにカバーを中心において真理さんの<うた>のすばらしさを知ってもらおうという狙いですね。 
私のホームページもこのブログも、真理さんの歌手としての評価を訴えてきましたから、このボックスはまさに私たちが長く待望してきた企画と言えます。その意味で私には「ようやくここまで来た」という感慨がありますし、ほんとうにうれしいニュースでした。
またレア音源コレクションでは聴いたこともない曲が3曲あり、別バージョンの「想い出のセレナーデ」も聴けるようで、プレミアムボックスで「クラス会」を初めて聴いたときのワクワクした気持ちがまた味わえそうです。最後の「トルコ行進曲」はピアノ演奏でしょうか?そうだとすれば、前回偶然ですがこの曲の聴き比べを紹介しましたが、真理さんがどう弾くのか興味津々です。

ということで、私はこのボックスの発売を本当に喜んでいます。ただ、ここで私の悪い癖が出てくるのですが、いくつか不満もあります。
まずタイトルの「私は歌手」についてですが、ファンの人にはこのタイトルの意味はすぐ分かりますが、そうでない人にわかるでしょうか。天地真理さんが歌手だなんて当たり前じゃないか、と思う人も多いと思うのです。かといって私がいい案を持っているわけではないのですが...。
そして一番大きな問題は選曲です。フォーク・ポップスコレクションをプレミアムボックスと比較してみると、ほぼすべてのカバー曲が収録されています。ただ未収録のものもあって、それは「わが祖国」「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」それにクリスマスメドレーです。「わが祖国」の真理さんの歌唱は素晴らしいのですが、途中にメンバー紹介があるのでカットされたのでしょう。クリスマスメドレーも4曲連続なのでカットされたのだと思います。しかし「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」はどうしてでしょうか?私はこの曲は真理さんの表現の独自性を知るうえで欠かせないものだと思っているのですが。
オリジナルソングコレクションは真理さんのオリジナル曲を24曲に絞っているので、大事な曲がかなり抜けています。最初に私が気付いたのは「花ひらくとき」や「花嫁の友だち」ですが、最初私はシングルB面曲は除いたのかなと考えました。しかしよく見るとB面曲でもいくつも入っているのです。そうすると「花ひらくとき」のような真理さんの歌唱を語るときに外すことのできない曲がどうして収録されなかったのでしょうか。そう思ってさらに見ていくと、「ポケットに涙」「夢のチャペル」「さくら貝」「季節はずれの白いボート」「想い出がいっぱい」「朝のさざ波」「真冬のデイト」「オレンジ色の旅」「わたしの場合」「ブランコ」「あなたが教えてくれた歌」「家なき子」「ひこうき雲」「二月の風景画」「風花のさよなら」「ひとかかえの愛」「旅人は風の国へ」といった真理さんの表現を考えるうえで重要な曲がたくさん入っていないのです。またミュージカル「君よ知るや南の国」で真理さんはそれまでにない多彩の表現を見せたのですが、そこからは(シングルの「初めての涙」を除いて)一曲も入っていません。どうしてこういう選曲になったのでしょう?曲数の制限と言うこともあるでしょうが、レア音源コレクションは5曲だけですから、曲数を増やす余地はあったと思うのです。
実はこういうことを以前にも書きました。該当のところを引用します。

もちろん曲の評価はいろいろでしょうから異論もあるかもしれませんが、私がこういう対案を出したのはこういうCDを出すならファンの声も聞いてほしいと思うからです。このCDを製作したのはどういう人たちかわかりませんが当時からソニーにいる人ならともかく、むしろ40年来のファンの方がその歌手についてよくわかっていると思うのです。今後そういう機会があるかどうかわかりませんが、あるとすれば、ぜひそうしてより魅力的なものにしてほしいと思います。

こう書いたのですが、残念ながらソニーの人は私のブログもホームページも見ていないのでしょう。たくさんの歌手を扱っているのですからそれも当然だと思います。しかし、こういう企画をするなら、事前にファンクラブなどを通してアンケートを実施したり、ファンの声を集めたりと言うことは可能だったはずです。より良いものをつくろうという意志さえあればできたことだと思うのでとても残念です。
しかし前述したとおり、こういう企画自体をしてくれたことには感謝してますし、未発表曲など、どんなうたが聴けるのかワクワクして待っています。




※ 天地真理動画プロジェクト(仮称)の「歌手 天地真理を知っていますか」「空前のアイドルへの道」「フォーク歌手 天地真理」への意見、感想も引き続きお願いします。

     アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード