天地真理さんで聴きたかったオペラアリア

天地真理さんの発声の基本は国立音高で学んだクラシックの発声法です。ただ真理さんは早稲田大学フォークソングクラブに参加するなどフォークを歌いこなしたり、ヤマハのヴォーカルスクールでマーサ三宅さんの指導を受けてジャズにも親しんだりして、独自の発声法を身に着けていきました。
ですから、クラシックの歌手が歌謡曲を歌うとどこか大仰で違和感があるのに対し、真理さんのうたが、他の歌手とは違う感覚ではあるものの、違和感なく自然に聴こえるのです。
しかし、曲によってはクラシックの素養がはっきりとわかることもあります。たとえば、ミュージカル「君よ知るや南の国」のこの曲です。



オペラの一場面かと思うようなスケールの大きなうたですね。
こういううたを聴くとオペラ好きの私などは「真理さんがオペラを歌ったら・・・」と楽しい想像をしてしまいます。
もちろん今の真理さんには難しいかもしれませんが、1970年代の真理さんなら曲を選べば歌いこなせたと思うのです。
そんな想像をする中で、私が真理さんに歌ってほしかったなあと思うのはモーツァルトの「フィガロの結婚」の中のケルビーノのアリアです。
ケルビーノというのは主人公フィガロが仕えるアルマヴィーヴァ伯爵の小姓で思春期の少年です。この役はメゾソプラノの女性歌手が少年(男性)を演じます。こういう役をオペラの世界では「ズボン役」と言いますが、「フィガロ」のケルビーノは「ばらの騎士」のオクタヴィアンとならんでズボン役の代表です。
「フィガロ」でのケルビーノのアリアは2つありますが第2幕で歌われる「恋とはどんなものかしら」は誰もが聴いたことがあるのではないでしょうか。ケルビーノはアグネス・バルツァです。



恋に憧れる少年の気持ちを実に美しく表現していますね。メロディーも親しみやすくとても魅力的なアリアですが、私が好きなのはもう一つのアリア「自分が自分でわからない」です。これは第1幕で歌われますが、恋に恋い焦がれる思春期の苦しいほどの胸の高まりを歌っていて、私がモーツァルトのオペラの中で最も好きな曲の一つでもあります。 


(声と映像は別人です。映像はフォン・シュターデ。テンポが違うのでずれがあります。)

この演奏はエーリッヒ・クライバー(カルロスのお父さん)指揮、ウィーン・フィルハーモニーによるもので、1955年、ウィーン国立歌劇場絶頂期の記念碑的録音として知られているものです。<ウィーンのモーツァルト>を極めた演奏と言ってもいいでしょう。
ケルビーノを歌っているのはシュザンヌ・ダンコです。シュザンヌ・ダンコはベルギー生まれということですからフランス文化圏で育った人ですが、声楽家としての教育はプラハで受けたようです。プラハと言えば、ウィーンでの初演が必ずしも成功と言えなかった「フィガロの結婚」が爆発的な成功を収めた地ですから、ドイツ系の音楽もしっかり身に着けているといっていい人です。
私がこの曲の歌唱としてダンコが好きなのは、何よりも生き生きとしているからです。言葉の意味にとらわれて演劇的な表現を強めると音楽が死んでしまいます。当時のウィーンスタイルは何より音楽自体の魅力を生かし、文学的な意味とぎりぎりの調和を保っていたと私は思うのですが、その最良の遺産がこのクライバーの「フィガロ」だと思います。ダンコの歌唱は(純ドイツ系でない)自身の資質とこのウィーンスタイルとが溶け合ったものなのでしょう。胸の内から衝動のように湧いてくる異性への憧れが、青春の生のよろこびとして美しくあふれ出てくるうたと言ったらよいでしょうか。それは「私は生きている」というこの歌を連想させます。



どうでしょうか?天地真理さんでこのアリアを聴きたかったという私の気持ちをご理解いただけたでしょうか。



      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。



秘蔵ライブ 「歌のアルバム」

最後に<追加情報>あります

7月22日の朝日新聞土曜版beの「もういちど流行歌」は1989年6月の曲で斉藤由貴さんの「夢の中へ」をとりあげていました。私は「夢の中へ」は井上陽水は当然知っていましたが、斉藤由貴さんが歌ったということは知りませんでした。私は天地真理さんの全盛期1973年に就職して、真理さんの人気が次第に低落していく時期と、私の仕事がどんどん多忙になってきた時期とがちょうど重なり合い、しかも真理さんが“休養”に入っていく中で、ほとんどテレビの歌番組も見なくなり歌謡曲の世界は全く疎くなってしまっていました。ですから斉藤由貴さんという人もあまり知らなかったくらいですから、「夢の中へ」を歌っていたということは知る由もなかったのです。
そこでさっそくYoutubeで斉藤由貴さんの「夢の中へ」を聴いてみました。そして聴きながら天地真理さんの「夢の中へ」を思い浮かべました。それは真理さんのソロではなく布施明さんとのデュエットなのですが、今回は秘蔵ライブシリーズとして紹介したいと思います。

Youtubeでは真理さんの「夢の中へ」が聴ける動画は2種あります。一つはSugi4Geruさんのもので、もう一つは私amhikokigumoのものです。しかしどちらも元は同じテレビ番組を録音したものです。それは「ロッテ歌のアルバム」です。この番組は当時を知る世代の人なら誰でも知っている名物番組で、日曜日のお昼過ぎ、玉置宏さんの「一週間のご無沙汰でした」で始まる名司会で親しまれた歌番組でした。真理さんの「夢の中へ」を聴けるのは1975年5月18日の放送で布施明さんと南沙織さん、天地真理さんの2人の女性歌手の組み合わせでした。
Sugi4Geruさんのものはその中から天地真理さんが出演している部分をすべて収録しています。Sugi4Geruさんは真理さんの放送音源をたくさんお持ちで、Youtubeにも多くの動画を投稿してくださっています。特にSugi4Geruさんは私などと違って記録をきちんと録られているので、資料的にも信頼でき貴重です。

この動画には次の曲が収録されています。
①「愛の園」 天地真理・布施明 ②「積木の部屋」 布施明・南沙織・天地真理  ③「心もよう」 天地真理・布施明 ④「夢の中へ」 布施明・天地真理 ⑤「愛のアルバム」 天地真理


玉置さんの声を聴いているととても懐かしくなります。それは少年時代の家族と過ごした日曜日のお昼時を思い浮かべるからなのでしょう。もちろんこの放送は1975年ですから私は就職して一人暮らしをしていた時期ですが、1960年代の雰囲気のようなものがこの番組には感じられるのです。
それはともかく、この番組では歌手の持ち歌だけでなくいろいろの企画がありました。この3人の共演も興味深いですね。真理さんについて言えば、「愛の園」のいわゆるサビの部分の真理さんも素晴らしいですが、ハイライトは陽水の2曲でしょう。そこでもう一つの私の動画を聴いてください。
私の動画は「心もよう」と「夢の中へ」だけですが「心もよう」は冒頭が欠けています。おそらくテレビをつけてみたら真理さんが出ていたのであわててセットして録音したのだと思います。不完全な録音ですが、オープンリールテープデッキでの録音なので音の深みはあると思います。


「心もよう」はまた別の機会に詳しく触れたいと思いますので「夢の中へ」についてだけ述べると、これはちょっとびっくりする人もいるかもしれませんね。何も説明を受けずに聴いたらほとんどの人は天地真理さんだとはわからないでしょう。「これは誰だ?」と思うのではないでしょうか。それは低音の部分を地声で歌っているからです。後半「ウフッフー・・・」のあたりからファルセットになり「アーアー」のところは声がよく伸びて「ああ天地真理さんだ」と納得がいくのですが、それにしても前半、布施さんの歌に真理さんの声が入ってきたところのインパクトは大きいですね。「夢の中へ」は主体は布施さんで真理さんの出番はわずかなのですが、印象は強いですね。
この頃の真理さんは日劇でのミュージカル公演を目前にした時期です。ミュージカルの中でも地声を巧みに使っていましたが、この頃はそうした従来にない表現をいろいろ模索していたのだと思います。そういう、うたの幅を広げようと努力していた片鱗がこの録音に残されているのではないでしょうか。

ついでに”本家”井上陽水さんの「夢の中へ」もお聴きください。


それから今回の記事の発端となった斉藤由貴さんの「夢の中へ」です。



<追加情報>
今(8月4日)、ちょうど「もう一度流行歌」のアンケートが行われています。対象は1974年10月です。テーマは中村雅俊「ふれあい」ですが、この月のオリコン・ベスト20の曲への投票もあります。もちろん天地真理さんの「想い出のセレナーデ」も対象です。ぜひ、実際の順位(4位)以上になるように投票しましょう・
ここから入ってください。
会員でなくても無料会員に登録すれば投票できます。もちろん朝日新聞を購読していなくても登録できます。
アンケート期間は非常に短い(7日まで)ので、できるだけ早く投票してください。



      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。



2回連続

前々回の記事で紹介していた7月8日「タブレット純 音楽の黄金時代」夏の歌特集で「恋する夏の日」がかかりました。
まずお聴きください。



というわけで、3週間前の前回「雨の歌特集」で「レイン・ステイション」がかかったばかりですが、2回連続で真理さんの曲がかかりました。ラジオで頻繁に真理さんのうたが流れるというのはやはりうれしいですね。
この日の構成は「夏の歌特集その1」「黄金リクエスト」「GSサマーソング・マイベスト5」「夏の歌特集その2」という4つのコーナーでしたが、「恋する夏の日」は最後の「夏の歌特集その2」の2曲目でした。リクエストコーナーではなく、リクエストした人の紹介もありませんでしたからリクエストではなかったようです。実は私は「愛の渚」をリクエストしてあったのです。「恋する夏の日」は当然大勢の人がリクエストするだろうと思ってそうしたのですが、ちょっとひねりすぎたようでボツでした。
一方、「恋する夏の日」は夏の歌としてはまさに定番でNHKFMの「歌謡スクランブル」では毎年「夏色コレクション」という企画をやっていますが「恋する夏の日」は必ず入っています。今年も7月13日(木)13:00の「歌謡スクランブル」で1曲目に予定されています。
それにしても2回連続でかかったのは、「この番組によって自分はセンレン(?)されたというか、シンガーとしても素晴らしいなと再評価させていただいております天地真理さん」という言葉がありましたから、<夏の歌なら天地真理の「恋する夏の日」だろう!>ということでタブレット純さんが選んでくれたのかもしれません。
そうだとすれば、前回のlocoさんや私のリクエストが、タブレット純さんがシンガー天地真理のすばらしさを知るきっかけになったということで本当にうれしいです。タブレット純さんはこの番組はもちろん、放送やライブで活躍しておられますから、これからもシンガー天地真理のすばらしさを折に触れて語ってくださるかもしれません。前回の放送を聴いた人たちでも天地真理さんのうたのすばらしさを“発見”した人も多かったのではないでしょうか。その意味で<歌手天地真理の再評価>と言う意味で影響は少くないと思います。
ただそれだけに今回「恋する夏の日」のリクエストがなかったらしいのは残念です。この番組についてはこのブログだけでなく、さくら貝掲示板にも投稿してあったのですが、それに呼応してくださった方はあまりなかったようです。もしかすると私と同じで「愛の渚」とか「恋と海とTシャツと」をリクエストした方はいたのかもしれません。また「ラジオ日本」という他地域にはなじみの薄い関東ローカル局(真理さんが活躍していた頃には「ラジオ関東」という局名でした)ということもあったかもしれません。しかし他地域でもradikoで聴くことができますし、リクエストはホームページから簡単にできます。その意味では遠い放送局ではありません。
現在、私がホームページやこのブログを始めた頃に比べれば「歌手天地真理」への評価は見違えるほど高まってきたと思います。しかし依然“知る人ぞ知る”という域ではないでしょうか。圧倒的に多くの人たちはかつての<アイドル>という狭い範囲でしか理解していないか、その後の様々なゴシップ的イメージしか持っていないと思います。客観的に見れば<歌手天地真理の再評価>は社会全体の中では本当に細々としたものでしかないと私は感じています。
ですからそういう人たちが「歌手天地真理」を知る機会をつくることが何より大事なのです。私がリクエストを勧めるのもそのためです。<歌手天地真理の再評価>ということについて言えば、私にはあせりがあります。真理さんの年齢を考えればここ2~3年が勝負ではないでしょうか。リクエストだけでなくいろいろな手段があると思います。ともかくコミュニティー(仲間内)の外へ向かって発信していきませんか。


      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

聴き比べ「さよならをするために」

聴き比べシリーズ、今回は「さよならをするために」です。実は最初は他の曲を考えていたのですが、Youtubeなどに比べる相手の動画がなかなか揃わず、比較的揃いやすかったこの曲を取り上げることにしました。
それでは最初に“本家”ビリー・バンバンでお聴きください。(Youtubeへリンクします)



ビリー・バンバンのソフトでほんのりと哀愁を秘めた声が素敵ですね。過剰な表情をつけない自然なうたがさわやかさを保ってしっとりとした哀しみが胸を打ちます。名唱です。
次は倍賞千恵子さんです。



こういう抒情的な歌を歌わせると倍賞さんはいつも見事ですね。ただこの曲について言うとちょっと平板かなと思います。少し“優等生”的すぎるというか、「きれい」ではあるけれど、もうひとつ心を騒がせるものが足りないように思います。

本田路津子

さよならをするために・・本田路津子  投稿者 prdlpp

いいですね。この人のうたは抒情的であっても決して感傷的にならない明るさと強さがありますね。明るさと言っても真理さんのパステル画のような明るさと違って、天上から差し込む光のようなくっきりとした明るさです。2番の冒頭「昇る朝日のように・・・」のところはとりわけ美しいですね。ただ音の状態が良くないし、テンポが速く、そのせいか後半の高揚部分(いわゆるサビ)が少し激しくなりすぎて聴こえるのは残念です。
次は鮫島由美子さんです。クラシックのソプラノ歌手がどう歌うか興味深いですね。



さすがスケールが大きいですね。大ホールにマイクなしで明瞭に響かせる発声ですから全身を使わねばなりません。したがって“小回り”はききにくいので口先でコントロールするような歌い方はしませんが、大きな波のような表現ですね。ちょっと歌舞伎の「見得」を思わせるところもあります。もちろんクラシックの歌手が皆同じ表現をするわけではなく、これはあくまで鮫島さんの表現です。
最後は天地真理さんです。



私は真理さんによるカバーのなかで、この歌唱が最高の水準に入るとは思いません。真理さんとしては音域が低めで、特に最初のところはぎこちなさを感じますし、1番を通して声が生きていないのです。しかし2番に入ると見違えるように声が生きてきて、淡々としたところでも豊かな表情が現れ、高揚して後半に入ると熱い想いが噴きあがり、心を震わせるのです。やはり名唱ですね。

ラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」7月8日の特集テーマは「夏の歌」です。リクエストは番組HPから


      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


天地真理さんのヴォーカルが素晴らしい

前々回紹介したラジオ日本「タブレット純の音楽の黄金時代」の6月10日放送「雨の歌特集」で天地真理さんの「レイン・ステイション」がかかりました。
早速その部分をお聴きください。



タブレット純さんはこの曲を初めて聴いたということですが、曲自体を高く評価するとともに、それ以上に天地真理さんの「ヴォーカルが素晴らしい」と感嘆されていますね。ディレクターも「激しく共感している」と言っておられます。
タブレット純さんは1974年生まれということですからもちろん真理さんの全盛期を覚えているはずはありませんが、マヒナスターズの(解散前)最後の歌手だった方で歌謡漫談をやったりしていますし、何よりこの番組を担当しているわけですから歌謡曲には詳しい人です。しかし「レイン・ステイション」は知らなかったのですね。シングルのA面でもB面でもないので無理もないのですが、芸能界、あるいは音楽の関係者でもアルバムは聴いたことがないという人は多いと思います。
しかし、聴けばたちまち天地真理さんの評価は変わるということがよくわかりましたね。私がリクエストを呼びかけているのもそのためです。今回の放送で、ラジオを聴いていた人たちの真理さんへの評価もおそらくガラッと変わったでしょう。そういうことの繰り返しで真理さんの<うた>の評価も大きく変わって来るにちがいありません。
今回読まれたのは私のリクエストでしたが、locoさんも同じ曲をリクエストされていたそうです。もしかすると他にもリクエストした人がいたのかもしれません。当然ですがリクエストが多ければ多いほどかけてもらえる確率は上がります。この番組に限らず、さらに多くの方の参加を期待します。
(※ なお、「タブレット純の音楽の黄金時代」は来週から3回は野球中継のため放送がありません。次回は7月8日だそうです。特集テーマの紹介はありませんでした)
7月8日の特集テーマは「夏の歌」です。番組ツィッタ―に情報があります。またこれまでのディレクターで今度交代されることになったミウミウさんが「レイン・ステイション」についてツィートされています。


      アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。


プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード