fc2ブログ

<うた>の聴き方

前々回の記事で、最後に「続きはボチボチと」と書きましたが、ボチボチどころか三ヶ月も経ってしまいました。以前は二週間に一回は更新するということを私自身の原則にしていましたから、期限が近づくと他のことを放り出して取り組んだものですが、不定期にしようと決めたらずるずると先送りしてしまうようになりました。やはり自分に一定の負荷を掛けるということは大事ですね。とはいっても、今の私には厳しいので、<できるだけ>という逃げ道付きで頑張ってみようと思います。

さて前々回の記事でホームページ『空いっぱいの幸せ』「アルバム別各曲寸評」のブログ版新バージョンを予告しましたが、それを始める前にやはりホームページの「ちいさな恋~天地真理の聴き方」で述べたことをあらためて紹介しておきたいと思います。以下がその全文です。私の寸評を読む際に念頭に置いていただければと思います。

 歌の聴き方は人によりさまざまです。そこからその評価についてもさまざまな違いが生まれます。そこではじめに、私自身の歌の聴き方を説明しておきたいと思います。同時に、天地真理についての文章で私が意識的に使い分けていることばについても説明しておきます。
 ある歌について述べるときに、歌詞の意味やストーリーで歌を説明しようとする人がいます。むしろそういう人が多いかもしれません。たしかに歌詞は"ことば"なのでことばで説明しやすいのです。しかし、私は歌詞の説明で歌を説明しようとは思いません。「ことば」としての歌詞だけでは、「曲」(音楽)を伴った歌そのものを表すものではないからです。同じことばでもそれがどのような曲で歌われるかによってその意味も異なってきます。明るいことばでも悲しいメロディーで歌われれば、そこに複雑な心理が表現されるでしょう。それに加えてその歌が歌手によってどのように歌われる(歌唱)かによって、更に複雑な心理が表現されることになるでしょう。
 たとえばこのページのタイトルである『ちいさな恋』の歌詞などまったく断片的で、はっきりしたストーリーは無く、「たまに会えない日もあるけれど、それでもわたしは待っている」というところなどまったく散文的だし、「ちょっとこわいの恋かしら、赤い夕陽が今沈む」というところはどういう結びつきなのかすぐにはわかりません。しかし彼女のうたで聴くと、「それでもわたしは」というところのメリハリの利いた歌い方で心のときめきがくっきりと現れてくるのです。「ちょっとこわいの」というところも浜口庫之助のチャーミングなメロディーが彼女のみずみずしい声とためらうような歌い方で歌われることで、大人の世界へ踏み出す不安とあこがれを見事に表現しています。
 この魅力は「ことば」としての歌詞をいくら分析しても出ては来ないのです。そもそも安井かずみによるこの歌詞も「天地真理によって歌われる」ことを前提に書かれており純粋な「詩」として書かれているわけではないのです。「断片的」であるのも実は天地真理のうたの特質を的確につかんだ歌詞のあり方なのです。
 このように歌は詞・曲・歌唱が一体となることで単独では表せない豊かな内容を表現しているのです。このサイトの各ページで私が<うた>と表現しているのはそのような詞・曲・歌唱が一体となった歌の全体像という意味です。ですからこのサイトではできる限り<うた>としてそれぞれの歌について述べようとしてみました。もちろんその歌の魅力を述べようとするとき、歌詞が相対的に大きな意味をもっていたり、曲(音楽)がそうであったりします。もちろんここでは天地真理の歌唱が中心であるのは当然ですが、いずれにしてもそれらが一体となった<うた>を私の耳がどう聴き、そこから私が何を感じ取ったのか、それをできるだけ素直に具体的に述べようとしたつもりです。

少し付け加えると、<うた>の評価、解説として、その歌や歌手を巡るエピソードや、歌詞から連想される物語など、周辺的事柄を書き綴って<うた>の評価と勘違いしていることがよくあります。あるいは音楽のいろいろのジャンルに分類したり、○○の影響があるなどと”専門的”な分析をしているものもあります。しかし私にはそんなことはどうでも良いことで、私がしようと思ったのは、一つ一つの<うた>自体を語ることでした。そこで私はこの寸評ではまず自分の耳を研ぎ澄まして天地真理さんの<うた>に集中しました。そして自分の耳で聴き取った<うた>から自分が感じたことを可能な限り具体的に言葉で表そうとしました。予断を持たず、虚心に耳を傾け、自分自身が感じたことを素のままに表そうと心がけました。ただ、言葉で表すという部分については、私には文学的才能はなくボキャブラリーが乏しいので、十分に的確な表現ができたか自信がありません。それでも安易な常套句はできる限り避けるようにしました。たとえば「歌唱力」という言葉は一度も使っていません。お気づきの方もおられたかもしれませんが、この寸評だけでなく、ホームページでもブログでも私は一度も歌唱力という言葉を使ったことはないのです。「・・・力」という言葉は本来は単一の尺度の上で比較する言葉ですね。たとえば体力とか学力とかは定義を明確にすれば測って比較することができます。しかし<うた>はそのように測ることができるでしょうか。<うた>の価値はその<質>にあって<量>ではありません。「この歌は10分もかかるから価値が高い」などと言うことはないのです。では歌唱力という言葉はどのように使われるでしょう。「あの人は歌唱力がある」といいますが、何を基準にそう言っているのでしょう。結局それは「自分がいいと思う」以上の意味はありません。つまり主観的な価値判断をあたかも客観的であるかのように権威づける言葉だと私には思えます。<うた>の価値は、何がどのように表現され、聴くものにどのような影響を与えたかで判断されるべきものです。それが<質>の意味です。ですから<うた>の評価とはその<うた>の特質を明らかにすることなのです。この寸評もそのように読んでいただければと思います。

次回から本論に入る予定です。もう少し更新の間隔は短くなると思いますが、自信はありません。気長にお待ちください。


   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 

歌番組での「水色の恋」

前回の続きが滞っていますが、Youtubeで貴重な動画がアップされましたので触れたいと思います。
すでにご覧になった方も多いと思いますが、kinnsyachi1965さんの「圭三歌うスタジオ 1971年12月19日 生放送」です。この番組は東京12チャンネル(現:テレビ東京)で1969年10月から1972年9月まで放送されたもので、司会は高橋圭三さんとうつみ宮土理さんでした。私は当時この番組を見た覚えがありませんが、ちょっとフジテレビの「夜のヒットスタジオ」に似た感じですね。最初の紹介のところで天地真理さんが登場し、4:30からの「今週の2人」というコーナーで「水色の恋」を歌っています。



デビューから約2ヶ月後、ヒットチャートを駆け上がっている頃ですね。デビュー間もない真理さんが「水色の恋」を歌っているのは録音ではいくつかありますが、「時間ですよ」で歌うシーンは別として、テレビの歌番組で歌っている映像は初めて見ました。家庭用ビデオはまだ普及しておらず、録画は非常に少なかった頃ですから貴重です。しかも前半は白黒ですが後半はカラーでより鮮明に見られます。うたも前半と後半では少し違っていて、前半では結構深い声で大きく歌っていますが、後半ではより細やかな表情が見られます。特に「なぜかしら夢の中」のところは実に魅力的ですね。しかもここではカメラに向かって語りかけるように歌っていて、見る側からすると、自分に向かって歌ってくれているようで、うたそのもののときめき感を増幅しているようです。真理さんの人気の秘密を垣間見るようですね。
この動画で白黒から突然カラーになるのはなぜかわかりませんが、カラーテレビが普及し始めたのもこの頃ですからそれを象徴しているようで、天地真理さんがカラーの時代を開いたような印象になっています。




   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 



再開します

すっかりご無沙汰してしまいました。「歌手 天地真理の魅力を探る」シリーズ完結のあと、ちょっと休息と思ったまま3ヶ月近く休んでしまいました。本当のところは、休息自体はずっと前に終わっていたのですが、あたらしい話題がなかなか見つからなかったのです。一つ、考えていたことはあったのですが、始めたら続けなければならなくなるので、なかなか決心がつかず、ずるずると長引いてしまったのです。しかしいつまでも更新なしで放っておけませんし、いける所まで行けばいいかと思い直して始めることにしました。
一体何かというと、私のホームページ「空いっぱいの幸せ」の中の「若葉のささやき~アルバム別各曲寸評」のブログ版新バージョンです。「若葉のささやき~アルバム別各曲寸評」は天地真理さんの公式録音全曲および若干の私的録音について一曲一曲ごとに私のコメントを付けたもので、”歌手天地真理の復権”を目指したこのホームページの中核となる項目です。一曲について数行(多少長いものもありますが)のコメントですが、200曲ほどとなるとかなりの量となり、完成までにはホームページを始めた2006年から2011年まで5年かかりました。当時は私も仕事がありましたから、余裕ができたときに少しずつ書き足すという具合で遅々として進まず、長い時間を要したのです。さらに、このホームページでは敢えて真理さんのヴィジュアルな要素を一切使わず、文字だけの文章で通すことを私自身のルールとしていました。それは真理さんの魅力がヴィジュアルな要素だけにあるようなそれまでの評価を、<うた>そのものの評価で一新したいと考えたからです。しかし<うた>を文章表現で表すと言うことは非常に難しいことです。当時はYoutubeもまだそれほど普及しおらず、それをホームページに埋め込むと言うことも簡便ではありませんでしたから、実際に聴いてもらうということも難しく、数行のコメントに何日もかかったものです。ですから2011年に一応全曲を完成したときには達成感とともに、ようやく終わったという解放感もかなりありました。内容的には不十分なところも多々ありましたので、少しずつ改訂していくつもりとその時書いたと思います。しかし、文章で表現することの大変さが心理的ハードルとなっていて結局一度も改訂せずに来てしまいました。(未公開音源が新たに公開された場合は追加しました)
そこで10年ぶりに改訂しようかと思いついたのですが、やるからには最後までやりたい、しかし今の私の集中力でどれだけできるか自信がなく迷ってしまったのです。しかし(最近では他のことも同様に考えるようにしているのですが)やれることだけやればいいと割り切ることにして、とりあえずスタートすることにしました。したがって、まとまっていなくてもある程度できたものから少しずつ公開という形になると思いますし、間隔も相当開いてしまうこともあるかもしれません。
と、ここまで書いてきた所で早くも息切れしてしまいました。今回はここまでとします。続きはボチボチと・・・。


Youtube動画から  いつも素晴らしいアレンジで真理さんのうたの新しい魅力を引き出してくれるpokerin3545さんの作品です



   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 

「歌手・天地真理の魅力を探る」シリーズ 完結

今日11月5日は天地真理さんの誕生日です。それにあわせて「歌手 天地真理の魅力を探る」シリーズの新作を公開しました。第12作目になりますが、このシリーズはこれで完結となります。
思い出すとこの構想をスタートさせたのが2017年の11月5日でした。丸4年かかってようやく完結できたと言うことになります。最初の一年は全体の構想がなかなか具体化せずにテスト版をくりかえしながら過ぎ去り、ようやく実質的なスタートが切れたと思ったら突然ソニーのチェックが厳しくなって著作権上の問題でブロックされてしまい、1年近く前へ進むことができませんでした。ところがいつの間にかブロックがなくなり、2019年の11月5日から再スタートを切って今日に至りました。こうした紆余曲折があり、また私自身の集中力も年々衰え、今年に入っては長い入院もあったりで、我ながらよくここまでたどり着けたと思っているところです。この間、皆さんから様々な意見や感想、そして激励をいただき、アクセス数の増加にもお力をいただきました。あらためて感謝申し上げます。
私としてはホームページ「空いっぱいの幸せ」での全曲コメントとこの「歌手天地真理の魅力を探るシリーズ」12作を完成できたことで、天地真理さんのうたについてはほぼすべて語り尽くしたと言う思いでいます。原点である<歌手天地真理の再評価>については残念ながらまだまだという段階ですが、私としてはこれでやるべきことはやり終えたという気持ちで、こころはとても軽やかです。
前口上が長くなってしまいましたが、今回の「天地真理 空と海と虹と」は前回の「夕映えの輝き」とともに私の主観が強く出ています。以前から「私にとってのシングルベスト3」と言ってきた3曲をとり上げ、<私にとっての天地真理のうたの魅力>という観点でつくりました。同じうたを聴いても感じ方はひとそれぞれですから、「私にはそうは聴こえない」という方も当然おられるでしょう。しかし真理さんのうたに虚心に”耳”を傾けていただければ共感していただけるのではないかと期待しているのです。



   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 

50周年デビュー記念日

<追加の記事が3つあります>

今日10月1日は天地真理さんのデビュー記念日です。1971年から満50年経ちました。半世紀も経ったという実感がなくついこの間のような気がします。もっとも私自身はその頃は真理さんのことは全く知らないでいて、「水色の恋」を歌う真理さんをテレビで見た記憶がないのです。私が天地真理という歌手を知って初めてテレビで見たときは「ちいさな恋」を初めて歌うという場面でした。でもその時の印象は今も鮮やかですから、それが半世紀前だと思うと不思議でなりません。しかし今年に入ってから不調が続く私の身体を考えると確かにそれだけの年月が経ったのだなあと納得します。
毎年この日には何か特別の企画を考えてきたのですが、今年は新しいことを考える余裕がなく、どうしようかと考えた末に、「歌手天地真理の魅力を探るシリーズ」の続編をアップすることにしました。実はこれは私には無理と考えてほぼ断念していた内容なのですが、ほかにいい案もなく、もう一度取り組んでみることにしたのです。やはり難しかったのですが、10月1日という期限があったおかげで、思いきって踏ん切りを付けることができ、なんとか完成できました。
このシリーズはこれまでの10篇でほぼ完結しています。天地真理さんの歌手としての魅力をさまざまな観点からひととおり紹介できたので、私が意図した目的は達成できたと思っています。今回と次回はいわば番外編で、私の主観的な好みの吐露のような面があります。今回は真理さんの最後のアルバム(となってしまった)「童話作家」のA面の7曲を紹介しました。これは動画の中でも説明しているようにひとつながりの作品となっています。例えばシューベルトの「冬の旅」とかシューマンの「詩人の恋」といった歌曲集のようなものだと思います。オリジナル曲の作詞はすべて久世光彦さんですが、久世さんは、以前にも紹介したように、「時間ですよ」の演出家として初めて彼女を見たときからその「光と影」を見抜いていた人でした。その久世さんが、当時25歳で人生の一つの節目を迎えようとしていた真理さんを念頭に”青春への惜別”を描いたのがこの歌集だと言えます。三人の作曲者もその意図をしっかりと汲んでふさわしい音楽をそこに付け、真理さんに手渡しました。
それを受けた真理さんのうたは、過ぎゆく青春を愛おしく抱きしめながら、新しい道へきっぱりと踏み出してゆく姿を詩情豊かに表現しています。ここにはかつてのあふれるような生命力はありません。芸術家が老成するとよく”枯れた”と言われることがあります。当然、当時まだ若かった真理さんの場合”枯れた”という言葉は適当でありませんが、ここでの彼女の歌唱には通じるところもあります。余分な装飾がそぎ落とされ、少し影を帯びた透明で純粋な世界が展開されているのです。
私は天地真理さんのうたの最高の魅力は、このシリーズの中でも触れているようにあふれ出る生命のよろこびだと思っています。いわば太陽の輝きです。それに対してこの歌集での真理さんのうたは静かにあざやかに空を染める夕映えの輝きと言えるのではないでしょうか。暗く沈み込む夕暮れではなく、懐かしさと明日への希望を感じさせる美しい夕映えを思わせるうたです。
このアルバムの発売後ほどなくして彼女は突如入院してしまいその後3年にわたる闘病生活に入ってしまいました。それだけに『風花のさよなら』の「これでさよならだから」とか「みんな終わりましたね」という詞はそれを予見していたような印象を与えますが、それはその後の経緯を知っているから言えることで、当時誰もそんなことは予想していませんでした。むしろ、録音当時すでにかなり苦しい精神状態にあったと思われる真理さんが、全くそんなことを思わせないこれほどの美しいうたを歌えたと言うことに驚かされます。やはり彼女は歌うために生まれてきた人だと思わざるを得ません。彼女の紡ぐ美しい詩をじっくりとご堪能ください。



*******************************
さて、前回呼びかけたリクエスト、私も複数出してはありますが、ちょっと遅かったので10月1日にはたぶん間に合わないと思います。しかし「その前後に」とお願いしてありますので、少し遅れて採用してもらえるかもしれませんし、だめかもしれません。採用されたら報告しようと思いますが、一方でもう11月5日の真理さんの誕生日も近いですから、そちらに照準を合わせた方がいいかもしれません。皆さんもこれからは11月5日に向けてリクエストをお願いします。

*******************************
KBS「日曜ワイド我ら夢の途中」で「風を見た人」がかかりましたので紹介します。早速お聴きください。



風花は私なのですが、実はたいきさんから「風を見た人」をリクエストしようというお誘いがあり、前日遅くに出したのです。ご存じのようにたいきさんはシングル以外でもリクエストできるようにということでKBSにプレミアムボックスを寄付され、粘り強くリクエストされていて、「風を見た人」も何度もリクエストを出されておられました。私も50周年にかけてもらえればと思い、援護射撃というつもりでリクエストしました。その際わざわざ長々としたメッセージを書きました。曲がかかっても、こんな長いメッセージは読まれないだろうから、読まれるのはたいきさんだろうというつもりでした。
ところが放送では私のものが紹介されたので「え?」と思いましたが、全文ではなくかいつまんで手頃な長さにして紹介されてしまいました。主旨は生かされていたからよいのですが大事なことがいくつか触れられませんでした。
まず、「50周年」と言ってくれませんでした。次に「水色の恋」は真理さんが「自分で」発掘した作品だと言うことが明確ではありませんでした。それから「風を見た人」はプロの作品と私も書きましたが、この曲の後半を聴けば真理さんもすでに「プロの歌手」だということがわかるというところも触れられませんでした。しかし50周年に今までラジオではほとんどかかったことがない曲がかかったのはうれしいことでした。もちろんこれはたいきさんのおかげです。紹介されたのは私のメッセージでしたが、たいきさんの諦めない取組みがあったからこそ2通目のリクエストが目にとまったのだと思います。おかげで真理さんのデビュー50周年が少し賑やかになってうれしいです。こんなふうに日本中のラジオで真理さんの歌が流れればもっと賑やかになりますね。

*******************************
また追加です。
6日(水)NHKFMの「弾き語りフォーユー」で「想い出のセレナーデ」が取り上げられました。この番組はいろいろの曲を小原孝さんがアレンジしてピアノ演奏で聴かせてくれます。曲のジャンルは広いので多様なリスナーに真理さんの曲を聴いてもらえると思い、私も50周年ということで「水色の恋」をリクエストしました。そうしたら私のリクエストは採用されなかったのですが、大阪のマリコッコさんのリクエストで「想い出のセレナーデ」を弾いてもらえました。真理さん自身のうたではありませんが、小原さんの美しいピアノ演奏で真理さんに関心を持つ人が増えるとうれしいです。



********************************
19日の「弾き語りフォーユー」で「水色の恋」が取り上げられました。
西城秀樹さんから始まって、みんな50周年ということで新三人娘の曲が取り上げられました。



「水色の恋」へのリクエストというのは少し前の私のリクエストかなと思いますが、もちろん他にもおられたかもしれません。ちなみに私のメッセージは次のようなものでした。

10月1日は天地真理さんのデビュー50周年記念日です。そこでデビュー曲「水色の恋」をリクエストします。
この曲は彼女が国立音楽大学附属高校を卒業後、ヤマハ・ヴォーカルスクールで学んでいた縁で、その年のヤマハ作曲コンクール(ポプコンの前身)に譜面歌手として出場することになり、たまたま目にした応募曲の中から見つけ、自分の持ち歌のように歌っていたものがそのままデビュー曲になったということです。つまり周りの大人たちが売れる歌として与えた曲ではなく、自分で選んで歌った曲で、アイドルのデビュー曲としては異色です。逆に言えばこの曲の段階では必ずしもアイドルを目指していたわけではなかったと言うことですね。それはともかく、50年経って聴いても新鮮さを失わない歌であり曲です。

いずれにしても、同じ番組で真理さんの曲が2週間で2曲取り上げてもらえたので少しは50周年のお祝いができたような気がしてうれしいです。


   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード