FC2ブログ

夢を叶えよう

前回の記事にたいきさんから次のようなコメントをいただきました。多くの方に見ていただきたいので、コメントへの返信ではなくこちらに紹介させていただくことにしました。

さて、リクエスト関係でKBS京都ラジオに真理さんのライブ盤が存在しないことがわかりました。(5/2の「われら夢の途中」)
そこで今後リクエストをかけてもらうために7月6日にKBS京都ラジオに「天地真理プレミアム」を寄贈しました。寄贈の旨の手紙と同封に天地真理さんがデビュー50周年、70歳(古希)を迎えること(KBS京都ラジオも開局70周年)を伝え、番組中に特集として月に1回2曲ずつ12か月真理さんの曲をかけることを提案いたしました。(良く知られた曲より隠れた名曲を中心に1回きりでなく2曲でいいから長期間)
しかし7月11日の放送では何の反応もありません。確かに一人のリスナーのリクエストにいちい反応していられないでしょう。(7月21日真理さんのドラマデビューの日に近い7月25日から特集を提案)
そこでお願いですが、記事をご覧の方でリクエストをしてもいいという方がおられましたら毎週日曜放送の「われら夢の途中」を中心にKBS京都ラジオにリクエストをお願いしたいのです。
寄贈した「天地真理プレミアム」が有効に使われればうれしいです。


以前からリクエストに精力的に取り組んでおられるたいきさんが、アルバムに収録された曲もリクエストできるように放送局にプレミアムボックスを寄贈してくださったのです。ご存じのようにプレミアムボックスは決して安価なものではありません。それを無償で寄贈するというのはかなり決意のいることです。それを淡々と実行されたたいきさんに敬意を表したいと思います。
たしかにファンの方なら、真理さんには大ヒットしたシングルだけでなく、アルバムにはオリジナルでもカバーでも素晴らしい曲がたくさんあるのを知っていますし、それを多くの人に聴いてほしいとリクエストしたのにさっぱりかけてもらえないという経験をお持ちの方もおられるでしょう。その理由の一つに実は放送局が音源を持っていないと言うことがあったのです。私も以前、NHKが持っている真理さんの音源を調べてみたことがあったのですが、シングル以外もある程度はあるのですがプレミアムボックスはないようでした。NHKさえそうですから、民放、特に地方の民放では(個性あるパーソナリティーでもいない限り)期待はできないでしょう。
そこで、実は私も放送局にプレミアムボックスを寄贈したことがあるのです。その放送局は、ずっと長くこのブログを訪れていただいている方はご存じですが、新潟県の新発田市のコミュニティーラジオであるFM新発田です。新発田市在住のファンの方がみんなで真理さんの歌を集中してリクエストしようと呼びかけられていたので、選曲の幅を広げようとプレミアムボックスをその方を通じて寄贈したのです。2013年のはじめでした。FM新発田でシングル以外もかけられるようになったという記事はその時のものです。そしてそれからしばらくはFM新発田は真理さんファンのメッカのような様相を呈していました。ただ、FM新発田は全国どこからもインターネットで聴くことはできましたが、なんと言っても地方の小さな放送局ですから、ファン以外の多くの人に真理さんのうたの真価を届かせるには力不足で、いろいろの事情もあり、この取り組みも自然消滅してしまいました。
今回たいきさんが寄贈したのはKBS京都ラジオですから、全国キー局ではないもののはるかに広い範囲で多くのリスナーを持つ放送局だと思いますから、ずっと影響力は大きいと思います。たいきさんは反応がなかったと言われていますが、7月11日の「我ら夢の途中」ではトップで「恋する夏の日」がかかったようですね。夏の定番曲ではありますが、一つの兆しとも言えないでしょうか。番組の都合でひとりの歌手の曲を連続でかけることは難しいということもあるでしょうし、リクエストしてもすぐ採用されないかもしれませんが諦めず続ければ次第に頻度も高くなってくると思います。番組のタイトルは「我ら夢の途中」ですが、<歌手天地真理の真価>を広く認識してもらおうという私たちの<夢>もまだまだ途中です。たいきさんの文字通り”身銭を切った”決断を無駄にしないよう、多くの方に参加していただくよう私からも呼びかけたいと思います。



   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 

人生初の経験

いぶんご無沙汰してしまいました。実は約一ヶ月病気(コロナではありません)入院していました。 救急車でいきなり病院に運び込まれ、そのまま入院が続きました。何の準備もなく、ブログもメールも放りぱなしになってしまいました。スマホは持っていましたが、ブログ編集のパスワードを忘れていて、記事の更新はもちろんコメントやメールへの返信もできませんでした。先日ようやく退院し覗いてみるとブログの新しいコメントはなかったようですがメールは何通かいただいていました。メールにつきましてはすぐご返事すべきですが、まだ少し静養が必要で正直なところ気力が出ません。いただいた方には大変失礼とは思いますが、ご理解いただければと思います。ブログの更新も体調の回復具合を見ながらボチボチとやっていこうと思います。Youtubeの「歌手天地真理の魅力を探る」シリーズについてもしばらくは新しい動画の公開は難しいと思います。ただ、12回の計画の内、残りの2回は私の主観の強い内容になりますので、これまで公開した10回で私の意図はほぼ達成できていると言えます。したがって後2回分はのんびり楽しみながら作れたらと思っています。
今回は人生初の経験で、正直なところ精神的にとても苦しいときもありましたが、そうならなければわからないいろいろのことに気づかせてもくれました。私は決して頑健な身体ではありませんが、病気とは縁遠く、風邪さえあまりひかないくらいで、もちろん一度も入院したことがありませんでした。そしてそれが普通のように感じていたのですが、今回のことで健康でいることがどんなに幸せなことか痛切に知りました。天地真理さんも(ずっと入院していたわけではありませんが)3年にわたる闘病がありましたが、それがどんなに苦しいことだったか、ほんのわずかではありますが身にしみてわかったように思います。一方、そんな私自身の苦しい日々の中で私の心を慰めてくれたのはスマホに入れておいた真理さんの歌でした。最初に流れてきたのは「ひとりじゃないの」(「私は天地真理」版)でしたが、みずみずしく生気に満ちた真理さんの歌声が聴こえてきたとき、沈んでいた私の心が天に昇るように軽くなり、身体の隅々にエネルギーがよみがえってきました。コロナによる面会禁止のため家族の顔も見ることができない中、何とか元気を保てたのは真理さんのうたのおかげでした。真理さんのうたに出会えて本当によかったとあらためて思いました。
 

   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 

「青春時代の真ん中は・・・」

先日、新聞を見ていて、ふと見た「週刊現代」の広告で<森田公一とトップギャランの『青春時代』を語ろう>という見出しが目に入りました。真理さんについての記事ではないけれど森田公一さんですからひょっとすると真理さんに関した話も載っているかもしれないと思い、珍しく購入しました。(週刊現代 5月15日号)
該当の記事を開いてみると、森田さんだけでなく中曽根晧二さんも加わって、濱口英樹さん(1965年生まれ)が話を聞くという内容でした。中曽根さんはCBSソニー(当時)のディレクターとして真理さんのデビューから全盛期を支えた人ですが、最近はどうされているのか情報がなかったので写真を見てうれしかったですね。
森田さんと中曽根さんがそろったので、真理さんのことも出てくるかなとますます期待して読んだのですが、残念ながらやはり『青春時代』のことがほとんどでした。ただ一度、真理さんの名前が出てきたのは次の所でした。
================================
森田 僕の作曲は、歌い出しの音程にもCMの要素を採り入れているんです。当時のスポットCMは15秒単位で切り替わりが速いから、とにかく冒頭のつかみが大事。だから高音から始めるのがいいんです。
濱口 言われてみると、森田さんが作曲したアグネス・チャンさんの『ひなげしの花』の「丘の上」も、天地真理さんの『恋する夏の日』の「あなたを待つの」も高い音から始まります。
================================
そしてもう一カ所、次の写真がありました。

森田週刊現代20210515

私が注目したのはキャプションです。「天地真理は、森田公一から躍動的な歌い方を学んだ」 私は<「天地真理の世界」が全面開花したのは『ひとりじゃないの』での森田公一との出会いだった>と言ってきました。真理さんのうたは森田さんとの出会いによって一皮むけたように、青空のような明るさと心の底から躍動するよろこびを獲得したと思っています。この言葉は、森田さんがそういう意味のことを言ったのか、中曽根さんが言ったのか、あるいは濱口さんや編集者が書いたのか、はっきりはわかりませんが、本題には関係がないのにわざわざこんなキャプションが付けられていると言うことは、森田さんや中曽根さんがそうしたことを話されていたからではないでしょうか。いずれにしてもこの言葉は、簡単だけれど真理さんのうたの本質をついた言葉だと思います。
ただ、この写真はキャプションとは全く時期が違って休養後復帰時のものですね。編集者はきっと(比較的)若い人でいつ頃の写真かわからなかったのでしょう。

さて、この週刊誌記事の本題は『青春時代』ですが、もっと知りたい方は買ってお読みいただくとして、この記事を書きながら真理さんと『青春時代』を結ぶ動画を思い出しました。大分前にYoutubeにアップされていたのですが今はないと思います。1990年の放送番組のようですが、詳しいことはわかりません。ピーターさんが司会で森田公一さんと天地真理さん、研ナオコさんが語りあい、森田さんが『青春時代』を歌うという内容です。



森田さんのうたはしっとりとしていていつも聴く『青春時代』とはちょっと印象が違いますね。真理さんはあまり見たことのないヘアースタイルですが、「青春時代の真ん中は」と口ずさんでいるところがアップになっています。自分自身の怒濤のような青春に想いを馳せているのでしょうか。




   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 

KBS「我ら夢の途中」

前回記事へのコメントでたいきさんがラジオリクエストを始めたとお知らせいただきました。そして5月2日のKBS京都ラジオの番組にもリクエストするつもりということでしたので、リクエスト採用を期待して私も録音設定をしておきました。ところが、この番組の時間が午前9:00からなのに午後9:00と勘違いしてパソコンの電源を入れておきませんでした。後で気づいて「しまった」と思ったのですが、radikoには「タイムフリー」というのがあって1週間以内の番組を聴けることを思い出して聴いてみました。するとすぐ第1曲にたいきさんのリクエストで「若葉のささやき」がかかりました。



たいきさんからもメール(前回記事参照)で報告をいただきました。ちちゃい私さんがよく調べてくださっているように(https://maricyanrumicyan.blog.fc2.com/)ラジオでは真理さんの歌が結構かけられているのですが、リクエストでかかるというのは少し別なうれしさがあります。以前は私もかなり頑張ってリクエストを出して、皆さんにもリクエストを呼びかけていたのですが、番組が終わったり私自身が年齢的に疲れてしまったりで、いつのまにかご無沙汰していましたが、これを聴きながら当時のわくわくした感じがよみがえってきました。たいきさん、おめでとうございます。
ただ、たいきさんもメールで言われているように、なぜかたいきさんのメッセージをそのまま読まないで一部だけ紹介しているのはなぜでしょう?リクエストのメッセージを書くのは結構苦労するのです。どう書いたら採用してもらえるかとか、いろいろ工夫して書くものなんですね。ですからその点はちょっと残念でしたが、ともかくかけてもらえたのはよかったです。
リクエストを出すのは大変なこともありますが、採用されるととてもうれしいですし、そういう過程も結構楽しいものです。たいきさんだけでなく、ぜひ多くの方がリクエストを出してほしいと思います。



   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 

「天地真理 ミュージカルの魅力」一般公開

「歌手・天地真理の魅力を探る」シリーズ 第10弾 「天地真理 ミュージカルの魅力」を一般公開しました。1975年の5~6月、日劇にて約一ヶ月にわたって上演された天地真理さんの唯一の主演ミュージカル「君よ知るや南の国」の紹介です。
前回の記事でも触れましたが、このシリーズでミュージカルをどういう形で紹介するか、いろいろ考えました。最初は他の回と同じく4曲くらいを選んで<うた>に焦点を当てた形で考えていたのですが、このミュージカルでの天地真理さんのうたはストーリーにそった劇的で多彩な表現が特徴ですから、やはりストーリーもわかる形にしようと思い直しました。しかし一方ではあまり長くなると、通して見ていただくことが難しくなるので、何曲くらいにするか、どの曲にするか、かなり悩みました。そして最終的には.、時間は少し長くなるけれども、歌は1曲もカットせず、このアルバム(ダイジェスト盤)のスタイルを生かして、そこに解説を短めに追加するという形に落ち着きました。解説部分を除けば一応ミュージカルを通してみたような感じになれるということを目標にしました。とはいえ私はあまり適当な写真を多くはもっていませんし、動画をつくる技術も初歩的ですから、凝ったものはできません。ですから動画としてはつたないものですが、ストーリーを追いながら天地真理さんのうたを楽しんでいただくことはできるかと思います。



この動画をYoutubeで見ていただくと、動画の下の「説明」に、このミュージカルの実写動画があると書いてあります。それは中島志津男さんが実際の公演を8ミリフィルムで撮影し、それをデジタル化してYoutebeにアップしてくださったものです。断片ではありますが、実際の舞台がどのようなものだったか知ることができる貴重なものです。真理さんは熱演ですね。今回の動画の最後でも言いましたが、これが天地真理さんの唯一のミュージカルになってしまったことが残念でなりません。




   アーカイブ(過去記事)へ 
     ホームページ「空いっぱいの幸せ」へ

コメントは掲載までに多少時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。
 
プロフィール

ひこうき雲

Author:ひこうき雲
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード